お転婆 さん プロフィール

  •  
お転婆さん: アマガエルのお話
ハンドル名お転婆 さん
ブログタイトルアマガエルのお話
ブログURLhttp://sisya-kero.blogspot.com/
サイト紹介文ニホンアマガエルの観察日記です。 昼間の行動と様子・夜の行動時間など 調べて書いています。
自由文私の家に、アマガエルが昼間の居場所として来ています。決まった時間に帰ってきて、昼を過ごし、決まった時間に出かけます。可愛らしいアマガエルの生活をちょっと覗いてみませんか。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供263回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2011/07/24 12:44

お転婆 さんのブログ記事

  • アリの気持
  • 梅が満開となりましたが、昨日は雪でした。アリはビニールテントでナツと仲良く過ごしていましたが、 最近はビニールテントが嫌いになり、ほとんど椅子の隙間にいて、夜間テントに入れると嫌がります。 椅子の近くにお風呂を置いてあるのですがそれには入らず、朝にテントを開けると戻ってカエルハウスのお風呂に入っています。 ↓  そしてまた椅子に戻ります。それで昨夜はお気に入りの椅子をテン [続きを読む]
  • 「ダシテヨ」
  • 夜間は活動して行方不明になると困るので、ビニールテントに入れますが、アリは、「ダシテ、ダシテヨ。」とビニールに貼りついて訴えます。 ↓ 仕方ないので少し開けると、嬉しそうに出て来ます。そして私の布団の近くに虫のケースを置くと、その上に乗って私を見ながら眠ります。お風呂も側においています。 ↓しかし、もう少し暖かくなり活動するようになると危険なので、またテントに入れるつもりです。 [続きを読む]
  • ビニールテントの嫌いなアリ
  • 日中はビニールテントは解放していますが、夜間は閉めています。アリは、餌を食べ終わり、私が消灯する時はビニールテントに入れるのですが、嫌がって出たがります。今夜はテントの下をくぐって出て来てしまいました。そして、私が裁縫していると側に来て寝てしまいました。とても可愛いです。夜間出して置くのは危険と分りながら、今夜もこのままにします。 ナツはビニールテントに入れると出て来ません。 [続きを読む]
  • ケースの外に出る
  • まだ寒いですが、ケースは解放してビニールテントにしました。 朝の温度は15℃に下がりますが、二匹とも食欲あり元気です。解放しても暫らくはケース内にいましたが、外に出るようになりました。 ナツは、昼間の居場所はつい立が多くなりました。 ゴムの葉も気に入ったようです。 夜も虫を食べるとケースには戻りたくない様子で、椅子で熟睡してしまいます。 夜間私が眠る時はビニールテントに入れる [続きを読む]
  • 今日は雪
  • 今朝は雪が降っていて寒いです。カエルたちはビニールテントにしたので、薪ストーブと室内は灯油ストーブで保温しています。日中は解放にしていますが、ケース附近から離れる事ありません。 ナツ↓ ほとんどカエルハウスで過ごすアリ、 少し緑がかってきました。夜は、2匹で餌を食べに出て来ています。↓ [続きを読む]
  • 日中解放に戻す
  • 3月になったとはいえまだ寒いですが、以前のビニールテントに戻しました。炬燵保温の場合は、ケースに閉じ込めなければなりません。夜に餌を食べに出て来ると、ケースに戻りたくない様子でしたので、まだ寒いのですが戻しました。    餌を食べたあと、虫ケースでのんびりするナツ ↓ ビニールテントでは、朝は17℃〜昼間20〜22℃ 夜は23℃ と以前より寒くなりますが、夜間は運動できて好きなつい立にも行けるので、気 [続きを読む]
  • 色実験 一時休止
  • 17日に色実験を見直しました。見直し前は、間違えると私が手に乗せて自分の箱に連れて行き、食べさせましたが、これでは食べられるので間違いとは思わず、同じルートを選択します。間違えると餌は食べられないと理解しないとこの実験はできませんので、間違えると餌は与えずにスタート地点に追い払う事にしました。間違えると何度も私に追い払われ虫は食べられない事になりました。17日は初日なので食べましたが、その後の餌の量が [続きを読む]
  • アリの警戒とハンスト
  • 前回の続き18日から餌箱の正面を黄緑一色に換えると、アリは警戒してなかなか入らず、箱の横に以前の模様を見つけるとそこを登って中に入りました。20日 自分の黄緑の箱に向かいましたがジッと見て、 次に赤い箱(ナツ用)を見ます。↓以前は迷っても短時間で登りましたが、黄緑にしてから両方の箱の前を行ったり来たり、諦めてストーブに休憩に行ったり、なかなか箱に入りません。↓何回もウロウロして赤の箱ですが以前の模 [続きを読む]
  • 色実験見直し
  • 前回の続きです。 「餌箱を色で判別する事が出来るか。」の実験をしていますが、実験方法に問題があったので、見直す事にしました。問題点と改善 ① 餌箱が前回のは解り難かったので、模様なしとした。 カエルがどの様に見えるのか分りません。色覚が明暗が主でモノトーンとすれば 解り難く、彩度を下げた場合はほとんど見分けが付きませんが、今回はこれで試して見ます。        ② 他ガエルに釣ら [続きを読む]
  • 場所(位置)で選ぶ
  • 2/9日のブログて゜「色を認識できるか」の実験をすると書きました。ナツは赤色の餌箱、アリは水色の餌箱とし、色で選ぶ事が出来るようになるか見ます。 カエルのスタート点から同じ距離に二つの箱を置きます。  自分の箱に行けた時はその箱で虫を与え、間違えた時は自分の箱に移動させて食べ、再びスタート地点に戻します。 他ガエルの色の餌箱では与えません。 箱の位置はランダムに換えます。↓ アリは二つの箱を [続きを読む]
  • アリとナツの餌の量
  • アリとナツの餌の量について書きます。以前コメントを下さるAさんより、専門家の先生による記事を紹介していただきました。それによると、変態後200日 2.5?位で、5〜8mmのイエコ10匹を1日毎と2日毎の交互くらいだそうです。 これは5日で20匹となり平均すると一日4匹となります。 私の場合は、イエコオロギ5〜7mm米粒1ヶ位の大きさを1単位として、それに換算して決めます。 イエコ5〜7mmは1匹 1単位 2〜 [続きを読む]
  • まだ食べたかったアリ
  • アリは毎日食べているので、太ってしまいました。 ↓ それで餌は小さい虫として数は同じにして、全体量は少なくしています。いつも米粒3〜4匹分ですが、昨日は2匹分食べると裁縫箱の上で休んでしまいましたので、これ以上は与えず23時にケースに入れました。 今朝、一番下の出口近くにいました。いつもは上の方のカエルハウスの中にいるのですが。 まだ食べたかったのでしょう。野生のアマガエルも雨などで虫がいないと、昼間の居 [続きを読む]
  • 影に興味を示す
  • 昨年のブログで、アマガエル(カッコ)は影に跳び付き食べようとした事を書きました。アリとナツも影は気になります。餌箱に登っている時に床の影が動くと、気になります。 特に一匹が見れば釣られます。↓自分の影をジッと見つめるナツ ↓自分の影は何か違うと気付き諦めますが、私が指で影を作り動かすと跳び付きます。 [続きを読む]
  • 警戒色
  • 昨日のブログで、アマガエルは蜂のような黒と黄色の色は、警戒するかも知れないと書きました。 実物の蜂で試す事はできませんので、似た色の物で試して見る事にしました。綿棒の先を黒糸と黄色の糸で巻きました。 ↓  まず アリの目の前に持っていくと無視でしたが、横からナツが跳び付きました。↓ アリはもう一度、 ↓今度は直ぐに跳び付きました。 ↓これで「警戒しない。」とは言えません。作り物で [続きを読む]
  • 色の認識 1
  • アマガエルの色覚についての情報、論文が見つかりません。しかし、黄色の蜂などの警戒色は認識できるのではないかと、想像しています。 アリとナツは餌箱に一緒に入れると争いになるので、別々の専用餌箱を作りました。アリは青色ナツは赤色(中ピンク)で、他ガエルの箱では食べさせません。自分の餌箱を色で認識する事が出来るか試して見ます。(形は大きく違うと認識します。)色は認識できても、自分専用と認識できない場合は [続きを読む]
  • 福寿草
  • 福寿草が咲きました。本日撮影 ↓↓ これは2016年1月31日 同じ場所の同じ株です。 昨年より約一週間くらい遅い開花です。気温は昨年と比べてどうでしょうか。気象庁のデーターから、グラフにして比べて見ました。 ↓ 我が町の1月の平均気温です。 赤色が昨年 だいだい色が今年です。  ↓ 最低と最高気温です。 グラフで見ると、1月の前半は2016年が高く後半は今年17年が高くなっています。今回のみで判断すれ [続きを読む]
  • 餌目的でなくても出て来るアリ
  • アリとナツは元気です。ナツは食べダメが好みで一度にたくさん食べて、一日食べないで開ける事が多いです。ナツは食べない日は飼育ケースから出て来ずにジッとしています。アリは夜になると出入り口で待ち、毎日出て来ます。出て来ても餌箱に興味を示さないで、適当な場所で寝てしまう事があります。お腹が空いていなくてもケースから出たいようです。先日ケースから出て餌箱に入りましたのでイエコを入れましたが、無視しています [続きを読む]
  • 冷気は感じて離れる。
  • 1月29日のブログで、「暖かい所に移動しない。」 2月1日は「日光浴は意思でしていない。」と書きました。また「徐々に温度が上がっても気付かず、死んでしまう事がある。」との情報もある事を書きました。アマガエルは温度を感じないのか試して見る事にしました。アリは食後は全く動かなくなり、私が手に乗せるまで熟睡します。周りに物を置いたり動かしても動きませんのでそれを利用しました。動かなくなったアリの後に紙のつい [続きを読む]
  • 警戒は忘れない
  • アリとナツは、18時頃にケースの入口を開けると出て来ますが、餌箱に直行しません。 餌箱の位置も虫を食べられる事も確実に認識していますが、一度遠くから様子を窺ってからでないと来ません。 ↓ 28日 アリは初めつい立でそっぽを向き、餌箱には興味なさそうな態度でいますが、内心は私の行動にとても感心を持っていて、私が動くとさっと見ます。そして暫らくしてきます。 ↓30日 少し離れた場所で、箱と私の様子を暫らく窺っ [続きを読む]
  • 日光浴は意思 ?
  • 15年 5月20日 6時半頃 気持ち良さそうに日光浴するアマガエル ↓野原でも日光浴しているアマガエルを良く見るので、意思でしていると思っていました。ヘビやトカゲも寒い時は日向で良く見るので、変温動物は日向ぼっこして体を温めているのだと、思い込んでいたからです。最近になり、アマガエルは自分の意思で日光浴しているのか。? ただいた場所に陽が当ってきただけではないか。 アマガエルは意思で日光浴はしないの [続きを読む]
  • 居場所は温度で決めない
  • 飼育ケースは暖房のために、炬燵(弱)の横に置いています。炬燵と飼育ケースの間は厚い布で仕切り、直接温風がケース内に入らないようにしています。ケース内には温度計を4ヶ設置し調節、一日の最高と最低も分る様にしています。ケース内の温度は、6時〜23時 22〜25℃ (陽が当たると一時27℃)23時〜6時 22〜23℃位から徐々に下がり5時は17℃位、温度差もつけるようにしています。昼間は室内も暖房して20℃位ですが、ケース内の温 [続きを読む]
  • −10℃の時の土
  • 大寒となり、25日の朝は−10℃となりました。梅の木の下で冬眠していると思うミカが心配になり見に行きました。被せてある枯草の下の枯葉は水が付きガチガチに凍っていましたが、その下の土は全く凍っていません。適度に湿っているのに土はフカフカで驚きました。 この下で冬眠しているなら大丈夫と思います。 他の場所の土の凍っている様子を調べました。1月25日 −10℃を記録した日の9時頃−5℃の時です。 畑で耕してあり空気 [続きを読む]
  • 湿度(乾燥)とお風呂
  • 飼育温度を上げるために、飼育ケースを炬燵の横に置き17〜25℃位にしてから、アリもナツも日中お風呂に入る事が時々見られるようになりました。室内はストーブの上で湯を沸かし加湿しているのですが、雨の日以外は湿度は40%くらいです。木の家なので室内はとても乾燥します。 ネットの情報ではアマガエルには湿度75%くらいが良いとありました。 温度が15〜20(22)℃でつい立にいた頃は、昼間にお風呂に入る事はほとんどあり [続きを読む]
  • ビニールハウスの虫
  • 無加温のビニールハウスで、水菜・キャベツ・レタスや耐寒性の弱いお花を栽培しています。このハウスに数日前から小さなハエのような虫がいるようになりました。 ネットで調べても分りませんが、 刺すような虫でなはないため、カエルたちに与えると、喜んで食べてくれ助かります。このビニールハウスは−7℃にもなりますが、ここで羽化したのでしょうか。 ハエを与える時は羽を切っていましたが、これは小さくて弱いの [続きを読む]