ひつじ先生 さん プロフィール

  •  
ひつじ先生さん: ひつじCafe(子ども・ART・文化)
ハンドル名ひつじ先生 さん
ブログタイトルひつじCafe(子ども・ART・文化)
ブログURLhttp://hitsujicafe.blog.fc2.com/
サイト紹介文ARTを通じて生きる子どもや人々の姿をレポートします。
自由文図工を教えたり、図工研究をしたり、文章を書いたり、絵やマンガを描いたり、雑誌の編集を手伝ったり、イベントを開催したりするなど・・・いろいろなことを試みています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2011/07/27 01:48

ひつじ先生 さんのブログ記事

  • リンガ
  • ◯プノンペンの国立博物館に、写真の石彫がありました。面白いオヴジェだと思って見ていると、「リンガ」というものだそうで、男性器と女性器の結合した宗教的なシンボルなのであった。クメール文化は、ヒンズー教や仏教が、土着の宗教と融合したもので、リンガは、ヒンズー教的なシンボルです。ネットで調べると、下記のような解説がありました。リンガ【li?ga】サンスクリットで〈標(しるし)〉〈シンボル〉を意味し,とくに男 [続きを読む]
  • 感無量!4年ゼミ生とお別れ会!!
  • ◯今日は、4年生のゼミ生と手作りのお別れ会。ひとりひとり、お別れに2年間の思いを話してくれました。お花も、いただきました。勤務先の研修で来られない学生もいましたが、あと10日で、新生活。健康に気をつけて、楽しくがんばってください。ありがとうございました。お元気で。◆科研費研究の成果科学研究費助成事業(H26〜H28年度)基盤研究(C)研究資料集「オーラル・ヒストリーによる戦後の創造主義的造形教育の検証と [続きを読む]
  • 雨の卒業式
  • ◯あいにくの雨でしたが、心は、晴れ晴れと巣立って行きました。困難にめげず、がんばってほしいものです。卒業おめでとうございます。武道館満杯。謝恩会。T坊ケーキ。一曲、宴会芸です。◆科研費研究の成果科学研究費助成事業(H26〜H28年度)基盤研究(C)研究資料集「オーラル・ヒストリーによる戦後の創造主義的造形教育の検証と考察」研究代表者:辻 政博(帝京大学准教授)連携研究者:水島 尚喜(聖心女子大学教授)研究 [続きを読む]
  • 木蓮が咲いた
  • ◯近隣の街路樹の木蓮が咲いた。そう言えば、明日は、武道館で卒業式でした。ゼミ生も卒業ですね。おめでとうございます。蓮の実。手前は、名前不明。食べられるそうです。割ると甘い匂いがします。◆科研費研究の成果科学研究費助成事業(H26〜H28年度)基盤研究(C)研究資料集「オーラル・ヒストリーによる戦後の創造主義的造形教育の検証と考察」研究代表者:辻 政博(帝京大学准教授)連携研究者:水島 尚喜(聖心女子大学 [続きを読む]
  • カンボジア旅情
  • ◯旅先では、眼に映るものすべてが新鮮で、視覚を更新してくれます。ブーゲンビリア市場。学校に牛が入ってきた。村の結婚式。◆科研費研究の成果科学研究費助成事業(H26〜H28年度)基盤研究(C)研究資料集「オーラル・ヒストリーによる戦後の創造主義的造形教育の検証と考察」研究代表者:辻 政博(帝京大学准教授)連携研究者:水島 尚喜(聖心女子大学教授)研究協力者:鈴石 弘之(NPO法人CCAA代表)研究協力者:穴澤 秀 [続きを読む]
  • すばらしい子どもたちの歌声と踊り
  • ◯カンボジア王国初等芸術教育支援事業(JHP?学校をつくる会、JICA草の根技術協力事業)で芸術学校を訪問した際の一コマ。中庭に集まって踊りと歌を練習していた子どもたちに、誰かが「やってみて」と声をかけると、気さくに歌と踊りを見せてくれました。それがまた、たいへんすばらしく、うれしくなりました。◆科研費研究の成果科学研究費助成事業(H26〜H28年度)基盤研究(C)研究資料集「オーラル・ヒストリーによる戦後の創 [続きを読む]
  • カンボジア王国へ、行ってきまーす!が…
  • ◯今日は、荷造り。が、ギューギューのカバンを閉めていたら、「ギックリ!」。やってしまった〜!!やばいなあ〜。が行くしかない。①運動不足、②疲労、③風邪気味、④太り過ぎの条件が、見事揃っていた(トホホ)。「ギックリ腰」は、結局、筋力が落ちて、捻挫した状態だそうである。ちょうど甥っ子が、近くに越してきて、夕飯を毎晩食いにきているので、明朝は、成田まで、アシスタントで同行してもらうことにした。朝4時半に [続きを読む]
  • 抜けかわる生命
  • ◯サボテンの新芽が出て、新しい命に抜けかわる。それにしても、サボテンも蛇のように「脱皮」しているみたいだ。◆科研費研究の成果科学研究費助成事業(H26〜H28年度)基盤研究(C)研究資料集「オーラル・ヒストリーによる戦後の創造主義的造形教育の検証と考察」研究代表者:辻 政博(帝京大学准教授)連携研究者:水島 尚喜(聖心女子大学教授)研究協力者:鈴石 弘之(NPO法人CCAA代表)研究協力者:穴澤 秀隆(NPO法人C [続きを読む]
  • ニュートンの水彩、詰め替えた
  • ◯今日は、大学で業務。少し寒かった。出発がせまってきた、カンボジアの荷物も少しずつ増えてきた。先日買った固形水彩もやはり小さい方が運びがよいので、絵の具を小さなパレットに詰め替えた。この方がコンパクト。…よく考えたら、絵の具だけ買ってきて詰めてもよかったなあ〜(笑)。◆科研費研究の成果科学研究費助成事業(H26〜H28年度)基盤研究(C)研究資料集「オーラル・ヒストリーによる戦後の創造主義的造形教育の検 [続きを読む]
  •  元気の出る中川 一政
  • ◯時々、中川 一政の絵を描く姿を思い出す。山とキャンバスを前にした90歳にも近い老人のケツは、しっかりしている。しっかり立って、立ち向かうところが健康的だ。◆科研費研究の成果科学研究費助成事業(H26〜H28年度)基盤研究(C)研究資料集「オーラル・ヒストリーによる戦後の創造主義的造形教育の検証と考察」研究代表者:辻 政博(帝京大学准教授)連携研究者:水島 尚喜(聖心女子大学教授)研究協力者:鈴石 弘之( [続きを読む]
  • カンボジア、荷造りはじめました
  • ◯今日は、大学へ。事務仕事。2号館が、すっかり姿を消しました。ここに、図工室がありました。もっと昔は、メリック(図書館)のところにあったそうです。◯そろそろカンボジアの支度をはじめました。1年でも一番暑い時期だそうです。半分弱は、材料用具。レクチャーとワークショップをします。あとは、現地調達ですね。すっかり平地に。むこうに見えるは、明星大?中央大?サンダルも持った。◆科研費研究の成果科学研究費助成 [続きを読む]
  • ニュートンの固形水彩買いました!&羽仁進映画「教室の子供たち」
  • ◯今日は、板橋で業務。最終回でした。もうじきカンボジアに行くので、固形水彩を購入しました。時間があったら、スケッチしたいと思いますが…。親戚の甥っ子が、近くに引っ越してきました。国学院大学に編入のため。渋谷は、都会で怖い感じがするそうです。現在使用中(右)。新品はきれいだが、まだ味が出ていない。◯実は映画「絵を描く子どもたち」の前にこの映画がある。こんなドキュメント今では撮ることができないだろう。 [続きを読む]
  • 訃報 戦後の造形教育の象徴「野々目桂三先生」ご逝去
  • 野々目桂三指導作品(無題 不詳 東京・新宿区立淀橋第六小学校)右:野々目桂三先生。左:鈴石弘之先生。◯鈴石弘之先生より、野々目桂三先生ご逝去のご連絡がありました。昨日、ご逝去された模様です。野々目桂三先生は、東京都の図画工作専科として私たちの大先輩であるとともに、映画『絵を描く子どもたち−児童画を理解するために−』(1956年、岩波映画製作所、パートカラー、38分、監督・脚本:羽仁進、撮影:小村静夫、録 [続きを読む]
  • 紙がなくなった
  • ◯ドローイングの「紙」がなくなった。買いに行かなくちゃ。図工で使っている画用紙は、漂白された「白」が、どうも違和感がある。製品としては、すばらしいのだけれど。そばにいる気色「食卓」水彩、珈琲、ポールペン、muse紙、20170305。◆科研費研究の成果科学研究費助成事業(H26〜H28年度)基盤研究(C)研究資料集「オーラル・ヒストリーによる戦後の創造主義的造形教育の検証と考察」研究代表者:辻 政博(帝京大学准教授 [続きを読む]
  • 「珈夢居」
  • ◯昨日は、風邪引きで昼過ぎまで睡眠。夕方、久しぶりに珈琲「珈夢居」へ。今後の予定を確認。12日(日)〜18日(土)まで、プノンペンへ行くので、準備をしないと。向こうは、真夏日らしい。◯明け方映画『カムイ外伝』をみた。白土三平の原作で、小学生の頃よく貸本屋から借りて読んだ記憶がある。カムイは、穢多、非人という身分差別に我慢ならず、忍者になるが、さらにそこでも矛盾を感じ「抜け忍」となる。けれども、忍者社会 [続きを読む]
  • 研究室引越しなど
  • ◯昨日は、展覧会搬出で、帰宅すると風邪でバタンキュー。本日は、辻ゼミ展の物品の返却に大学に。研究室が9号館から、10号館へ移動し、物品も移動していたので、少し整理した。大学構内は、広いので場所が変わると、風景が変わる。コンビニもセブンが近い。午後からは「夢ナビトーク」のリハーサルだったが、セリフ覚えが不完全で、詰まってしまった。来週は、カンボジアなので、帰ってから覚えないと忘れてしまうな(笑)。まだ [続きを読む]
  • 4年生!辻ゼミ卒業!!
  • ◯本日は、辻ゼミ展の片付け、搬出作業でした。11時から、みんなで、荷物を梱包し、掃除し、壁の穴を塞いで、修理し、終了となりました。最後の締めで、3年生のサプライズ!!手作りの「辻ゼミ卒業証書」と「寄せ書き」を用意して、4年生に渡しました。4年生から、一言ずつ言葉をいただいて、お別れとなりました。3年生やりますね〜!!4年生も、4月から新天地に羽ばたきます。ゼミで培った感性と想像力とチャレンジ精神で [続きを読む]
  • 辻ゼミ展終了!!
  • ◯本日をもちまして、無事辻ゼミ展終了いたしました。ご参観いただいた皆様、ありがとうございました。明日は、搬出作業です。今日は、足立区時代の小学校の教え子姉妹が、来てくれました。お姉さんは、C大学教育学部に進み、見事、東京都の採用試験に合格したそうです。おめでとうございます。わざわざ、報告に来てくれて、たいへんうれしいです。現場でもぜひ楽しくがんばってください。いつの間にか、3月ですね。◆科研費研究 [続きを読む]
  • 辻ゼミ展5日目
  • ◯大学の先生や外部の方々に参観していただき、ご案内するのは、参観に来た方も活動の意味がよく理解でき、また、参観者からのお話は、出品者にとっても、考えを再確認したり、新たな考えに気づいたりすることもできます。これは、外部での展示会の大きなねらいのひとつです。また、保護者の皆さんもおいでくださり、卒業していく我が子への愛情の機微なども感じさせてくれます。ご多用の中、BSS大下社長様、森泉様も参観していた [続きを読む]