クロア さん プロフィール

  •  
クロアさん: 夢のかけら 〜西洋骨董覚書〜
ハンドル名クロア さん
ブログタイトル夢のかけら 〜西洋骨董覚書〜
ブログURLhttp://pastchild.exblog.jp/
サイト紹介文東京銀座でアンティークショップを開いています。 素敵なモノをいろいろご紹介します。
自由文中央区銀座 5-1 銀座ファイブ2F
11:30〜19:30(無休)
TEL 03-5568-0023
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/07/28 12:35

クロア さんのブログ記事

  • 後期テートジュモー 小花プリントのジュモーオリジナルドレス
  • 神谷圭子さんの著書「マダムプッペの人形通信」を読むまでは特に気にしなかった胸のプリーツ。最近はもうなかなか状態の良いものを目にすることもなくなってしまったので記録として残しておきます。プリーツ以外にも各所に細かな気遣いがされて立体的な丸みを帯びた出来上がりになっています。胸のプリーツの裏側はガーゼの裏地が貼られています。そして胸のプリーツプリーツの下は向かって右方向に折られ、上... [続きを読む]
  • 後期OM(オープンマウス)ノーマークジュモー 9号
  • 若いころに初めてジュモーを見た時の衝撃というのは、「かわいい!!」というよりはむしろ「濃い!!」とか「きつい!!」という気持ちの方が上でした。デフォルメされた眉に睨み付け挑みかかるような目。美しい中にどこかに数滴の毒を含む表情。でも、その表情にこそ魅せられたのです。このぼさぼさの眉というのは当時の女性の美の基準からはるかに逸脱しているように思うのですが、ジュモー氏は一体どんな気持ちをこ... [続きを読む]
  • インサイズド テートジュモー 9号 
  • アンティークのビスクドールの肌質はそれはそれは美しく透明感があって、しかも丈夫です。光によって、見る角度によって、常にその表情は変化します。美しい子は何千枚写真を撮っても飽きることはなく、また、撮っても撮っても、まだもっとより美しい新たな表情を見せてくれます。今回の9号さんもその一人です。珍しい個体でもありますのでここに画像をいくつか残しておきます。手は初期テートのストレートリ... [続きを読む]
  • テートジュモー レッドスタンプの変遷
  • 昨日の記事のついでにテートジュモーのレッドスタンプの変遷もまとめておきます。最初にレッドスタンプのテートジュモーが作られたのが1885年。それから15年の間の出来事です。一番古いタイプ2番目とてもわずかな違いです。最初はテートジュモーの綴りがゴシック体ですが、2番目は飾りのある、なんていうんでしょうか、日本語で言うところの明朝体になっています。3番目ちょっと薄いですが、3段あ... [続きを読む]
  • ジュモーのヘッドマーク インサイズド(陰刻)の変遷
  • べべジュモーのヘッドマークの歴史はポートレイト時代のノーマーク、数字のみ、そしてトリステに見られる小さな丸が一つ押されているところから始まります。今まで売ったドールの刻印をちゃんと記録しておけばよかったのですが、このあたりはジュモーの聖書 ジュモーブックに克明に記録されていますから、特に自分が記録せねば!という気持ちもなかったのです。そのノーマーク時代にもごく少数ですが、ジュモーのマー... [続きを読む]
  • 5月のフランス買い付けに関しましてお知らせです。
  • あさって 5月3日から5月11日まで、ネット担当黒崎♀がパリに買い付けにまいります。そのため、この間はネット経由のお問い合わせ、お買い上げに迅速に対応できませんのでご了承くださいませ。銀座実店舗はこの間も通常通り営業しています。毎回、あっと驚くような素晴らしいもの、初めて手にするものに出会えて、19世紀後半から第二次大戦前夜までのヨーロッパの懐の深さに驚かされます。今回もきっとそ... [続きを読む]
  • イギリスに買い付けに行ってまいります
  • 3月27日から4月15日まで、黒崎♂はイギリスに買い付けに行ってまいります。北の端から南の端までくまなく回り、珍しいものアンティークをまたたくさん仕入れてくると思います。仕事を始めて50年弱、ずっとぶれることなく19世紀から1930年代までのイギリスアンティークを追い求めていても、なお、まだ今までに見たこともないような珍しもの、感動するものが見つかるところに、イギリス全盛期のヴィクトリア... [続きを読む]
  • 3月2日から3月8日までフランス買い付けに行きます。
  • 黒崎♀ 3月2日から3月8日までパリに買い付けにまいります。その間、銀座実店舗は通常通り営業いたしますが、ネットショップでお買い上げいただいた場合の発送やお問い合わせにはお答えできませんのでどうぞご了承くださいませ。ネットショップでご注文していただくことは出来ますが、発送は帰国後になります。どうぞよろしくお願いいたします。たくさんの素晴らしいアンティークを仕入れてきたいと思ってい... [続きを読む]
  • フランス買い付けに行ってきます。
  • 11月3日から11月9日まで黒崎♀はパリに買い付けに行ってまいります。冬枯れに向かう初頭のヨーロッパであるからこそ、あたたかいクリスマスを思わせるアンティークにたくさん出会いたいと思っています。なお、この間はネットでのご注文、お問い合わせに応対することができませんのでご了承くださいませ。どうぞ帰国をお待ちくださるようお願いいたします。m(__)m実店舗は通常通り営業しておりま... [続きを読む]
  • 買い付けに伴う店舗営業変更のお知らせ
  • 9月22日(木)〜9月28日(水)の間 黒崎♀がフランスへ。9月26日(月)〜10月15日(土)の間 黒崎♂がイギリスへ。買い付けにまいります。そのため、 9月26日(月)、9月27日(火)、9月28日(水)は店は完全休業。9月29日から10月15日までは黒崎♀が一人留守番のため不定期の営業となります。13時から18時までは基本オープンしているとは思いますが、やむなく予告なく閉... [続きを読む]
  • 店のメールアドレスを変更いたしました
  • いつもネットショップでのお買い物を誠にありがとうございます。m(__)mホームページ内のメールアドレスを変更いたしました。商品に関するお問い合わせなどはネットショップのお問い合わせ欄よりどうぞお願いいたします。m(__)mまた、ネットショップにて ご注文いただいたお客様には、ホームパージからの自動のお知らせとは別個にいつもメールを差し上げております。万が一届いていないということが... [続きを読む]
  • 19世紀の香水ショップ
  • 19世紀の香りがまだ残っていることが何よりも嬉しいショップ型のドールハウスです。ドールハウスは通常子供たちにたくさん遊ばれる存在ですので、このように美しい状態で残るのは本当に奇跡のようなことだと思います。まるで王宮の天井画のような蓋上部の美しいイラストの両脇には。。。有名なミレーの晩鐘と落ち穂拾いの絵が小さく添えられています。美しいブラッセルレースのカーテン越しにそっと覗いた... [続きを読む]
  • ファーネル ディンキー
  • ご縁ありまして、とても状態の良いファーネルのディンキーちゃんをご紹介いたします。今回の子はEINCOタイプの虹彩のある目のタイプです。経年劣化ありますがとても状態の良い子です。生まれてそろそろ100年を迎えようというのに、、、、驚きます。ディンキーは割ととぼけた男の子みたいな雰囲気の子が多いんですが、この子はむっちりさんでありながらきゅっとタイトに締まっていて、おしゃれな女の... [続きを読む]
  • 時が止まった部屋 〜シャンソン追加しました。^−^
  • *この素敵なお話にぴったりの歌をYOU TUBEで見つけたので貼り付けておきます。よろしければ合わせてどうぞ♪ネットのニュースで素敵すぎるお話を見つけました!!!ぜひぜひ見てください。^−^http://spotlight-media.jp/article/238988488249734707*追記 どうして部屋の所有者である女性は70年間この部屋を一度も訪れなか... [続きを読む]
  • 1946年のベビーアルバム
  • 第二次世界大戦後から現代に至るアメリカのベビーちゃん誕生のお祝いカードは独特の可愛さがあります。今回は私が扱ってきた中でも最も古く、最もまとまって良質のカードが貼られているアルバムのページからいくつかをご紹介いたします。状態も圧倒的に良く、これ以上のものは今までもこれからももう見つからないかもしれません。かわいい男の子の赤ちゃんの大きなイラストの描かれた表紙お母さんの結婚式の写真で... [続きを読む]
  • パリに買い付けに行ってきます。
  • 黒崎♀は明日5月4日より5月11日までパリに買い付けに行ってまいります。インスタグラムの方では随時パリの仕入れ状況をアップしていきますのでどうぞ引き続きましてご覧くださいませ。ホームページのネットショップでのご注文は出来ますが、お問い合わせ、ご発送に関しましては帰国後になってしまいます。どうぞご了承くださいませ。実店舗は変わらず営業をしておりますのでご来店をお待ちしています。... [続きを読む]
  • 帰国しました
  • 昨日黒崎♂ 無事にイギリスより帰ってまいりました。今回はいつにも増して美しくまた珍しい研ぎ澄まされたアンティークが集まりました。仕事を始めて45年たちましたがそれでもなお 今までに見たこともなかったような面白い好奇心を刺激するものに出会えることに 19世紀ヨーロッパのアンティークの奥深さを見せつけられます。クリストファーロビンのような5歳児の心を持って。。。。。どうぞご覧くださいま... [続きを読む]
  • 思い出をつなぎ留めるために
  • 生まれた人は必ずいつかは死んでいきます。それはとても悲しみを伴う事実なので普段はそのことに目を背けて生活していきがちですが、19世紀の人々は現代の我々よりもあえてそれを自覚しようとしていた節があります。赤ちゃんの誕生を知らせるカードは19世紀にはほとんど作られていません。今よりも乳児の死亡率が高かったことも関係しているのでしょうか。。。10歳前後で行われる初聖体のカードは多く残さ... [続きを読む]
  • 光と影の芸術 19世紀の日傘たち その1
  • 19世紀の貴婦人の必需品の一つでした。表面のレースはともかくとして裏側にテンション高く張られた薄いシルクサテンが曲者で、ほとんどがいたんでしまっているのであまり良い状態のものは現存しません。しかも美しい割には使えるわけでもなくディスプレイとしてもなかなか難しいので簡単に仕入れることは出来ません。今回は2つご紹介いたします。まずは黒いシャンティーレースの既婚者用の日傘です。機械... [続きを読む]
  • マルチーズレース コレクション
  • マルチーズレースはマルタ島に伝わるシャンパンベージュの美しい光沢のシルクの糸で織られたボビンレースの一種です。デザインに特徴があってすぐにそれとわかるのですが、何よりも象徴的なのはマルタ十字と呼ばれる十字架のモチーフです。本物のマルタ十字はどれだ?帽子はテンプル騎士団のマーク、右のメダルはヴィクトリア女王のジュビリーに作られた記念のメダルです。左のカルセドニーの物はマルタクロスぽくデ... [続きを読む]
  • 黒猫の系譜
  • まずは数年前に書きましたこちらをお読みくださいませ。→m(__)m不吉と言われ迫害の歴史が続いていた黒猫に救いの手を差し伸べたイギリスではモヘアの起毛布地を使ったぬいぐるみと言うものが作られ始めるようになったごく初期から黒猫のぬいぐるみが作られました。時代にすると1900年から1910年にかけてがその最初だと思います。今日ネットショップでご紹介した黒猫はその中でも最も古く大きいレア... [続きを読む]