chiara さん プロフィール

  •  
chiaraさん: キアラおばさんのドタバタな日々
ハンドル名chiara さん
ブログタイトルキアラおばさんのドタバタな日々
ブログURLhttp://chiara67.blog105.fc2.com/
サイト紹介文3丁目の夕日みたいといわれる古い街に住み、好奇心に逆らえずドタバタ暮らすMacなオバーサン
自由文スタートは喘息日記、今や備忘録でもあります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2011/07/30 22:22

chiara さんのブログ記事

  • 「蜜蜂と遠雷」恩田陸
  • 蜜蜂と遠雷 [ 恩田陸 ]価格:1944円(税込、送料無料) (2017/5/23時点)直木賞と本屋大賞のダブル受賞は初めての作品という。高く平積みされた綺麗なカバーの本。中を見れば2段組みで500ページ超えはちょっとためらう。しかし耳に入ってくる感想やら書評やらに負けて買ってしまった。新刊本は、文庫になるまで買わないと決めたのはいつだったか…確かにハルキなどは我慢して待ったが、それも「1Q84」までで、「多崎つくる…」はま [続きを読む]
  • カトリック映画賞「この世界の片隅に」
  • 昨年秋、まだ上映館も少なかった頃から、次々に聞こえてくる絶賛の言葉に、是非見たいと思いながら、どうしても足を運べなかった映画。「この世界の片隅に」すでに劇場で見ているけど、監督の話も聞けるから、という娘に誘われてやっと見に行って来ました。母に背負われて、空から降ってくる真っ赤な焼夷弾の中を逃げた、横浜大空襲の4歳になる前のおぼろげな記憶。それが邪魔をして、数多の戦争映画を見逃して、というより自ら拒 [続きを読む]
  • 茄子の棘
  • 数日前のこと、右手中指の第1関節のシワのあたりが、いつの間にかズキズキ痛み出し赤く腫れている。そういえば前日、料理中にお茄子の棘を刺したけど…千葉のオバサンが野菜を持ってきてくれてた頃は、お茄子も胡瓜もトゲトゲで、気をつけていたけれど、普通にスーパーで買うものではトゲトゲには出会わない。野菜の買い物は重さが半端なく、毎日のことなので、最近、エコを謳っている別の生協にも入ってみた。そこの野菜はまあま [続きを読む]
  • 魔女に元気を貰おう
  • このところ気温の変動が激しい。一昨日は7月の気温で、今日は4月とかで、10℃の差がある。おまけに朝からシトシトと久しぶりの雨で、空が明るくなったと思っても霧雨だったりと、結局1日中降って寒い日だった。アニメ映画というものは、そもそもあまり好きとは言えず、最近はほとんど見に行っていない。でも、随分昔に見た「魔女の宅急便」は大好きで、DVDまで買ったのだけれど、いつでも見られると思うと、これまたちっとも見ない [続きを読む]
  • 総合診で膝の痛みの相談
  • 隔月に通っている総合診療科。大学病院だけど、なんでも相談できる、今やホームドクターみたいになっている。一般的ないわゆる生活習慣病などのチェックなのだけれど、呼吸器の方で様々な薬、特に新薬を使うので、何か副作用が出てないかも念頭に診てもらっている。なので必ず、呼吸器内科のカルテにも目を通してくれるので心強い。さらに今日は、膝の痛みのこともいろいろ聞いてもらった。薬の関係で隔月の受診だけれど、予約では [続きを読む]
  • 誕生日ケーキの異変
  • 長〜い連休が終わり、早速会社や出張に出る者、学校や幼稚園に行く子供や孫を送って、久々にホッとする。午後から新米カメラマンをしている孫2が来るという。数日後お誕生日を控えているので、ケーキを用意しておくつもりだったのに、残念なことに、いつもお願いしているお気に入りのケーキ屋さんが、どうやら破産したらしく、1ヶ月半ほど前から閉まったまま。。。仕方がないので、先月のチュー坊の誕生日には、いつも行列が出来 [続きを読む]
  • スズランと大型連休
  • 毎年、大型連休と世間が騒がしくなる頃、ニョキッと突然地中から現れ、花をつける。冬の間は姿形も見えなくなり、暮れに来た植木屋さんが全部抜いちゃったんだと、毎年のように夫が怒っていたこともあった。100坪以上もの庭にありとあらゆる花を育ててた伯母から貰ったスズラン。明治の人とは思えない自由な発想の持ち主だった伯母と、花を見たこともなかった子供の頃歌っていた童謡を、いつも思い出す。そういえばアマリリスの歌 [続きを読む]
  • クンシランが今年も咲いて
  • 物干しの隅っこで、ほとんど虐待というかネグレクトされてるクンシランが、今年もちゃんと華やかに咲いています。とはいえ、部屋から見えるベランダに置いていた時とは、花の数がまるで違うのです…何十年か前に伯母のところから貰ってきて、その伯母も遠の昔に逝ってしまったのですが、花を見ては思い出します。そして手入れもせず、植え替えの仕方も知らないまま放置して、恥ずかしく申し訳なく思うのです。いつぞや、植え替えを [続きを読む]
  • 復活の日
  • 素晴らしい青空に恵まれた復活祭。四旬節に入った最初の主日以来だ。特にこの1連の聖週間のミサは聖書をなぞる大事な、そして大好きな歌もいっぱいなのに、まだ1度も通して出られたことがない。今年は特に、先月の発作以来なかなかすっきりせず、せめて、土曜日の徹夜祭には与かりたいと思ったけど、前夜またちょっと熱出てたし、朝から様々飛び回った李もしたので諦めた。大聖堂に入ると、想像以上の混雑でびっくり。なんとか、 [続きを読む]
  • 花は見頃
  • 開花が早かった割になかなか満開にならない今年の桜。それでもご近所のお宅や、児童公園の桜は咲ききったよう。好天で、昼はかなり気温も上がってきたが、今日などかなり風が強くて、でもちょっと冷たいからか、まだ散り始めてはいない。近所に見所はいくつもあるけれど、神田川を流れていく花筏をじっと見ているのが好き。それには、もう2、3日待った方が良さそうだ。都電に乗って、飛鳥山や染井の桜、大塚のトンネルも、ちょっ [続きを読む]
  • ピアノ調律の日
  • 9年ぶりにピアノの調律をお願いした。後で知ったことだが、今日はピアノ調律の日だそうな。近年、やたら〇〇の日というのというのを耳にする。母の日、父の日はまだしも、やれ孫の日だの夫婦の日だのと、なんとか財布の紐を弛ませようという魂胆としか思えない、その他もろもろの商品の日など覚えきれるものではない。とりあえずピアノ調律の日の由来を調べてみれば、April(4月)が、基準音であり、440?であることから4月4日とい [続きを読む]
  • 朗読セミナーは「月明かりの道」
  • ピークフロー値も少しずつ戻りつつあるけど、まだ、笑ったり声を出すことに不安がある。今日は朗読セミナーも新しい期に入り、テキストも新しくなる。今度は珍しく翻訳物で、芥川龍之介が初めて紹介し、「藪の中」の着想を得たと言われている作品。事前に図書館で借りて目を通してあるが、声の状態が不安で、読めるかどうか…でも、講師の矢島先生の解説が楽しみだしと、読むのはパスしてもいいと思いながら行くだけ行った。でも、 [続きを読む]
  • そもそもの始まりは…
  • 来年大学受験のチビネエが、ヴァイオリンを休んで、急遽ピアノのレッスンを受けることになった。そして、いつも発表会で伴奏をしていただく先生と、さっさとレッスンの段取りをつけてきた。さて、我が家の子供達がお稽古していた頃のピアノは、最初の火事で思いっきり水をかぶりオシャカ。その頃はもう誰もレッスンを受けていたわけではなかったので、PCに繋げたりして色々遊べる電子ピアノに買い換えてしまった。その後、クラシッ [続きを読む]
  • あれから1週間
  • プレドニン20mg独断で投入3日目になっても,ピークフロー値の下降が止まらない不安を抱えて、定期受診13:30の予約だったけど早目に病院着。いつものように定時前に診察が始まると、看護師さんが注射の問診に呼びにきたので、金曜日の38.7度の発熱以来の経過を話す。サチュは95でいつもより低いもののセーフ。が、下がったと思っていた熱が37.4度。まず処置室でインフルエンザの検査。結果が出るまで約一時間の間にX線を取りに行く。 [続きを読む]
  • 雑司ヶ谷霊園の春
  • 例年より早い桜開花宣言に、なんか春めいた気分。銀行やら区役所やら、幾つかの用事を済ませに、久々に霊園の中を通ってみる。寒々とした霊園の冬景色を一変させる1番バッターは、いつもこの辛夷。いつもなら、まだかまだかと毎日のように通ってみるのに、今年は今日が初めてで、花は盛りを過ぎかかっている。大きなレンズを付けたカメラを抱えたお姉さんがウロウロ。思わず「漱石さんのお墓ですか?」なんて声をかけてしまった。 [続きを読む]
  • 美味しそうなのに食べられなかった
  • 咳とくしゃみでお腹の皮が痛い。カムバックの花粉症で顔が痒かったりむくんだ感じだったり、頭は重く微熱も…と思っていたら金曜日の夜には38.7度まで上がってしまった。翌朝には微熱に戻ったので、録音の修正に図書館にも行ったり。  そこへ宿六がお気に入りのAGIOに行きたいなどと言い出し、昨夜は、みんなで出かけたものの、私は全く食欲なく、奮発したトスカーナワイン舐めて、シーザーサラダつまんで、春野菜のフリットにパ [続きを読む]
  • 膝の痛みはずいぶん取れてきました
  • このところ寒い日ばかりです。でも、膝の痛みは随分楽になっています。ヒアルロン酸注射は次回1ヶ月後と言われ、来週あたりに行くつもりでいたのですが、最近、注射の失敗例を幾つか耳にして、一寸考えちゃってます。一方で、手術をした人は揃ってよかったと…我慢しないでもっと早くやればよかったと…一昨日の総合診のHO先生の患者さんも、片方手術したら快調で、もう片方もすぐ申し込んで、手術が待ち遠しいと仰ってたそうです [続きを読む]
  • 花粉症が戻ったようで…
  • 今日もまた風が冷たく寒いというので、相変わらずの冬支度で出かけました。おまけに、ほとんど忘れていた目の痒み、鼻水、重苦しい頭痛。そして昨日からの声の異変。朗読セミナーでは、もっと声を出しましょうとご注意。いやいや、出ないのは多分花粉のせいで、自分でもびっくりなのです。5年間続けた喘息治療薬ゾレアをヌーカラに変えた時から、懸念していたことではあるのです。そもそも私の気管支喘息は、ひどいスギ花粉症から [続きを読む]
  • 大失敗も友との語らいで…
  • 土曜日の朝は、大概ホームベーカリーで焼いたパンと決まっている。前の晩にタイマー入れて置くのだけれど、忘れて寝てしまい、明け方、慌てて寝ぼけ眼で仕掛けることもある。でも昨夜は、わりと早い時間仕込んだので寝ぼけていたわけではない。が、今朝開けてみたら…底の方に縮まってイーストを忘れたのだ〜みんなが起きてくるまでにはまだ時間がある。大急ぎで、早焼きメニュー(2時間)でやり直し。さて、再び焼き上がりの時間 [続きを読む]
  • お昼はカフェランチ
  • サンシャインも、平日は空いてます。まあ、3時過ぎくらいになると学校帰りの高校生とかが来ますけど。。。アイドルの登竜門とかいわれている噴水広場も子供のステージです。スクリーンの音楽に乗って気持ちよさそうに踊ってます。午前中は気管支の状態が良くないことが多くて、録音はいつも午後にしていたのですけれど、注射を変えてから、朝の調子が良くなったような気がしていて、たまたま空いてた今日の午前中に予定を入れてお [続きを読む]
  • 友に逢い、海を見て…
  • 膝を痛くしてからは、出かけるのは慎重になってしまいました。まだ、出かける時には湿布&サポーターを欠かせませんが、ちょっと暖かい日になるとどこか行きたいな〜とウズウズしてきます。そんな時に舞い込んだ1枚のハガキ。いつか「写真を始めたの」という小学校の時の友達からでした。もうこれは絶対に行かなくちゃと、図書館の休館日24日に行くからと、メールをしたら「未熟で恥ずかしいから来ちゃダメ!」と意外な電話。私は [続きを読む]
  • 旗日だなんてだ〜れも気づかない
  • 孫のJKはいつも通り土曜講習で学校に行きました。娘2は、3歳児の予防接種にかかりつけ医に行くというから、途中のクリーニング屋さんに持って行くものを頼みました。夜になってわかったこと。JKはいつものバスが来ないので、間に合わないからと、1度戻って自転車で学校に行ったこと。お医者さんはお休みで予防接種が出来なかったこと。でも、クリーニング店は開いてたとのこと。影の薄い建国記念の日です。制定された当時建国記念 [続きを読む]
  • 白いものがチラチラそして火事
  • 相変わらず寒い日が続き、全国各地の大雪が報じられてます。11月の早い時期に、初雪があったきりのこの辺りも、今日はとうとう白いものが舞いました。と言っても、ほんの一瞬のことでしたが…お昼ちょっと過ぎ、ウ〜という車の音がして、大きな声が裏の通りから聞こえました。おやっ?と思ったのですがよく聞き取れないまま静かになったのですが、今度は、上空を飛ぶヘリの音が…首都高も近いので、珍しいことではないのですが、か [続きを読む]
  • 充電ケーブルの寿命
  • 節分、立春を過ぎた頃は、結構ポカポカしてたのに、今週に入ってまた一気に冷え込んでいます。週1で5回の後、2週間ごとに2回の注射で、ずいぶん痛みが取れてきていて私の中ではすっかり春気分だったのですが…やっぱり寒いとダメなんですね〜ついでに気力も減退して部屋がまたぐちゃぐちゃです。iPhoneの充電ケーブルを繋ぐと、なんやらピンというような音とともに、「アクセサリーが・・・」と警告が出ます。外して差し直すと治 [続きを読む]
  • 昼間のシャンソンライブ
  • 上野不忍池を望むライブスペースQui。30年来の友人平野さんのライブがあったので、近所の友人を誘って行ってきました。これまでは大概夜でしたし、1人で行くことが多かったのですが、今日はお友達と一緒でしたから、少し早めに行って、お昼をご一緒することにしました。この辺り、老舗の洋食店も和食の店も幾つかあるのですが、同じビルの1階にある鰻屋さんが美味しいと聞いていたものの、これまで入る機会がありませんでした。鰻 [続きを読む]