E49FXN さん プロフィール

  •  
E49FXNさん: E-TYPE のガレージ
ハンドル名E49FXN さん
ブログタイトルE-TYPE のガレージ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/wk4868
サイト紹介文E−TYPEとの生活を中心に、懐しい旅や消えゆく光景への思い・・・ブログは過去と今を彷徨っています。
自由文すぐ故障するクルマ、あまりにも華奢なロードレーサー、うまく写らないカメラ、すぐに狂う時計、時代遅れの街、必ずしも便利ではない宿、実用性のない重い鞄、あまりキレイとは云えない店・・・等々・・・・・が僕の好きなモノ達です。でもこれらに共通するのは美しさ・・・そして儚さ・・・
そんな愛するモノ達への思い、そして実体験・・・いわば僕の”道楽”みたいな生活の一部をご紹介させていただきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供319回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2011/07/31 14:15

E49FXN さんのブログ記事

  • 45年ぶりに、明知線に乗った!
  • さて、今回の美濃の旅のテーマのひとつが、ローカル線に乗ることでもあったのですが、旧越美南線である長良川鉄道に乗ったあとは、美濃太田からJR太多線で多治見、そこから中央線に乗って恵那にやってきました。その目的は、現在は第三セクター化されて明知鉄道となっている 旧国鉄明知線に乗るため・・・それも、45年ぶりにです!その昔、明知線にはC12が引っ張る貨物列車が昭和48年の10月まで走っていました。1日にたった [続きを読む]
  • 名古屋・円頓寺「天寅」で懐かしい味の天丼を・・・
  • さて、先週出張で行った名古屋、仕事の前に訪れたのは円頓寺商店街でしたが、上の写真がその長久山圓頓寺。これに沿ったカタチでアーケードに覆われた商店街が伸びているのですが、その反対側には実に懐かしい街並みが拡がっていました。地名的には那古野と呼ばれるこのあたりには、堀川に沿って蔵が建ち並ぶ四間道なども隣接し、名古屋では珍しく戦災を逃れたため、古のこの地を偲ぶことの出来るエリアだったりもします。そして商 [続きを読む]
  • 偶然?必然⁈ 60年前海を渡った、黒い飲料と黒い調味料・・・
  • あんまり暑い日ばかりが続くからでしょうか・・・ミニカーにも涼を求めたい(?)ということで最近僕の手元にやってきたのがコレ!1/64 TOMICA LIMITED VINTAGE のニッサン3.5tトラック、しかもコカ・コーラのルートカーなんです!!C80型と呼ばれるこのトラックが発売されたのは昭和40年。僕は小学校低学年で、まさしくコーラという飲み物を初めて経験した時代でもありました。それは、洒落たCMでコカ・コーラがちょうど爆発的に [続きを読む]
  • 美濃市〜圧巻!卯建の上がる街並み〜
  • さて、旧名鉄美濃駅でクラシックなモ512を楽しんだあとは、本題(?)である美濃市の卯建の上がる街並みを目指して・・・なにしろこの美濃市に滞在できる時間は2時間ちょっとなので、暑い中早足で歩きます。ところでその旧い街並みの手前にあるのがこの割烹「八幡屋」。ベンガラ色の壁を持つ、なんか色っぽい外壁・・・実はこの日はここで食事がしたいなァ〜と思っていて事前に予約をするべく電話を入れたところ、独りだという理 [続きを読む]
  • 旧名鉄美濃駅で、モ512 に遭遇!
  • さて、昨日の記事の続きですが、郡上八幡の街を堪能したあとは、再び長良川鉄道に乗り、美濃市駅で降りました。その目的は、もちろん卯建の上がる旧い街並みを訪ねることだったのですが、もう一つはこの旧名鉄美濃駅を見学すること。平成11年に廃止されるまで、名鉄美濃町線の終着駅であったこの旧美濃駅は、大正12年に建てられた駅舎やホームが残り、国の登録有形文化財にも指定されています。なので駅舎内に入った瞬間、古の時代 [続きを読む]
  • 夏の街、郡上八幡と渡邊染物店
  • さて、再び美濃の旅の続きです。そもそも今回の旅のきっかけは叔父の二十三回忌の法事だったのですが、僕は小さい頃からこの叔父には可愛がってもらい、高山、黒部、伊勢、白川郷、谷汲、輪中、伊吹山・・・実に様々な場所にクルマで連れて行ってもらいました。そして最後に行ったのが今から23年前、この郡上八幡だったのです。長良川鉄道の郡上八幡駅で降りると、郡上踊りのシーズンを迎えたためか駅周りは朝から賑わいをみせ・ [続きを読む]
  • Pippa Middleton & E-TYPE!
  • ピッパ・ミドルトン(Pippa Middleton)と言っても、ピンとくる方は多くはないと思うのですが、彼女はキャサリン妃の妹!で、5月20日の彼女の結婚式はほとんどロイヤル・ウェディング!!そしてそのエンディングは、馬車ならぬジャガーE-TYPE Sr.1 OTS フラットフロア!!!Pippa Middleton waves as new husband James Matthews drives an ultra-rare Jaguarいやァ〜実に優雅ですよねェ。。。。 [続きを読む]
  • 名古屋 円頓寺・喫茶「まつば」で栄華の時代の遺構を・・・
  • 今週の月曜日に名古屋経由で二泊三日の旅から帰ってきたばかりだというのに、今日は再び名古屋へ出張です。もちろん少し早めについて、あたりをブラブラと・・・しかし、大名古屋ビルヂングなども出来て未来都市っぽくなった名駅周辺から少し歩いただけで、こんな『愚痴聞き地蔵尊』なんていう実に庶民的な光景が・・・やっぱ面白いよなァ〜名古屋って。まあ、ノーテンキに生きてるんで、聞いてもらいたい愚痴も持ち合わせていない [続きを読む]
  • 美濃白鳥・料理旅館「浅野屋」で、長良川の鮎を・・・
  • ところで美濃白鳥での宿は、少し北濃寄りに位置する料理旅館「浅野屋」でした。通りに面した典型的な日本旅館・・・入口の大きな瓶に驚きながらも玄関に入ると、陽気な女将さんが出迎えてくれました。そのまま民芸調に誂えられた座敷を横目に土間を奥に進むと・・・そこには外からは想像できないような中庭が・・・真ん中の池には小さな太鼓橋までありました。しばらく佇んでいると・・・おお、だんだん大きな鯉たちが僕の許に集ま [続きを読む]
  • 美濃白鳥の街は、ちょっと寂しげ・・・
  • さて、昨日の記事の続きです。長良川鉄道を美濃白鳥駅で降りて、街並みを眺めるべくブラブラしようと思ったのですが、土曜の夕方なのに人が・・・ほとんど見当たらない!代わりにこのポスターが所々に・・・『白鳥』ってコトバはなにか儚げなイメージなのですが、やはりこのポスターも・・・モデルさん、言っちゃ悪いけど妙に幸薄っぽいもんなァ・・・郡上の中では八幡に次いで第二の町である美濃白鳥なのですが、かつては白山信仰 [続きを読む]
  • 長良川鉄道で、美濃白鳥へ・・・
  • 実は先日の土曜日は、法事に出席するために岐阜まで行ってきました。で、それを済ませたあとはちょうどよい機会なので”夏の旅”を・・・。二泊したので帰ったのはきょうの夕方です。ところで今回の旅のコンセプト(?)は、言ってみれば縦糸は『美濃の魅力的なローカル線を堪能する』、横糸は『美濃に点在する旧い街を訪ねる』。ということで、岐阜からJR高山線で美濃太田に移動し、長良川鉄道に乗換えます。かつては国鉄 越美南 [続きを読む]
  • スーパーカー消しゴムの親玉出現!
  • 今週、会社の同僚が僕にくれたプレゼント・・・それは彼が小学生の時に集めていたスーパーカー消しゴムの「当たり」扱いのビッグスケールタイプです。明らかに普通のスーパーカー消しゴムよりもふた回りほど大きく、半透明の柔らかなグリーンの材料で造られているのは、トヨタ2000GTとランチア・ストラトス!いわばスーパーカー消しゴムの親玉です!!しかし、まるでオペルGTみたいなカタチで似てるとはいえないトヨタ2000GTに比べ [続きを読む]
  • 金髪巨乳美女 vs Dino !
  • Charlotte McKinney - Carls Jr Ad Commercial - Super Bowl XLIX 2015 - The All Natural Burgerフロリダ生まれの巨乳セクシーモデル、シャーロット・マッキン二ー・・・このスーパーボウルでオンエアされた、ハンバーガーチェーンであるカールスJr.のCMは、話題にもなったのでご覧になった方も多いんじゃないかと思いますが・・・イイですねェ〜その余りにもベタだけどワカりやすいカメラワークが・・・ところで嬉しいことに、こ [続きを読む]
  • 浅草「今半本店」、新仲見世の喧騒を忘れる異空間・・・
  • さて、きょうの昼飯はなぜか茹だるような暑さの中、浅草へ・・・雷門もあまりの暑さで雲隠れ?そして仲見世通りから右に曲がり、アーケードの新仲見世を入ってすぐのところに目的の店はありました。それは、「今半本店」。明治28年に創業し、空襲で焼け落ちるまでは”今半御殿”と呼ばれた建物で営業していた、全ての暖簾分けした今半のルーツ・・・HPによれば、新仲見世通りを挟んで反対側に位置した、竜宮城を模したその店舗で [続きを読む]
  • Contax Ⅲ で撮った、岳南鉄道、身延、赤沢集落!
  • 昨日まで御紹介させていただいてきました岳南鉄道、身延、赤沢集落を巡った静岡〜山梨の旅には、実はツァイス・イコンが造ったレンジファインダーカメラ、コンタックスⅢも同行させました。それにイルフォードの白黒ネガフイルムであるデルタ100を詰めて、付属のセレン式露出計のみに頼って撮った写真です。全て拡大可能。スマホとは異次元の世界、ぜひ御覧ください・・・とても戦前のカメラとは思えない描写力。サスガはツァイス [続きを読む]
  • 身延線沿線の、鉄道建築・近代建築・・・
  • さて、早川町の赤沢集落からの帰りは、バスで下部温泉駅まで降りてきたのですが、この駅がまた素敵な雰囲気でした。甲斐の山々を背にした素朴な駅舎、脇には温泉旅館の名前が記された行灯看板、小さな駅前広場には1台のタクシーがノンビリと客待ちをしていて、それを囲むように鄙びた土産物屋や食堂・案内所が・・・まるで、寅さんの映画にでも出てきそう。元々昭和2年の開業時には下部駅という名前でしたが、平成3年に下部温泉 [続きを読む]
  • 悠々自適?身延・旧遠藤医院・・・
  • ところで、JR身延線の身延駅から門前町である身延山にバスで移動している最中に、たまたま見かけた建物・・・まるでスイスの山小屋のような、もしくは昔の小学校を思わせるような茶色に塗られた板で覆われた大型木造建築、それが旧遠藤医院でした。あまりに気になったので、赤沢集落へ向かう朝に立ち寄ってみると・・・身延小学校バス停のすぐ奥にあるこの旧遠藤医院は、なんでも身延山久遠寺の総門前で診療所を開いていた遠藤医師 [続きを読む]
  • 今朝の大黒PAと、過去最大の奇跡!?
  • 先週の日曜日は雨だったり、来週は用事があったりするので、早い時間から蒸し暑かったのですが、今朝はE-TYPEのエンジンを掛けて久々の大黒PAへ・・・気候のせいか旧いクルマも少なく、コスモスポーツの隣に停めさせていただきましたが、あとは地元・横浜のGTR軍団がいたくらいかナ・・・で、目立っていたのはこのフィアット・スパイダーの集団!なかなかにスタイリッシュ・・・これからの季節、こんなクルマで海沿いなんかを走り [続きを読む]
  • 門前町 身延山と、久遠寺三門・・・
  • さて、先日の記事に登場した元遊郭建築「いさご屋旅館」は、日蓮宗の総本山として名高い身延山久遠寺の門前町にあるのですが、夕暮れ時の町並みは人通りもなく、かといって寂れているわけでもなく、ちょっと不思議な雰囲気でした。旧い旅館、看板建築の蕎麦屋、懐かしいキャラクター人形が店先に置かれた薬屋、数多の数珠やお線香・蝋燭を扱う土産物屋・・・コンビニの姿が全くない、それは古の昭和の時代を思わせる、実にノスタル [続きを読む]
  • Red Cars & Hot Girls
  • さて、急に暑くなったりジメジメしたり・・・梅雨の最中って感じですが、今宵は毎年恒例の(ホントか?)、赤いクルマとアツい美女を特集です。ポルシェ、メルセデス、MG、ジェンセン、ジャガー、フィアット、アルファ等など、お楽しみください!ちなみにピストル握ってDinoに乗ってらっしゃるのは、なんと、あの木村カエラ様!なのでした。。。 [続きを読む]
  • 身延山「いさご屋旅館」、築百年の遊郭建築に泊まる!
  • 昨日の記事の続きです。富士宮の街を堪能したあとは、再び身延線に乗って・・・残念ながら富士山はアタマの部分を隠した状態でしたが、進行方向左側に席を確保したおかげで富士川を眺めながらの列車旅・・・だんだんと山が深くなり、山梨に入ってきたんだなァ〜という思いも深まります。そして、降りたのは身延駅。ここからバスで約20分、きょうの宿泊場所である身延山へ到着です。さて、身延山久遠寺の門前町であるこの街で、ひ [続きを読む]
  • 浅間大社の金の蛇と、富士宮焼きそば・・・
  • さて、富士宮の記事の続きなのですが、この地に来たからにはやはり浅間大社にお参りをしなくっちゃ・・・ということで、川沿いの道を抜けて大きな鳥居を目指します。朱色の鳥居の前では、中学の修学旅行と思しき子供たちが記念撮影・・・昔から変わらぬ、実に微笑ましい光景です。全国の浅間神社の総本山であるこの富士山本宮浅間大社、国の重要文化財なのですが、その本殿は1604年に徳川家康が造ったんだそうで・・・なんか、 [続きを読む]
  • 「ひたち」が「いなほ」に大ヘンシ〜ン!?
  • 先日、昔の青梅線を走る電気機関車の画像を送ってきてくれた、僕の会社のSL撮影の師匠である同僚K氏から、またしても貴重な写真が届きました。それは、1970年・・・K氏が小学校6年生の時に上野駅で撮影したものなのですが、そのカメラはなんと、Canon ダイヤル35!ところでこのカメラ、みなさん御存知でした?Canon ダイヤル35は、1963年に発売されたハーフサイズのカメラなんですが、そのスパイカメラを思わせるあま [続きを読む]
  • もうひとつの『赤い風船』、知っていますか?
  • 先々週くらいだったでしょうか・・・ある朝、ふと目覚めた時に、なぜか僕のアタマの中では子供の頃に聴いた覚えのある曲が奏でられ・・・それは、加藤登紀子の『赤い風船』。彼女の2枚めのシングル盤として、1966年にリリースされたこの曲・・・1973年のレコード大賞新人賞を浅田美代子にもたらした同名曲の僅か7年前に発表されているのですが、今ではほとんど覚えている方もいらっしゃらないのではないでしょうか?しかし・・・ [続きを読む]