メッシー さん プロフィール

  •  
メッシーさん: 〜肺がんと甲状腺がんから学んだ健康への思い〜
ハンドル名メッシー さん
ブログタイトル〜肺がんと甲状腺がんから学んだ健康への思い〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/ttiimura/
サイト紹介文35歳までに肺がんと甲状腺がんを経験して学んだ健康への思い、健康を維持する秘訣を発信します。
自由文私は27歳の時に甲状腺がん、35歳の時に肺がんを宣告されました。とても辛い経験でしたが、家族や友人に支えられて前向きに闘病し、短期間で日常生活に復帰することができました。

夢の病気になっても笑顔で堂々と生きていける人で溢れた国「健康大陸 日本」を実現するために、皆様の健康を応援する情報を発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2011/08/01 12:57

メッシー さんのブログ記事

  • 今年の人間ドックの結果報告
  • 人間ドックの結果が届きました。毎年とほとんど変わらずで、今年も健康な結果と言えそうです。さて、一番こだわった呼吸機能ですが…今年も肺活量がアップ!!2年前と比べると4%もアップしてました。誤差範囲!と言われそうですが、肺の一部を失った私の小さな抵抗です(^-^)予測肺活量(身長と年齢から計算した値)から求めた%肺活量も69.3%まで上がってきたので、あと10年もすれば健常者に仲間入りできそうです。健康診断で大切な [続きを読む]
  • 前を向くことが笑顔の元
  • 先日、肺がん患者会の立ち上げに奮闘している友人に会いました。 本人は、ステージ4の肺がんと共に毎日を過ごしていますが、「何か証を残したい」 そう語る彼女の目はしっかりと将来を見据えキラキラ輝いていました。 対談の詳細は健康サポーターJAPANのHPで近日中に公開します。 [続きを読む]
  • 渡瀬恒彦さん死去
  • 俳優の渡瀬恒彦さんが亡くなられました。刑事ドラマが大好きなで、十津川警部シリーズもおみやさんも欠かさず見ていたので、やっぱり寂しいですね。2015年に胆嚢が見つかって、余命宣告を受けながらもいつもと変わらずにカメラの前に立ち続けたその姿、役者さんは生き方自体がドラマですね。私も4月で40歳を迎えます。産まれてからもう2000万分を経過中。時間にするとスゴーく長生きをしているみたいに感じます(^^)メッシーとして [続きを読む]
  • 3月の夜のリラックス
  • 新しい旅立ちを控えたこと時期のリラックス方法は、そば茶をのみながら、落語のCD。 まだまだ寒い夜は、人の声とクスッと笑える小話に癒されます。 頑張りすぎないリラックスに今日も活力をもらっています。 [続きを読む]
  • 相談で胸の支えがスッキリ
  • NPOの設立について相談したいことがあり、千葉市民活動支援センターにお邪魔しました。すごーく分かりやすく説明していただき、設立に関してモヤモヤしていた疑問がスッキリ。自分の誤解に数ヵ月の間、振り回されていただけでした。自分の決断がどこから得た情報に基づいているかなと考えてみると、結構あやふやな情報だったりします。悩んでいる時ほど、自分の常識に立ち返って見直してみることが大切ですね。 [続きを読む]
  • バリウム検査のちノロ
  • 普通に暮らしているつもりなのにどうやら私は持っている男のようでして、また我が身をもってブログのネタ作りをしてしまいました。 先日の人間ドックでバリウムを飲んで、しばらく下剤とバリウムの影響で白っぽい便が続いていたと思ったら、3日後の朝、急に便のニオイに変化が...今年もノロにかかってしまいました。 「恐怖の白い便」講演だと盛り上がりそうなネタですが、4日が経過しても状況が改善せず、なんだ [続きを読む]
  • 人間ドックで体の限界にチャレンジ!
  • 今年も人間ドックに行ってきました。 さすがに3月になると受診者の数が少し落ち着くようで、看護師さんも、「会社で早く受診しろー!」とお尻を叩かれた人がこの時期に来るみたいと笑っていました。耳の痛い話です。 今日は速報だけですが、コレステロール、尿酸値、肝臓のγが基準値のギリギリなのは例年通りで、それ以外に新しい指摘はありませんでした。歳を重ねると、年間の変化がないことが1番嬉しいですね。&nbs [続きを読む]
  • ベン検査の準備をしていて
  • 明日の人間ドックのためにベン検査の準備をしていていますが、毎年恒例でも中々慣れるものではないですね。丁寧なマニュアルがついていますが、まずは視線をどこにやるべきかとか心の準備の部分を書いて欲しいです(^-^冗談はさておき、健康を確認するための大切な検査なのでバッチリ準備しました。明日は気合いを入れて肺活量をアップを狙います! [続きを読む]
  • 誰でも病院の検査中にリラックスできる方法
  • 病院の検査を受けている時は、何をされているのか分からない...なんかあったらどうしよう...不安だらけでどうしても暗い顔になりがちです。 どうせ心配しても結果が変わらないなら、少しでもリラックスして検査を受けられたらいいのに。 長年検査を受ける中で、誰でも検査中にリラックスできる方法を発見しました! 検査室に入ると、できるだけ早く検査が終わってくれるように目をつぶって眠ったように静か [続きを読む]
  • 2017/03/01
  • どうしよう…苦しい…助けて…病気の時だけではなく、仕事でも、家庭でもネガティブな感情はなかなか人に話せないものです。カッコ悪いとか、心配をかけたくない、自分でなんとかしなくちゃなんて考えがちです。でも、自分では誰にバレていないと思いがちですが、悩んでいること実は周りにはバレています。肺がんの手術のことで悩んでいる妻が感じたことは「相談してくれないけど、大丈夫なのかな、強い人だな」 私がHELPを [続きを読む]
  • 健康と病気の境界線
  • ある日病名を宣告されたその瞬間からあなた患者になります。でも病気と健康の境界線ってどこにあると思いますか? 体の中で最初に病気の細胞が生まれた瞬間なのか...病院で宣告をされた瞬間なのか... 真面目に考えれば考えるほど、過去にあったその瞬間に意味がないと気づきます。 大切なことは病気と健康の境界線を自分で引かないこと。 病気になっても健康に生きて良いし、健康な人も病気に関心を持 [続きを読む]
  • 第2回医療ドリプラ座談会を開催しました
  • 昨日、第2回医療ドリプラ座談会を開催しました! 今回はゲストスピーカーとして出番を頂き、2度のがんを経験した患者の立場からみえる医療と、医療機器メーカーに努める立場からみえる医療の裏側についてお話ししました。 「医師に依存するのではなく、1人の人としてリスペクトして接することでコミュニケーションが変化する」医師と良好な関係を築くためにはお互いに感謝の気持ちは大切です。 今 [続きを読む]
  • 週末のNPO社員ミーティング
  • 金曜の夜にNPO社員の皆さんとミーティングを行いました。 相談者の健康を応援する活動の他にいつか医療のお世話になる一般の皆さまに医療者を大好きになってもらうイベントを定期的に行うことになりました!キーワードは「みんなで楽しむ」。 それぞれのネットワークを集結すると1人ではできなかったことができるんですね。 [続きを読む]
  • 週末の道路で人生初の体験
  • 週末は家族で軽井沢に行きました。軽井沢は天気が良くても風が強くて寒いですね〜浅間山も煙がモクモクモク。そんな平和な軽井沢旅行でしたが、行き帰りの道路で人生初の体験をしました。雪もほとんどなく、普通の週末の道路状況のはずが、行きに5箇所、帰りに1箇所で事故現場を目撃!しかも、すべて事故が起きたて。3台玉突き、5台玉突き、衝突した車が高速の真ん中で横向きに停車中…車の壊れ具合から、重症の方はいなそうでし [続きを読む]
  • 人間ドックの内視鏡検査が大人気?
  • 術後の定期検査の都合で、会社の人間ドックを毎年2月〜3月に受けていますが今年はちょっとビックリ! なんと、3月までの内視鏡による胃がん検診は1月の時点で予約がいっぱい!!あちこちの施設に電話をしても、軽い失笑と共に、「残念ですが...」の回答の連続でした。(涙) 例年だと、平日のどこまで予約はできたのに〜 2014年度版の「有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン」で胃内視鏡検査が推 [続きを読む]
  • ネットで自分と同じ症状がどれか分からない方のためにも
  • 体調不良が発覚した時に必ずやるのが、インターネットでそのままの症状を入力→検索。症状が具体的であるほどブログ記事がヒットしてきますが、自分と同じ症状がどれか分からないってことはよくありますよね。これは誰もが言うことですが、ちょっと我々素人には解決が難しい問題です。でも、我々にでもできることがあります。先日、体調不良で検査を受けた方も同じことを話していましたが、もうひとつ(喀血を例としますが)、「喀 [続きを読む]
  • さぽ☆どりバンデーラに参加しました!
  • 土曜に行われた知的・発達障がい者福祉の関係者が集うイベント「さぽ☆どりバンデーラ」に参加しました。施設の枠を越えて福祉について語り合うと〜っても熱いイベントでした。一番の気づきは、無意識に障害を他人事と思ってたな〜って。病気と同じで当事者にならないと自分事として捉え難いですが病気や高齢に体の動き制約されるとしたら…気づかないフリをしちゃだめですね〜昨年の福祉施設の暗いニュースがありましたが、これ [続きを読む]
  • 冬の空を見上げてみれば
  • 日常の中で携帯を見ながら下を向いている時間が長くなっていますが、外を歩きながら空を見上げてみれば、、、冬でも葉っぱがワサワサしてる木があることを発見!「冬の木は枝しかない」そんな先入観があったので、乾燥した青空と緑のコントラストはとても感動しました。先入観はそれに反するものに出会った時に、初めてそれが先入観だと気がつきます。「がん=死」この先入観を変えるためには、がんを経験しながらも健康に生きてい [続きを読む]
  • すべてのがん患者さんができるサポート
  • 昨日、がん仲間が取材を受けている映像がTVで放送されました。 本人は謙遜されますが自分の病気のことをカミングアウトをして人前に出るってとても勇気がいることですよね。 でも、その姿に励まされている患者さんがたくさんいると思うと、本当に意義のある活動だと思います。 人前に出て活動しているのは特別な人だと思いますか? もちろんそんなことはありません。誰だって他のがん患者さんをサポートする [続きを読む]
  • 悩んで決断すること
  • がんを経験してから仕事最優先の生き方を見直して自分らしく生きることを大切にしてきました。しかし普通に仕事をしていればいつか誰かが評価をしてくれて新しいポジションを与えてくれたりします。本当なら嬉しい出来事ですが本音は…家族に相談しても理解してもらえず久々に一人でモンモンしています。生き方の軸を決めたとしても次々に新しいイベントが起きてその度に悩まされます。でも悩んで決断するって絶対に必要なプロセ [続きを読む]
  • がん友さんとの遭遇
  • 先日参加したイベントで、「あっ!メッシーさん?」と初めましての女性から声をかけられました。 話を伺ってみると、肺がんを経験された時にこのブログを読んでくれていて、ステージの脇でちょろちょろ動き回る私を見て、気づいてくださったそうです。 いや〜嬉しかったです。 自分の経験が誰かの役に立っていて、その上、感謝されるって患者冥利に尽きますね。微妙な冥利ですが(笑) 病気の経験に蓋をして [続きを読む]