江戸川らんべ さん プロフィール

  •  
江戸川らんべさん: 清多夢くらぶ
ハンドル名江戸川らんべ さん
ブログタイトル清多夢くらぶ
ブログURLhttps://plaza.rakuten.co.jp/yugami189/
サイト紹介文土木遺産的なダム・堰・橋などをモニタリングしながら独自の視点で紹介。江戸川の土手で走思歩観する。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供254回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2011/08/02 15:43

江戸川らんべ さんのブログ記事

  • 参詣道 大門坂
  •  那智山へ向かう世界遺産の参詣道で、人気の大門坂を歩く。大門跡まで、全長600mの杉木立が続く。大杉により日光と風が遮られる坂道。自然石と古木が苔むす古道である。 大門坂は、熊野古道7つの参詣道のひと... [続きを読む]
  • 運河河口 桜休憩所
  •  全長8.5kmの利根運河の終点に桜咲く休憩所がある。サクラが身を寄せるように、固まっている。冬の西風をと北風をもろに受ける場所だ。しかし展望が良いので、「運河河口公園」として、四阿が整備されている。... [続きを読む]
  • 朝もやの 桜の運河
  •  利根運河が1年のうちで最も華やかなる卯月。朝もやのなか、利根運河さくら並木を歩く。しばらく経つと、煙のような靄が消え、見事な桜が現れた。 運河のさくら並木は、東武鉄道が横断する橋梁とふれあい橋の上... [続きを読む]
  • 野田橋下流 治水風景
  •  河川における非洪水期間が終わる。野田橋の下流でも江戸川の整備工事が行われていた。清水公園へのサイクリング途中、野田橋を通る。紫辛夷が咲いていたので少し休憩をとる。往きは左岸、復路は右岸コースをと... [続きを読む]
  • えど川から つくば山
  •  菜の花の香りに誘われて、えど川を歩く。朝ランのコースである。菜の花の期間は例年より長い。その分、サクラの満開が遅れていた。暫く、イエロー・ロード・ランを楽しめる。 青紫色の双耳山は、春がすみを帯... [続きを読む]
  • 辛夷と蕗 白い花
  •  コブシはモクレンより少し遅れて、白い花を梢いっぱいに咲かせる。桜に先立って咲く。遠くからは、白い桜のようにも見える。 コブシの漢字名は「辛夷」。微風になびく白花からは想像できない当て字だ。「つら... [続きを読む]
  • 浅緑の 枝垂れ柳
  •  枯れていた柳が若葉を付け、河川敷で揺れていた。にぶい黄緑色の柳色の枝葉。枝垂れ柳を見て、春の風を一層感じる。川岸や池畔などで、よく見かけるヤナギである。 ヤナギは、耐水性に優れている樹木なので、... [続きを読む]
  • 白き紫峰 筑波山
  •  季節はずれの雪が降った3月27日。夕方、江戸川から運河を散歩する。北東方向がいつもの景色と少し違う。夕陽に照らされた筑波山が白かった。栃木県で雪山事故が遭った日なので、雪山を見ると、悲しい気持ちにな... [続きを読む]
  • 菜の堤防 T字水制
  •  菜の花色に染まった土手は、人呼び人を歩かせる。晴れた日、甘い香り漂う堤防の道を、走・歩・転びとが行き交う。そんな堤防を護るモノが川岸にある。 流山市内の近くを流れる江戸川に「丹後の渡し跡」地点が... [続きを読む]
  • 菜に囲まれて 供養碑
  •  菜の花に埋もれるように小さな供養碑がある。高さ80cmほどの地蔵仏が彫られている。草刈作業で傷つけないように、目印に測量ポールが立っていた。 江戸川が緩やかにカーブする場所に供養碑が置かれている。... [続きを読む]