xxzalxx さん プロフィール

  •  
xxzalxxさん: xxzalxxのブログ_嫁姑 母娘 夫婦 育児 家族 対人 人生
ハンドル名xxzalxx さん
ブログタイトルxxzalxxのブログ_嫁姑 母娘 夫婦 育児 家族 対人 人生
ブログURLhttp://xxzalxx.blog.fc2.com/
サイト紹介文嫁姑・母娘から見えた人間関係や人付き合いなどについて。
自由文勝気な姑に『貴女には何の文句もない!』と劣等感を抱かせ1年半で別居。

旦那と娘を連れて実家に居候するも、今度は自信家な母に罪悪感を抱かせ別居。

現在家族4人で1LDK生活。

特に出来は良くないけど
何故か勝気な姑や母を空回らせる不思議について、を記しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供141回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2011/08/04 14:52

xxzalxx さんのブログ記事

  • 座右の銘
  • 「苦あれど無駄無し。価値あるものに変えられるかも己の技量。」「尊敬する人は唯一、過去の自分」と同時期に浮かんで若い頃はこの2つを毎日唱えてた。「“日々成長”、ならば」「昨日までの私と接してくれた人たち全てに」「感謝と敬意を」これは、販売業に就いてお客様と接しながら人との出会いについて感じたこと。一方で「あの出会いは」「未熟な私だから訪れたのであって」「今の、」「少しだけ賢くなった私には」「訪れなか [続きを読む]
  • 未来予想
  • 2ヶ月くらい前、小学校のクラス懇談会があった。そこで、親が順番に1年を振り替えって感想を言う、というのがあって。。とある男子の母親、『〇〇の母です』『うちの子はおとなしくて、、』『私が年行ってから生んだ子で、、』とめそめそし始めた。って話を彼氏にして、「そこで私、」「マジで!?おとなしいの!?」「うちの娘がおたくの息子、」「女子にやたら興味があるのか変にちょっかい出して」「クラスの女子から嫌われて [続きを読む]
  • 夢を見た
  • 夢を見た。娘と私の実家に行く夢。お土産の苺が入った袋を持って先を行く娘に「ばぁば、怖くないよ」って言って玄関入ると上がり口に私たちを睨んで正座する母親がいて母親の前に何も言わず娘が苺をぽそっと置くと私たちを睨んだまま無言で奪うようにして受け取る母親。悲しそうに俯いたまま靴を脱いで上がる娘。そのまま階段を上がっていく背中に「止めなきゃ」と思いながら母親に「上に誰かいるの?」と聞くと『知らない』とだけ [続きを読む]
  • という考えを、、
  • 彼氏に話したところ『俺が居たいと思っているから付き合ってるの?』『一緒にいることに、お前の願望はないの?』『“どうしてもこれが欲しい”と思ってもらいたい』と言われ私の欲求を求める人、という人物に現在戸惑い中ではあるが 以前弟に言われた『姉ちゃんはUFOキャッチャーのぬいぐるみ』『その時は良さそうに見えるから投資するけど』『家で見たら大したことない』を告げたところ『ブランド品の正規品は金出せば買える』『 [続きを読む]
  • 相手優先
  • およそ気付いているだろうがかなり私は自分を後回しにする。というか、後にでも順番が回ってくればいいが一切、と言った方が良いかもしれない。父親が、『zalで憂さ晴らしがしたい』と思っている様子があったのでひたすら痛みをこらえ母親が、『zalより良い女だと思いたい』と思っている様子があったのでひたすら立てていた。元々自分の考えを言葉にしない性分もあって表向き、両親は思惑通り酔えていたようだ。では私は、というと [続きを読む]
  • 経緯
  • 前述の、何故彼氏がそこまで言ってくるのか、、1年ほど前、私が別居する際、その友達の家に10日ほどだろうか居候するときに事前に子供たち交えて5人で食事をした。そこで友人が、『私じゃダメですか』と言ってきたわけだが、、私が子供たちを連れてトイレに行き、2人きりにしたのを彼氏がかなりキレていたのだ。具体的にどんな話があったか分からないが以後、やたら彼氏が『あいつは穴があるだけで』『女としての需要があると思っ [続きを読む]
  • 許す罪
  • ご飯を用意する時間、私は子供たちに「ご飯食べる?」と聞く。食べない、と言われたら少し遅くし、暫くしたらまた聞く。食べる、と言われたら作る。その代わり、残したり遊びながら食べたりしたらこっぴどく怒る。自分がこの時間に食べると言ったんでしょ!と。そんな私のやり方に対して『“食べない”と言ったやつにもう1回聞いてあげるんだな』『俺は2度と聞かない(笑)』『相手に敗者復活戦を与えるのは出来ないなぁ』なんて言 [続きを読む]
  • 口癖
  • 私の(笑)子供たちに対して気付くとまた言ってるな〜なものを(笑)・やるべき事をせずに、やりたい事が出来ると思うな。・お前たち、ママ何人いると思ってるんだ?3人くらいいると思ってないか?・今、何をすべき時なのか見失うな。・感情に任せて説明のつかないことをするのはバカがやること。・何をやるかじゃなくて、どうやるかだ。・やり返したら同罪。・相手の揚げ足とって優位に立ったと思うな。周りはそんなにバカじゃない。 [続きを読む]
  • 閻魔語録
  • 『要らないものを捨てるんじゃない』『要るもの以外を捨てろ』必要な書類を無くし宝物と称したゴミを蓄える娘に閻魔ママからの叱咤(笑)応用編としてセール品をやたら買いたがる彼氏に『買わないことが、一番安い』と言うのもあります(笑) [続きを読む]
  • 戸惑いの理由
  • 私が求められるにはそれなりの役柄があった。父親からはサンドバッグと性欲満たすお人形。母親からは自尊心のための比較材料。元夫からは性欲の便器と家政婦さん。彼氏から与えられる好意に戸惑いがあったのはそういう役柄が無いからだと気付いた。 [続きを読む]
  • 笑い方
  • 娘が『良い笑い方をするね』と誉められた。どういう意味?と聞いてきた娘に答えた。****世の中には他人の不幸を見て笑う人がいる。そういう人を指して『笑い方がいいね』とは言わない。何を見て笑ったか、どう笑ったか、そこにその人の人柄が出る。『笑い方がいいね』は○○ちゃんのそういう所を誉めてくれたんだよ。****彼氏が『zalを本当に笑わせるためには』『子供たちを楽しませないとダメだ』『子供たちには、俺とい [続きを読む]
  • 知らないことは望めない
  • 叩かれない代わりに何があるのか手を出されない代わりに何があるのか反対側を知らない私は反対側を望むことなく生きていた。ただ唯一、子供の頃は出来て中学までは出来ていた“笑うこと”には未練があった。笑うと母に鼻で笑われる。“ブスのくせに”“お前には笑う価値もないくせに”言われたわけではないが嘲笑う視線がただただ辛かった。「笑えるようになりたい」「ブスだけど、笑っていたい」ウエイトレスのバイトを選んだのは [続きを読む]
  • 母と私
  • 今までも触れてきたが詳細絡めて書いてみようと思う母は自分のビジュアル、考え方や性格、女としての価値、全てにおいて“zalより上”と思っていた。父との関係についても『性格は合わないけど』『体の相性は良いんだよね〜(笑)』と、常日頃自慢?していた。父は、良くも悪くも単純なやつだった。誉めれば調子に乗り、言い返せば簡単にぶちギレていた。母はそういう父の性格に結婚前から気付いていたため『嫌なことがあっても自分 [続きを読む]
  • あらほーにして転ぶ
  • 昨日。保育園の門を入って門を閉めて向き直ったら真ん前に息子がいた。あまりの近さに息子と絡まり、そして避けた先に立て看板の足があり、もう無理。持ってた荷物を全て投げ、息子を突き飛ばしてもろとも転んだわけだ。左に倒れたのに右手の甲を怪我した謎(笑) [続きを読む]
  • 普通を知る
  • 中学の頃。同じ部活にやはり父親から手を出されていた子がいた。その子はそれを私に話し、毎日学校まで迎えに来るその父親を『あいつだよ』と私に合わせたりしていた。そのうち彼女はリスカに走り手首に包帯巻いて登校していたが互いに卒業して違う進路に行ったため以後の彼女は知らない。私は彼女に自分の話はしていなかったが『父親がこういうことをする』と具体的に話せていた彼女はもしかしたら普通の家はどうなのか知っていた [続きを読む]
  • 苦しみと私
  • 子供の頃は逃れられないとして大人になってから…何故実家から逃げなかったのか。…恋愛含めプライベートや仕事、何故与えられた好条件を避け、悪条件ばかり選んできたのか。…悪条件を身の丈と言う割に苦しみは感じている。…身の丈と言うなら苦しみと感じないのでは?と、彼氏から聞かれた。答:苦しみのある状態が私、と思っていたから。誰からも苦しみを与えられない痛みを与えられない罵倒されず嘲笑されず虐げられず父親に穴 [続きを読む]
  • してもらえる価値
  • 『 バカボンのパパみたいに不細工でも良い』『奥さんを大切にしてくれる人が良かった』彼氏といろんな話をする中で私の育った環境として母親の話をよくする。母親がよく父親を指して上記のセリフを吐いていて男の人に求めるものとして当時はそうだよね〜なんて思って聞いていたんだけど…バカボンのママってすげー美人だし頭良いし優しいんだよね。何で母親はそこ立ち位置で話してたんだろうね(笑)うわぁすげー面白いこと言ってた [続きを読む]
  • 枠と足枷
  • 何の縛り無く放置されたらそれは収集つかなくなるけど私は足枷を求めてそれを当たり前としていた。 [続きを読む]
  • 表現
  • ずっとそうやって生きてきたから“愛される”“大切にされる”が何なのかそれらはどう表現されるのか知らずに今に至る。与えられたものは今まで見たこと無いもので「何これ?」と聞ける余裕のある状態ならまだしも咄嗟の判断となると。。それがそれと気付けた上での『どうせ』ではないただただ、『得体の知れない怖いもの』分からないよね。学生時代、父親と二人で食事行ったって友達に『帰りはホテル?』って聞こうとしたような感 [続きを読む]
  • 娘に恋愛相談(笑)
  • 何となく私の生い立ちとか話してある。『またお兄ちゃんに怒鳴られた』「今までも怒鳴られたの?」『何回かある』「そうなんだ」『ママはお前たちに“好きだよ”って言うじゃん?』「うん」『言われてどう?』「嬉しい(笑)」『ママはお前たちに自信もってほしくて言ってるんだ』「うん」『ママは、言われないで育ったから』「うん」『たまにお兄ちゃんもママに言ってくれるけど』「うん」『意味が分からないんだ』「聞いたりする? [続きを読む]
  • その後
  • 丸投げと言いながら情報を全て与えておらず再三の確認も適当に空返事。予定を固めてから「実は既に散々動いたあとで」「情報もメチャメチャでした」とバラし新しい情報をぶっこんできた彼氏。予定に組み込んであげようとはしたがやはり無理でそちらを優先して私が入れていた不動産を全てキャンセルした件。『もう自分でやるからいい』と息巻いていた彼氏ですが予定を乱した原因となった物件は実は駐車場がないやつでしかも私が揃え [続きを読む]
  • 説明
  • 『こういう状態なのでこうしました』『今はこういう状態です』 という短文が何故さらっと言えないのか。勃発してから12時間。それに触れない会話をし続ける話術。私にはない。 [続きを読む]
  • どこの上から
  • 相手に優位な提案をしたら『私がそのツールに大金をはたく意味が分からない』『互いにウィンウィンでしたらやります』『その時は協力します』と言われたわけだ。ツールに大金を、って一部カンパの5000円ですが、、ウィンウィンどころかあなた、一人勝ちの土壌ですよ?協力します、って言うか私はあなたの売り上げの50倍売れてますが、、?仕方ないのでその人抜きでやりますが結果、どうなるかなぁ(笑)いやいやそうじゃない何を言っ [続きを読む]