平さん さん プロフィール

  •  
平さんさん: へべれけ日記
ハンドル名平さん さん
ブログタイトルへべれけ日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/almost50/
サイト紹介文ジャズの話、日々の酔態、菜園の惨状、ヘボ釣り、など。残念なブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供319回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2011/08/04 16:15

平さん さんのブログ記事

  • La Fiesta
  • 「曲」なるブログ・テーマの57回目。 チック・コリャコリャの"La Fiesta"も来月の新曲の一つであります。イタリア系 とスペイン系 の血を継ぐチック・コリアは新教の国であるところの米国 では少数派の旧教の人でありますが、この人が書いた曲はスペイン色、スペイン系のスケールを用いたものが多く、これを機会にそうしたものをオベンキョーしてみやうかと。 (1) チック・コリア。 https://www.youtube.com/watch?v=SAWekvoJ1Z [続きを読む]
  • Só Tinha de Ser Com Você
  • 「曲」なるブログ・テーマの56回目。 ううう、来月の新曲数はなんと12曲。うち3曲は前もってEbの譜面にしてあったところに、日曜・月曜に3曲分書き換えた。残り5曲。めんどくせえ作業だが、なんとか金曜には済ませたい。 ジョビンの"Só Tinha de Ser Com Você"も来月の新曲の一つであります。英語に訳するならばさしずめ"It Had To Be You"、「貴方でなければあたし、駄目なの、うっふーん 」、ってなとこか。そういや米国のジ [続きを読む]
  • Palladium
  • 「曲」なるブログ・テーマの55回目。 次回の練習でウェザーの"Palladium"をやることになった。っつうか、わたしがねじ込んだのが実情だが。クリヤ・マコトと納浩一の"Acoustic Weather Report"なるCDに刺激を受けて思いっきり勃った、もとい、思い立ったのであります。 (1) まずはウェザーのオリジナル。 https://www.youtube.com/watch?v=nnQ7oszKZ60 (2) イタリアの若者達。 https://www.youtube.com/watch?v=7agmiDD4Al4 (3) "C [続きを読む]
  • Down In Brazil
  • 「曲」なるブログ・テーマの54回目。数え直してみたら、来月の新曲は11曲ではなく12曲だった。ひいっ。もう一つの趣味の子作り、もとい、野菜作りの方も農繁期を迎え、また女装、もとい、除草も忙しいところに譜面を短3度下げて、そして曲によっては1オクターブ上げてアルト用の譜面に書き換えて練習しなければならん。ひいっ。酒など呑む時間は、ある。 んで、今日の曲はマイケル・フランクスの"Down In Brazil"。この曲は来月向 [続きを読む]
  • Friends
  • 「曲」なるブログ・テーマの53回目。昨日はバンマスが暴走気味につき、来月に向けての曲が11曲となってしまった。こりゃたまらん。なんつったってこちらは練習する以前に譜面書き作業に取りかからなければならず、その上での練習となる。てえへんなんだよう。 てなことでこの「曲」シリーズ、しばらく続きます。 チック・コリアの"Friends"。 (1) オリジナル。ファレル、いいねえ。 https://www.youtube.com/watch?v=OT9rUQW-fVw ( [続きを読む]
  • Chet Baker (tp)
  • Chet Baker Quartet, “Live Volume 1 - This Time The Dream's On Me” (1953 Pacific Jazz) Chet Baker (tp)Russ Freeman (p)Carson Smith (b)Bob Neel (ds) - on tracks 7-14Larry Bunker (ds) - on tracks 1-5 1. All The Things You Are2. Isn't It Romantic3. Maid In Mexico4. My Funny Valentine5. This Time The Dream's On Me6. Introduction7. Line For Lyons8. Lover Man9. My Funny Valentine10. Maid In Mexico11. S [続きを読む]
  • Liz Rosa (vo)
  • Liz Rosa, “Liz Rosa” (2012 Som Livre) Liz Rosa (vo) … et al. 1. Dois Tempos2. A Violeira3. De Cabo A Rabo4. Cantiga Boa5. Eu Sou Aquela6. Coisa Feita7. Tareco E Mariola8. Moro?9. Na Lama, Na Lapa10. Velas Içadas11. Jangada De Joao12. Maca13. Portal Da Cor 今日は鎌倉市の総合病院で2度目の負荷検査。0830にチェックイン、0900までは安静にし、血圧測定と血液検査と利尿剤の注射。今回の検査は常時うろつい [続きを読む]
  • Gianni Virone (ts)
  • Gianni Virone Frammenti (2008 Silta Records) Gianni Virone (ts, ss, alto fl)Davide Liberti (b)Mattia Barbieri (ds, perc) 1. A Nigh
    t In Tunisia 2. Stesso Riff 3. Il Viaggio Del Piccolo Principe 4. Bemolle Cinque 5. Nice To Meet You 6. Happy Monk 7. Oro Nero 11/
    9 8. Morfeo 福岡の妹からメールが立て続けに来た。4歳になる姪っ子にあげたうんこの絵本と、うん
    こ漢字ドリルと、うんこかるたにずっとハマっている [続きを読む]
  • Vitor Assis Brasil (saxophones)
  • Vitor Assis Brasil Quarteto, “Pedrinho” (1979 Odeon) Vitor Assis Brasil (saxophones)Jotinha Moraes (p)Paulo Russo (b)Ted Moore (ds) 1. It's All Right With Me2. Nada Será Como Antes3. Pedrinho4. S’ Wonderful5. Penedo6. O Cantador7. Night And Day 今日は気象情報を裏切って終日雨。外気温は19℃と肌寒い。誰かわたしを温めてちょんまげ 。 んで、今晩のおかずは焼肉とスンドゥブ。これで暖をとるのだ。 ブラ [続きを読む]
  • Joan Chamorro (b), Rita Payés (tb, vo)
  • Joan Chamorro & Rita Payés Lua Amarela (2016 Jazz To Jazz) Rita Payés (tb, vo)Joan Chamorro (b)Ignasi Terraza (p)Enrique Oliver
    (ts)Andrea Motis (tp, vo)Esteve Pi (ds)Jaume Llombart (g)Josep Traver (g) 1. You're Driving Me Crazy2. Samba Em Preludio3. Ai
    n't She Sweet4. Luiza5. Well You Needn't6. If Love Is Trouble7. Pra Que Discutir Com Madame8. Cançó De Bres Per A Una
    Princesa Negra9. Love You [続きを読む]
  • [Youtube] Chad Lefkowitz-Brown (ts)
  • 昨日の記事で「Youtubeをうろついていたらとても良いテナー・サックス吹きに行き当たった」旨触れましたが、チャド・レフコヴィッツ-ブラウンがその人であります。どうやら未だ若干27歳だそうで、先が楽しみであります。 2002年に自動車事故で亡くなったボブ・バーグに似た感じの音色や節回しであります。ボブ・バーグ好きのわたしにとってはどストライク・ゾーンであります。 https://www.youtube.com/watch?v=VXFlXoKJJuE (Giant [続きを読む]
  • Tim Whitehead (ts, ss)
  • Tim Whitehead, “Colour Beginnings” (2010 Homemade Records) Tim Whitehead (ts, ss, vo)Liam Noble (p)Patrick Bettison (b)Oli Hayhurst (b)Milo Fell (ds) 1. Night Into Dawn2. Daybreak3. Venice Sunrise4. Sun Rising Over Wet Sands5. Dunstanburgh Castle6. Landscape From The Lausanne Sketch Book7. Tower On A Hill From A River8. Cilgerran Castle9. Tower On A Hill At Sunrise10. Skies Sketch Book Page 3 [続きを読む]
  • Danilo Caymmi (fl, vo)
  • Danilo Caymmi, "Don Don" (2015 descobertas) Danilo Caymmi (fl, vo)Bruno Di Lullo (b)Domenico Lancellotti (perc) ... et al. 1. Lá Vem a Baiana2. Dora3. Das Rosas4. A Vizinha Do Lado5. Nem Eu6. O Que é Que a Baiana Tem?7. Nunca Mais8. Só Louco9. Requebre Que Eu Dou um Doce10. Don Don11. Canção da Noiva12. Vatapá 福岡に住む4歳の姪っ子とわたしとで、今春より「うんこ同好会」を結成。姪っ子はうんこ [続きを読む]
  • Filó Machado (g, vo), 安井源之新 (perc)
  • Filó Machado & Gennoshin F To G (Hacines Records) Filó Machado (g, vo)安井源之新 (perc) 1. Telefone2. Rio3. Floresta4. Beri
    mbau5. Jogral6. Ser Total7. Samba da Minha Terra8. Tribal9. F to G10. Saudade Fez Um Samba11. Evocacao a Natureza12. Terras de Min
    as13. Rapaz de Bem14. Rasga Relaxa15. Tres Pontas 本日は鎌倉市の総合病院にてカプトプリル負荷試験。0830に
    受付、安静にして0900に血圧を測り、血液を [続きを読む]
  • クリヤ・マコト (p), 納浩一 (b), 則竹裕之 (ds)
  • クリヤ・マコト / 納浩一 / 則竹裕之, "Acoustic Weather Report" (2016 Sony Music Japan) クリヤ・マコト (p)納浩一 (b)則竹裕之 (ds) 1. Cannon Ball2. Elegant People3. Havona4. A Remark You Made5. Palladium6. Teen Town7. Young And Fine8. Birdland9. View The World 昨日はイタリア のミュージシャン達によるウェザー・リポート集のCDであったことを受け、今日はニッポン のミュージシャンによるウェザー・リポート集 [続きを読む]
  • Pippo Matino (b)
  • Pippo Matino, "Joe Zawinul Tribute" (2009 Wide Sound) Pippo Matino (b)Amit Chatterjee (g,vo)Peter De Girolamo (key)Emanu
    ele Cisi (sax)Claudio Romano (ds)Antonio De Luise (key)Sergio Di Natale (ds)Silvia Barba (vo) 1. Duet For Joe 2. Young And fine
    3. Db Waltz 4. Just Mary 5. Orient Express 6. Can It [続きを読む]
  • Antonio Adolfo (p, arrangements)
  • Antonio Adolfo, “Tropical Infinito” (2016 AAM) Antonio Adolfo (p, arrangements)Jessé Sadoc (tp, flh)Marcelo Martins (ts, ss)Serginho (tb)Leo Amuedo (tb)Leo Amuedo (g)Jorge Helder (b)Rafael Barata (ds, perc)André Siqueira (perc) 1. Killer Joe2. Whisper Not3. Cascavel (Rattle Snake)4. Yolanda, Yolanda5. Stolen Moments6. Song For My Father7. Partido Leve 8. All The Thi [続きを読む]
  • Goin’ Out Of My Head
  • 本日の外気温は27℃。当地では今年一番の暑さとなりましたが、幸い浜風が吹いていて、湿度も20%と低かったので意外にも快適でありました。 ただいま近々やりたい曲を物色中につき、「曲」なるブログ・テーマの52回目。取り敢えずは今回をもちまして連続シリーズは終了。 1964年のポップのヒット曲の"Goin’ Out Of My Head"。この曲もやってみたいなあ。 ① まずはオリジナルの唄。何にしても原曲を知り、歌詞を知 [続きを読む]
  • Pavane For A Dead Princess
  • ただいま近々やりたい曲を物色中につき、「曲」なるブログ・テーマの51回目。 モーリス・ラヴェルの"Pavane Pour Une Infante Défunte"、ないしは"Pavane For A Dead Princess"、ないしは「亡き王女のためのパヴァーヌ」。原曲は印象派のクラシカル音楽ですが、ジャズでも結構やる曲。ジャズやって、1年半前からブラジルのボサノヴァやエム・ペー・ベーやって、最近はフュージョンも始めて、少しずつボーダーを気にしないよ [続きを読む]
  • Ruby, My Dear
  • ただいま近々やりたい曲を物色中につき、「曲」なるブログ・テーマの50回目。 わたしはモンクが好きであります。文句は、ない。わたしとしてはモンクからがモダン・ジャズだと思っている。モンクと云う師匠がいたからこそコルトレーンのモードが生まれたと確信しています。この曲もやってみたいな。どうやらこの曲は初恋相手のRubie Richardsonから来ているとのこと。なるほど、奇ッ怪な曲を多産したモンクにしてはメロディッ [続きを読む]
  • Wabash
  • ただいま近々やりたい曲を物色中につき、「曲」なるブログ・テーマの49回目。この連続シリーズは今日の記事を含めてあと4回続きます。 ツー・ファイブがてんこ盛りのど真ん中あたりのジャズも1曲くらいは入れることにしたく思い、キャノンボールの"Wabash"。コルトレーンと一緒の"In Chicago"のCDで知られる曲。 "Wabash"とは米国の先住民の部族連合の名前らしく、"Wabash"と名付けられた地名や河川はオハイオ、イリノイ [続きを読む]
  • I Should Care
  • ただいま近々やりたい曲を物色中につき、「曲」なるブログ・テーマの48回目。 "I Should Care"も好きな曲の一つであります。 ① ビル・エヴァンス。 https://www.youtube.com/watch?v=3d4UGEAr9Cc ② イタリアのClaudio Chiara。 https://www.youtube.com/watch?v=GJ2W_nB4B7I ③ ジム・スナイデロ。このCDは持っている。 https://www.youtube.com/watch?v=gLw4iGLH_LE ④ ジョー・マグナ [続きを読む]
  • A House Is Not A Home
  • 先週金曜日から数えて8日連続の夏日。今日も外気温は25℃。んが、今日に限っては浜風が涼しく過ごし易かったです。午後は隣家の母宅の梅の樹2本(紅梅と白梅)の枝の剪定をし、近所の食料品店でルービと揖保乃糸そうめんと地元の玉子を贖い、ルービを呑んでます。穏やかな日であります。 ただいま近々やりたい曲を物色中につき、「曲」なるブログ・テーマの47回目。 バート・バカラックの"A House Is Not A Home"。歪曲 [続きを読む]
  • Ladies In Mercedes
  • 「曲」なるブログ・テーマの46回目。 今日からはジャズ。スティーブ・スワローの"Ladies In Mercedes"、実はまだやったことがない。この曲好きなんだよなあ。スティーブ・スワローと云えば"Fallling Grace"も好きだなんだけども、とりあえずそっちは保留しておいてまた別の機会までとっておこっと。 ホーンばかりがテーマ吹きを担当すると色合いが単調になりがちなので、こうしたピアノやギターやベースがテーマ弾きをす [続きを読む]
  • A Rosa
  • 「曲」なるブログ・テーマの45回目。 今日はシコ・ブアルキの"A Rosa"(薔薇の花)。実はこの曲については以前にも触れたのでしたが、譜面も入手したことだし、いよいよやってみたくなったので、もう一度記事を書くことにしました。 どうやらシコ・ブアルキはここニッポンでは不人気のようですが、わたしは大好きであります。本国ブラジルでも大人気で、ブラジル民主化後に文化大臣を務めたことあるジルベルト・ジルやカ [続きを読む]