mabank さん プロフィール

  •  
mabankさん: 山根治blog
ハンドル名mabank さん
ブログタイトル山根治blog
ブログURLhttp://ma-bank.com/catid/21
サイト紹介文山根治公認会計士が日々考えることを気の向くままに書き綴っていきます
自由文ホリエモンの錬金術、中江滋樹の想い出、100年に1度のチャンス、西武鉄道の上場廃止、粉飾された2兆円、江戸時代の会計士
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2011/08/04 16:51

mabank さんのブログ記事

  • 国税庁が再びスパイ組織を送り込んできた!!―②
  •  国税庁が、再び闇の組織を使って私の命をねらってきた以上、私と東京のA弁護士の命を守るために、闇の組織の実像を公開する。対抗手段である。 昨年の時点では闇組織への警告にとどめ実名を明らかにしなかったが、このたびはまさに緊急事態だ。なりふりかまってはいられない。 国税庁が本気になって私の命をねらってきたことから、その手足となって動いた闇組織の実体を明らかにし、私の命を自ら守ることにする。 » 全 [続きを読む]
  • 嘘から出たマコト−⑤
  •  査察調査がなされている途中で(ほとんどの場合、査察調査開始直後)、査察官の意を受けた国税OB税理士とかヤメ検弁護士が、脱税見込額を参考にして、「このまま放っておくと多額の延滞税を支払うことになる」といった偽りの言葉を査察嫌疑者に申し向け、延滞税をストップさせることを理由として、税額が確定していないにもかかわらず、相当額の見込税額を、予納金として予め国庫に納付することが、実務上しばしばなされてきた [続きを読む]
  • 国税庁が再びスパイ組織を送り込んできた!!―①
  •  平成29年7月14日の朝刊を見て目を剥(む)いた。昨年末に、筆者と東京のA弁護士とを恐怖のドン底に陥れた国際スパイ組織(「検察官と裁判官を犯罪人として告発する!!号外①、号外②、号外③」)が、あろうことか再び筆者の地元に現れた。2年前、松浦正敬・松江市長と面会して、ハンガリーのシオフォフ市との経済交流を打診したものの果せず、今度は筆者の第2のふるさとである奥出雲町に潜り込み国際交流親善大使に任命 [続きを読む]
  • 嘘から出たマコト−④
  •  緑税務署の個人課税部門統括国税調査官須田裕之ほか2名の税務職員が、一泊の予定で松江にある筆者の事務所まで赴き、「国税還付金振込通知書」について、虚偽の内容を持った有印公文書に陥りかねない偽りの回答をしたのであるが、その偽りの回答とは一体何か、また、何故、偽りなのか、あるいは、何故、そもそも、用意周到に整えられた偽りの回答をせざるを得なかったのか、これらの点を明らかにし、その結果として、何故、「査 [続きを読む]
  • 嘘から出たマコト−③
  •  査察調査着手後、東京国税局ОBの小田 満 税理士竹内 啓 税理士の二人に騙(だま)されて予納(国税通則法第59条)した4,500万円が、還付加算金を付けて返ってきた。 騙されて納付したものが返ってきただけのことで、当然といえば当然のことではあるが、しかし、その返還の仕方と還付加算金の計算に重大な疑義があることが分かった。筆者にはどうにも納得がいかなかったのである。前回述べたところである。 » [続きを読む]
  • 嘘から出たマコト−②
  •  嘘から出たマコトの第2弾である。予納金の嘘から、マコト(査察事案は課税できないこと)が飛び出してきた。“冤罪を証明する定理”(山根定理)を補足する物的証拠である。 平成29年6月26日、横浜の緑税務署の職員3名が、松江市の私の事務所まで出向いてきた。緑税務署 個人課税第四部門統括国税調査官 須田裕之緑税務署 個人課税第四部門上席国税調査官 長澤郁治緑税務署 個人課税第四部門国税調査官   賀喜一 [続きを読む]
  • 嘘から出たマコト−①
  •  平成29年6月19日、読売新聞が報じた内容は、驚くべきものであった。国税庁が脱税事件について、これまでは公表してこなかったが、今後は全て公表することにしたというものだ。法人や個人の名称告発の概要などを、すべての事件について公表するというのである。 » 全文を読む [続きを読む]
  • 共謀罪のカラクリ−隠されたホンネ−②
  •  「森友学園」と「加計学園」で荒れ、「共謀罪」の国会議決をめぐって大荒れに荒れた通常国会が終わった。 平成29年6月19日付の各紙は世論調査の結果を公表し、内閣支持率が大幅に下落する一方、野党民進党の支持率がさほど上昇していないことを報じている。さらには、自民党支持率減少分の大半が、無党派層(全体の50%)に流れていることも注目される。 » 全文を読む [続きを読む]
  • 共謀罪のカラクリ−隠されたホンネ−①
  •  現在、事前共謀罪を組織犯罪処罰法の中に組み込む法律案が国会で成立しようとしている。 この法律によって、 1. 何が 2. どのように変るのか、また、そもそも、 3. 何のためにこの法律案が提出されたのか、よく分らないままに空疎な議論がおし進められている。国会において毎日のように論点をそらした押し問答が繰り返されている。主管大臣である金田勝年法務大臣にいたっては、この法律案が一体何のために提出されたのか、 [続きを読む]
  • トチ狂った大阪地検特捜部−④
  •  本件の第一審は、弁護人が脱税という事実を認め、それを前提として裁判が進められてきた。公判前整理手続きにおいて、裁判所が作成した、「争点整理(案)」(平成28年6月頃作成)において、前提事実として、「公訴事実のとおり相続税を免れたこと自体は争いがない」とされているからだ。 » 全文を読む [続きを読む]
  • トチ狂った大阪地検特捜部−③
  •  本件では重加算税が賦課されていない。この事実は、仮装、隠蔽の事実が存在しないことを意味する。実務上は、刑事罰の要件である「偽りその他不正の行為」の前提となる「偽りその他不正の事実」と概ね一致するのが「仮装・隠蔽の事実」だ。「仮装・隠蔽の事実」が存在しないのに「偽りその他不正の事実」が存在することはありえない。 つまり、本件の場合、「仮装・隠蔽の事実」が存在しないのであるから、当然のことながら「偽 [続きを読む]
  • トチ狂った大阪地検特捜部−②
  •  脱税とされた4億円余りに対して、加算税が賦課されていない。重加算税が賦課されていないだけでなく、あろうことか過少申告加算税さえも賦課されていない。 これは一体何ごとであるか。この不可解な事情については課税庁に問い合わせるしかない。 私は早速、原処分庁である所轄税務署と、税金の徴収が移管された大阪国税局にまで赴き、それぞれの責任者に面談した。結果、概ねその実情が判明。 ここに「概ね」というのは、重 [続きを読む]
  • トチ狂った大阪地検特捜部−①
  •  ゴールデンウィークの前に取り上げた脱税事件の続きである。 主犯格とされた、大阪のベテラン会計士からよくよく話を聞いてみたら、トンデモない裏の事情が判明した。 そもそも、今の法体系のもとでは、脱税という犯罪は成立しないというのが私の主張であった(「冤罪を証明する定理」参照のこと)。 にもかかわらず国税当局が100%の有罪率を誇示してこの50年の間断罪してきた事実がある。架空の犯罪(冤罪、無実の罪) [続きを読む]
  • 政界を去る二人
  • ”云々(でんでん)と未曾有(みぞうゆう)とがコンビ組み” −川崎、神武夫 (毎日新聞、平成29年5月6日付、仲畑流万能川柳より) この2人、ほどなく政界から去ることになる。云々(でんでん)の御仁は、籠池事件(補助金の適性化に関する法律違反)の偽装工作で、未曾有(みぞうゆう)の御仁は、国税庁の偽装工作で。 » 全文を読む [続きを読む]
  • 塀(へい)の外の懲りない面々−大阪地検特捜部−
  •  またしても大阪地検特捜部である。7年前の平成22年、検察官が証拠物件を捏造して厚生労働省の村木厚子児童家庭局長を逮捕し、刑事法廷に引っぱり出したのであったが、今度は、脱税事件で事件のデッチ上げを行っている。相続税法違反の捏造、つまり冤罪(えんざい。無実の罪)のデッチ上げだ。 私はこれまで数多くの脱税事件にかかわってきた。その主要なものは、このブログ上で公開している。公開したケースは全て、単なる冤 [続きを読む]
  • 板東英二さんの脱税事件は冤罪である!−③
  •  藻谷浩介氏が安倍政権に鋭く切り込んでいる。引き続き高止まりしている政権支持率を背景として、大阪の籠池問題についての説明責任を果さぬまま、追求側の根負けを待っているというのである(毎日新聞、平成29年4月16日付、“時代の風”)。 藻谷氏は、高止まりしている政権支持率の要(かなめ)は、“何かを強く思い込むあまり、自説に反する事実が見えなくなる状態”、つまり、「確証バイアス」に支配されていることであ [続きを読む]
  • 板東英二さんの脱税事件は冤罪である!−②
  •  板東英二さんの脱税事件に立ちかえる。結論から先に言えば、これは事件ではない。事件ではないものを、大阪国税局がわざわざ事件に仕立て上げたものだ。冤罪である。昭和37年に国税通則法が制定されてから、50年以上にわたって国税庁は納税者を騙しつづけてきたのである。 板東英二さんは冤罪の被害者だ。平成29年3月14日に放送されたフジテレビの番組は、一貫して板東さんを脱税という犯罪を犯した犯罪人として追及し [続きを読む]
  • 板東英二さんの脱税事件は冤罪である!−①
  • “実録!金の事件簿 こんな奴らは許さない!”と銘打って、お金にまつわるやを徹底的に追い詰める番組が放映された。平成29年3月14日(火)、フジTV。 5年前の平成24年に、個人事務所の申告漏れと所得隠しを指摘された板東英二さん。この事件が大々的に報道されたことから、板東英二さんはスターの座から一気に転落。久しぶりのTV登壇である。 平成24年といえば民主党最後の内閣である野田内閣の時だ。野田佳彦首 [続きを読む]
  • アッキード事件の闇−②
  •  籠池氏の証人喚問が終わった。政権与党である自民党も公明党も論点をスリ替えて、火消しに躍起である。前回述べたように、この大疑獄事件の黒幕は、長い間歪んで運用されてきた悪しき官僚制だ。とりわけ問題なのは、官僚制の中核を占める財務官僚である。 政権与党側だけではない。民進党をはじめとする野党も及び腰だ。籠池氏が受けてきた“陰の恩恵”を、同じように受けてきたからであろう。 しかし、アッキード事件に関して [続きを読む]
  • アッキード事件の闇−①
  •  まるで「東大話法」のオン・パレードである。 アッキード事件をめぐって、中心人物である籠池(かごいけ)氏をはじめ、稲田朋美防衛相の発言が、日替りメニューのようにクルクルと変る。誰の目から見てもツジツマの合わない矛盾だらけのことを胸を張って喋っている。 疑獄事件の中心人物の一人である安倍晋三総理にいたっては、質問の主旨を巧みにはずし、的外れな同じことを繰りかえすだけである。壊れたレコード盤といったとこ [続きを読む]
  • 冤罪捏造の犯人は国税庁長官だった!!-⑧
  • 4.冤罪捏造の第四ステージ(その5) 昨年から今年にかけて、冤罪捏造グループの面々が期せずして表舞台に陸続(りくぞく)として登場することとなった。以下の連中は全て、冤罪(脱税)を捏造するだけでなく、脱税事件のモミ消し(マッチ・ポンプ)をして金儲けしている面々だ。公的な立場を悪用して、自ら公職を賤業(せんぎょう)に陥れている犯罪者、即ち、賤業を生業(なりわい)としている犯罪者である。 » 全文を読 [続きを読む]
  • 冤罪捏造の犯人は国税庁長官だった!!−⑦
  • 4.冤罪捏造の第四ステージ(その4) 査察調査は、一般の税務調査とは全く異なる、いわば水と油のような存在であるにもかかわらず、査察調査の現場では一般の税務調査の手続きが堂々と加味されて実施されていた。これこそ、デタラメな査察調査が横行した最大の理由である。前回述べた通りである。 ごく最近判明したことがある。 私達公認会計士には会計士登録後も毎年、実務研修(CPE研修)を受けることが義務付けられてい [続きを読む]
  • 冤罪捏造の犯人は国税庁長官だった!!−⑥
  • 4.冤罪捏造の第四ステージ(その3) 前回述べたように、査察調査(国犯法第1条に基づく質問・検査・領置)は、任意調査である。 巷間、査察調査は一般の税務調査とは異なり、強制調査であると言われているが誤りだ。査察調査が強制調査であるのは、ガサ入れ時に行われる臨検・捜索・差押(国犯法第2条)のみである。 ちなみに、臨検とは、一定の場所に立ち入ることであり、捜索とは、犯則嫌疑者の身体や所持品を調べ、住居 [続きを読む]
  • 冤罪捏造の犯人は国税庁長官だった!!−⑤
  • 4.冤罪捏造の第四ステージ(その2) 査察調査の実態は、日本国憲法が保障している基本的人権を踏みにじる、まさに傍若無人のものであった。戦前の治安維持法下における特高(特別高等警察。旧制で思想犯罪に対処するための警察。内務省直轄で、社会運動などの弾圧に当った。−広辞苑)の取調べを彷彿(ほうふつ)させるものだ。 まず、密室に閉じ込めて行動の自由を奪い精神的プレッシャ−を加える。監禁である。査察官に逮捕 [続きを読む]