kokyu87 さん プロフィール

  •  
kokyu87さん: 高急モデルノート2
ハンドル名kokyu87 さん
ブログタイトル高急モデルノート2
ブログURLhttp://kokyu.sblo.jp/
サイト紹介文高急グループ/ヤマが運営する毎日更新の鉄道模型とJR嵯峨野線を中心としたサイト
自由文高急グループホームページhttp://www.kokyu-gr.jp
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2011/08/05 13:37

kokyu87 さんのブログ記事

  • 荷物点検
  • コンベンション会場から送り返した荷物が到着したので、開梱点検します。ダンボール箱も東京まで一往復すると劣化します。線路を敷いてある運転ボードが荷物置き場に…。このまま次の大阪合運とかにならないようにしなくては…。相武鐵道レイアウトでは、パンタ付き車は合わないので持参せず、ED75やED71のラベルの箱に気動車を入れて運搬しました。中身の電機は飾り棚に置いています。とりあえず全部出して点検します。KATOのD1 [続きを読む]
  • 購入はこれだけ
  • コンベンション会場では物販もたくさん行われ賑わっているのですが、ゆっくりと各お店のブースを回って何か買おうという時間になりませんでした。オカさんが店を出していると聞いたので、とりあえず会いに行って話しをしたけど、購入はこれだけで申し訳ない。会場から送った荷物は22日午前の到着になってしまったので、はたしてどうなっていることやら、相武鐵道のターンテーブルで転回するキハ501です。20170817_turn.mp4 [続きを読む]
  • コンベンション3
  • 第18回国際鉄道模型コンベンション3日目、最終日です。開場前の状態。上にかぶせているのは片面がビニルコーティングになっている、メディカル用品の布です。会員から提供を受けて使用しています。こんな感じ。丈夫で複数年使用にも耐えているので、なかなか重宝しています。20170820_DC_PC.mp4栗原さんの9800登場。自動往復運転は・・・??稲葉さんたちがハマっている帯色の作例。最終日の展示は17時まで。早速撤収にかかります [続きを読む]
  • コンベンション2
  • 第18回国際鉄道模型コンベンション2日目です。今回の全体の展示テーマが「東海道」ということらしくて、入り口近くにNゲージで展示が作られていました。大阪付近の情景です。通天閣が東海道なのか? は、まあいいかな。HOJCの開場前状態。昨日から少し展示を変更しました。内側の空きスペースに江若車輛置き場。こっちのスペースにはHOのbigboyとIMON製品小型車。組線路解説はこっちの内側へ。で、ここには増原氏の行き [続きを読む]
  • コンベンション1
  • 第18回国際鉄道模型コンベンション1日目です。開場前の準備中。9時過ぎから準備を始めました。ミーティングでテレビ取材が入るらしい、ということが連絡されました。開場後のんびりと運転していたら、いきなりNHKの取材を受け、ディレクター?のような女性が、どういうクラブであるかとか、メンバーの構成とか、蒸気機関車の煙を出しているところを撮りたいとか、汽笛を頻繁に鳴らしてとか、いきなりの矢継ぎ早の要求に対応を [続きを読む]
  • コンベンション0
  • 第18回国際鉄道模型コンベンション準備日です。定番になった、ぷらっとフリープランきっぷです。お弁当も定番。山側D席ですが、天気が良くないので富士山は見られそうにありません。で、こちらは成功、浜松工場引き込み線。脱線の原因は解明されたのかな。品川で新幹線を降りて、いつもならりんかい線に乗るのですが、ちょっと気が変わって新橋からゆりかもめに乗ってみることにしました。ゆりかもめ。新交通システムです。運賃高 [続きを読む]
  • 江若ハフ-12
  • 8月17日〜20日の期間、第18回国際鉄道模型コンベンションへ出かけます。コンベンション開催は18日〜20日ですが、HOJCで出展をしますので前日準備から参加となります。ノートPCを持って行きますが、出先から更新できるかどうか、しばらくの間は更新が滞る可能性があります。ご了解願います。江若鉄道ハフ3のペーパーキット続きです。床下機器を少し変更しました。燃料タンクの箱をもう少し小さくしたいけど、作業は [続きを読む]
  • 江若キハ14サウンド搭載
  • ペーパーキットのハフの完成目標は9月の大阪合運くらいで良かろう、ということで一旦中断します。18日からのコンベンションですが、HOJC相武鐵道の名前で出展します。相武鐵道は基本DCCを使っているのでデコーダを搭載している車輛を走らせることになりますが、サウンドを搭載していないキハ14のデコーダをSDXN136PSに交換することにします。標準添付のスピーカでも良いのですが、一回り大きいのを取り付けることにします [続きを読む]
  • 江若ハフ-11
  • 江若鉄道ハフ3のペーパーキット続きです。車体は後回しにして、下回りを完成させます。なくてもいいような気もしますが、簡単に台枠を作りました。1mm角線の在庫が切れてしまい、横梁は0.7mm角線です。床下機器も実物写真を見ながら加工しましたが、暖房装置の配管などは写真も少なくでわかりません、キニ時代の図面とハフになってからの写真を照合しながら、部品の都合もあるので、このくらいで納めました。手前左から二つ目の燃 [続きを読む]
  • 江若ハフ-10
  • 本日も出かける用事があったりして進みません。こんなところ。パテ盛りによるキャンバス屋根表現、一応形ができあがりました。ドア上の水切りのような部分も、なんとかできたようです。乗車記録醍醐9:49東西線5110烏丸御池烏丸御池10:11烏丸線3701北大路北大路バスタ10:30バス205番1760金閣寺道金閣寺道11:25バス205番****史詩大路御池西大路御池11:47東西線5204烏丸御池烏丸御池13:53東西線5205醍醐 [続きを読む]
  • 江若ハフ-09
  • 出かける用事があったり、引越があったり、いろいろあります。地下鉄北大路駅近く。江若鉄道ハフ3のペーパーキット続きです。キャンバス屋根の研磨をしましたが、パテの凹凸が目立っています。屋根が重たくなりそうな気がします。乗車記録醍醐10:19東西線5216烏丸御池烏丸御池10:41烏丸線1811北大路北大路12:36烏丸線3804烏丸御池烏丸御池12:45東西線5615醍醐 [続きを読む]
  • 江若ハフ-08
  • 江若鉄道ハフ3のペーパーキット続きです。キャンバス張りの屋根にするため、パテ盛り作業が続きます。乾燥時間が必要なので、ここは時間かかります。床下機器の検討中。床下図面はキニ時代のものでエンジンを搭載しています。ハフになってエンジンを撤去したので電源がない、排気暖房できないとなって、蓄電池箱、ウェバスト式暖房機を搭載しているようです。 [続きを読む]
  • 大谷本廟
  • 残暑お見舞い申し上げます。大谷本廟へお墓参りに行ってきました。自家用車で行っても良いのですが、駐車場への入場待ちになるので、京阪バスで往復します。バスターミナルから毎時4本、不等間隔で途中の経由地が異なりますが、五条坂まではどれに乗ってもOK。ハスの時期は終わったかな。ここですが、昨年はポケモンGOの注意書き看板が出ていました。今年は舞妓さん? その手前に三脚立てたカメラマンやレフ板持ちの人などがい [続きを読む]
  • 江若ハフ-07
  • 江若鉄道ハフ3のペーパーキット続きです。実物資料を調べてみました。昭和6年1月に日本車輛で製造されたガソリン機関の気動車です。車体幅が2600mmで、前に作った京阪の初代700形よりも広いのです。窓は一段窓で手荷物室付きのキニ3となっていました。昭和25年に機関撤去して改造を行い、ハフ3となっています。二段窓になったのは、機関撤去ハフ改造の頃と考えるのが自然ですが、資料記載が見当たらず、いつ頃か定かではありま [続きを読む]
  • 江若ハフ-06
  • 江若鉄道ハフ3のペーパーキット続きです。屋根の整形を行います。パテのヒケで、積層の段差が出てしまうので、もう一度パテ盛りします。床板の加工を行いました。台車はモデルワーゲンが部品で販売していたTR27です。キットにはペーパー製の台車セットが印刷されていて、これを接着剤で組み立てればペーパー製台車ができるようになっていますが、せっかく江若のために買いだめしたTR27なので、惜しげもなく使うことにします。実物 [続きを読む]
  • 江若ハフ-05
  • 運転会終了後の荷物は放置して、江若鉄道ハフ3のペーパーキット続きです。積層の前屋根をもう少し整形して、パテで下地を整えて車体へ取り付けました。側板下部は3X3角材で補強と床板止めです。t0.8真鍮板で床板を作りました。上回りが軽いので、下回りの安定化をねらって金蔵製としています。積層屋根にパテを塗って乾燥待ちとなります。 [続きを読む]
  • 模型走行 - 8月運転会
  • 鉄道友の会京都支部模型部会の運転会へ行ってきました。こちらはメインとなる鉄道友の会のレイアウトです。サブレイアウトとして出展の小菅氏のレイアウト。12mmゲージ部分を短縮して設置しています。鐵道友の会レイアウト用キャブコントローラ。大型のレオスタットが使われているコントローラです。デモ用自動往復運転用築堤です。1/87・12mmゲージのレイアウトを走行する車輛です。巻本氏のIMON製80経緯電車8両編成。山内の江若 [続きを読む]
  • 江若ハフ-04
  • 江若鉄道ハフ3のペーパーキット続きです。車体全体にサーフェイサーを吹き付けました。半年ほど前に導入して使っていなかった0.5mm径ノズルのスプレーワークを使ってみました。トリガ式なので操作が楽ですが、押しボタン式に慣れていたので、指がボタンを押そうとしてしまいます。前屋根の積層パーツを切り出しましたが、途中で明日の運転会のためにレイアウト運搬作業を行いました。東山区の某所です。帰着後、前屋根の積層作業 [続きを読む]
  • 江若ハフ-03
  • 江若鉄道ハフ3のペーパーキット続きです。CABのペーパーキットは屋根もペーパールーフ、台車もペーパー台車ということで、究極の紙模型を目指しているようです。自分の工法とはなじまないところもありますが、できるだけキットの工法で作ってみるよう努力する方針とします。はめこみドアをきりぬいて貼り合わせます。車体内貼りにはめ込みますので、合計で4枚重ねになります。車体の全体状況をつかむため並べてみました。車体 [続きを読む]
  • 江若ハフ-02
  • 午前中は六地蔵にあるお寺へお墓参り。午後から江若鉄道ハフ3のペーパーキット続きです。前面部分を貼り合わせて曲げぐせをつけました。側板は5枚重ねという豪華版?です。近眼で老眼でかすんでいるし、メガネを掛けても外してもよく見えてないし、目に悪い作業でした。 [続きを読む]
  • 江若ハフ
  • そろそろクラブの競作課題に取り組むことにしましょう。紙ネタのストックもたくさんあるのですが、まずは簡単かなと思われるヤツから。いきなり始めてみたけど、前面部分は裏返しになっていて、印刷側からリベットを作ってから曲げるようです。説明書によれば、前面は内貼り前に曲げておくようになっているので、窓抜き→リベット→曲げ→内貼り でいいのかなぁ。曲げ癖→戻し→リベット→窓抜き→内貼り という方法もあるようです [続きを読む]
  • サウンド研究
  • キハ36の音をもう少し大きくできるのか、データの加工をしてみます。キハ501の方はスピーカが4倍くらいの大きさがあるので、同じような音にするのは無理ですが、少しくらい存在感が出るようにしたいところ。エディタでいろいろとやってみます。これは模型趣味なのか?? なんだかなぁ… [続きを読む]
  • キハ36気動車サウンド
  • 江若キハ36のサウンドの書き換え作業をしてみました。デコーダを取り扱っている模型屋さんで、希望のサウンドを入れてもらえるサービスもあるようですが、せっかく自分の録音したサウンドデータがあるのでオリジナルでやってみたいという気持ちです。とりあえずタイフォンのラッパ音が歯切れ良く出たら、アメリカンから日本形になるかな…。別府鉄道の音はくぐもったような音なので、岡山臨港鉄道のキハ1003の音を入れてみました [続きを読む]
  • PR3デコーダプログラマ
  • キハ36に搭載したSDN136PSのサウンド書き換えをしてみようということで、KATOのD102セットとDigitrax PR3 Decoder Programmer を導入しました。DCS50KとDT402があるのですが、DCS50Kの電源接続コネクタが不安定でゆるみやすく、突然電源がおちて悪影響が出そうなので、機会をみてD102を導入しようかと考えていたところです。PR3用電源とついでに客車列車編成表も…PR3 Decoder Programmer セットです。本体とUS.. [続きを読む]
  • 走行音掲載
  • つりかけ式私鉄電車の走行音を追加しました。まだまだデータはあるのですが、一旦これで終了します。豊橋鉄道1800系、南海電鉄1201系を追加掲載しました。豊橋鉄道1800系について、調べた資料によってモータの形式や出力が異なるので、どれが信頼できるのかちょっと困ってしまいます。走行音とは関係ないですが、コンベンションへの交通と宿を確保しました。 [続きを読む]