しゅん さん プロフィール

  •  
しゅんさん: 住いの安全心の健康・住い塾21
ハンドル名しゅん さん
ブログタイトル住いの安全心の健康・住い塾21
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/shunsuke3333
サイト紹介文ストレス解消の日々雑感
自由文住いの安全性、食物の安全性、政治の危険性、感動の共有
心と体のリラクゼーション、誰かに秘密を話すストレス解消

不思議なこと、不合理なこと、不見識なことは、いつかは露見する。それが摂理。 男はロマンチシズム、女はリアリズム。 私は子持ちの独身男。鋭くない批判と矛盾を・・・ppurn@yahoo.co.jp
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2011/08/07 17:51

しゅん さんのブログ記事

  • オオカミ少年、 アべシソゾー
  •   朝早くから、官房機密費まで使って、マスコミ、犬HKと事前打ち合わせ、国民を騒がせた罪は、免れる事は出来ないと云う事実を、自覚出来ないア保な、国のリーダーが、ここに、この21世紀の2017年現在の、日本国内には居る。  ミサイルが飛んで来たと云う恐怖より、≪オオカミ少年≫が寓話の中から、蘇ったと云うべき事に、我々は警戒を密にしなければならないのだろう。  これから先の日本が、向かう所は、アメリカ [続きを読む]
  • 企業の内部留保の推移
  •   解りやすいグラフが出てきましたので、ついでと言っては何ですが、企業の内部留保の推移も、引っ張り出して置きます。内部留保が、増えた原因は言うまでも無い事ですが、法人税減税、輸出企業の消費税の還付、従業員の非正規化、給与削減など、いろんな原因が絡み合っています。引用先:https://mainichi.jp/articles/20161106/k00/00e/020/165000c又、関連する数値や表等が出てきましたら、メモ程度に成りますが、ぼちぼちと [続きを読む]
  • 法人税、 消費税の推移
  •   先に保存した資料が、目の前に飛び出して来たので、メモ代わりにここに、転載して置きます。引用先も、下の方に有りますので、よろしく・・・・・・。  ***   以 下 引 用  ***  ***  以 上 引 用  終  *** [続きを読む]
  • 小沢一郎氏の命の叫び
  •   ’17年9月8日午後、小沢一郎氏が、羽田元首相の葬儀で、弔辞を読んだとあった。全文が、以下のURLに載っていた。 一部、引用させて戴いたが、そちらに飛んで戴けば、尚、その真意が酌み取れると思いますので、宜しくお願いいたします。  http://www.asahi.com/articles/ASK9874N6K98UTFK01X.html  ***  以下引用 asahi.com より ***  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 去ね! 落下傘候補 !
  •   某党を立ち上げたハシモト先生も、この度、首都で旗を上げたユリコ女史も、歴史的に見たら、その心情的姑息さに違う所は見られず、箸にも棒にもかからないと云う事は、時を待たずして明らかになるであろう。少し範囲を広げて見ても、あの『ノ〜ダ首相』を導いた、『 ’09年民主党マニフェスト』。  こんどこそ社会の変わり目に!・・という期待感とは裏腹の、全く自分たちの立場のみの(言葉を変えれば俸給と権力の為の) [続きを読む]
  • 〜諸行無常〜  夏から秋へ
  •   好むと好まざるとに関わらず、まして、人間の叡智などには、何の関わりもなく、自然は何時もその姿を留め続けることはない。 比較的に、他人の存在を気にする事無く、山の中を歩く事は、その移り変わりが、目と心に安らぎを導いてくれそうなので、筆者の好むところである。  仕事の時間余りのついでに、民謡に歌われているあの『千歳山』に、登って見た。とても登り易い山で、登山口に『クマが出ます』と書いて有る以外、初 [続きを読む]
  •  −貧困の現場よりー
  •   4半期のGDP,年率換算4%UPって、何処の国の話なのか・・・?  それを臨時ニュースとしてテロップで流す『犬HK』って、だ・か・ら・『犬・H・K』と云われる自覚はあるが、その気持ちを、表沙汰に出来ない所に、ジレンマでもあると云うのか・・!!!それとも、現実の風が余りにも荒れ模様なので、宇宙服でも着ているとでも云うのか、もしか一割の、高額所得層に成れば、肌感覚がマヒしちまったとか、有るのだろう。  政治 [続きを読む]
  • 貧困格差の拡大は・・・・何故・・??
  •   地元紙に、談話室と云うちょっとしたコラムが有る。地元紙は、昔から中央の日本テレビ系列で、今風に言えばゴミウリの記事を、東北弁にして解り易く、地方の意見を集約、誘導する事だと筆者は信じていた。駄弁を弄すれば、地方のTv番組欄と地元の訃報欄も、三途の川の傍に行かれた方々には、愛読されているようでは有る。  談話室の一部、引用しますが、現在の政権を真っ向から、批判しているようでしたので、随分思い切っ [続きを読む]
  • 気のせい・・? 政府批判はアクセスし難い・・?
  •     OSが、Windows8.1 、 オフィスソフトが10年近く前の物であることが、理由なのかも知らんが、最近パソコンの動きが、ぎこちない様になったのは、紛れも無い。  まさかとは思うが、チーム・エス耕・が、暗躍しているとは思いたくも無い・・・。  ブログを始めてから、このサイトで3つ目に成るが、ここに長く居続けたせいか、移転するのも今更感があり、億劫な気がする。さて、気を取り直して、再び、嘘ツキ、ゴロ [続きを読む]
  • これ以上税金とるな! 一億総下流漂流社会になる!
  •   民主党’09年マニフェストに、≪公務員給与2割削減≫と云うのが有った様な気がするが、あれが現状打破の『正解』、一体あのテーマは何処へ消えてしまったのだろう。ヘーゾー氏ご指南の、トリクルダウンなど何処へ行ってしまったのか、『アベノミクス』と云う掛け声も『第三の矢』という空念仏も聞こえなくなり、お金持ち連中は新たな”屁”理屈を考えあぐねている事だろう。  この格差社会の中で、≪どうにでも成れ≫と云 [続きを読む]
  • いつも政治の本質は、 『問答無用』 !!
  •   中央政治でも地方政治でも、お友達に便宜を図る事は、当然と云う事が、為政者にとって、常識となっていることを、いみじくも、後に引用しますが、この新聞記事は、表しているようである。 今の時代、公務員、特別公務員から見れば、公金は、≪掴み金≫にしか見えてない。 勿論、犬HKほか、公金に群れる蟻んこのような、団体はどこも似たり寄ったり。 ≪問題ない、承知してない、適切に対応している・・・云々 ≫未曾有の政 [続きを読む]
  • 線香花火で終わる・・?  都議会議員選挙?!
  •   実質、大阪のサラ金の集金係で有った、あのワイドショーでお馴染の『弁護士ハシ下氏』が立ち上げた、『異心の怪』の再現。 と思うのは、一人筆者だけだろうか・・・・?『都民ファースト』の命名からして、人真似を潔しとせぬ、我が国民のメンタリティにそぐわぬ事は云うまでも無い。  テレビと週刊誌で全国レベルまで持ち上げられたのであろうから、げに恐ろしき思いは有るが、彼の言動や行いを見れば、いかにも軽薄そのも [続きを読む]
  • カケ傍、モリ傍、冷たい肉ソバ(山形産)
  •   モリ友、 カケ友、 に関する発言を拾ってみた。  内容的に、何ら目新しい情報ではないが、余りにもお粗末すぎる、国会のトップランナー(議員)達。  歳費おおよそ7000万円/年を戴いても、未だ儲け足りないという、情けない行動。  そのまま、赤信号を渡るのなら、あなた方と経済的つながりの深い、モリ友、カケ友グループだけにして、町衆を引き込まないで貰いたいものである。  国民の財産を、コロコロと右に [続きを読む]
  • ≪ 李下に冠を正さず ≫
  •   月刊≪文芸春秋≫だと思うが、興味あるタイトルが表紙に踊っていたので、ついつい買ってしまった。  文科省の元次官の手記と云う内容であった。  その読んだ後の感想を、一言で言えば、表題の様になった。その諺は、現役の自民党国会議員の谷垣氏が、口に出したと記憶しているが、定かではないので、調べてみた。  すると、≪瓜田に履を納れず≫や、意味は違うと断り書きは有るものの、≪君子危うきに近寄らず≫と云う様 [続きを読む]
  • 平成のサムライ・・・か、 元文部次官どの…。
  •   どこへ、置き忘れて来たのか日本国民、『武士道と云う行動原理』・・・?古き良き日本・・・。 歴史上に燦然と輝く『天理に従う』と云う行動は・・。  云う事為す事、上から下まで、ウソばっかり!!!。 『オカネ』の為・・?心の貧しい人はさて置いても、衣食足りてる人々にまで、見られぬ≪礼節≫。何処へ迷い込んでも、已むえない日本の国、おじさんは浦島太郎となりはてぬ。 そして近年著しく、失政の責任は下々の国 [続きを読む]
  •  戦前回帰、 なぜに急ぐのか・・・・?
  •   Reuters 5月22日付のニュースに寄れば、菅官房長官、・・国連事務官が示した、懸念を見事に払拭してくれたようである。その心持は、すでに第二次大戦へと導いた、あの『関東軍』そのものと言って、言い過ぎではないような状況となってきています。    果たして、国民の総意を取り纏めて、『憲法改正』、『治安維持法』復活を目指すと云う事なのだろうか・・・・。    どこぞの国民が、そんな戦前回帰を、望んでる [続きを読む]
  •  日本の闇の深淵
  •   犬HKの平均賃金が、年収1700万円と云われてから、随分と久しいような気がするが、この高給システムのレベルを、下げないようにと最近のNHK組織は、組織がらみで増収増益を計り続け、裁判沙汰にも持ち込んだ結果で、この様な状態になったのでしょう・・・。  増収増益と云う結果なら、視聴料値下げが適当なのだろうが・・!  以下引用 共同通信 ’17、5、9付      ***** NHKは9日、2016年度 [続きを読む]
  • 元民主党  河村たかし・・・神はまだ見捨てなかった?
  •   元民主党党首  野田の腐れブタ・・・イノシシと共に、逝ってしまえ!5寸釘の呪いが効くのなら、もうすぐオダブツさ・・・・・!  のだとはだかおなごの関係は、例えて言えば、シンゾーと網タイツの関係。 自分の愛玩用に女政治家を廻りに置くな!   傍から見たら、見苦しいことこの上ない・・・・! 元自民党党首  最も一族の中で出来の悪い人・・・糞の役にも立たずTPP絶対反対("^ω^)・・・だっけ・・・ [続きを読む]
  • 元民主党  河村たかし・・・神はまだ見捨てなかった?
  •   元民主党党首  野田の腐れブタ・・・イノシシと共に、逝ってしまえ!5寸釘の呪いが効くのなら、もうすぐオダブツさ・・・・! のだとはだかおなごの関係は、例えて言えば、シンゾーと網タイツの関係。 自分の愛玩用に女政治家を廻りに置くな!   傍から見たら、見苦しいことこの上ない・・・・! 元自民党党首  最も一族の中で出来の悪い人・・・糞の役にも立たずTPP絶対反対("^ω^)・・・だっけ・・・!嘘 [続きを読む]
  • 体に染み込んでいる、メンタリティー・・・
  •   筆者は、これまでも宗教的なメンタリテー、選民思想について、何度か触れて来た。  海に近い所で生まれた子供が、生まれながらにして魚の骨を気にしないで食べられるとか、山の中で生まれた人たちは(全員とは言わないが)、初めての山間地でもキノコの出る所や、山菜の出る所、誰に教わったわけでもないのに、概ね、間違いはない。それらは、遺伝と一言で片づけても良いが、細胞レベルの記憶が、次世代に引き継がれたせいで [続きを読む]
  • 協同組合で、臨時社員だからボーナス ゼロ円。
  •   参事がヌケ作だからこの様な事に成るのか、理事長が抜けているから、この様な現実になるのか知らないが、正規の社員は公務員並みに、給与2ケ月分程度の≪年末のボーナス≫を、手にしているのだろう。  彼らと同じ仕事をしながら、同じ職場に居ながら、正社員は、支給日には抑えきれない笑顔満面、臨時社員はボーナス支給『0円』、この様な環境で正社員たち、良心が痛まないものだと、感心せざるを得ないが、誰も何も感じな [続きを読む]
  • ネットアクセスが、ちょっとおかしい・・・・
  •   共謀罪、種子法案、上下水道民営化法案・・・そして、問題の安倍友小学校の国有地背任、横領疑惑へと続く、一貫した身内だけの、あるいは、支援者同士の国有財産毀損事件・・・。  目指す所は、国民資産の収奪化!!!  ヨーロッパの羊飼い達さえ、ここまで、国民を金儲けの道具として、・・・いや、奴隷売買が有ったから、やはり見習う所は、欧米の格差社会なのか・・・。  日本の国と云う細胞膜が、消失するのも もう [続きを読む]
  • 場外乱闘・・・ハシシタ 対 新潟県知事
  •   日本では、筆者が物心つくころ、『水と安全はタダ』と云われた時代が有った。勿論、女人が一人で夜道を歩く事も、その言い草通り、何も、そして誰も、全く、その様な危険性を心配をする事は無かった。  グロバーバリズム、米国追従一辺倒の日本の事情は、今、その国民の生存に不可欠な水さえも、ビジネス、所謂、金儲けの、彼らの資本主義と云われる、ゴイムの立場に落とし込まれた人たちにとっては、犬に見られる『おて』を [続きを読む]
  • memo: 葉っぱビジネス・・・その後
  •   オラが故郷の農業、ビジネスまで持ち上げられた、『さくらんぼ』や『啓翁桜』。  最近何処でも見られる様になったが、今でも巷では少しは知られているのだろう。  ずっと前には、大分県の一村一品運動『梅栗植えて、ハワイに行こう』の大山町が、そのはしりではなかったろうか・・・。  大山町農協のホームで検索すると、まだまだ元気な町の様である。 *** 以下引用URL:http://www.oyama-nk.com/rinen/npc.html [続きを読む]
  • ≪3S政策≫、知ってか知らずか犬HK
  •   滅びゆく日本、 原因はどの辺にあるのだろうか・・・? 戦後70数年、日本はずっとアメリカ合衆国の、後姿を追い続けて来た。 卵からかえった、ひよこの様に、善悪の判断等を考える事も無く、走り続けて来た。そして、 誰が言い出したのか、90年代の『JAPAN AS NO.1』。  今の現状、日本の国際競争力、第8位とある。 現在の社会状況、雇用状況を考えて見れば、エレベータで落ちて行くように、まだまだ [続きを読む]