卯月 さん プロフィール

  •  
卯月さん: 放送大学物語
ハンドル名卯月 さん
ブログタイトル放送大学物語
ブログURLhttp://shikaku.kyotolog.net/
サイト紹介文大学を2度中退した脱落者が放送大学で名誉学生を目指す記録です。
自由文心理と教育コース専攻。2011年1学期に3年次編入しました。所属は京都学習センターです。一緒に卒業を目指す仲間も募集中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2011/08/07 00:49

卯月 さんのブログ記事

  • 放送大学エキスパート
  •  科目群履修認定制度(放送大学エキスパート)の申請手続きを済ませた。放送大学エキスパートとは、放送大学が指定する特定の授業科目群を履修することにより、ある分野に目的・関心を持ち、そのための学習を体系的に行ったことを証明する制度である。学校教育法第105条の履修証明制度に基づくものであり、認証状には「学校教育法第105条の規定に基づいていること」が明記されるという。 放送大学エキスパートの申請は今回 [続きを読む]
  • 平成28年度第2学期の成績通知書
  •  平成28年度第2学期の成績通知書と単位修得状況一覧(単位認定書)が届いた。既に今学期の成績はWAKABAで確認しているので改めるまでもないが、卒業要件を満たしているかどうかを念のため確認しておく。きちんと旧カリキュラムが適用されており、卒業要件として、人間と文化コースの専門科目30単位が求められており、不足科目はないことを確認した。これで放送大学では、社会と産業コース、生活と福祉コースに続く3冠 [続きを読む]
  • 平成28年度第2学期成績発表
  •  本日0時にWAKABAで平成28年度第2学期の履修成績が公表された。しかし、私が実際にWAKABAにアクセスしたのは、正午になってからである。これまでは、0時の公表を待ち構えることが多かったのであるが、今回は1科目だけの受講であったこともあり、成績が公表されるのが本日であったことをすっかり忘れてしまっていたのだ。度重なる制度の改悪もあり、次第に放送大学に対する興味を失いつつあるのかもしれない。 [続きを読む]
  • 調査ご協力のお礼
  •  本日9時から平成29年度第1学期の履修登録申請が始まった。ということは、平成28年度第2学期の裏技解禁日でもある。しかし、唯一受講した「イスラーム世界の歴史的展開(’11)」は、今学期で閉講が決まっており、後継科目も開設されなかったので、裏技を適用することができない。 恒例行事に参加できないが、代わりに先日回答した「放送大学学園の放送に関するアンケート」に対するお礼が届いていた。あまり期 [続きを読む]
  • イスラーム世界の歴史的展開(’11)
  •  今学期の単位修得試験は、「イスラーム世界の歴史的展開(’11)」のみである。この科目に合格すれば、残り1学期を残して人間と文化コースの卒業が決まることになる。1科目なので準備も万全といいたいところであるが、1科目だけだからと気の緩みが出て来たことも否定できない。印刷教材はすべて読み込み、放送教材もすべて視聴したが、肝心な過去問の分析は不十分なまま単位認定試験に挑むことになった。 今学期最 [続きを読む]
  • イスラーム世界の歴史的展開(’11)
  •  今学期の単位修得試験は、「イスラーム世界の歴史的展開(’11)」のみである。この科目に合格すれば、残り1学期を残して人間と文化コースの卒業が決まることになる。1科目なので準備も万全といいたいところであるが、1科目だけだからと気の緩みが出て来たことも否定できない。印刷教材はすべて読み込み、放送教材もすべて視聴したが、肝心な過去問の分析は不十分なまま単位認定試験に挑むことになった。 今学期最 [続きを読む]
  • 放送大学学園の放送に関するアンケート
  •  未だに届く年賀状に紛れて、「『放送大学学園の放送に関するアンケート』ご協力のお願い」と題した圧着ハガキが届いた。ハガキを開くとWEBページのURL、ID、パスワードが記載されている。これまでの授業アンケートとは大きく装いが異なり、「本調査にご協力いただいた方には、些少ではございますが、御礼としまして薄謝(商品券)を、2月中旬頃にお届けさせていただきます。」と記載されている。これまで放送大学のア [続きを読む]
  • 既修得単位認定方法の変更
  •  本日から新入生の募集を開始するに当たって、平成29年度第1学期の出願者から、既修得単位認定方法が変更される旨のお知らせがあった。例えば、一般的な第3年次編入学であれば、基盤科目14単位(うち外国語科目2単位)、導入科目48単位(うち自コース開設扱いとして12単位を上限)の合計62単位が認定されるというもの。専門科目、総合科目は一切認定されない。また、認定単位のうち20単位が面接科目として認定され [続きを読む]
  • 平成28年第2学期通信指導課題の提出
  •  本日10時から受付が開始した平成28年度第2学期通信指導課題を提出した。今学期は、「イスラーム世界の歴史的展開(’11)」のみの受講となるので、楽観していたのだが、提出課題を確認すると16問もある。印刷教材の文言を繋ぎ合わせたような選択肢もあり、なかなか手強い。印刷教材を参照しながら時間を掛けて取り組んだにもかかわらず、結果は15/16であった。通信指導課題の結果は、成績に一切反映されない [続きを読む]
  • 既修得単位認定審査等手数料
  •  ここ数年は毎年のように放送大学の制度改悪が続く。入学金の値上げ、一方的なカリキュラムの見直しに続いて、今回は、平成29年度第1学期入学生から既修得単位認定審査等手数料として10,000円を徴収すると発表した。既修得単位認定審査等手数料とは、学部の全科履修生のうち、1年次入学で他大学等において修得した単位の認定を希望さする学生、又は2年次・3年次に編入学をする学生に対し、認定のための事務作業に対す [続きを読む]
  • 平成28年度第2学期印刷教材到着
  •  平成28年度第2学期の印刷教材が届いた。今回は1科目だけの登録なので、いつもの段ボール箱ではなく、ボール紙を封筒状にした梱包材で届いた。送られて来た印刷教材は「イスラーム世界の歴史的展開(’11)」の1冊のみである。これまでは、この時期に追われるように放送教材を視聴したものだが、今学期は非常にゆとりがある。毎学期1〜2科目程度を学んでいくのが本来の放送大学の姿なのかもしれない。 通信指導問 [続きを読む]
  • 平成28年度第2学期の学費支払手続完了
  •  科目決定通知書と払込取扱票が届いた。平成28年度第2期の授業料は11,000円となっている。放送大学入学以来、最低履修科目数の1科目となる。これはカリキュラム改正によって、所属コース以外のコース科目を履修することを躊躇せざるを得なくなったことが影響している。人間と文化コースは旧カリキュラムで28単位履修済みなので、残り2単位で卒業が確定する。その他の科目を履修しても、一切卒業要件としては認めても [続きを読む]
  • 平成28年度第1学期の成績通知書
  •  平成28年度第1学期の成績通知書と単位修得状況一覧(単位認定書)が届いた。WAKABAでの成績発表の翌日に到着しているが、郵便局には、発送日の前日に納入されているのではなかろうか。 今学期は3科目のみの履修であるが、既に旧カリキュラムの人間と文化コースの専門科目は28単位となった。残り2単位で卒業が確定するが、在籍要件を満たすのは1年後である。カリキュラム改正がなければ、この1年間を有効に活用で [続きを読む]
  • 平成28年度第1学期の成績通知書
  •  平成28年度第1学期の成績通知書と単位修得状況一覧(単位認定書)が届いた。WAKABAでの成績発表の翌日に到着しているが、郵便局には、発送日の前日に納入されているのではなかろうか。 今学期は3科目のみの履修であるが、既に旧カリキュラムの人間と文化コースの専門科目は28単位となった。残り2単位で卒業が確定するが、在籍要件を満たすのは1年後である。カリキュラム改正がなければ、この1年間を有効に活用で [続きを読む]
  • 平成28年度第2学期履修登録
  •  平成28年度第1学期の成績が発表されたので、忘れないうちに平成28年度第2学期の履修登録を済ませておく。最も、現在の人間と文化コースで卒業に必要な単位は、専門科目の2単位のみである。ただし、在籍要件を満たすためには残り1年間(2学期)の在籍が必要になる。均等に履修するのであれば、1学期1単位ずつ面接授業を履修することになるのだが、京都学習センターの倍率の高い面接授業が抽選で履修できないというリス [続きを読む]
  • 平成28年度第1学期成績発表
  •  本日0時にWAKABAで平成28年度第1学期の履修成績が公表された。最も、学生が一斉に0時にアクセスするため、なかなか成績が表示されない。この現象も毎度のことなので、そのまま成績表示のWeb画面をそのままにして、別ページで他のサイトを閲覧して過ごす。今回は0時10分過ぎに成績画面が表示された。 放送大学の履修成績は点数ではなく?(100〜90点)、A(89〜80点)、B(79〜70点)、C(69〜60点)、D( [続きを読む]
  • 裏技解禁
  •  本日9時から平成28年度第2学期の履修登録申請が始まった。しかし、多くの放送大学生にとっては、平成28年度第1学期の裏技解禁日として認識されている。 「裏技」とは、成績発表前に履修科目の合否を確認する方法である。具体的には、WAKABAから2学期の科目登録をするときに、1学期に履修した科目をわざと登録申請するという手法だ。当然のことながら、エラーメッセージがなされるのだが、このエラーメッセージ [続きを読む]
  • 日本近世史(’13)
  •  今学期最後の試験は、2時限目の「日本近世史(’13)」である。昨日の「日本古代中世史(’11)」の続編であるが、通史的な「日本古代中世史(’11)」とは異なり、各章が武士や農民といった身分や地域の異なるテーマで構成されており、非常に興味深く学ぶことができた。日程的にも昨日の午後を学習時間に充てることができたため、準備も万全である。 出題は4肢択一式で15問の出題であるが、過 [続きを読む]
  • 日本古代中世史(’11)
  •  もやもやとした気持ちを切り替えて、2時限目の「日本古代中世史(’11)」に挑む。過去問を分析していると全く同じ出題というのは少なく、微妙に選択肢を改変しているようなケースが見られ、基本的には印刷教材の精読が要求される。今学期は3科目だけなので、時間的な余裕はあったはずなのだが、印刷教材を精読し終えたのは試験当日の未明。半徹夜状態であるが、本日の試験は、午前中の2科目だけなので、気力で乗り [続きを読む]
  • 舞台芸術への招待(’11)
  •  今学期の履修科目数は過去最低の3科目。それだけにモチベーションが上がらずに準備不足のまま試験初日を迎えることになった。今学期最初の試験は、1時限目の「舞台芸術への招待(’11)」である。 放送教材は、海外ロケ先で講義を行うなど、主任講師である青山昌文教授の熱意が感じられたが、過去問を確認すると、まさかの正誤問題。正答確率だけなら択一式よりも歓迎する学生も多いのかもしれないが、正誤問題 [続きを読む]
  • 平成28年度第1学期通信指導課題提出
  •   平成28年度第1学期通信指導課題を提出した。今回もすべてマークシート形式の課題であるため、システムWAKABAからのインターネット(Web通信指導)での提出となる。今回は履修科目数が3科目であるが、まったく勉強をしていないので、印刷教材を何度も参照しながらの解答する羽目になり、恐ろしく時間を要してしまった。それでも「日本古代中世史(’11)」は1問間違えてしまったので、先が思いやられ [続きを読む]
  • 平成28年度のスタート
  •  本日から平成28年度がスタートする。10月入学であるため、学年が変わるわけでもないが、今回に限っては、心理と教育コースから人間と文化コースへ転身した節目の日ではある。コースを転身したした理由はこれまでに何度も述べているので繰り返さないが、カリキュラム改正が多いに影響している。今学期に履修した科目は、放送大学入学以来の最低履修科目数となる3科目。興味のある分野なので余裕をもって深く学習していきたい [続きを読む]
  • 野郎ラーメン
  •    昨年9月の学位記授与式のときは、京都学習センター近くの「京都伏見ラーメン萬福」でラーメンを食べたので、今回もラーメンつながりで「野郎ラーメン渋谷センター街本店」に立ち寄ってみた。24時間営業なので時間を気にする必要がない。 朝なので閑散としているが、それでも先客が5人ほどあった。なかなかの人気店で、昼食時や夜間には行列ができるようだ。「野郎ラーメン」という店名のとおり、野郎の腹を満たすガ [続きを読む]
  • 平成27年度学位記授与式
  •   9時30分頃にNHKホールに到着すると、開場時刻の30分前だというのに多くの出席者が集まっており、正面入口脇に掲げられた「放送大学学位記授与式」の立て看板の前では記念撮影の順番待ちができている。立て看板での記念撮影は早々に諦めて、ホール入口の前に陣取り、開場時間を待つ。 10時になると、2年前に引き続き一番乗りで会場入り。地域ごとに指定されている受付場所も2年前と同じ場所であったが、2 [続きを読む]
  • 野郎ラーメン渋谷センター街総本店
  •    昨年9月の学位記授与式のときは、京都学習センター近くの「京都伏見ラーメン萬福」でラーメンを食べたので、今回もラーメンつながりで「野郎ラーメン渋谷センター街本店」に立ち寄ってみた。24時間営業なので時間を気にする必要がない。 朝なので閑散としているが、それでも先客が5人ほどあった。なかなかの人気店で、昼食時や夜間には行列ができるようだ。「野郎ラーメン」という店名のとおり、野郎の腹を満たすガ [続きを読む]