自転車見聞録 さん プロフィール

  •  
自転車見聞録さん: 自転車見聞録
ハンドル名自転車見聞録 さん
ブログタイトル自転車見聞録
ブログURLhttp://rinackjp.blogspot.com/
サイト紹介文自転車旅で生き方学んできました。 その素晴らしさを共有したい、そして 旅する人を応援したい。
自由文自転車旅で生き方学んできました。長期間自転車で出かけるのももちろんそうですが、近場を数時間ゆるりと探索するのもこれまた自転車旅です。車やオートバイでは
味わえないスローでフリーな時間を多くの方々に味わって頂きたいと思っています。サイトトップページは、
http://rinack.jp です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/08/08 02:46

自転車見聞録 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 「戦争が起こる瞬間」
  • 戦争を知らない我々は戦争が起こる瞬間を経験したことがない。もちろん、これからもしたくないが歴史を振り返ると人類は定期的にその瞬間を迎えてきた。今朝の新聞に「戦争を知らない世代の防衛論危うい」という現状を危惧する戦争体験者の投稿があった。麻生さんの北朝鮮難民対応への発言などもあり「その瞬間」を我らも経験するのではないかと少し怖い。「そんなことはない」、と多くの先人たちも思っていたのではないだろうか。 [続きを読む]
  • 「平和学習」
  • 教えることも大事だと思う。でも自分で学んでいこうとする姿勢が何より大切では。だから幼児期や小学生での体験はとても重要に思う。8月6日、8月9日が当たり前の登校日として育った方々と8月15日を含めて鎮魂の日々をずっと単なる夏休みの一日として時を過ごしてきた人とではおのずと平和への意識も変わってしまうのでは・・。残念なことに私は後者の人間。だからこそ当たり前の平和に小さいころから少しでも目を向けてもら [続きを読む]
  • 「ずっと関心を持ち続ける」
  • 「戦争体験のない私たちが子供たちのために出来ることといったら、それしかない気がします」その通りだと思います。いかに関心をもたせるか、またそのきっかけを作れるかがとても重要だと思っています。20170817 朝日朝刊 [続きを読む]
  • 「終戦72年」8月15日
  • ささやかな幸せを感じられる平和な社会に感謝すると同時にそのささやかな幸せをも得られない世界が身近にまた海を越えた世界に存在していることを忘れてはいけないと思う。戦争や紛争はもちろん否定するが、その根っこに影響し身近な世界にも存在する「暴力と貧困」の根絶を願う。何も力のない自分に何ができるのか?終戦72年、時代が変化し、世代が変わっても、日々のささやかな幸せを守っていくためにはあの惨禍を忘れないため [続きを読む]
  • 「焼き場に立つ少年」
  • わからん、どうしてもわからん。なぜ日本が核兵器禁止条約に不参加?色々と考えてみたが・・・。政治的な問題なのだと思うが・・。もしそうならそうした政治を行う政治家を選出した我々国民の責任ということだ。私もその一人。戦後70年の夏、「焼き場に立つ少年」をテーマにダンス部のみんなで演じた娘の姿を思い出しながら8月9日を過ごす。鎮魂の夏は続く。 [続きを読む]
  • 「花火大会」
  • 恋人、夫婦、家族、友人、親戚、同僚などなど花火を見ながらそれぞれ,その人なりの幸せを噛みしめている。この幸せを大切にしたい、と思う先に恒久的な平和な社会があるに過ぎない。50万人以上の人々が移動しても混乱なく秩序づいた安全な社会。声高に叫ばずともみんなこの平和な社会を大切にしたいと思っている。今日は広島原爆から72年。花火大会を楽しめる社会に感謝。 [続きを読む]
  • 「和を駆ける 2016」
  • 今年も自転車で安全に旅ができる平和な社会に感謝。今年は終戦記念日の昨日、息子と河川敷を走ってきました。その息子は本日から友人と自転車旅へ。クラブ練習の合間をぬっての2泊3日。ぜひ平和な社会の尊さ、身体で感じてきてください、と言っても無理だわな。楽しんでくることが何よりです。道中、気を付けて駆けてきてください。 [続きを読む]
  • 「日本の歩んできた道」
  • 「・・・・陶芸に限らず、文字や律令、宗教まで大陸や半島から教わっては磨き上げる。それが日本の歩んだ道である。文化や人種の違いをあげつらい、なにが日本固有で、どれが韓国由来か、まくし立てることにどんな意味があるのだろう。・・・・」20160501「天声人語」 [続きを読む]
  • 「釈迦」
  • 「この世は苦である」という釈迦の言葉がありますが、この世は修行をする場.。 「まだまだ修行が足りない」という人は、長生きさせられます。落第生で、ずっと修行。けれど、素直で心が美しく優しい人は、飛び級で呼ばれることがあります。「召される」というでしょう。 20160423  美輪明宏氏 悩みのるつぼから [続きを読む]
  • 「熊本地震 阿蘇大橋崩落」 
  • 親子自転車旅「和を駆ける」3回目は広島から長崎まで走行。大分からは阿蘇を経由して熊本まで走行。豊後街道は阿蘇市手前の峠までの長い上りのアプローチに苦しみ、真っ暗な山道を息子と一緒にペダルを踏んだ思い出の地。その地が土砂に埋もれ悲惨な状況。いと悲し。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …