Marimo さん プロフィール

  •  
Marimoさん: 株と澳門の斜向かいで《柴田罫線攻略ブログ》
ハンドル名Marimo さん
ブログタイトル株と澳門の斜向かいで《柴田罫線攻略ブログ》
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/sasuke_mari/
サイト紹介文柴田罫線の独自見解からチャートを読む!
自由文2001年より柴田罫線一本!テクニカルのみで勝負!
仕手系銘柄では最低でも勝率100%を目論み、日経先物では時間足に柴田罫線を適用。最短で数時間、最長でも1日半の範囲で100円幅以上の利幅を狙います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供897回 / 365日(平均17.2回/週) - 参加 2011/08/09 17:39

Marimo さんのブログ記事

  • 【 今週の動向 】 6月第1週
  • 北朝鮮が弾道ミサイルを撃つかも知れない、米国はシリアにトマホークを撃ち込み空母を日本海に向かわせ、いよいよ最悪の事態も避けられないかと言う緊張感の中、日経平均は最大1,500円幅上昇しました。戦争が勃発するかもしれない危険性の中、どうして株価が上がったのか?戦争などそもそも起こらないのか?いずれにしても北朝鮮と米国間の緊張が高まった際、持ち株を売却、若しくはヘッジを行なった方は多いのではないかと思いま [続きを読む]
  • 利食い・損切りルールは厳格であるべき理由 (3)
  • 先々週からの第3回記事です。今回は利食いに関する内容なので、常に利食いを狙えるような情報環境を整えてからお読みになると深く理解出来ると思います。「買い」を例に取ります。買ってから上昇に向かった場合、当然どこかのタイミングで利食いをせねばなりません。この判断は簡単そうで案外難しいものです。含み益になり、いざ利食いをしようとすると『欲』との戦いに入ります。一方で、出来るだけ良い条件で利食いを行ないたい [続きを読む]
  • 利食い・損切りルールは厳格であるべき理由 (2)
  • 先週は自身で決めた損切りラインに達すれば必ず一旦は損切りすることが取引を行なう上での最低条件であると書きました。仮に上がるにしても更に下げてしまう場合は一旦は損切りを行ない、途中下げる間の損失を回避すると言うものです。しかしそれは今後上昇することがある程度確約出来ていればの話。いくら適切に損切りを実行出来たとしても、どこまでも下げ続ける銘柄を買っては損切りを繰り返していてはいつまで経っても利益は生 [続きを読む]