NOHARA さん プロフィール

  •  
NOHARAさん: 優しい未来へ
ハンドル名NOHARA さん
ブログタイトル優しい未来へ
ブログURLhttp://lunalura.blog89.fc2.com/
サイト紹介文 環境に優しい暮らし。実験動物、毛皮動物、水族館、動物園の動物など弱者の犠牲の無い世界へ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2011/08/10 18:39

NOHARA さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 雪ちゃん乗っかっても爆睡
  • 朝5時起きして名古屋?東京?船橋?渋谷へ戻ったのは23時過ぎ。ダウンした私の上にすかさず乗っかったらしい猫の雪ちゃん用事を済ませ、夜、渋谷の娘家族の家へ辿り着いたら我が家同然の気兼ねの無さも手伝って服来たまんまダウン。どんな場所でも寝られるガサツな私。知らない間に、猫の雪ちゃんが私の上にちゃっかり居座り知らない間に、孫のすみれがそれを私のスマホでちゃっかり盗撮!?後でスマホ見てビックリ。顔は悲惨だ [続きを読む]
  • ベネチアどうぶつ仮面&強制換羽
  • 4度目4年ぶりのベテチア旅での今回の目的のひとつは動物の仮面を買うことでした。求めた仮面はニワトリ。目的は達成。いつかこれを活かすことができるようにと心に誓っての買い物。堂々として気高いニワトリの仮面。何げなく私たちが口にしているニワトリの卵。その卵を産んでくれる、ニワトリ達の現実は余りにも酷く、それは現在進行形です。下の様に・・・。昔、友人が養鶏場を、実際に見てきた話をもとにして娘と私で出来るだ [続きを読む]
  • 「どうぶつ千夜一夜」と出逢って
  • 象のはな子さんが亡くなったときからずっとお休みしていた私のブログ。再び火をともしてくれたのは、不思議にも「はな子さん」でした。映画「象のはな子さんからのメッセージ」監督 佐藤栄記氏(動物ジャーナリスト)偶然、YouTubeで動画を見つけました。佐藤栄記さんという方の「どうぶつ千夜一夜」。そこで佐藤さんが監督された映画の予告を見て、居ても立っても居られなくなりました。追加上映は・・・えっ?!明日のみ。席の [続きを読む]
  • はな子の死から考えたいこと。
  • 以下写真「DAYS JAPAN」より。一生をコンクリートに囲まれ家族も無く過ごしたはな子は何を私たちに言い遺したかったか考えたい。動物の本来の姿とは?動物園の存在とは?動物が囲いの中で幸せな筈がないのに、人は理由をつけてそれを正当化する。そんな事いい加減止めにする方向へ、大きく舵をきる事が、せめてもの、はな子への懺悔ではないだろうか。こうしている今も、はな子と同じ境遇の動物たちは日本全国に沢山いるのだから。 [続きを読む]
  • 桜咲く頃 新作能面展へ
  • 昔、仕事でお世話になった方から或る日、封書が届き開封すると能面展の案内が。某大手広告代理店を定年後、能面作りに勤しんでおられる事だけは知っていたものの、東京と思いきや、まさかの名古屋能楽堂展示室、「新作能面展」で拝見出来るとは吉報。早速、出かけることに。尚、「福井県池田町」と記してあるのは、室町時代の能面発祥の地だからだそうです。このような機会をいただき、その方の作品を拝見出来たなんて!生きてると [続きを読む]
  • 発散!
  • 隆平はビニール剣を思いっ切り振り回すために公園に。すみれは縄跳び技の習得?!に意気揚々と公園に。男の子と女の子は全く異なる事を要望するので『おばあちゃん!見て!来て!』と二人から声が掛かると、私は大忙し。隆平は、ビニール剣を振り回しすぎて疲れた様子。しゃがみ込みクローバー集め。すみれは、依然元気にヒョイヒョイ!眺めていると、太陽の下で遊ぶ子どもは、周りのどの子もイキイキしています。いずれにせよ「発 [続きを読む]
  • 微動だにしないモデル猫
  • デッサン帳を買ってもらったすみれ。途端、待ち切れなく表紙に何やら描き始めた?!えっ?モデルは雪ちゃん??!物凄〜くご満悦なモデル嬢。瞬時にして、描き手とモデルの息の合い具合に目を奪われる。此の上も無く幸せそうな雪ちゃんは、描き上がるまで微動だにせず。雪ちゃん!わかるのね・・・感激です。クロッキーの完成!!すみれも雪ちゃんもしあわせ。私にとっては久々に会えた12歳の雪ちゃん。モデルさんじゃない時は、 [続きを読む]
  • 我が家のシンプル洗剤
  • 出来るだけ環境に配慮した洗剤を使う様に努めています。壁の高い「完璧」を目指す事よりも持続可能な自分が出来る事を心がけて。左から たけ(放置された竹林を活用した海を汚さない洗剤)ハッピーエレファント(ボルネオのゾウや生き物の幸せを願って生まれた100%非石油系洗剤)   重曹、クエン酸(キッチン、バス、トイレ掃除はすべてこれらでカバー)ランキング“応援 ”宜しくデス [続きを読む]
  • 南天九猿
  • 只今、世に流行っているインフルエンザにかかってしまいしばらく伏せっており失礼致しました。外出先の帰り道から悪寒がして・・・???皆様もお気をつけ下さい。「南天九猿」という飾り物を頂きました。古い友人、Mさんのお母様の手作りと聞いて一層嬉しいものでした。どこ子も色とりどりの着物で愛らしく。難(南)が転(天)じて苦(九)が去る(猿)という縁起物だとか。物凄く小さいのに、顔がやけにリアルな猿!?フウセン [続きを読む]
  • 今は亡き、母の誓い
  • 木彫「人面」シリーズ。母は昔、一旦誓うと、旅先でも木片と刀を持っていきその日のうちに必ず1個、彫り上げていた。    誓い 1976.1.1     昭和51年元旦に誓う 365個面彫り 「私の右手よ左手よ 今日から一日一面を彫れ」 雑事に負けぬ自分の両手を信じよう                   中条照子の詩集よりランキング“応援 ”宜しくデス [続きを読む]
  • どんどん生まれる絵
  • 何かにとりつかれたように描いていく孫、隆平。この時期の子ども達は上手いも下手も無い。誰もが心のままに描く貴重な時期。子ども達の絵は、いつ見ても魅力に溢れてる!『エッヘッヘッヘ!遊ぼうぜ!』イヤ?対決なのかな?隆平は、描き疲れてそのままパタンと眠ってしまうこともあるという。世界中の子ども達。本当はその人数だけ平等に未来がなくてはならない。それは、私たち大人の責任。ランキング“応援 ”宜しくデス [続きを読む]
  • 函館 トラピスチヌ修道院
  • 昨年、函館 トラピスチヌ修道院を訪れた。明治31年フランスから8名の修道女が来たのが始まりという。2015年6月司祭館前。門を入って少し歩くと全ての人を受け入れて下さるという「慈しみのマリア」像が迎えてくれる。訪れた日は快晴。求めた本の中にはこのマリア様が深々と雪の中に佇んでいた。売店には、修道女の作るクッキーやチョコレートが売られていたが修道院の暮らしの様子が知りたくて、この本を求める。函館の冬は厳 [続きを読む]
  • チェルノブイリ スケッチ展にて
  • 2013年2月名古屋に移転する2週間程前のこと。帰路の途中、新宿中央公園内のギャラリーに、ふと立ち寄った。_______________________________福島を思う 風しもの村  貝原浩 チェルノブイリスケッチ展  森住卓 福島第一原発写真展_______________________________そこで唖然として立ちすくんでしまった。飛び込んできたのは壁面を覆う物凄い画力の絵、 [続きを読む]
  • 動物園のトラ
  • 動物園に子どもを連れて行く時は動物の立場になって考える、教育の場として訪れたい。動物は本来、神様からそれぞれの力を授かっている。でも園内ではそれを殆ど発揮する事は不可能。ただ諦め、檻の中に大人しくしていることを前提で観察しなければ子ども達は大変な誤解をして成長してしまいかねない。未来を担うのは子ども達。昨年の4月撮影。東山動物園ズーチェック。トラの前には大勢の見物客。私も含め。トラは繰り返し吠えな [続きを読む]
  • 美味しそう!アロマな石鹸
  • 石鹸作りの達人でもある友人から、今年も石鹸が届きました。四角い箱を開けるとフンワリ天然のほのかな香りが・・・・。アロマテラピーは奥が深いですね。彼女の作る石鹸は刺激がなくて使い心地も優しい。そしてビジュアルセンスも御覧の通り抜群。毎回、私を楽しませてくれるのです。Yさん、いつも有り難う!!でも、これ石鹸???ケーキの箱詰めみたい!!で、ちょっとお皿に載せて遊んでみました。今から友達が来るのでイタズ [続きを読む]
  • キッコーマン動物実験廃止!!
  • キッコーマンのお醤油を愛用していた我が家。動物実験をしていた事実を知った時は、大きなショックでしたが・・・77967名の署名がキッコーマンを動かし、動物実験廃止となったそうです。一人の力は小さくとも、それが集めれば世の中を変えられることを改めて実感しました。私たちが署名に協力することなど、ちょっとした日々の心がけだけ。今回それにより、密室で地獄を味わっている、もの言えぬ弱き動物たちが救えた良い事例 [続きを読む]
  • 香る栞で「アニマルウェルフェア」知るきっかけに
  • 朝日新聞社のポータルサイト「Sippo」のALIVEさん連載で私の記事が掲載されました。アロマテラピーの栞づくりです。栞を作っておいて、動物保護の啓発にお役立ていただけたら幸いです。勿論イラスト付きですから簡単に作れます!タイトル香る栞で「アニマルウェルフェア」知るきっかけにいまいちど、アニマルウェルフェアの概念をまとめて以下に記しました。栞を渡すとき自然な会話の中で伝えられたらベターですね。アニマルウェル [続きを読む]
  • 東山動物園マレーグマ、マーチン
  • 2016年1月8日 中日新聞掲載記事より名古屋の東山動物園。昨年の五月に塀を登り騒ぎになったマレーグマのマーチンの記事をみつけた。謹慎生活を終え、八ヶ月ぶりの外だと記事にある。八ヶ月??ぶり?????辛かったね、マーチン。でこぼこの塀はつるっとなり、もう登れないだろう。万が一登れたとしても途中に電気柵が設置されたそうだ。コンクリート塀の前に、人間のように立ち尽くすマーチンの脳裏にはグングン登ったパワフル [続きを読む]
  • 井の頭自然文化園ゾウのはな子は今も
  • おととい名古屋の新聞に載っていた。東京都井の頭自然文化園のゾウのはな子の記事。予算がないから小規模の公立動物園では土は無理、と記事にある。小さな動物園ほど動物たちの環境は悪くなるのは当然の事。今も記憶に鮮明なはな子は69歳になっていた。コンクリートに囲まれ続け、ひとりぽっちで。_____________________________________私は9年近く前に、はな子を初めて目にした時やたら [続きを読む]
  • 優しい未来を目指して
  • 2016年明けましてお目出度うございます。当ブログ「優しい未来へ」を暫く留守していました。また新たな気持ちで続けます。改めてどうぞ宜しくお願い申し上げます。『春野おばあちゃんを今年もヨロシクッ!!』すみれ小2孫すみれは一人で品川から新幹線に乗って名古屋にやってくる。年末で既に3回目。昨年12月、徳川美術館に国宝源氏物語絵巻展に二人で出掛けたとき。再婚というかたちで名古屋に移転して2年9ヶ月が経過しま [続きを読む]
  • 過去の記事 …