むかしのいすみちゃん さん プロフィール

  •  
むかしのいすみちゃんさん: 遊華のよくばりお花レッスン
ハンドル名むかしのいすみちゃん さん
ブログタイトル遊華のよくばりお花レッスン
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tommy3ami
サイト紹介文ムーミン谷より千年の都京都で華道修行。和と洋を取り入れた欲張りなレッスンの内容を紹介して行きます。
自由文千葉県いすみ市出身東京板橋区在住、欲張り池坊華道家
遊華社の金綱幸月さん、生け花とウエディングブーケやアロマの香り石鹸粘土でお花作り、プリザの加工と欲張りなレッスンで遊心、ヒヨコも作り小さな教室でコツコツ。
いすみ鉄道ファン。花のスポンサーです。お花をいけることで今の心理状態を知る。気楽に参加出来ます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供207回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2011/08/11 14:19

むかしのいすみちゃん さんのブログ記事

  • 映画【花戦さ】公開前に華道家元池坊いけばな展、日本橋三越①
  • 2017年6月3日(土)映画【花戦さ】公開。時は安土・桃山時代。池坊第31代、池坊専好(初代)とは。織田信長、豊臣秀吉や前田利家ら、戦国武将を魅了した大立花師、花僧、池坊専好。いけばなの歴史、日本の伝統文化の歴史。歴史上の武将も登場する史実にもとずいた華道家元池坊の専好と時の人秀吉に切腹させられた、利休との友情の映画が完成した。刀ではなく花で秀吉に立ち向かって行った池坊専好の実話。テーマ・「花の力」2017年5月 [続きを読む]
  • 生花・初夏の「カキツバタをいける」
  • ヒューマンアカデミーカルチャースクール成増校のレッスンより・生花一種いけ葉物花と葉の高さは、盛りの頃までは 葉 を高くして、すぎると 花 を高くします。花2本、葉5組花材、カキツバタ(杜若・燕子花)カキツバタは女性のたとえがあります。菖蒲は男性にたとえられています。花器、御玄猪参考作品参考作品生徒さんの作品から今季2回目、上達しています。お疲れ様でした。http://www.ikebana-tokyo.com [続きを読む]
  • 新風体、初夏をいける。
  • お花屋さんの店頭に、この季節は色とりどりのお花がずらりと並び何をいけようか迷うくらいです。花材・フトイ、リョウブ、シャクヤクは季節代表の花かも・・・?。生花正風体又は新風体生花どちらでもよし、この花形をするにはお免状取得は必須です。お免状も取られているので、今日は新風体でいけました。花材は三種類まで。生徒さんの作品からhttp://www.ikebana-tokyo.com [続きを読む]
  • 目に青葉の「リョウブ」で生花3種いけ
  • 生花、三種いけ・日々のお稽古の花、生徒さんの作品から住環境の変化とともに生まれた三種いけ。三種いけは1枝を大きく用いたり、花材の工夫ができる生花です。花材、リョウブ・タニワタリ・トルコキキョウ真・副・体のバランスをかなり応用した作品です。自由花指定花器。花材、フトイ・シャクヤク・自由花、自然にいける(花材の持ち味をいかしていける。)花材、フトイ・シャクヤク・アルストロメリア・ナルコhttp://www.ikebana-tok [続きを読む]
  • ○○ちゃまのお花道「シャクヤク」をいける
  • 今日のお稽古、○○ちゃまの作品禄より。・自由花の表現の仕方には、自然的表現・意匠的表現・抽象的表現があります。言葉は難しいかも・・・?しれないですが、ちょっとだけ覚えておいてね〜。デッサンも綺麗に描けています。いけながらの私の表現の仕方のコメントもきちんとノートにまとめています。老けない華道実践中の女子様ともお話しながら楽しそうにいけていました。自由花、指定花器使用花材、フトイ5本・シャクヤク2本 [続きを読む]
  • 創立50周年記念、日本いけばな芸術展①
  • 2017年5月10日(水)〜17日(水)日本橋高島屋8Fホール土曜日は天皇陛下、皇后さまがお見えになりました。作品は1部ですので御了承下さい。入口にいけられた池坊の砂物2017年6月3日〈土)に公開される映画、池坊専好の史実に基づき「花戦さ」のイメージにあわせて砂物展示されました。                 ・池坊次期家元、専好作品                            ・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 生花「初夏のカキツバタ・杜若・燕子花」をいける。
  • 【いずれ菖蒲゙か杜若】 生花、カキツバタ(杜若・燕子花)、花3本、葉7組。特徴は花首に表情が出てくる、開花を上暖に用いる。葉の組方は短い葉を後ろに組む。時に葉1枚葉を用いる時もある。2枚で用いる時は葉先は向かい合う。カキツバタの花弁は白色の線が入る。アヤメの花弁は文目。      生徒さんの作品から下の写真は右より、体3枚葉、体のあしらい葉2枚と体の蕾。真の前あしらい葉2枚、真の葉2枚、真の開花。真の後ろ [続きを読む]
  • 生花「カキツバタ(杜若・燕子花)」をいける。
  • 生花、カキツバタ(杜若・燕子花)花2本葉5組葉の美しさに重点を置きいける。カキツバタの葉は短い葉を後ろに組み、葉先は向き合う。真の花の前は葉の裏を見ていける、真の花の後ろあしらいの葉は葉の表を見ていける。葉組は右側から順に、体の葉3枚(葉の爪の向きに留意する)。体の花、真前の葉、真、真の花、真の後ろあしらい葉、副の葉。生徒さんの作品からカキツバタ、花2本、葉5組の場合http://www.ikebana-tokyo.com [続きを読む]
  • 生花、カキツバタをいける
  • ヒューマンアカデミーカルチャースクール成増校のレッスン生徒さんの作品から花材、カキツバタ(燕子花・杜若)・愛知県の県花(現在の知立市あたり)・花言葉、幸運花葉の高さは盛りの頃までは葉を高く、過ぎれば花を高くするのがきまりですが、時に応じて低くてもよい。現在は葉は幅広ですが、盛りからは葉も細くなります、変化形で楽しめます。花2本、葉5組カキツバタは素敵にいけたい花ベスト5にあげられる花です。カキツバタ [続きを読む]
  • 季節のお花でお稽古
  • 生徒さんの作品から生花の基本・生花一種生け花材、花菖蒲花菖蒲3本 葉7組葉物、花菖蒲は花を生かしていけます。・生花2種生け花のない花材に、もう1種は花のあるものを添えていける花形を 生花2種いけ と言います。花材、フトイ・シャクヤク・自由花花材、タニワタリ・カーネーション・マトカリア・・・自由花、造形http://www.ikebana-tokyo.com [続きを読む]
  • ○○ちゃまの母の日プレゼント、大きなタニワタリをいける。
  • オーストラリアホームステイから戻り、植物を見る目にも変化・・・。花粉症で苦しそうでしたが、お稽古はきっちりとされました。今日は大きなタニワタリ使いいけます。「タニワタリ」シダ植物、緑がきれいなのでとても見栄えのする植物、いけばな、アレンジ等で用いられます。種類によりタニワタリは食用に用いられております。八重山諸島、台湾などでは、タニワタリはチャンプル、てんぷらなどに。自由花テーマ【母の日】花材、タ [続きを読む]
  • 2017年4月・明治神宮献花式、池坊
  • しばらくぶりの明治神宮、お天気はまあまあなんとか恵まれました。献花式は11時より、池坊人は記帳も済ませて10時30分集合。朝10時前なのに凄いにぎわい。緑が多く自然がいっぱいのパワースポット出会った植物、クサイチゴホウチャクソウこごみ代々木の地名の由来。奉納されたワイン樽奉納池坊いけばな展写真は1部です。あいにくの本殿前修理中に付き、見にくい。写真もとりにくかった。献花式が厳かにはじまりました。池坊東京 [続きを読む]
  • 季節の花、ハナミズキでお稽古
  • ハナミズキ(花水木)・ミズキ科、ミズキ属、ヤマボウシ亜属、落葉高木・別名、アメリカヤマボウシハナミズキの花の名前の由来は、ミズキ科の仲間で花が目立つことからだそうです。桜に変わり、街路樹で目を引く花、ハナミズキに春、季節を感じます。自由花花材、ハナミズキ・菖蒲・レースフラワー・ブルースター生徒さんの作品からhttp://www.ikebana-tokyo.com [続きを読む]
  • 花菖蒲をいける
  • 生花の基本より花菖蒲葉物、特に長葉物の代表とされています。花菖蒲は花に重点を置き、カキツバタは葉に重点を置きます。葉の組方は長い葉外、短い葉は中心に、葉組は難しい、2枚を1組としていけます。葉の爪を向き合わせて短い葉を前に組む。花2本・葉7組体の葉はなか高に組む(3枚)正面から見て、体のあしらい葉と体の長い葉は陰方に出る。早春の菖蒲は葉が柔らかくいけにくい、少し浮かせぎみにいけるとよい。http://www [続きを読む]
  • 「ラナンキュラス・ラックス(ピカピカ)」をいける
  • 花弁がピカピカなお花に出会いました。名前はラナンキュラスの種類で、ラックス(ピカピカ)花弁にワックスを塗ったような輝き、光沢があります。「ラナンキュラス」、・和名、ハナキンポウゲ・花色、花型も豊富・原産地、西アジア・ヨーロッパ東南部・地中海沿岸・キンポウゲ科、キンポウゲ属・ラテン語のrana(かえる)が語源、葉の形がかえるの足に似ていることから・「花言葉」、とても魅力的・あなたは魅力に満ちている・光輝 [続きを読む]