S さん プロフィール

  •  
Sさん: モンペリエで独り言。
ハンドル名S さん
ブログタイトルモンペリエで独り言。
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/montpellier_de_hitorigoto/
サイト紹介文南フランス・モンペリエの毎日。モンペリエ・ネコ・乳製品アレルギーな生活を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2011/08/13 08:19

S さんのブログ記事

  • フランス大統領候補者による討論会を見る。
  • 昨夜は、フランス大統領選候補者による討論会がテレビで放送されていて、見ていた。候補者11人の中、参加者は以下5名。右党 フランソワ・フィヨン氏 極右 マリン・ルペン氏左党 ブノワ・アモン氏極左 ジャン・リュック・メランション氏?  エマニュエル・マクロン氏政治には全く詳しくはないのだが、討論会を見ていた限りで、ざっと説明すると、フィヨン氏は労働時間を週35時間から39時間に引き上げる政策の主張、ルペン氏 [続きを読む]
  • その着物は本物か?
  • 昨日はモンペリエから車で1時間の所にあるベジエの高校で、着付けのデモンストレーションをした。デモンストレーションの前に、女の子が一人、私の傍に寄ってきて「私、キモノ持って来たんだけど、一緒に着てもいい?」と質問された。困惑する私。何が困るって、外国人の言う「キモノ」って、羽織って前でとめるだけの、外国人用の着物だったりするから。震災のアソシエーションで、散々、着付けのデモンストレーションを手伝って [続きを読む]
  • わたしは恋のキューピッド?
  • 今日は着付けのデモンストレーションの為に、モンペリエから車で約1時間のところにあるベジエの高校へ。自分への着付けを見せた後、生徒一人に振袖の着付けをした。着崩れしやすいため胸やお尻が大きい子は避け、髪をアップにしていて、着物に合う身長の女の子に、前もってモデル役を頼んでおいた。あまりアクセサリーを付けていないことも条件にしていたので、選んだのは可愛らしいけれど、地味めの女の子。それが皆の前で振袖を [続きを読む]
  • 我慢できない人たち。
  • フランスにいて閉口するのは、トラムの中で大音量で音楽を聴いている人がいること、ゴミを道に平気で捨てること、そして夜になると、たまにトラムの中で煙草を吸いだす輩がいること。今日は昼にトラムに乗ったのだが、隣に座っていた男性が、煙草に火を点けだした。もう少しで駅に着くので、出た瞬間から吸おうということらしい。でもね、扉が開く前に息吐いたら、普通にトラムの中で吸ったことになると思うんだ。しかも、マリファ [続きを読む]
  • 動物色々。
  • 昨日はLANAを動物病院に連れて行った。専門医の集まっている病院で、フェレット、ウサギなどのエキゾチックアニマルも診る病院なのだが、昨日は犬に嚙まれたという亀が3匹、ネコトイレの容器に入れられて、待合室で待っていた。他には、ポワロー(ネギ)という名前のネコ。初診時に、受付の女性に、氏名、住所、電話番号、動物の情報などを伝えるのだが、飼い猫の名前を聞かれて、「ポワロー」と答える飼い主。受付の女性は戸惑っ [続きを読む]
  • LANA、治療方針決まる。
  • 今日はLANAの病院の日。専門医に診察してもらい、エコー専門医にエコーを撮ってもらう。LANAは簡単にバッグに入ってくれるし、バッグの中でも大人しくしていてくれるので、移動がとても楽。診察の時も、怒りの「グーグー」をお腹から発するけれど(ネコは嬉しい時だけでなく、自分を慰める時にもグルグルいう)、噛んだり、引っかいたりしない良い子。エコーの先生によると、LANAの症状は、アメリカでは聞くことがあるが、ヨーロッ [続きを読む]
  • みんな天気のせい。
  • 今日も、折り紙のアトリエの為に、モンペリエの隣にあるフロンティニャンへ。2月に初めて訪れた時は、「閑散としたお年寄りばかりの何もない街」という印象だったが、今日は晴れて暖かかったからか、いつもより人通りが多かった。人もなんだか陽気になっていて、いつも訪れるカフェに入ってアトリエまで時間を潰していると、一人のおじさんに「よう!マドモアゼル!元気?」などと声を掛けられた。「はい、元気元気」と愛想笑いで [続きを読む]
  • 3月11日。
  • 昨日の3月11日は、震災関係のアソシエーションの集まりへ顔を出した。これまでの活動、最近の被災地の様子、東北の観光情報の紹介。そして映画といった内容。フランス人日本人半々くらいで、約40人くらいが参加したのではないかと思う。2011年の3月11日は、朝起きて、YAHOO!ニュースを見ながら朝食を摂っていた。すると地震速報で震度7という今まで見たことのない数字が出てきて、パソコンの前で固まったのを覚えている。ギリギリ [続きを読む]
  • 鏡の国のLANA
  • LANAは鏡に興味津々。MINAが初めて鏡を見たのは、私がMINAを抱っこしていた時。鏡に映った自分を見て、「ママが他のネコを抱っこしてる!!」と驚いて私を見上げ、「あ、MINAだった」と、どうやら鏡の仕組みを理解し、それ以降は鏡にあまり興味を抱くことはなかった。それに対してLANAは、鏡がどうにも不思議でしようがないらしく、フワフワボールを投げて、鏡の前に落ちたりすると、「…」と首を傾げて、鏡の後ろを見に行く。LANA [続きを読む]
  • サッカーとジョニー・ホリディ。
  • 日本の国民的スポーツと言えば野球だが、フランスではサッカー。昨日のトップニュースは、PSG(パリのサッカーチーム)がバルセロナに6対1で負けたニュースだった。スポーツコーナーでもないのに、明け方、帰路に着く選手に暴言や物を投げつけるファンのイメージや、試合の様子が延々と流れていた。「アナウンサーもうんざりだろうに…」と思って見ていると、アナウンサー2人もサッカーファンらしく、熱くそのニュースについて語っ [続きを読む]
  • 中庭解禁。
  • 暖かくなってきたので、昨日は、朝から中庭の掃除。お昼過ぎに中庭へのドアを開けて、LANAに中庭を解禁。久しぶりの中庭を、LANAは恐る恐る探索していた。しばらくすると、私に向かって「ミューミュー」鳴いて、中庭へ誘われた。LANAに付いていくと、目の前で地面に寝転がり、コロンコロンコロンと喜びの3回転。ちょっと目を回していたが、どうやら満足して頂けたらしい。その後は、掃き切れなかった砂の上で、横になって空を見上 [続きを読む]
  • 20年後。
  • 月曜日は強風による電車の遅延により、18時に家に着くはずが、家に着いたのは21時だった。(詳しくは電車の遅延。フランス人と日本人)無事家に着き、ふと鏡を見てびっくり。苦手な強風と電車遅延の疲れにより、20歳くらい老けた自分が映っていた。夕方のモンペリエ 駅からの眺め30歳くらいに見えましたよ。←…嘘です。40代に見えました。 [続きを読む]
  • 電車の遅延。フランス人と日本人。
  • フロンティニャン昨日は強風注意報が出ている日だった。注意報の割には、前日の警報の時よりも風が強い印象。折り紙のアトリエの為に、モンペリエから電車で10分のところにあるフロンティニャンという街に行ったのだが、強風のため、途中30分ほど停車した。帰りは、強風による倒木の為に、機械系統に故障が出たとかで、フロンティニャンで電車が動かなくなった。動かない電車の中で2時間以上待ち、発車しても徐行運転、途中で止ま [続きを読む]
  • 変わる常識、非常識。
  • 2007年の2月1日から、フランスでは、公共の場での屋内の喫煙が禁止となった。バーや、カフェでも喫煙が出来ないと聞いて、「あり得ない!守らない人が続出なんじゃ?」と思っていたが、法が施行されてしまえば、皆大人しく守って、喫煙者はレストランでは食事前と食事後は外に出て一服、カフェは冬でも最初から外に陣取るようになった。食事の最中でも煙草の煙に邪魔されることが無くなって、非喫煙者にとってはとても快適。それに [続きを読む]
  • 出待ちをされる私。
  • 最近、シャワーの出待ちをしてくれるLANA。シャワーを終えて、ドアを開けるとLANAがいるので毎回驚く。化粧の為椅子に座ると、膝に飛び乗ってきて、そのまま私の肩に抱き着き、顔をスリスリ。気が済むと、化粧の間は、大人しく膝の上で待っている。膝の上に乗ってくれるのはこの時間だけ。化粧が終わって出かけなければいけないので、仕方なく降ろそうとすると、「ミュ〜!」と抗議をされる。LANA 去年9月 キャットタワーがある [続きを読む]
  • 知りたくなかった現実。
  • 小さい頃、プールに入ると、冷えるのでよくトイレに行きたくなり、その度に上がっていた。トイレに行く人があまりいないので、「みんな、よくトイレに行きたくならないな〜」などと思っていた。大人になってから、友人の「公共のトイレは、みんなおしっこしてるから、入りたくない」という発言に、目から鱗が落ちた。「いや、でももしかしたらその友人だけの経験かもしれないし」と自分に言い聞かせていたものの、今日、「公共のプ [続きを読む]
  • お昼の甘えんぼさんタイム。
  • 最近のLANAの様子を見ていると、どうやら13時半くらいに、甘えんぼさんタイムが来るよう。寝室からサロンに戻り、私の膝に飛び乗り、肩に抱き着いてスリスリ。触られるのが基本的に嫌いなLANAだが、その時だけは触り放題。LANA 去年9月もしかしたら、この先あまり長くないかもしれないので、その時間には出来るだけ家に居ようと思う。←病気の原因が未だ分からず。こちらもよろしくお願いします。「南フランスで暮らそう!モンペ [続きを読む]
  • あれから1年。
  • 今日はMINAの命日。MINA 2008年7月神様、MINAはこちらの世界でとてもとてもいい子でした。引き続き可愛がってあげて下さい。MINA、遅かれ早かれそちらの世界に行くので待っててね。 [続きを読む]
  • LATTESのマルシェへ行く。
  • 日曜日はモンペリエからトラムで20分ほどの所にある、LATTESのマルシェへ行って来た。現在、選挙キャンペーン真っ最中のフランス。テレビでは毎日、候補者の動向やスキャンダルが報道されている。マルシェも例外ではなく、支持者たちにより、エマニュエル・マクロンとマリン・ルペンのチラシが配られていた。見るからに外国人の私にも手渡されようとするマクロンのチラシ。「いえ、選挙権ないので…」と断る。見るからに外国人の私 [続きを読む]
  • 魔性の女。
  • 先週の受診以来、薬が増えたため、私に対してLANAが警戒中。LANAの気が向いた時だけ訪れる、おさわりOKの甘えんぼさんタイムも激減中。そんな中、遅刻気味で急いで化粧中、寝室に籠っていたLANAがサロンのドアを開けるのが聞こえたので、ちょっと覗いてみた。LANAと目が合ったと思ったら、寂しかったのか、膝に飛び乗られ、抱き着かれ、顔をスリスリ。思いがけず、至福の時間を過ごしてしまった。LANA 去年9月理性がふっとびそう [続きを読む]
  • 折り紙のアトリエへ行く。
  • 先週、折り紙のアトリエの為にフロンティニャンの小学校に行った時、日本についての説明もした。私:「フランスはここだけど、日本ってどこにあると思う?」子供:「(イギリスを指して)ここ〜」私:「う〜ん。もうちょっと遠いかな〜?」子供:「(南アフリカを指して)ここ〜」私:「う〜ん。ちょっと違うかな?」子供:「(ブラジルを指して)ここ?」私:「う〜ん。おしい!ちょっと違う」その後、日本の場所の説明をし、飛行 [続きを読む]
  • ネコが他の動物と違う点。
  • 先日、「マンガで分かる心療内科」を読んでいたら、「「ネコ」と「働かない人」の共通点。」というテーマだった。それによると、大抵の動物が「行動による報酬を得る」ことを望むのに対して、ネコだけは、楽に報酬を得られる方法を選ぶとあった。LANA 去年8月さすがはネコ様。どこまでもブレない、その姿勢が素敵☆←なので、ネコより先に死ねない…こちらもよろしくお願いします。「南フランスで暮らそう!モンペリエ留学ガイド [続きを読む]
  • LANA警戒中。
  • 先日、LANAを病院に連れて行ってから、私に対して少し警戒モード。病院から帰った夜は、相方を寝室に呼び出し「嫌なことされたの〜」とスリスリ甘えていたという。夜、足元で一緒に寝てくれるし、シャワーを浴びていると外で待っていてくれたりするのだけれど、部屋を歩いたりすると警戒モードに入る。LANA 去年8月2週間は病院には連れて行かない予定なので安心して。←お薬も1日1回だけなのよ。こちらもよろしくお願いします。「 [続きを読む]
  • LANA専門医へ。
  • 昨日はLANAの専門医の診察日。朝、時間通りに家を出たら、高校生のデモでトラムが動かず。車のある友達に電話をしてみるも、都合がつかず。時間もないので、結局タクシーで病院まで。私自身がストレスを感じていたためか、病院に着いた時には、専門医が心配するくらいLANAの鼓動が早く、憔悴していて申し訳なかった。その後、少し落ち着き、診察。身体を触られるのが嫌いなLANAはグーグーご立腹のゴロゴロをしていた。続いてエコー [続きを読む]
  • 役に立つ牛乳の保存方法。
  • 先ほど、TOP CHEFという料理人のコンテストの番組を見ていた。本篇が終わると、ちょっとした料理の知識や、NG集などが放送される。今日の料理の知識は、乳製品についてだった。その中でフィンランドやロシアでされているという、牛乳の保存方法が簡単で役に立ちそうだった。それは、「牛乳瓶の中にカエルを入れる」というもの。モンペリエ 駅是非、お試しあれ。←試したら感想をお聞かせ下さい。 [続きを読む]