bmwk_rs さん プロフィール

  •  
bmwk_rsさん: オーディオのこと
ハンドル名bmwk_rs さん
ブログタイトルオーディオのこと
ブログURLhttp://bmwkrs.exblog.jp/
サイト紹介文マルチアンプシステムでオーディオを楽しんでいます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2011/08/15 17:39

bmwk_rs さんのブログ記事

  • お誕生会
  • お誕生会の前に碧南市の明石公園で遊ぶ。開園と同時に入園。さすがに人はまばら。アトラクションは100円なので安い。めぼしいものを楽しみ、早めのお弁当を食べると、昼にはけっこうな人出。場所を臨海公園に移し、テントでお昼寝。夕方からのお誕生会はカニ。私はカニ酒をいただく。香ばしくて旨い [続きを読む]
  • レゲエピクニック
  • 久しぶりに出向く早い時間の写真なのでガラガラに見えますが盛況でした。家族連れが多いのは趣旨通り。平和でいいです。一つ気になるのは、子供さんが大音量のスピーカーに近づくこと。そればかりか、バックロードホーンの開口に座らせて、親が写真を撮影したり...髪の毛も服も震える状況は楽しいかもしれないけど、子供さんの耳には良くないと思う...いや、それは古い考えで、小さい頃から大音量で耳をつぶすことで、さらに [続きを読む]
  • 例年通り?
  • 春は花を見に...と、毎年同じ行動なので、ブログに残すまでもないか...と、投稿をサボり気味...花の写真って、去年のも一昨年のも違いはなく...ランチなんて毎年どころか、毎月同じ店に通っているし...あぁ、違いといえば「梅まつり」の露店で「鮎せんべい」をゲットしたこと。「手焼き」だって。初めて食べたけど、なかなか旨い。ちゃんと鮎の味がしました。 [続きを読む]
  • アナログ・ディスク・シート AP-UD1
  • やっと入手。アナログレコード・ターンテーブルGMP-70のターンテーブルシート。発売当初に某所で試聴。GMP-70での有無の音質差は、同行者も驚くほど。その場で入手を思うも、販売員は煮え切らない先客の相手をして見向きもせず。わざわざ割り込んで求めるのもシャクなので、次の機会をと先延ばし。その後は、私の吸着ターンテーブルでは使えないなとか、DENONプレーヤーには銅製かなとか、中古で試せないかとか、そもそも、有無比 [続きを読む]
  • 梅まつり
  • 毎年ありますね、梅まつり。公園のノボリにも書いてあります。でも、梅まつりってなに?何かお祭りしてる?梅が咲いて、せいぜい屋台がある程度なんだけど...お祭り?って??青軸の香りが良かったようです...お汁粉のふるまいも...無料でいただいては申し訳ないほどのおもてなし。お賽銭を奮発しましょう [続きを読む]
  • Stifinner / Tone Hulbaekmo
  • 私にとって歌姫情報に疎いので、新譜が出ていたことを知らなかった。さっそく入手すると2枚組。現物を手にするまで気づかなかった。メインシステムではCD再生ができないので、パソコンか車で聴くのみ。楽しみ、楽しみ〜 [続きを読む]
  • スケールを貼付
  • 百均でゲットした巻き尺水槽の長さに切って貼付これなら、壁面に沿ってたたずむ際に体長を測定できる。今までは、メジャーを準備する間に移動されたりしていたから...正確ではなくても、目安には十分です [続きを読む]
  • 碧南海浜水族館と岩瀬文庫
  • 今日は暖かいときいていたのにな〜スクーターのスクリーンを大きめに取り替えたので、寒さは軽減されているはず...到着したのは碧南海浜水族館何度来ても楽しい施設です。日本でここだけというのが、ドラゴンズベビー小さいです...お次は西尾市岩瀬文庫初めての訪問。最近、古書、古文書に関わる機会が多かったので...陽だまりに春の予感? [続きを読む]
  • 岡崎城跡菅生川端石垣の現地説明会
  • 石垣の上部は、これまでもフツーに見ていたので、たしかに、下部の発掘は機会にしろ、大発見って感じはしない。資料の配布もあり。出土の品調査は工事現場で行われているため、普段は立ち入り禁止で、調査後にすぐに埋め戻すので、次は2月19日の公開を残すのみ。お時間のある方は見に行きましょう [続きを読む]
  • スクーターのセキュリティー
  • 前車は、ハンドルロックとともに、振動センサーによる警報音を装備。しかし現車に警報音はなく...警報音は、盗難抑止であって防止ではなくとも、車両から離れる際の安心感はある。盗難防止にゴッツイ対策をしても完ぺきではなく、同種車両のなかで、他車に比べて盗難の手間を増やすくらいがせいぜい。幸いにも、首都圏ほどの盗難被害件数ではない当地では、オーナーの安心感を高めることが重要かも。もちろん、それに対する手間 [続きを読む]
  • ギリシア考古学の父 シュリーマン
  • 名古屋市博物館で開催中。すみません、シュリーマンの名前は知ってましたが、考古学がギリシアなのかエジプトなのか、全く認識がなかったです。美術館、博物館のことに詳しくはないけど、説明文?例えば、蒲郡市の竹島水族館が手作りの説明が好評なように?展示品だけで見に来る人は専門家とかマニア。でも、大衆は娯楽、素人の見物、入門で訪れるのだから、展示にもストーリーや、エンターテイメントを期待する。最近は水族館や動 [続きを読む]
  • スクーターを更新
  • 6年が経過したスクーター。走行距離がもうすぐ2万キロ。かつてのスクーターは2万キロで故障したので、そろそろヤバイかなと、更新を検討。そもそも、乗り方が荒いのです。大切に乗れば、もっと寿命は長いはず。でも、壊れる前に更新したい...最後の雄姿(スズキ アドレスV125S)最初の雄姿(これからはヤマハ NMAX)パワーアップして装備も充実。でも、車体のサイズアップはいまいち。後席ライダ−の評価が良かったので、 [続きを読む]
  • 美術は...
  • 積雪ではバイクもウォーキングも楽しめない。なので美術館へ豊田市美術館で開催中は「切断して見る。二人の耕平」「浅野弥衛ーコレクションを中心に」芸術はパフォーマンス?だったら、鑑賞に訪れた人に居合わせたら、言葉くらい交わしても...先日の假屋崎さんは強烈だったなぁ...何を伝えたく、何が伝わったのだろう?それとも自己満足?分かる人だけわかればって...?続いては、岡崎市世界こども美術博物館で開催中はコ [続きを読む]
  • 雪...
  • 蒲郡で開催のJRさわやかウォーキングに向かうも、雪混じりの天候では、ウォーキングを断念。2週連続のラグーナとなるも、天候のせいか閑散としているので、いつもなら行列の店も店員に引かれて注文。これで500円は、どう考えても安い。そりゃ行列になるはず...テレビでも紹介されたとのこと。ランチのあとは温泉。雪の中での露天風呂も楽しい。景色は見通しが悪いけど。リラックスできました〜 [続きを読む]
  • 名フィル / 夫婦のドヴォルザーク
  • けっこう良い席でした。協奏曲は良かったけど、アンコールの独奏が良かった。最後の音の余韻に浸っていると、パン!っと一番手の拍手が現実に引き戻す。あと、1秒でも待っていて欲しかった。消え入る響きに耳を集中していたので、拍手が凄まじい音に聞こえて...大袈裟に言えば、グールドがコンサートからドロップアウトした心情を察せられます。本当に感動したときは、演奏が終わっても、会場はシーンとしたまま、聴衆は拍手も [続きを読む]
  • ラグーナを楽しむ
  • 蒲郡市のラグーナの湯これまで足湯しか楽しんでなかった。足湯は無料ってこともあるけど、男女を気にすることなく混浴できるし...でも、相棒が頸椎ヘルニアってことなので、少しでも癒されるよう温泉に入った。寒い時期なので露天で身体を冷やすと、けっこう長湯ができる。といっても、頑張っても1時間が限度。満足は10分で終わったし...昼食は、ラグーナに行ってランチ。海賊がテーマかな...今日は商業ベースに乗った [続きを読む]
  • 豊田市の昔?
  • 豊田市近代の産業とくらし発見館で開催中の「枝下用水130年史」展示を詳しく見て、西澤眞蔵が水神と祀られる意味がよくわかりました。心動かされる展示でした。次は、豊田市郷土資料館で開催中の「古い道具と昔のくらし」昭和以前の道具の展示。それよりも常設展に興味しんしん。最近は、地元の歴史に興味があるから...ランチはパスタたらこは、コレステロールに悪影響なんだけどな〜美味しかったです [続きを読む]
  • 成人式で大荒れ
  • 熱い世代?成人式って、そんなに意味があるの?成人式で暴れてやろうって、前々から考えて...成人式に対し、そんな重要性を感じ、楽しみ?にしているってどう?そういう人って毎年の誕生日や正月、クリスマスやバレンタインデー、学校の入学式や卒業式、運動会や学芸会とか、そういうのにそれぞれの意味を感じ、特別な日と思っているのでしょう。人それぞれだからいいんだけどー。成人式に何ら意味を感じず、出席するでもなく、 [続きを読む]
  • 巴川コース / 豊田市ウォーキングコース
  • この時期は色んな施設が休業で...ウォーキングの駐車にも困ります。巴川コース発着点のコミュニティセンター駐車場が入れないので、コース上で駐車できるところを探してのスタート。配水場水は欠かすことができないし、重力に従って下がるばかりだし...津々浦々?に住宅が作られる日本の水道って難しい?いや、それよりも人口密集のが難しいのかも。まぁ、あとは順不同で...当地は、船便の到着点で、ここから信州へ塩とか [続きを読む]