bmwk_rs さん プロフィール

  •  
bmwk_rsさん: オーディオのこと
ハンドル名bmwk_rs さん
ブログタイトルオーディオのこと
ブログURLhttp://bmwkrs.exblog.jp/
サイト紹介文マルチアンプシステムでオーディオを楽しんでいます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供125回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2011/08/15 17:39

bmwk_rs さんのブログ記事

  • 名鉄ハイキング / 艶やかに牡丹咲く萬徳寺と漬物三井コース
  • 名鉄ハイキングに、それほど参加しているわけではないけど、新コースって表示されると興味が沸きます。まずは植木まつり稲沢市は全国有数の植木の産地。でも、会場で購入したのは酒まんじゅうバイクでは、植木を持ち帰れないです。歩を進めると、牡丹寺?スマホのカメラでは...と、ヘタな写真の言い訳...ウォーキングで疲れた脚を足湯で癒す・・・蟹江の足湯は、湯がたっぷりで贅沢です [続きを読む]
  • 春の院展
  • 春の院展ってことで、名古屋の松坂屋美術館に行く。やはり、来場者の平均年齢は高いです。絵を趣味で描く人?株主優待の人?招待券持参の人?いづれにしろ、若者には無縁?松坂屋まで来たのだから、すぐ近くのGODIVAに立ち寄る。あま〜い、うま〜い。じゃぁ、ランチは辛く?矢場町の味仙。味仙は名古屋名物の一つ、台湾ラーメンの元祖。すっごくひさしぶり...あまりに久しぶりなので、私の記憶が違ったのか、昔は、もっとニンニ [続きを読む]
  • ん〜
  • 1月に購入したスクーターが、やっと1000km点検。3か月もかかりました。慣らしは終了だけど、これからも大人しく乗りたいな。安城市歴史博物館無料です。でも、興味深い展示。そういえば、先週は岡崎市美術博物館の展覧会に行ったことをブログにアップしませんでした。忘れたんだけど。「京都市美術館名品展 京の美人画100年の系譜」とのこと。各地を廻る人気展なんだろうね [続きを読む]
  • 掛川・新茶マラソンに参加
  • 初めてのフルマラソン。これまで、10km、ハーフ、トレランと参加したので、これでフルを走ったらもう大会参加はいいかな。今回も誘われるまま参加。現地まではバイク。さすがに雨のマラソン大会にバイク参加は少ない。給水所では水やスポーツドリンクに限らず、イチゴ、バナナ、メロン、オレンジ。戦国汁ってのもあり。完走してタイムは4時間半ほど...凡タイムですね [続きを読む]
  • 蓄音機を楽しませてもらう
  • 午後からの蓄音機コンサートには間があるので桜を楽しむ。カメラマンを気取るも、実力は伴わず...じゃぁ。蕎麦を食べよう。ちょっと間が開いて久しぶり。また、そば焼酎も呑みたいな。お目当ての蓄音機コンサートは、今回はクラシックにジャズ蓄音機の解説が電動紙芝居で...蓄音機がどうの、オープンリールのテープがどうの...言わない。方式ではなく、楽しめることが一番... [続きを読む]
  • フォノイコの音質は?
  • かつてCROWN IC150を入手したものの、手放す時に先方から不良の申し出。確認すると確かに不具合。先方には申し訳なくも返金。修理しての再販ではなく、改造を楽しむことにした。回路はシンプル。なので改造し放題。でも、フォノイコはオリジナルのまま。やがて、改造に飽きてフォノイコを独立させたものの、そのまま放置。IC150については、改造をしたりオリジナル偏重のショップの存在を知るも、自らの経験から、近寄ることはなく [続きを読む]
  • フォノイコ交換
  • フォノイコのQuadEight AM10オペアンプが故障のようで、オペアンプ交換まで、別のフォノイコにしよう。CROWN IC-150プリアンプのフォノイコ基盤を独立させたもの。電源は同プリアンプのトランスを使って、その昔に製作した窪田式。しばらく使わないと、眠りから覚めないかな。 [続きを読む]
  • 桜はまだです
  • 関東地方の桜は満開のようですが、こちらは、まだ開花程度。でも、桜にもいろいろとあって、河津桜はもう葉桜。丁度良いのは枝垂れかと、行福寺に向かう。ここは、2本の枝垂れ桜がいい感じに咲いている。それならと、岡崎公園に向かうも、まだ開花程度。でも、花見客はいっぱいでした。とりあえず、いちご飴を味わう。いちご飴とぶどう飴。露店らしい味わいでした。その後は、豊橋に向かいバスケットを観戦。アフロデー?昨日、百 [続きを読む]
  • 細いケーブル
  • 私って細いケーブルが好きなのかなぁ。自分で意識したことはないけど、モガミの細いのとか、ハイエンドホースやベルデンの細いのとか...外観の印象ばかりではないけど、細いケーブルはタイトな音の印象。決して低音が不足するってことではなく、音の核を現すって感じ。そもそも、それほどケーブルに熱中していないので、細いほうがジャマじゃなくていいし、安いしって...今回入手は、カプトンって絶縁材を使用のもの。メーカ [続きを読む]
  • ヘレンド
  • 愛知陶磁美術館で開催の「ヘレンド」が本日まで。リニモの早春ウォーキングとからめてと思うも雨。とりあえず、磁器を楽しむ。楽しんだけど、来館者でけっこうおしゃべりな人が何人もいて...静かに鑑賞してほしいなぁ。色々と知識を披露したり、同行者と感想や昔話を言い合いたいのかもしれないけど、シンとした磁器の美しさに、その磁器が歩んだ歴史を想い、作者、職人の緊張感を感じ...人それぞれの楽しみ方を否定しないけ [続きを読む]
  • お誕生会
  • お誕生会の前に碧南市の明石公園で遊ぶ。開園と同時に入園。さすがに人はまばら。アトラクションは100円なので安い。めぼしいものを楽しみ、早めのお弁当を食べると、昼にはけっこうな人出。場所を臨海公園に移し、テントでお昼寝。夕方からのお誕生会はカニ。私はカニ酒をいただく。香ばしくて旨い [続きを読む]
  • レゲエピクニック
  • 久しぶりに出向く早い時間の写真なのでガラガラに見えますが盛況でした。家族連れが多いのは趣旨通り。平和でいいです。一つ気になるのは、子供さんが大音量のスピーカーに近づくこと。そればかりか、バックロードホーンの開口に座らせて、親が写真を撮影したり...髪の毛も服も震える状況は楽しいかもしれないけど、子供さんの耳には良くないと思う...いや、それは古い考えで、小さい頃から大音量で耳をつぶすことで、さらに [続きを読む]
  • 例年通り?
  • 春は花を見に...と、毎年同じ行動なので、ブログに残すまでもないか...と、投稿をサボり気味...花の写真って、去年のも一昨年のも違いはなく...ランチなんて毎年どころか、毎月同じ店に通っているし...あぁ、違いといえば「梅まつり」の露店で「鮎せんべい」をゲットしたこと。「手焼き」だって。初めて食べたけど、なかなか旨い。ちゃんと鮎の味がしました。 [続きを読む]
  • アナログ・ディスク・シート AP-UD1
  • やっと入手。アナログレコード・ターンテーブルGMP-70のターンテーブルシート。発売当初に某所で試聴。GMP-70での有無の音質差は、同行者も驚くほど。その場で入手を思うも、販売員は煮え切らない先客の相手をして見向きもせず。わざわざ割り込んで求めるのもシャクなので、次の機会をと先延ばし。その後は、私の吸着ターンテーブルでは使えないなとか、DENONプレーヤーには銅製かなとか、中古で試せないかとか、そもそも、有無比 [続きを読む]
  • 梅まつり
  • 毎年ありますね、梅まつり。公園のノボリにも書いてあります。でも、梅まつりってなに?何かお祭りしてる?梅が咲いて、せいぜい屋台がある程度なんだけど...お祭り?って??青軸の香りが良かったようです...お汁粉のふるまいも...無料でいただいては申し訳ないほどのおもてなし。お賽銭を奮発しましょう [続きを読む]
  • Stifinner / Tone Hulbaekmo
  • 私にとって歌姫情報に疎いので、新譜が出ていたことを知らなかった。さっそく入手すると2枚組。現物を手にするまで気づかなかった。メインシステムではCD再生ができないので、パソコンか車で聴くのみ。楽しみ、楽しみ〜 [続きを読む]
  • スケールを貼付
  • 百均でゲットした巻き尺水槽の長さに切って貼付これなら、壁面に沿ってたたずむ際に体長を測定できる。今までは、メジャーを準備する間に移動されたりしていたから...正確ではなくても、目安には十分です [続きを読む]
  • 碧南海浜水族館と岩瀬文庫
  • 今日は暖かいときいていたのにな〜スクーターのスクリーンを大きめに取り替えたので、寒さは軽減されているはず...到着したのは碧南海浜水族館何度来ても楽しい施設です。日本でここだけというのが、ドラゴンズベビー小さいです...お次は西尾市岩瀬文庫初めての訪問。最近、古書、古文書に関わる機会が多かったので...陽だまりに春の予感? [続きを読む]
  • 岡崎城跡菅生川端石垣の現地説明会
  • 石垣の上部は、これまでもフツーに見ていたので、たしかに、下部の発掘は機会にしろ、大発見って感じはしない。資料の配布もあり。出土の品調査は工事現場で行われているため、普段は立ち入り禁止で、調査後にすぐに埋め戻すので、次は2月19日の公開を残すのみ。お時間のある方は見に行きましょう [続きを読む]
  • スクーターのセキュリティー
  • 前車は、ハンドルロックとともに、振動センサーによる警報音を装備。しかし現車に警報音はなく...警報音は、盗難抑止であって防止ではなくとも、車両から離れる際の安心感はある。盗難防止にゴッツイ対策をしても完ぺきではなく、同種車両のなかで、他車に比べて盗難の手間を増やすくらいがせいぜい。幸いにも、首都圏ほどの盗難被害件数ではない当地では、オーナーの安心感を高めることが重要かも。もちろん、それに対する手間 [続きを読む]