まるみ さん プロフィール

  •  
まるみさん: まるみのあっちこっち巡り
ハンドル名まるみ さん
ブログタイトルまるみのあっちこっち巡り
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/atikotimarumi
サイト紹介文野球、旅、映画、観劇、ミュージアム、グルメ、今日は何処かあっちこっち巡り
自由文時には歴女、時には鉄子、時にはただのミーハー。旅先から戻って即入院となっても懲りずに続ける旅。映画、音楽、読書、ミュージアム、遊園地、クイーン、グルメ、カフェ、西武ライオンズが大好き!!充実した日々を過ごすためには貪欲にいきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供494回 / 365日(平均9.5回/週) - 参加 2011/08/17 16:17

まるみ さんのブログ記事

  • 栗山選手の意地の一発には感動しましたが・・・
  • 前日のヤングレオ軍団ではなく、栗山選手、メヒア選手がスタメン。秋山選手を1番にもどすなど打順を変えてのぞみましたが、中途加入のライオンズ先発のファイク投手、少しは日本人の野球に慣れてきたのかと見受けられもしましたが、安心して観戦してはいられません。ファイターズ先発の上原投手もテンポが良くないので、これまたイライラがつのりました。選手もタイミングを合わせにくかったのかもしれません。ランナーを出すも得 [続きを読む]
  • にっぽん丸 別府花火と瀬戸内海クリスマスクルーズ 2日目のディナー
  • にっぽん丸のクルーズでの一番の楽しみはお食事です。美食の船の2日目のディナーは和食でした。前菜合鴨山椒煮 バイ貝旨煮 里芋田楽長芋 貝割れ大根 金魚草 柚子味噌椀物蟹身入り飛竜頭 銀餡大根 ほうれん草 百合根 銀杏 筍 椎茸 京人参お造り鰤の薄造り 花火風大葉 茗荷 生姜 万能葱 生山葵菊 ベルローズ デコポン酢小鉢サーモンと蕪の麹和え小松菜浸し今夜のおすすめから「にっぽん丸」福岡県の純米吟醸(一 [続きを読む]
  • 多和田投手2試合連続の完封勝利で2位と1.5ゲーム差
  • 不安定な立ち上がりのファイターズ先発上沢投手でしたが、徐々に調子を上げ、悔しいけれど三振、三振。4回、先頭の秋山選手に四球、山川選手が失投を見逃さず見事なレフトスタンドへの2ランホームランで先制札幌ドームと相性の良い多和田投手、9回裏の一発出れば同点と盛り上がる中でも中田選手をショートフライに抑え、平均13.4球、無四球で2試合連続の完封勝利は見事でした。そして、両チーム唯一の猛打賞は外崎選手。外野も [続きを読む]
  • にっぽん丸 別府花火と瀬戸内海クリスマスクルーズ  再び乗船
  • 別府駅から別府大学駅まで一区間だけ日豊本線に距離にして3.8kmだけ乗車します。駅名にもなっている別府大学へは西へ約800m山側に。まるみは、再びにっぽん丸に乗船するので東の海側へと進んで行きます。駅周辺は、ビルやマンションが並んでいました。 駅の約150m東で国道10号が日豊本線に並行し、別府駅に戻るように歩くことになります。にっぽん丸の姿が見えると早く戻りたいと歩く速度も増すようです。南国を思わせる上人ヶ浜 [続きを読む]
  • 6月30日以来の完封負け
  • 連勝している両チーム、そして、前日は両チームとも劇的なサヨナラ勝ちもしました。ホームゲームが続いているファイターズのほうが疲労は残していないだろうとライオンズを弁護しましょうか。初回に大谷選手が、さすがの先制タイムリー。野上投手の失投ではなく、大谷選手を褒めるべきものでした。この1点だけなら同点に追いつくこともできたかもしれません。しかし、6回の中田選手の2ランホームランは、この試合は諦めるしかな [続きを読む]
  • 11年ぶりの貯金20 今季最多得点で楽天に勝利!!
  • 後半戦の切り札、森選手復帰もうれしいけれど、ファンとしては永江選手の一軍登録はもっとうれしいです。そして、結果を残してくれました。2013年7月6日以来の2度目のホームランにタイムリー。この試合まさかの乱打戦になろうとは思ってもいませんでした。楽天は来日初登板となったコラレス投手が2回までに5点を失う乱調ぶり、ウルフ投手までもがピリッとせず4回に同点に追いつかれ、すぐに2点勝ち越すも5回にまたもや同点。 [続きを読む]
  • 東武鉄道下今市駅 「転車台広場・SL展示館」
  • 日光線と鬼怒川線が乗り入れている東武鉄道下今市駅。鬼怒川線の起点であり、SL「大樹」1号もこの下今市駅をスタートしていきます。2017年8月10日の「SL大樹」運転開始に合わせ、駅構内に「転車台広場・SL展示館」が2017年7月23日に正式オープンとなりました。転車台を使用したSL関連車両の入替え作業を間近に見ることができます。SL機関庫から「大樹」が出て来ましたよ。転車台(てんしゃだい)とは、車両の方向を変えるた [続きを読む]
  • てっぺんを諦めないライオンズ9回表で勝ち越し!!
  • パ・リーグ2試合が終了してからのプレイボール。上位チームが勝利しているので負けられないライオンズ。ファイーターズが負け、最下位脱出をかけていたマリーンズ。1カ月ぶりの登板となるファイフ投手初回、満塁のピンチを脱して、ヤレヤレ。2回表には炭谷捕手のタイムリーツーベースで1点先制。3回裏、ミスもあって角中選手が三塁打。タッチアップで本塁を狙うも秋山選手の好返球でアウト。リプレイ判定となるもあれでセーフ [続きを読む]
  • 今年一番のピッチング多和田投手が完封勝利!!
  • 初回のピンチを脱すると2回は三者凡退にした多和田投手。3回、金子侑選手のホームランで先制したライオンズ。かつてのライオンズの18番をつけた涌井投手とその背番号を引き継いだ多和田投手との対戦。勝利の女神は多和田投手に微笑んで、112球6安打で今季初の完封勝利、今年一番のピッチングでした。8回には、打率トップの秋山選手が22号の2ランホームラン。貴重な得点を涌井投手から挙げることができ、ライオンズの勝利に貢献 [続きを読む]
  • 悔しい逆転負けでついに連敗!!
  • 初回に前夜から2打席連続となる浅村キャプテンのホームランで2点先制したライオンズですが、2回裏、送球ミスでアウト2つ取れるところを1点を献上してしまうという結果に。3回には3打席連続となる浅村キャプテンのホームラン。ランナーを出すものの得点には結びつかず、流れをライオンズのものにできそうでできないでいたところ、5回ロッテのルーキー酒居投手を前に初めて三者凡退。流れをものにしたのはロッテ、5回裏に同 [続きを読む]
  • 6カード連続の勝ち越しならず・・・
  • 1回ホームランで先制されるものの栗山選手久しぶりのタイムリーですぐに同点に追いつき、3回またもやホームランで勝ち越されたライオンズ。その後は、両チームとも打てない、打てない、打てな〜い!!12球団一の防御率を誇るライオンズのエース菊池投手。そう簡単には打てるわけがないとは思いますが、ライオンズの強力打線も打てないのですからこのまま試合が終わってしまうのかと思っていたところ8回に浅村キャプテンの13号ホ [続きを読む]
  • 本日運行開始!! 東武SL「大樹」
  • 「2017年夏。半世紀の時を経て、SLが復活します!」(ポスターより)2017年8月10日、東武鬼怒川線でSL「大樹」運行開始SL復活は、鉄道産業文化遺産の保存と活用、日光・鬼怒川エリアの活性化、東北復興支援の一助となることを目的にした大事業。(野岩鉄道、会津鉄道を経て福島は近い)東武鉄道の各駅では、この「大樹」をアピールしたポスターが掲示されているようです。SL復活プロジェクトの始動は2年前。下今市駅構内 [続きを読む]
  • 相手のミスを誘ってオリックスに逆転勝ち!!
  • 今季オリックスには分が悪いライオンズですが、やはり実力はライオンズの方が勝っていると思える試合でした。今季2度目の登板というオリックス山田投手からなかなか先制点を奪えなかったのですが、ライオンズ打線を恐れるあまりか球数が多くなり、野手の集中力を次第に欠く結果となっていきました。ホームランで先制されるもののすぐに勝ち越し、相手のミスも誘い得点を重ね3点リード。4回裏、突如岡本投手がストライクが入らな [続きを読む]
  • 東武特急スペーシアで鬼怒川温泉へ
  • 前日予約した特急スペーシア「きぬ115号」は、満席で鬼怒川温泉へと向かいました。JR新宿駅と東武日光駅・鬼怒川温泉駅間を結ぶJR線直通特急としてもスペーシア車両が使われています。1,100mmの最大級のシートピッチでゆったり座れます。網ポケットの「るるぶFERRスペーシア」無料ですが、観光情報が盛りだくさんなうえにクーポン券までついているので目を通しておくと便利。ワゴンの車内販売もありますが、こちらで購入することも [続きを読む]
  • 投手陣崩壊オリックスに今季最多得点を許したライオンズ
  • 先頭打者ホームランを浴びた十亀投手が、5失点で3回にノックアウトと試合を作れません。中10日で登板のオリックス金子千尋投手も万全とは言えず、4回には1点差に迫り、打撃好調なライオンズ打線の逆転かと思いました。怪我人が戻り、機動力はないけれど重量打線の勢いを止めることができず、4回裏には満塁で代打小谷野選手が走者一掃のタイムリーツーベースで5点ビハインド。土井コーチがガルセス投手に声をかけにいったあ [続きを読む]
  • 西武第二球場にメヒア選手、森選手が登場!!
  • セミが大合唱の西武第二球場には、メヒア選手が登場。昨日、一軍登録を抹消され、所沢に残りました。第一打席は見逃し三振、第二打席はチャンスでセンターフライ。第三打席は四球、第四打席はファーストフライ。先頭打者ホームランで同点に追いついたライオンズ。今季ファームでは6号となる永江選手のホームランでした。昨年は守備率100%の永江選手は、守備でも中塚投手を援護。5回、呉選手の粘り勝ちのタイムリーで2点リード。 [続きを読む]