とびお さん プロフィール

  •  
とびおさん: うつと酒と小説な日々ー時々ホラー映画ー
ハンドル名とびお さん
ブログタイトルうつと酒と小説な日々ー時々ホラー映画ー
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tobiomasahiro
サイト紹介文躁うつ病を患い、酒に逃げながらも本を読み、ホラー映画や散歩を楽しむ孤独なおじさんの日記です。
自由文平成16年4月にうつ病を発症して12 年近く。 病気は躁うつ病に悪化しつつ、酒に逃げながらも日々小説を読み、書き、ホラー映画や散歩を楽しむ孤独なおじさん(とびお)です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供312回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2011/08/18 16:07

とびお さんのブログ記事

  • ちょっと一杯
  •   今日は世代の近い同僚4人で飲みに行くことになりました。 男女2人ずつ。 昔は仕事帰りにちょっと一杯ということがよくありました。  ちょっとじゃ済まないんですけどね。 なんでそういう話になったのか、よく分かりませんが、誘われたのでお受けしたというわけ。 面倒くさくはありますが、そういう付き合いも仕事の潤滑油。 楽しんで来ようと思います。 [続きを読む]
  • 失言
  •  今村復興大臣が、東日本大震災を、「まだ東北で良かった」と発言したのをきっかけに、辞任することになりました。 確かに首都直下型よりは被害が小さいかもしれませんが、あれだけの大災害に対して言うべきことではありませんね。 居酒屋で酔っぱらいながら、というのなら、思わず本音が出た程度で済みましょうが、公的な場では、本音であっても抑えなくてはいけない発言があるでしょう。 思えば過去、政治家による数々の失言 [続きを読む]
  • 落ち込む
  •   今日はひどく落ち込む日でした。 特に午前中は、机に向かっていても心ここにあらず、という感じで、よっぽど帰ろうかと思いましたが、月曜日を踏ん張ればなんとかなるのではないかと思い、一日、勤務しました。 当然、能率はまるで上がりません。 5月に迫った面倒な仕事が、私を落ち込ませているのか、それとも単なるバイオリズムのせいなのかは分かりません。 なんだかこの憂鬱、しばらく続きそうな気がします。 嫌に [続きを読む]
  • たまさか 西麻布
  •  昨夜は雨のなか、西麻布のたまさかという懐石料理の店で、17年来の付き合いになる女友達二人と会食しました。 上品な味の店で、量も少なめで、非常に満足しました。 少なめとはいっても、〆の炊き込みご飯、おかわりができたので、私よりは大食いの女友達二人も満足したようでした。 その後、歩けば10分ほどのバーに、雨のためタクシーで向かいました。 青山通りの裏道の地下にある、雰囲気の良い、静かな店です。 なんでも [続きを読む]
  • 小宴
  •  春と秋、古い女友達二人と私の三人だけで、都内で小宴を開いていることは、何度かこのブログで紹介しました。 もとはと言えば、千葉市内に住んでいた二人が、相次いで都内の機関に異動になり、引越していったため、そのお祝いに東京ステーションホテルで一杯やったのが始りです。  それが3年前。 なぜか半年に一度、小宴を開くのが常となりました。 なにしろ激務で鳴らした機関で一緒だったので、苦労をともにしたという思 [続きを読む]
  • 休暇
  •  今日は休暇を取りました。 ここ数日、なぜか分からない不安と憂鬱にかられているからです。 仕事をする気も起きません。 多分精神のバイオリズムが悪いほうへ向かっているのでしょう。 こんな時は休むに限ります。 今日はひたすら眠って過ごしました。 いつになったら平穏が続くようになるのでしょう? [続きを読む]
  • 立食パーティー
  •   昨夜は職場全体の歓迎会でした。 人数が多いので、立食形式。 立って酒を飲むのは疲れますが、日ごろあまり接触の無い部署の人々とも話ができて、良かったと思います。 会は19時半に終わり、20時には家に着きました。 しかし、ここからがいけません。 どうも飲み足りないと思い、焼酎のロックを2杯飲んでしまいました。 立食パーティーでもワインを結構飲んでいたらしく、おかげで今日は一日だるかったですねぇ。  [続きを読む]
  • 噴水の
  •   今日はぐんぐん気温が上がって、千葉でも25度を超えたようです。 高崎では驚異の30度超えとか。 桜もすっかり散ってしまい、早くも初夏を思わせる陽気です。 噴水の しぶけり四面(よも)に 風の街 石田波郷の句です。石田波郷集 (朝日文庫―現代俳句の世界)石田 波郷朝日新聞社 初夏を詠んで瑞々しいですね。 普段、平日は仕事が嫌で憂鬱な気分でいることが多いですが、柄にもなく、夏の匂いを感じて気分が良いよう [続きを読む]
  • 冬の伽藍
  •  小池真理子先生の「冬の伽藍」を読み終わりました。冬の伽藍 (講談社文庫)小池 真理子講談社 美しい背徳、激しい恋情、そして肉欲。 美しくも残酷な物語の世界に酔いました。 三年前夫を交通事故で亡くした28歳の悠子。 彼女は夫との思い出が詰まった東京を捨てて軽井沢の小さな診療所で薬剤師として働き始めます。 診療所の医師は、やはり三年前に妻を亡くした科目な義彦。 義彦は世捨て人のように、他人との接触を絶っ [続きを読む]
  • 桜吹雪
  •  今日は5月なみの暖かさながら、強い風が吹きました。 桜は今日が最後だろうと、近所の公園に花見に出かけました。 夕方、精神科の診察があるので、アルコールはなし。 おにぎりとゆで卵を作って、ペットボトルのお茶も買って、ご清潔なお花見です。 強い風のせいで、葉桜になりかけの花びらが、勢いよく散っていました。 まさに桜吹雪。 毎年のことですが、桜が狂い散るさまを見ると、あぁ、今年も桜を見ることができた、 [続きを読む]
  • 迷妄
  •  今年は桜をゆっくりと鑑賞する時間がとれませんでした。 先週末は桜は満開でしたが、土日ともあいにくの雨。 通勤の車から見る桜、早くも散り始めています。 今週末、散り乱れる花見を楽しむことができるでしょうか? 散る桜 残る桜も 散る桜 良寛はそう嘆きました。訳註 良寛詩集 (ワイド版 岩波文庫)良寛,大島 花束,原田 勘平岩波書店 桜は必ず散るもの。 短い文句のなかに、諸行無常を詠みこんだのでしょうか。 人 [続きを読む]
  • 北朝鮮とドンパチ?
  •   最近、トランプ米国大統領が、北朝鮮に対し、軍事行動を起こすのではないかという憶測が広がっています。 これは怖ろしいことです。 わが国及び韓国は北朝鮮のミサイルが届く距離。 ドンパチが始まったら、間違いなく被害を被るでしょう。 北朝鮮が異常な国であることは確かですし、あの体制が続くことは北朝鮮の国民にとって幸せなことではないでしょう。 経済制裁を続けても、平気な顔をしていますし。 しかしだからと [続きを読む]
  • ぽか休明け
  •   昨日休んだせいか、今日は変に忙しかったですねぇ。 しかも、なんとなく悶々としていました。 なかなかうまく仕事が回らなかったせいでしょう。 妙に疲れてしまいました。 週末までの3日が、異常に長く感じられます。 [続きを読む]
  • ぽか休
  •  今朝、なんとなく体がだるく、起き上がれなかったため、急遽休んでしまいました。 いわゆるぽか休ですね。 午後は元気になって、近所を歩き回りました。 桜が、見事に咲いていて、なんとなく、憂鬱になりました。 [続きを読む]
  •  土日二日とも雨でしたね。 マンションに閉じ込められて、クサクサさせられました。 ちょっとご近所を散歩するだけでも、外に出ると気分転換になるのですが。 ただし、昨日は車で江戸川区の実家を訪れました。 姪が高校に、甥が中学に入学したので、そのお祝いを届けに行ったのです。 高速を飛ばせば40分もかからない距離ですが、昨日はなんだか遠く感じられました。 これも雨のせいでしょうか。 うつ病患者は一般に雨が苦手で [続きを読む]
  • 隠れキリシタン
  •  先日、テレビで爆笑問題が隠れキリシタンの末裔を追った番組を見ました。 明治維新後、キリスト教禁教が解かれてから、隠れキリシタンは普通に教会に通うキリスト教徒になったのだと思っていましたが、驚いたことに、今もなお、昔ながらの信仰を保ち続けている人々が存在するそうです。 さすがに隠れる必要はありませんが、隠れキリシタンが信仰したというマリア像、観音様です。 また、墓石の上には小石がいくつも置いてあり [続きを読む]
  • 清明
  •  今日は二十四節気の清明。 暦どおり、暖かくて清々しい日でした。 仕事も珍しくはかどって、良い気分です。 こんな風に仕事ができればありがたいのですが。 [続きを読む]
  • 新年度
  •   新年度も2日が過ぎました。 どうしても仕事量は増えますねぇ。 26年目になりますが、慣れるということがありません。 桜を見ると、なんとなく憂鬱になるのは、職業病かもしれませんね。 なんとか4月を乗り切りたいと思います。 [続きを読む]
  •  朝のニュースで、東京は桜が七分咲きで、今日にも満開を迎えるかもしれない、と聞き、東京も千葉も大差ないだろうと、お昼過ぎに千葉市の桜の名所、千葉城へと向かいました。 車なので、酒は無しです。 行ってみると、ほぼ満開の桜が数本ありましたが、多くは五分咲き程度で、お花見気分にはなれません。 それでも、多くの人々が酒肴をそろえてシートにすわり、良い気分になっていて、その様は、酒さえ飲めれば花など二の次、 [続きを読む]
  • オールド・テロリスト
  •  今日から4月だというのに、冷たい雨が降っています。 せっかくの土曜日だというのに。 で、読書など楽しみました。 村上龍の長編「オールド・テロリスト」です。オールド・テロリスト村上 龍文藝春秋 簡単に言ってしまえば、歪んだ現代日本のシステムをリセットしようと、老人たちが過激なテロを繰り広げるというお話。 村上龍らしいといえばこれほどらしい作品はないでしょう。 抜群に面白いエンターテイメントに仕上が [続きを読む]
  • 年度終わり
  •  3月31日。 非常に慌ただしい日を過ごしました。 今日中に納品しなければ今年度の支払いが間に合わないため、納品ラッシュ。 検品だけで、かなりの時間を費やしました。 そして、年度末初日に起案しなければならない文書の作成。 朝一番で稟議にまわし、すぐに発送しなければならない文書がけっこうあります。 人間がなぜ働けるのかと言えば、締切があるからだとも言えるかもしれません。 そうでなければ、いつまでもぐ [続きを読む]
  • 愚か者
  •  午前中、いつものようにつまらぬ仕事に精を出していたら、なんだか何もかもが嫌になってしまいました。 用事があるといって、午後、休暇を取りました。 家にかえってひたすら眠り、起きて、風呂に入って、今、ウィスキーを飲んでいます。 私は本当に、社会に適応するだけで精一杯の、愚か者です。 [続きを読む]
  • 時間の無駄
  •   今年度もあと2日となりました。 私は異動がないので、あんまり変わり映えがしません。 ただ淡々と日々の業務に励んでいるだけです。 時折、なんとなく感傷的な気分になります。 もうじき25年を迎える私のお勤め生活。 それは壮大な時間の無駄だったのではないかと考えて。 人並みの生活を維持するために、やりたくもないことをやって過ごしてきてしまいました。 多分それは大方の人がそうなんでしょう。 飯を食うた [続きを読む]
  • 祝 稀勢の里優勝
  •  稀勢の里が2場所連続の優勝を果たしましたね。 12連勝後、13日目にけがを負うアクシデント。 14日目の鶴竜戦を見る限り、相撲がとれる状態では無いように見受けられました。 それが本割、優勝決定戦と、照ノ富士に連勝。 君が代が流れると、堪え切れず、稀勢の里が涙を流していました。 あの男泣きにもらい泣きした人も多かったのではないでしょうか。 大関から横綱に昇進するのに、ずいぶん苦労しましたしねぇ。 立派 [続きを読む]
  • つまらぬ
  •  雨の日曜日。 つまらぬDVDを観てしまいました。 大泉洋主演のゾンビ映画「I AM A HERO」です。 ゾンビを撃ちまくる爽快感だけのつまらぬ映画でした。 明日からの仕事を思い、よけい憂鬱になりました。 [続きを読む]