yotsuya05 さん プロフィール

  •  
yotsuya05さん: 極真空手 魂の雄叫びブログ
ハンドル名yotsuya05 さん
ブログタイトル極真空手 魂の雄叫びブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/yotsuya05/
サイト紹介文空手、武術を中心に思いのまま語るブログです。
自由文極真会館本部直轄四谷道場指導員やってます。
稽古風景、空手に対する思い、感じたことを
徒然なるままに語ってます(笑)
よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2011/08/20 06:27

yotsuya05 さんのブログ記事

  • 広島 ぶらり帰省の旅 2017
  • 今年の夏休みは、大学二年生の次女と広島に帰省の旅です。しかし、スタートからアクシデントが…。前日から痛めていた膝の具合が悪化し、歩くのもやっと…。何とか、飛行機で広島に着いたものの、足を地面に着くだけで激痛。実家に着くや否や、外科にて診療。膝に水が溜まっていたので、極太の注射器で約1本半、約60ccの水を抜き、アイシングをして、さらに松葉杖の練習までして、とりあえず終了。骨には異常なく、良かったものの [続きを読む]
  • 2017年東日本空手道選手権大会
  • 墨田区体育館にて、2017東日本空手道選手権大会が開催されました。昨年までは、全関東空手道選手権大会の名称で開催されていましたが、今年から、規模を拡大し、東日本大会となり、出場者数も増え、より一層、充実した大会となりました。我らが本部直轄杉村道場からも、多くの選手が出場し、日頃の成果を大いに発揮してくれました。福田純初段は見事、高校生2.3年の部で優勝です!本大会における杉村道場の入賞者は以下のとおりで [続きを読む]
  • 杉村道場 BBQ大会開催!
  • 埼玉県秩父にて、本部直轄杉村道場恒例のBBQ大会が盛大に開催されました。5月の爽やかな風を感じつつ、秩父の大自然のもと、四谷、飯田橋、熊谷、秩父、東松山の各道場の道場生、ご父兄の方々がたくさん集まり、懇親を深めました。今年は、A5ランク黒毛和牛も登場‼?杉村師範自らが焼いていただき、道場生に振る舞われました。大変、美味しくいただかせていただきました!ありがとうございます!美味しいお肉、お酒そして、大 [続きを読む]
  • 広島ぶらり旅inフラワーフェスティバル
  • 広島帰省二日目。昨夜は母の手料理に舌鼓。母に感謝!牡蠣、最高に美味かったです。さて、二日目。お昼から、広島のGW恒例のイベント、「フラワーフェスティバル」に繰り出しました。まずは腹ごしらえということで、やっぱり定番のお好み焼き!ふわふわ卵をトッピングしているのですが、ネギ大盛りで隠れてます(^^)しかし、味は最高です??広島に帰ってきたなぁ〜と実感。さて、フラワーフェスティバルでは、広島のメイン通り「 [続きを読む]
  • 2017年 春季昇級審査&昇段黒帯授与
  • 今日、日曜日、飯田橋道場にて、春季昇級審査が開催されました。少年部から壮年部まで、多くの道場生が受審し、また、ご父兄の方も参観もあり、道場内は熱気に包まれた中で進行されました。杉村師範から、折々に細かい指導をいただきました。まず、少年部には大きな気合いを出すこと。そして、それは相手に自分の意思を確実に伝えるためであり、心のスピード、心の準備をしておくことが大切であり、号令がかかった時、名前を呼ば [続きを読む]
  • 2017年 国際親善空手道選手権大会
  • 今日15日(土)は東京、千駄ヶ谷の東京体育館にて、2017年国際親善空手道選手権大会が開催されました。世界中から、約1500名の選手が出場し、組手、型の試合が繰り広げられます。子どもから壮年まで、あらゆるカテゴリー(一般組手を除く)の世界一を決める極真会館のビッグイベントの一つです。早朝から東京体育館の周辺には、長蛇の列が並び、大会の大きさを物語る光景でした。アップ場では、子どもから大人まで、所狭しと多く [続きを読む]
  • 第9回埼玉県空手道選手権大会
  • 今日は、埼玉県の駿河台大学体育館にて、第9回埼玉県空手道選手権大会が開催されました。開会式では、皆、緊張溢れる表情でしたが、やる気や熱気がビンビン伝わってきました。午前中は型の部、午後は組手の部が行われました。いずれも、普段の稽古の成果を存分に発揮し、大変素晴らしい試合の連続でした。我々、杉村道場生では、小学校6年生 型の部で、瀬上匠斗一級が見事に準優勝??おめでとうございます。あと一歩のところで [続きを読む]
  • 審判講習会 開催(本部直轄熊谷道場)
  • 本部直轄熊谷道場にて、黒帯以上を対象とした審判講習会が開催されました。今回は、昨年改定された新ルールの徹底と新規黒帯取得者の審判資格受験を兼ねた講習となりました。まず、審判入退場の作法、礼の仕方から始まり、副審の旗による様々な審判判定方法について、杉村師範より丁寧にご指導いただきました。続いて、全員がグループになり、実際に審判団入退場から、旗の上げ方を実践しました。普段、副審の経験がある道場生も [続きを読む]
  • 棒術稽古〜本部直轄熊谷道場〜
  • 今日は、小雪のちらつく中、本部直轄熊谷道場にて、杉村師範のご指導のもと、棒術稽古が行われました。棒術は、いわゆる武器術ですが、空手とは不可分の関係にあります。空手は沖縄を発祥とし、明治の世に日本に伝えられましたが、もともと武器を禁じられた琉球において、棒術は刀に対抗する手段の一つとして研究、発達されたもので、空手の技の中にも棒術の技が多く隠されていると言われています。(もちろん、日本独自で開発さ [続きを読む]
  • 2016年 稽古納め&大掃除
  • 今日、12/25は本部直轄四谷道場の稽古納め、そして大掃除でした。年の最後の稽古で少年部も一般部も気合いの入った大変締まった稽古となりました。稽古の後は、全員で大掃除!床マットをはがし、床から壁、ミットやサンドバッグはもちろん、トイレや下駄箱に至るまで、一年間、稽古をさせてもらった道場に感謝の念を持って、心を込めて、丁寧に掃除をしました。道場全てに感謝です。道場全てが綺麗になると、心も清々しく、洗われ [続きを読む]
  • 2016年 冬季昇級昇段審査!
  • 今日、12/18(日)本部直轄飯田橋道場にて、冬季昇級昇段審査が行われました。約50名の道場生が参加し、多くの道場生のご父兄の方々が見守られる中、道場内は熱気に溢れました。審査会は日頃の稽古の成果を確認する場です。皆、真剣な面持ちで臨みました。少年部は日頃の稽古どおり、気合いも大きく、大変素晴らしい内容だったと思います。一般部は4人の昇段審査受審者が、激しい気迫で臨みました。本日、昇段審査を受けた4人です [続きを読む]
  • 秩父 三峯山 冬の滝浴び稽古??
  • 今日、12/10は本部直轄杉村道場有志にて、極真空手の聖地、秩父、三峰山に赴き、滝浴び稽古を行いました。冬晴れに映える美しい山々…。耳が痛くなる寒さですが、これこそ絶好の滝浴び日和??全員で本殿参拝後、樹齢800年といわれる神木に触れ、パワーをいただきました。その後、大山総裁の記念碑の清掃を全員で行い、参拝。大山総裁に感謝の気持ちを捧げると共に、力をいただいた気持ちになりました。そして、三峯の滝まで移動 [続きを読む]
  • 2016武魂杯 開催
  • 今日は神奈川県武道館にて、武魂杯が開催されました。本部直轄杉村道場からも多数の道場生が出場しました‼?660名の選手が出場する大きな大会で、組手、型いずれの試合も大変盛り上がった大会となりました。勝利した選手、また一方で、残念ながら敗れた選手、様々でしたが、皆、全力を尽くして戦いました。本当にお疲れ様でした‼?勝っておごらず、負けて腐らず…。結果に一喜一憂することなく、今日の試合の結果を、どのように [続きを読む]
  • 剣持利夫 弍段 送別会開催!
  • 昨日、熊谷、東松山道場指導員の剣持二段の送別会が開催されました。剣持二段は、64歳で極真の門をくぐり、今年、77歳の喜寿を迎える杉村道場のスーパーマンのような方です。(ワールド空手より転載)このお歳で、というと失礼かもしれませんが、日々の稽古では、全く手を抜くことなく、一般道場生と同じメニューを、いや、それ以上に激しい稽古を課して、続けてこられました。正に毎日が空手中心の生活。自分が同じ年齢でも、 [続きを読む]
  • 杉村道場 演武会(富士見小学校にて)
  • 8/27(土)富士見小学校にて、杉村道場演武会が開催されました。杉村道場、約40名が参加し、飯田橋道場の地元の多くの皆さまに演武を披露いたしました。基本技から始まり、型、組手と普段の稽古の成果を十分に発揮できたと思います。少年部の道場生、一人ひとりが元気よく気合いの入った演武となりました。そして、最後は試し割り。白帯の少年部は、初めての試し割りとなりましたが、全員、正拳での板割りに成功しました。素晴ら [続きを読む]
  • 極真祭2016 in京都
  • アップが遅くなりましたが、8/19.8/20の2日間、京都府立体育館にて、極真祭が開催されました。極真祭は、一般男子組手部門以外の全てのカテゴリーの全日本選手権大会です。青少年、女子、壮年の組手そして型、全ての日本一を決める大会です。今年は、杉村道場から、6〜8歳型の部に新山結唯一級、35歳以上男子型の部に自分が出場しました。結果は、いずれも予選敗退となりましたが、次回に繋がる大会になったと思います。しっかり [続きを読む]
  • 暑いぞ!熊谷道場 空手&棒術
  • 今日は朝から、熊谷道場にて稽古!暑さで有名な埼玉県熊谷市。今日も最高気温、35度を記録し、夏真っ盛りです??熊谷道場の少年部の道場生は、元気が良くて気合いが入っていて、良いですね!基本、移動、型稽古に引き続き、最後の補強は、ダッシュ、アヒル歩き、カエル跳び、スパイダー、各々全員で競争。みんな大いに盛り上がり、頑張ってやり抜きました。来週はいよいよ昇級審査です。頑張れ〜??11時からは、一般部の稽古 [続きを読む]
  • 2016年 全関東空手道選手権大会
  • 昨日は、墨田区総合体育館で全関東空手道選手権大会が開催されました。関東は梅雨明けはまだですが、曇天を吹き飛ばす熱い闘いが繰り広げられました。本部直轄杉村道場から、たくさんの少年部、壮年部の選手が出場しました。結果は、壮年男子の部で三宅さんが見事、準優勝となりました。おめでとうございます??優勝まで、あと1歩ですね。さらなる稽古に励みましょう??残念ながら、入賞には至らなかった選手は、この結果を糧と [続きを読む]
  • 2016年 杉村道場 夏合宿
  • 7月9日〜10日の2日間に渡り、極真の聖地、秩父三峰山にて、本部直轄杉村道場の夏合宿が行われました。四谷、飯田橋、熊谷、東松山、秩父の各道場から、一般部から少年部まで、多くの道場生が集まり、大変活気の溢れる合宿となりました。秩父 三峰山の大自然は、心を洗ってくれます。霊気のようなものが感じられるようです。稽古の前には、全員で大山総裁の慰霊碑を掃除、そして参拝し、極真空手を学べることに改めて感謝しまし [続きを読む]
  • 極真会館杉村道場 恒例BBQ大会
  • 今年も杉村道場恒例行事のBBQ大会が、埼玉県秩父のネイチャーランドにて、開催されました。都心を離れ、緑と清流に囲まれた大自然の中に身を置くと、本当に心が洗われる気持ちになります。冒頭、杉村師範のご挨拶から始まり、続いて道場生で、かつ皆野町会議員の大塚さんから乾杯のご発声でスタートです。さぁ、BBQのスタートです??大自然のもとで食べるお肉とビールは最高ですね!道場生の皆さんも、本当に楽しそうです??( [続きを読む]
  • 飯田橋道場〜進化させる〜
  • 今日は久しぶりに飯田橋道場での指導でした。新たなルールが発表されて、従来の組手に、プラスオンをしなければならない技、逆に技あり、一本を取られないよう気をつけなければならない技など、稽古を通じて、色々と試行錯誤が続いています。ただ、自分の体感、そして道場生の動きを観ていると、パワーとスタミナ、手数に依存する組手から、より攻防の巧みさを問われる組手内容に変わってきているように感じます。一瞬の怖さ、間 [続きを読む]
  • 2016国際親善空手道選手権大会
  • 2016年4月16〜17日に渡り、東京体育館にて、国際親善空手道選手権大会が開催されました。世界各国から、約1500名の空手家が一同に集結し、老若男女が型、組手の各カテゴリーに分かれて、優勝を目指して、競い合います。下記の動画は、開会式にて、過去の世界チャンピオンが前に並び、フランシスコ・フィリョ師範の号令のもと、全員で基本稽古の模様です。壮観な眺めですね!本部直轄杉村道場からは、瀬上匠斗一級と自分の2名が出 [続きを読む]
  • 四谷道場〜稽古の両輪〜
  • 今日の四谷道場二部稽古には、7名のサムライ達が集いました。気合いのこもった良い稽古ができたと思います。日曜日に春季昇級審査が終わったばかりですが、皆、次の目標に向かって、稽古に邁進していました。素晴らしいですね!自分自身も、みんなが目標を持てるような稽古ができるよう、考えながらこのクラスを盛り上げていきたいと思います。たくさんの道場生の参加を待っています??……………………………………………さて [続きを読む]
  • 第8回埼玉県空手道選手権大会
  • 本日、岩槻文化公園体育館アリーナにて、第8回埼玉県空手道選手権大会が開催されました。杉村道場からも多くの道場生がエントリーし、この日に向けて、道場生一人ひとりが懸命に稽古を積み重ねてきました。その結果、見事に9名の選手が入賞しました!入賞者の方々は、以下の通りです。〈組手の部〉壮年40歳〜44歳上級 優勝  三宅講太郎壮年40歳〜44歳初級 優勝 斉藤剛史壮年45歳以上初級     優勝  阿部剛 [続きを読む]
  • 四谷道場〜大会の意義
  • 今日の四谷道場二部稽古は、埼玉県大会出場選手3名を含む、7名の道場生が参加。やはり、目の前に大きな目標があると、目の輝きが違います。それに連動するように、出場しない道場生にも、気合いが伝わり、緊張感のある良い稽古となりました。スポーツの大会では「参加することに意義がある」、などとよく言われますが、自分はこう考えています。これは、単に出場すれば良いとか、経験を積むことが大切、というものではなく、大 [続きを読む]