とらとら さん プロフィール

  •  
とらとらさん: 平穏な日常
ハンドル名とらとら さん
ブログタイトル平穏な日常
ブログURLhttp://toratora35.blog78.fc2.com/
サイト紹介文映画・本などの感想をだらだらと書きなぐっております
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供548回 / 365日(平均10.5回/週) - 参加 2011/08/21 00:55

とらとら さんのブログ記事

  • 【映画感想】エージェント・スティール
  • ジョナサン・ソボル監督、2013年カナダ・アメリカ映画。カート・ラッセル主演。弟に裏切られ投獄されたカート・ラッセルが、再び弟と組んで史上最高の価値を持つという本の強奪を企てるというクライムアクション。ラストの、全てが明かされる爽快感はなかなかのもの。見事な復讐劇になってます。だけど、そこに行くまでの展開が地味過ぎて、伏線も印象に残ってないくらい。美術品の鑑定がざっくりしすぎてるでしょ。結局は信用 [続きを読む]
  • 【本感想】ヘダップ!
  • 三羽省吾著。JFLに入団した高卒サッカー選手の青春ドラマ。新たな方向性を打ち出して、チームがごたごたしていく様が面白い。トップカテゴリーでも選手個々の意識の持ちようには差があるけど、アマチュアも混在するチームではなおさら。その違いが鮮明になってぶつかっていく過程が生々しくて楽しいですね。過去が明らかになった後、もっと世間的に騒ぎになっても良かったのに。相手チームのディフェンダーとの関係も、もう少し深 [続きを読む]
  • 【スポーツ感想】W杯アジア最終予選・日本対タイ
  • タイのレベルが想像以上に高かったです。が、結果は日本の完勝。決定力の差が大きかったです。タイの試合運びを見ていると、なんか、今期のサンフの試合を見ているような印象。なんとなくチャンスっぽいものは作れるものの、決定的というまでには崩せず。ようやくつかんだ決定機も決めきれず。で、相手には一発で決められてしまう、と。シンパシーを感じて終盤はタイを応援してしまいました。 [続きを読む]
  • 【映画感想】俺はまだ本気出してないだけ
  • 福田雄一監督、2013年日本映画。堤真一主演。中年無職のシズオが、思い立って漫画家を目指す姿を描いたコメディ映画。思った以上に原作の雰囲気は再現されてました。まあ、どれだけ崩しても元が堤真一なので許容できるってのはありそう。実際にシズオビジュアルであの言動をされると、見ていてイラッとするかも。ラストは、なんなんでしょうね。未完の作品を途中で映像化するならともかく、わざわざこの原作を映画化したいと思 [続きを読む]
  • 【映画感想】鴨川ホルモ―
  • 本木克英監督、2009年日本映画。山田孝之主演。妙なサークルに勧誘されたことをきっかけにオニを使役する戦いに巻き込まれていくファンタジー映画。ノリは「ごっつええ感じ」の不条理なスポーツコントって感じ。国歌斉唱とかしそう。オニの造形はいまいち。最初の時点からオニがいたっていうラストもピンとこないし。いっそ見えない方がシュールで面白いかも。 [続きを読む]
  • 【本感想】スキン・コレクター
  • ジェフリー・ディーヴァー著。リンカーン・ライムシリーズ。入れ墨に固執していると見せかけてのミスリードはなるほどって感じだけど、全体的に小粒という気もします。ウォッチメーカーはもういいよ、せっかく決着付けたのに。でも、ライムの態度を見てると、シリーズが続く限り引っ張りそうな雰囲気ですね。新しい宿敵を作りだすほどのテンションはもうないんだろうか。 [続きを読む]
  • 【本感想】スティグマータ
  • 近藤史恵著。サクリファイスシリーズ。ドーピングで追放されたかつての王者が復帰するという話。真意を巡る疑心暗鬼の一方でレース展開は相変わらずの白熱した描写で楽しめました。最後はちょっと唐突な感じがしないでもないです。あれほどの準備をして成し遂げたかった思いを独白して欲しかったですね、崖の上とかで。なんか同僚の妹に関するミスリードがあった気がしたけど、回収されずに終わったような。次に引くのかな? [続きを読む]
  • 【スポーツ感想】W杯アジア最終予選UAE対日本
  • ピッチ狭くするとか、あるのかよ。それで有利になるのか、不利になるのかって判断も難しい気がするんだけど。結果的に距離が近かったからパス回しにリズムが出たってこともあったかもしれないし。2点目の今野は理想的なプレーだよね。うちのボランチも、あそこに顔を出してくれないと。その前にトップにボールが収まらないからなぁ。 [続きを読む]
  • 【映画感想】奇跡のリンゴ
  • 中村義洋監督、2013年日本映画。阿部サダヲ主演。不可能と言われた『無農薬リンゴ』の栽培に成功した農家の実話を描いたドラマ。感動のストーリーというテンプレにリンゴ栽培の実話を挿入したって感じの手堅い作り。機械いじりを失敗する演出はちょっとイラッとしたけど。心が壊れて気に話しかけるシーンが印象的。でも実際はもっとぶっ飛んだ壊れ方をしている人らしいです。「一つのことをやり通せば、答えが見つかる」ってテ [続きを読む]
  • 【本感想】恋せよ魂魄
  • 仁木英之著。僕僕先生シリーズ。なんか、王弁が薬師という域を超えて仙人のような存在に。隔世の感がありますね。そして、物語的にもラスボス戦間近という雰囲気。ここから更に新しい展開に持ち込むよりは綺麗にまとめてほしいところ。 [続きを読む]
  • 【本感想】池魚の殃
  • 椹野道流著。鬼籍通覧シリーズ。かなりの中断期間を経ての再開だけど、雰囲気は変わらず楽しめました。暗闇での出来事を茶化すところとか。法医学的な場面が少なすぎる気がします。犯人の動機にもいまいち納得感が湧かずじまい。主体的に律するのならともかく、そこまで要求するものかって気がしないでもないです。 [続きを読む]
  • 【スポーツ】Jリーグ・札幌対広島
  • 珍しく立ち上がりから積極的に仕掛けて理想的な展開に持ち込むものの、そこで得た決定機を工藤が外す。カウンターからの決定機をフェリペがポストに当てる。札幌の先制点も、体を前に入れ切れなかったのが悪いとはいえ、逆の判定でも不思議ではないプレー。流れが悪い、で片付けちゃいけないけど、流れが悪いとしか言いようがない。上手くいった部分もあったけど、結果勝てなかったためにそこも含めて見直していかざるを得なくなる [続きを読む]
  • 【スポーツ感想】セリエA・ユベントス対ミラン
  • 時間が時間だけに文句の一つも言いたくはなるけど、あれは取られても仕方がないでしょう。っていうか、その前のバッカのも取られてても不思議ではないし。ただ、退場がなかったらそのまますんなり終わったかな、とか未練たらたらです。ドンナルンマはちょっとものが違うという感じ。早くオーナー問題を解決しないとヨソに持ってかれそうで怖い。ベンチ入りしてるのに出てこないって、スソは何かのトラブルでしょうか。これでスソが [続きを読む]