とらとら さん プロフィール

  •  
とらとらさん: 平穏な日常
ハンドル名とらとら さん
ブログタイトル平穏な日常
ブログURLhttp://toratora35.blog78.fc2.com/
サイト紹介文映画・本などの感想をだらだらと書きなぐっております
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供517回 / 365日(平均9.9回/週) - 参加 2011/08/21 00:55

とらとら さんのブログ記事

  • 【本感想】悲報伝
  • 西尾維新著。伝説シリーズ。悲恋のスペックがチートすぎるような気がしないでもない。今後、上手く動いていくのか心配になるレベル。身もフタもなさ過ぎてカタルシスには欠けますね。そもそもこのシリーズにカタルシスなんか求めるなよ、という話なんだけど。 [続きを読む]
  • 【ニュース】カープ、2連覇達成
  • ジョンソン不調、中崎不調、誠也離脱というマイナスが、ほとんど影響を感じないレベルに止められる選手層が勝因か。ほとんどバスケの強豪みたいな感覚で、プレイオフからが本番という状態ですね。今後二,三年は優勝争いまでは計算できるっていうだけの戦力が整ってる気がする。とか言ってると、ヤクルトみたいなことになるから、気を抜いちゃだめだけど。今年は、エルに背負われてる誠也がほっこりポイントでした。 [続きを読む]
  • 【映画感想】ウルヴァリン:SAMURAI
  • ジェームズ・マンゴールド監督、2013年アメリカ・オーストラリア映画。ヒュー・ジャックマン主演。ローガンが戦時中に助けた男の求めに応じて日本を訪れる、という『X−MEN』スピンオフシリーズ第2弾。ミュータントの能力を使ったアクションはほぼなく、『X−MEN』シリーズとしての面白みはいまいち感じませんでした。予知っていうのも、ミュータント絡みではなさそうだし。どちらかといえば『ニンジャスレイヤー』のスピンオ [続きを読む]
  • 【ドラマ感想】Xファイル2016
  • 伝説のドラマが、リブートではなく、まさかのオリジナルメンバーでの続編で復活。そりゃ、モルダー疲れてるよなぁという年代になってます。好きなドラマだったけど、正直今更って感じは否めないです。と思ってたら続編が決定したそうで、好評だったんでしょうか。ぶっちゃけ、Xファイルのテーマを聞いても都市伝説の方が思い浮かぶんだけど。 [続きを読む]
  • 【映画感想】モンパルナスの灯
  • ジャック・ベッケル監督、1958年フランス映画。ジェラール・フィリップ主演。画家モディリアーニの人生を描いたドラマ。モディリアーニの話なんだけど、画商の印象しか残らない。結構ひどい話だと思うんだけど、これ実話なんでしょうかね。何らかの罪に問えるのではって感じですけど。CМは許せないけど投げ売りは仕方ないという感覚がよく分かりません。そこが芸術家としての感性というものか。ここまで売れてないのに、そこ [続きを読む]
  • 【映画感想】清須会議
  • 三谷幸喜監督、2012年日本映画。大泉洋主演。とにかくキャラクターが個性的でいいですね。秀吉・勝家・恒興がぶっ飛んでいて、類型的な長秀が逆に際立って見えます。彼らが好き勝手やっているので、物語としてはやや冗長に感じる部分もありました。ビーチフラッグはいらないのでは? [続きを読む]
  • 【スポーツ感想】セリエA・ミラン対カリアリ
  • 内容的にはカリアリの方がよかったかもしれないけど期待感を抱かせる試合だったと思います。何より、勝ったしね。ミスからの失点はあったけど、ビルドアップは格段に安定した印象。このベースがあればシーズン通してそこそこの戦いはできそう。致命的なミスはあったけど、ケシエの推進力も魅力です。ただ、結局は、最後の局面でどうやって崩すのか、ということが問題になってくる。この試合の左サイドは正直ガッカリなレベルだった [続きを読む]
  • 【映画感想】わが青春に悔なし
  • 黒澤明監督、1946年日本映画。原節子主演。戦争に向かう時代の中で信念に基づいて生きる女性の姿を描いたドラマ。黒澤監督ということで見てみたものの、思想的な話には興味が沸かず。一心に穴を掘り続けるシーンが、妙に色っぽくて印象に残りました。 [続きを読む]
  • 【映画感想】アメリカン・ハッスル
  • デヴィッド・О・ラッセル監督、2013年アメリカ映画。クリスチャン・ベール主演。70年代に実際に発生した収賄スキャンダルを基にしたドラマ。いきなりのヘアセットでガッチリつかまれました。クリスチャン・ベールって気付かなかったくらいです。彼に限らず、とにかくキャラが濃ゆい。FBI捜査官の自己中心っぷり、上官に対して切れるシーンが凄い。フォーク准将に匹敵する逸材ですな。夫をマフィアに売って、結果夫が打開策 [続きを読む]
  • 【本感想】VS.こち亀
  • アンソロジー。こち亀と人気作品とのコラボ。世界観の幅でいうと原作の方がぶっ飛んでたりするので、どんな作品でも対応できそうだけど。キャラクターがらしくないって感じるものが多かったですね。特にミステリとの相性が悪かった気がします。『ガルパン』は、本編(もちろんこち亀の)に入っていても違和感がないエピソードで面白かったです。 [続きを読む]