近藤駿介 さん プロフィール

  •  
近藤駿介さん: 近藤駿介 In My Opinion
ハンドル名近藤駿介 さん
ブログタイトル近藤駿介 In My Opinion
ブログURLhttp://opinion21c.blog49.fc2.com/
サイト紹介文金融市場で20年以上の実戦経験を基に、教科書的解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えする放談Blog。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供153回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2011/08/21 15:31

近藤駿介 さんのブログ記事

  • 支持率急落に見舞われた安倍内閣の処世術
  • 「財務省が17日発表した7月の貿易統計速報(通関ベース)によると、輸出額は前年同月比13.4%増の6兆4949億円だった。8カ月連続で前年同月を上回った。米国向けの自動車や自動車部品が堅調に伸び、けん引役になった。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は4188億円の黒字。…(中略)… 米国のトランプ大統領が問題視する日本の対米黒字額は9.1%増の6470億円で、2カ月ぶりに増えた」(17日付日経電子版 「7月輸出額13.4%増の6 [続きを読む]
  • 「総理の人柄」を如実に表した記者会見
  • 「安倍晋三首相は3日の内閣改造・自民党役員人事を終え、首相官邸で記者会見した。冒頭、学校法人『加計学園』の獣医学部新設を巡る疑惑や防衛省の南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題などについて陳謝した」(3日付日経電子版)内閣改造・自民党役員人事を終えた安倍総理が首相官邸で記者会見をした。その冒頭で、加計学園問題や日報問題について異例ともいえる謝罪をし、国民に向かって頭を下げた安倍総理。表面的には [続きを読む]
  • 女性が目立ち過ぎた日 〜 約1年で期待を裏切った女性議員達
  • 田中元総理が逮捕されてから41年目の7月27日は、女性政治家が最も目立った日として語り継がれることになるかもしれない。「人気」と「知名度」を期待されて代表に就いた元クラリオンガール、元キャスターの蓮舫氏は1年足らずで辞任に追い込まれ、昨年の選挙で参議院議員となった元アイドル歌手のシングルマザー議員は、当選から1年余りで自分に代わる新たなシングルマザーを生みねない不倫騒動を起こし支持者の期待を裏切った。選 [続きを読む]
  • 一議員に戻り、衆院鞍替え白紙
  • 「一議員に戻ります」(27日付朝日新聞デジタル「民進・蓮舫代表、会見で辞意 『一議員にもどります』」)次期衆院選に東京の小選挙区でくら替え出馬することを表明したことだし、多くの国民は「一国民」に戻ることを期待したはず。にもかかわらずこの期に及んで衆院への転出については「一度立ち止まります」。「一議員」なら参議院で構わないという態度では覚悟が疑われる。「我が党には経験のある人、志の常にある人、すばらし [続きを読む]
  • 安倍総理 「大差の判定負け」 〜 勝者なき閉会中審査
  • 安倍総理は何を慌てていたのだろうか。「1月20日」の矛盾点を突かれて平常心を失ってしまい、これまで鼻であしらってきたお得意様の蓮舫民主党代表との論戦で完全に一本取られる格好になってしまった。別に「加計ありき」自体が悪いわけではない。加計学園が所定の基準を満たし、公平、公正なプロセスで選ばれたのであれば…。しかし、総理の慌てぶりや、総理のお気持ちを忖度しているはずのキーパーソンたちが集団記憶喪失になる [続きを読む]
  • 日銀新審議委員就任 〜 イエスマン多くして船山に登る
  • 「『足元の景気回復は金融緩和の一つの成果だ』とこれまでの日銀の取り組みを評価した。その上で 『(2%の物価目標を掲げた)政府との共同声明のもとで、できる限りのことをやるというのが日銀の唯一かつ最大の使命』 と強調した。金融政策を正常化する際の出口政策への説明を求める声に対しては 『時期尚早』 とした。」(25日付日経電子版「鈴木・片岡日銀審議委員 なんとしても物価目標達成」)こりゃダメだ。結果が出ない「 [続きを読む]
  • 白鵬通算1047勝達成 〜 大記録かもしれないが…
  • 白鵬が得意の激しい張り手を繰り出しで歴代1位タイの通算1047勝を達成したようだ。記録だけを見ると大記録、大横綱なのかもしれない。しかし、相撲の内容がそれに相応しいかは意見の分かれるところ。もともと神事でもある相撲。厳しさは必要だが、相手を痛めつけるかのような激しさが必要だとは思わない。大記録かもしれないが、個人的には素直には祝福できないし、大横綱と尊敬する気にもなれない。 [続きを読む]
  • 歪められた金融政策 〜 日銀物価目標達成先送り
  •  日銀は20日まで開いた金融政策決定会合で、物価上昇率が安定的に2%に達する時期について「19年度ごろ」とし、従来予想から1年先送りすることを決めた。先送りは、2013年4月に異次元緩和を始めて以来、6回目となる。物価が上昇に向かうシナリオは維持されているとし、追加的な金融緩和策は打たず、物価動向を見極める」(20日付日経電子版「日銀、物価2%目標19年度ごろに先送り 緩和策は維持」)当初2年程度で「2%の物価 [続きを読む]
  • 金融政策を「決められるFRB」と「決められない日銀」との大きな差
  • 「セントラルバンカーの発言はなぜ理解しにくいのでしょうか。わざと真意をつかみにくいことを言って市場参加者の関心を集め、存在感を高めようとしているのでしょうか。その可能性も否定はできませんが、もっと大きな理由があります。重要なのは、中銀の情報発信のわかりにくさは、経済・物価情勢が不透明なことの反映であるという点です」(16日付日経電子版「イエレン、黒田… 中銀トップ発言なぜ曖昧?」)イエレンFRB議長の [続きを読む]
  • 驚くに値しない「中国国営企業に蔓延る財務不正」
  • 「日本の会計検査院に当たる中国審計署が最近公表した主要大手20社の調査結果によると、9割に当たる18社で不正計上が発覚し、売上高の水増しは過去数年で計2001億元(約3兆4千億円)に上った」(12日付日経電子版)中国国営企業の間で財務不正が横行していることが明らかになった。しかし、「金融機関に融資を申し込んだ企業経営者。融資を断られると『じゃ、こっちの財務諸表ならどうですか?』と別の書類を出してくる」という中 [続きを読む]
  • どんな「結果を出す」ことを目指した内閣改造なのか?
  • 「結果を出せるしっかりした体制を速やかに整える必要がある」(9日付日経電子版)これまで「決められる政治」を標榜し、必ずしも国民の望まない「結果」を出し続けて来た安倍総理がどんな「結果」を求めて内閣改造を行おうとしているのか、それが問題。「反省」という言葉を口にしても「何を反省しているのか」については一切触れず、「結果」を口にしても「どんな結果を求めているのか」を全く説明しようとしない安倍総理。こう [続きを読む]
  • 「30」未達 〜「歴史的偉業」と「歴史的大敗」
  • 藤井4段のデビューからの連勝が「30」で止まったが、29連勝は輝きを失うことのない「永遠に不滅です」と言える立派な記録。一方、都議会議員選で予想をはるかに上回る歴史的大敗を喫し「30」議席にも届かなかった自民党。29連勝しても謙虚な姿勢を貫いた藤井4段に対して、主要国政選挙に4連勝したことで傲慢不遜な態度をとり続けた安倍総理との差が出た格好。「他の政権よりよさそう」という消極的理由で支持されて来たことの弱 [続きを読む]
  • 「資質を欠いた防衛相」が35回繰り返した「誤解」
  • 「私としては、防衛省、自衛隊、防衛大臣としてお願いするという意図は全くなく、誤解を招きかねない発言であり、撤回をしたということであります」「誤解」という言葉を35回も使い、問題を「防衛大臣としての資質」から「真意が伝わらない表現を使ったこと」にすり替えようと必死に弁明を繰り返す稲田防衛相。しかし、防衛大臣は国家存亡に関わる極めて重要な指示を自衛隊に出す立場にある。こうした立場にある防衛大臣に必要な資 [続きを読む]
  • 誤解しようもない稲田防衛相発言 〜 安倍総理に忍び寄る「女難の相」
  • 「誤解を招きかねない発言があった。撤回したい」。稲田防衛相は27日、東京都板橋区で開かれた都議選の自民党候補を応援する集会で「防衛省・自衛隊、防衛相、自民党としてもお願いしたいと、このように思っているところだ」という、自衛隊の政治利用で行政の中立性を逸脱したとも受け取られかねない発言についてこのように述べた。しかし、ここまで行くと「誤解を招きかねない発言」ではなく「誤解しようもない完全なOUT!な発言 [続きを読む]
  • 「いいオタク輩出」で「男子御三家」に復活?
  • 「『いいオタク』 を輩出してきた武蔵。異色校長による復活の序曲が響き始めている」(24日付日経電子版 〜 いいオタク輩出 「男子御三家」武蔵、復活の序曲)久しぶりに母校に対する好意的な記事が掲載された。これまで嫌というほど「御三家の落ちこぼれ」という印象操作をする記事を見せられ「武蔵の落ちこぼれ」だった小生も悔しく思っていたが。「では武蔵とはどんな学校なのか。1922年、日本初の私立7年制高校として誕生した [続きを読む]
  • 早稲田大学エクステンションセンター八丁堀 夏講座
  • 来月8日(土)から早稲田大学エクステンションセンター八丁堀でスタートする「世界の出来事を通して学ぶ金融・経済」(90分×4回)。当初募集定員に近付いたことで、定員を50名に増やして募集中です。トランプ政権やFRB、日銀の異次元の金融緩和等々、メディアで報道されている旬なテーマを通して、金融経済、資産運用に関するお話をする講座です。ご興味をお持ちの方は早稲田大学エクステンションセンターのHPをご覧ください。 [続きを読む]
  • 謝罪したという「印象操作」をするための総理記者会見
  • 「『印象操作』のような議論に対して、つい強い口調で反論してしまう。そうした私の姿勢が結果として政策論争以外の話を盛り上げてしまった。深く反省している」野党の追及を「印象操作」と暗に批判しつつ、総理が国民に謝罪をしているという「印象操作」をするための記者会見だった。「二転三転した形となり、長い時間がかかることとなった」国民が安倍総理に不信感を強めたのは、「長い時間が掛かった」ことではなく、何の調査も [続きを読む]
  • 祝、日本郵政、野村不動産HD買収白紙へ
  • 「日本郵政が検討していた野村不動産ホールディングスの買収交渉が白紙になる見通しとなった。不動産事業の強化をにらみ、野村不の開発ノウハウを取り込もうとしたが、条件面で折り合えなかったもようだ。直近では日本郵政による野村不の資産査定の手続きが止まっていた。日本郵政は買収で郵便事業の低迷打開を狙ったが、新たな対策を迫られる」(17日付日経電子版「日本郵政の野村不買収が白紙に 条件折り合わず」)よかった、何 [続きを読む]
  • オプション取引講座開催のお知らせ
  • 株式会社ゴゴジャンからお声がけを頂き、7月15日(土)に久しぶりに「オプション取引講座」を開催します。オプションを使って売買益を稼ごうというノウハウを提供する書籍やセミナーは数多あります。当セミナーはそうしたものとは一線を画し、取引の基本からプロの投資家がオプション取引をどのように捉えているのか、オプション取引を資産運用にどのように取り入れるのか、オプションなどデリバティブ取引が現物市場にどのような [続きを読む]