murasakisumire さん プロフィール

  •  
murasakisumireさん: ささえあい、ともにいきる☆金平糖のブログ
ハンドル名murasakisumire さん
ブログタイトルささえあい、ともにいきる☆金平糖のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/konpeitou-pal/
サイト紹介文「できる時に、できる事を、無理なくちょこっと」を合言葉に、支え合う社会を夢見る金平糖のブログです
自由文乳がんと告知され(2009年3月)、無我夢中で手術、放射線治療を終え、ふと気が付くと、頭の中は再発の不安でいっぱい。その時出会った、乳がん体験者コーディネーターの講座。そこは、私にとって、同じ病の人とのおしゃべりの場。心安らぐ一時でした。そして2011年秋、ピアサポートとタオル帽子を作る活動を始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供171回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2011/08/22 11:14

murasakisumire さんのブログ記事

  • ケアグッズ作りin船橋
  • 4月25日、ケアグッズ作りin船橋を開催しました。参加 6名(内1名は、タオル帽子講習)今年度初めてのケアグッズ作りin船橋。今週末のアートフリマに出展予定の「ガテン系ケア帽子」の作り方の説明を行いました。ガテン系ケア帽子は、手ぬぐいを使って作る帽子です。ネットで公開していた作り方で作ります。が、基本、手ぬぐいを使います。手ぬぐいって、裏表がないのです。が、手ぬぐいを購入していては、金平糖の予算がもたぬ"(- [続きを読む]
  • 4月21日 てぃーてらす☆お茶っこ片手に
  • 4月21日「てぃーてらす☆お茶っこ片手に」開催しました。利用された方 4名スタッフ2名、ボランティア1名、セラピーボランティア2名4月のセラピー、足揉みとアロマ。利用された方は、以前金平糖の「ケアともトーク」に参加した方や、ご家族のことでちょこっと聞きたいことがあった方などでした。ちょこっと聞きたいこと、誰に聞けばいいかわからない事・・・介護や病気、子育て中には、そんなことが一杯あります。私もありまし [続きを読む]
  • 明日は「てぃーてらす☆お茶っこ片手に」の日
  • 明日(4月21日)、JR鎌取駅徒歩10分「みんなの広場」、10時半〜15時病や介護に向き合う人が、ほっと一息つける場「てぃーてらす☆お茶っこ片手に」オープンです。地図?いろいろ考えすぎて、悶々としていませんか自分のこと、後回しになっていませんかいっぱいになった心に、ちょっぴり風を吹き込んでみませんかお一人で、ご家族やお知り合いと、いつ来ても、いつ帰ってもOK誰かとおしゃべりしても、だまってぼんやししていてもOK [続きを読む]
  • もえいずる若葉のようにもえている・・・ワタシ
  • 萌えている、いえ、燃えている 団体名で作った郵便局の総合口座 これで、今年度から団体名の口座に振り込んでもらうことができると大喜びしたのもつかの間・・・これでは、ATMなら80円、窓口でも130円の負担での振り込みができない・・・らしいそのためには、振替口座、というのが別にいるらしいなんのこっちゃ・・と思いながらも、しゃーあないので、郵便局に手続きに行った。 それが、3月31日のこと。 今日 [続きを読む]
  • 自然エネルギーの未来
  • 1970年大阪万博の鮮明な記憶、それは「原子力の火」原発から送られた電力は、まさしく「人類の進歩と調和」としてふさわしく、中学一年生だった私も「おお〜っ」と感動した。 そして、2011年3月11日の福島原発の事故想定外の震災がもたらした、想定外以上の人災。想定外以上だから、当然、廃炉までにも想定外以上の事が起こったり、金がいったりするだろう。そんななか、動き出すかにみえる原発。 危うさを感じながら [続きを読む]
  • タオル帽子講習会in千葉
  • タオル帽子講習会を開催します。日時 7月3日(月) 9時半~12時場所 千葉市生涯学習センター3階 工作室参加費 1000円持ち物 フェイスタオル・裁縫道具(チャコペンシルあれば尚可)抗がん剤で脱毛された方のためのタオル帽子をつくります。大切な方やご自身のために作りませんか。金平糖では、タオル帽子等介護や看護の現場で必要なケアグッズを作って、病院に届けています。(主な届け先、千葉県がんセンター、千葉県こども [続きを読む]
  • 4月12日 アロマボランティア
  • 高齢者施設でのアロマトリートメントのボランティアです。金平糖ボランティア 2名トリートメント人数 ご利用者さま 11名(男性4名、女性7名)          スタッフの方 1名(女性)みなさまの様子準備をしている時から、楽しみにしていると声をかけてくださった方これをしてもらうと2日ほど、調子がいい気になっていた指の動き、トリートメント終了後「あれ、調子いいぞ」表情が硬かった方も、トリートメント終了する [続きを読む]
  • スマホとわんこの散歩道
  • 寒さと雨に耐えた桜満開と散り初め、ソメイヨシノと八重桜桜・桜の散歩道その風景に、めちゃめちゃ映える愛犬のグレーぱちりと写真に収めようか話は、15分前にさかのぼる机の上のスマホを見つめ30分そこそこを争う事情も特にないやろしま、置いて行こ 話は、散歩道に戻るやっぱり、スマホ持ってきたらよかった今更くやんでも仕方がない スマホ持ってきてたら、ああでもない・こうでもない、とベストショット狙いで四 [続きを読む]
  • ホームページに、リンク集を作りました
  • 金平糖といえば、あのかわいい角を思い出す方も多いのではないでしょうか。私たち金平糖も、小さな角を出していろいろな所とつながりあっています。リンク集をご覧ください。 金平糖-金平糖の語源と由来・作り方・なぜ角が出来るの?金平糖の語源と由来、金平糖の作り方、また金平糖の角がなぜできるのかをご紹介します。 こちらのホームページによると、金平糖の角が、どうしてできるかはっきりとは分からないとか。”得体がしれ [続きを読む]
  • 千葉支部やら、船橋支部やら・・・言ってますが(*^^)v
  • 金平糖に、支部なんてあったっけ ご説明します 超・弱小団体ながら、少しずつ、形を整えていきたいゆくゆくは、NPO法人化も視野にとの考えがあるからなのです NPOなんて、なんぼのもんじゃいと、豪語していた私ではありますが今もそういう気持ちも、あるや・なしやではありますが あちらこちらで、NPOですか?と、尋ねられること数知れずやはりいつかはと、ギアを入れ替えている最中なのです。 ・・・と [続きを読む]
  • 船橋支部
  • ホームページに、船橋支部のページを作りました。船橋支部の主な活動は、ケアグッズを作ることです。ケアグッズ作りは、千葉市・船橋市でしています。4月のケアグッズ作りは、4月23日火曜日。詳細は、船橋支部のページをご覧ください。 via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd [続きを読む]
  • 千葉支部
  • ホームページに、千葉支部のページを作りました。千葉支部の主な活動は、「てぃーてらす」の運営です。4月21日、10時半オープンです。JR鎌取駅徒歩10分。介護や病と向き合う時、ちょっぴりほっとできる場や、一次予防(健康を意識して、病気を予防する)の場として「体や心、そして、いのちのこと」を学び合う場を目指します。 via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd [続きを読む]
  • 2017年4月1日
  • ホームページ、リニューアル中メンバー紹介ページ、リニューアル(^-^) メンバー紹介メンバー紹介 - ☆staffs〜立ち上げメンバー松尾陽子(乳がん体験者) 2007年6月から3年間、難病(小脳変性症)の母や、父の看取りを経験 後、パルシステムの発行する『のんびる』のレポーターとし via Konpeitou Your own website, Ameba Ownd </p [続きを読む]
  • 大阪にある「こどもホスピス」
  • 大阪鶴見区にあるTSURUMIこどもホスピスそこは命を脅かされたこどもの学び、遊び、ふれあい、やってみたいと思うことを叶え、その子の成長を支える場所。きょうだいや家族がつらいときや悲しいときに支えが得られ、自由に休める場所。たとえ、どんな病気になっても、同世代の子どもたちと同じ経験を生きる時間を大切にしたいー。TCHはそんな病気のこどもと家族にとっての「LIVE DEEP(深く生きる)」を支える、もう一つのお家です [続きを読む]
  • 3月の子ども病院ケアグッズ
  • 3月23日、子ども病院でケアグッズ作りの会を開催しました。参加者 7名+1名見学前回からの参加者、そして、この日新たなお一人が加わりました。2016年度最後の会ということもあり、後半は、みんなで今年度の振り返りをしました。初めは、一種類のアイスノンカバーとポシェットから始まったケアグッズ作り。病棟との対話もすすみ、ずいぶんと新しいケアグッズが増えました。そこで出てきた意見が「作り方説明書」の必要性です。これ [続きを読む]
  • 看護学生へ、タオル帽子講習会
  • 3月27日(月)看護学生にタオル帽子の作り方講習を開催しました。参加 6人スタッフ2人朝から冷たい雨。ニュースをみれば、東京は雪。開花宣言後の寒さにふるえながら会場へ。看護学生へ初めてタオル帽子講習をした時、2時間の予定が、終われば4時間が経過(@_@)それがトラウマとなり、看護学生さんへのタオル帽子講習会は、今日は何時間かかるかな〜と毎回心配してしまいます。この日は、午後から年度末のスタッフ会議。講習会終 [続きを読む]
  • 子ども病院でケアグッズ作り
  • 3月23日、千葉県子ども病院でケアグッズ作りの会を開催しました。参加者 7名 見学1名まずは、みなさんがお家で仕上げてくださったケアグッズをみんなで検針。この日依頼があった修理品を手分けして作業します。見学の方にこんな事してます、と説明するうち、ちゃっかりと新しく頼まれたケアグッズの試作品作りをお願い( ^ω^)・・・さっそく、活動開始していただきました後半は、今年度の振り返りと、今後の活動についての [続きを読む]
  • 高齢者施設でのアロマボランティア
  • 3月16日、高齢者施設でアロマボランティアの報告です。金平糖アロマチーム2名☆利用された方 利用者様8名(男性1名、女性7名)スタッフ 2名☆当日の様子・メンバーも利用者も初めてではなく何度か顔を会わせているので、随分慣れてきているように思いました。・利用された方の感想「手が冷たかったのが温かくなった」(^-^)「これをやると手のしびれがとれる」(男性)継続は力なり・・・1年以上続けてきたこともあり、アロマボ [続きを読む]
  • 高齢者施設でのボランティア
  • 認知症オンラインの、高齢者施設でのボランティアについての記事の紹介です。「他人事にさせない」参加型レクリエーションで認知症高齢者が笑顔に高齢者施設で、音楽コンサートを開催されている方の記事。そこには、職員の方とのコンタクトがコンサートを成功させるカギと、書いてあります。また、施設の職員は忙しいが、同じ時を過ごし、喜びや感動を共有することも大切、とも。金平糖でも、高齢者施設でのボランティアをしている [続きを読む]
  • 千葉市内の子ども食堂
  • 先日、千葉市誉田で開催されている子ども食堂「かがやきっこ食堂」のお話をきく機会がありました。「子どもがひとりでも来ることができる食堂」「大人でも子どもでも、行き詰ったとき、行き場のない思いを抱えるとき、ひとりぼっちにならないで、来てもらえる食堂」「あったかい食卓」の記憶は、大人になってもその子の中に残るはず。子どもたちの未来が、キラキラ輝くものでありますように・・・と名付けられた「かがやきっこ食堂 [続きを読む]
  • 大変で窮屈な世の中だ・・・
  • 先日、久しぶりに電車で出かけることにした。駅に着くと、総武線や外房線、内房線・・・多くの電車の遅延情報乗ったはいいが、信号待ちの連続。80分遅れで、途中の乗り換え駅までついたけれど、目的地の一つ手前の駅行きしかない。しょーがないので、その電車に飛び乗った。運よく、乗り継ぎ電車があって、やっとの思いで目的地にたどり着いた用事を済ませて帰り道。どうやら、電車は、動いている。が・・・どこかの線で人身事故・ [続きを読む]
  • 去来した思い〜子ども病院ボランティア交流会にて
  • 交流会で、いくつかのボランティア団体から、直面する問題点についてのお話がありました。それは、予算と人数。ボランティアにも、何かとカネがかかります。が、どーしてもカネという言葉に、拒否反応が見え隠れする日本社会 ボランティアする私たちも、経済面も含めて持続可能な道を探る努力をしなければならないそれは、そうなのです。けれども、社会もボランティアを育てる気持ちを持ってほしい・・・と、私は、思うのです [続きを読む]