knz さん プロフィール

  •  
knzさん: 鹿島県アント市ラーズ町
ハンドル名knz さん
ブログタイトル鹿島県アント市ラーズ町
ブログURLhttp://antlers12.seesaa.net/
サイト紹介文鹿島アントラーズを応援するブログ。試合雑感やスタジアムの雰囲気等を中心に、日々や子供の成長なんかも。
自由文試合のプレビュー、レビューと(出来れば)録画見直しで一試合一試合の備忘録を付けていきたいと思っています。
その他ちょっとした事や、日々成長している我が子の事も書いちゃったりして。

でも、当面は鹿島・サッカーネタを中心に書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供373回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2011/08/22 17:25

knz さんのブログ記事

  • 【A代表】大迫(と今野)、代表離脱
  • 先日のUAE戦にて試合終盤、PA横で相手ディフェンスを交わそうとし、実際1人目を交わした大迫に交わされた選手の足が掛り、バランスを崩したところにもう一人が突っ込んできて大迫はピッチに倒れ込んでしまったその後岡崎と交代となり、自分で歩いてベンチに戻っており、試合後のコメントでもタイ戦に向けて抱負を語っていたので軽症であり、出場に問題は無いかと思っていたのだが、結局この怪我によって代表を離脱するとのこ [続きを読む]
  • 篤人、90分プレー
  • 篤人が現地のチャリティーマッチで、90分間フル出場をこなしたとのことシャルケは23日にハノーファーとの親善試合を行い、篤人が右SBとしてスタメン出場し、そのまま90分間、誰にもその席を譲ることなくピッチに立ち続けたとのこと昨年12月、ヨーロッパリーグにて実戦復帰は果たしていたが、この試合はグループステージ首位突破を決めていたシャルケと相手のザルツブルクの敗退が決まっていた『消化試合』ではあったもの [続きを読む]
  • 【A代表】UAE戦 雑感
  • ホームでのUAE戦とは大きく違い、強敵であったはずの相手に終始主導権を奪い続け得点は2点に留まったものの、点差以上の強さを見せてくれたホームの時と何が違ったのかといえば贔屓目かもしれないが、そこに大迫がいたことだろうと思っているドイツで更なる磨きをかけたポストプレーは味方が奪ったボールを確実に相手陣内で保持し、バランスをとった上でのビルドアップ煮より日本はローリスクでアタッキングサードまで攻め上が [続きを読む]
  • 本田(圭)の選考について
  • さて、もうすぐロシアW杯最終予選vsUAE戦がキックオフとなる23時半過ぎおっしゃる通り(?)代表だと話しが膨らまないのも事実ではあるものの、とはいっても今は代表も気になるので代表ネタを個人的には、OBの大迫がハットでも決めて、守備では昌子と植田が大活躍して敵の攻撃に耐え、シャットアウトしてもらいたい・・・だが、今この二人が鹿島を抜けると困るのもまた事実なので、『大活躍』ではなく『ほどほどの活躍』 [続きを読む]
  • 明日はUAE戦
  • さて、明日は代表戦ロシアW杯最終予選も折り返しを過ぎ第6節となる相手はこの最終予選初戦に、ホームでまさかの敗北を喫したUAE明日はアウェーだが、ホーム(相手のアウェー)で受けた借りはこちらもアウェー(向こうのホーム)で勝利しなければ返せない正直、まだハリルホジッチがどんなサッカーをしたいのか私自身には具体的な部分は見えてこないが、鹿島から昌子と植田のCBコンビ、それと鹿島出身のFW大迫が選出されて [続きを読む]
  • 清水・角田にクラブが出した処分について
  • ちょっと話題は古くなるけれど、この(?)週末はこまごまと話題が豊富だったまずは鹿島の清水戦報道が多くなされているように、清水DFの角田が中指立てた行為の処分として1試合の出場停止と罰金になったとの事これはJリーグが科した処分ではなく、クラブが決めた処分との事でありもしかすると追加制裁があるのかもしれないが、日本の組織体質的に、『自ら襟を正した』のだからとそれ以上の処分は科さない気がするが、これはち [続きを読む]
  • 伸び代がいっぱい
  • 今期ここまでリーグ戦で4戦3勝1敗、公式戦8戦6勝2敗(0分)と、数字で見れば好調の鹿島だが内容としてみれば、まだまだ完成形には程遠く毎試合『シーズン終盤』の様に、内容よりも結果で何とかさらっていく様な形で勝点を積み上げているもちろん、それが必ずしも悪いというわけではなく、『勝利至上主義』である鹿島にとっては、それもまた鹿島らしさだろうだが、今後もっと試合を有利に運ぶためにもこの中断期間、連携力を [続きを読む]
  • 清水戦 雑感
  • 結果として2点差をひっくり返して3−2で勝利したものの、まず1点目を奪うところに苦労した滑って転ぶシーンも多く見られたが、ピッチリポートでは芝の長さ10mmで散水したと言っていたがこれが鹿島の選手達には合わなかったのだろう1失点目も植田のクリアを清水の選手が身体に当ててゴールに向かったが、もし植田が足を滑らせ転んでいなければ、相手に追いつき止められたかもしれない少なくともプレッシャーは掛けてくれた [続きを読む]
  • 清水戦 速感
  • 大逆転勝利!0−2とされた後半25分過ぎから、およそ10分程度で3得点を奪って鹿島が見事逆転勝利を飾った1失点目はミスというか一瞬の隙をつかれた鹿島が常にゲームを支配する中、相手のフィードを昌子と鄭大世が競り合い、こぼれたところを植田がクリアを試みるが、そこに相手選手が詰めており、リフレクトを奪われてクォンと1対1これを豪快に決められて今季リーグ戦『初失点』を喫した前半終了間際、セットプレーで植田 [続きを読む]
  • 2017Jリーグ第4節 ”希望”スタメン
  • アウェーで迎えるJリーグ第4節、vs清水戦この試合の後、代表weekでプチ中断になるので代表招集されているクォン・スンテ、昌子、植田には悪いが出し惜しみすることなく、全力で戦ってもらいたいただ、金崎が体調不良でアウトっぽい開幕からゼロックスからACLからリーグ戦に獅子奮迅の活躍を見せていたので、ちょっとみんなより早いが、休みを取って体調を整えてもらいたいあっさりとそう言えるのも、株価を上げ続ける若 [続きを読む]
  • 週末日本平
  • 今週末、久方ぶりに日本平で清水戦を迎える鹿島にとって『鬼門』の1つとして数えられ、勝率の非常に悪いスタジアム・相手ではある前回の日本平でも、ミスからの2失点と点を取りに行ってのカウンターで1失点で一昨年の開幕戦を1ー3で落としているしかも、この試合では金崎のシュートを相手が明らかに手で止めたのにも関わらずお咎めなしという、本当に呪いが在るかの如く横浜戦では主力が入れ替わり、プレーの印象の変わった相 [続きを読む]
  • ルヴァン杯も開幕したらしい
  • ACLに出場しているので忘れがちだが、ルヴァン杯のGS第1節が開催された今年のルヴァン杯、A、B各グループ首位2チームと、GS2位、3位で行われるプレーオフの勝者2チーム(A組2位vsB組3位、B組2位vsA組3位で行われる)の計4チームがGS突破となる首位突破出来ればまだしも、2位以下は昨年までよりも最後まで突破の可能性が残るかもしれない反面、『早目に見切りをつける』という事が出来ない分チームと [続きを読む]
  • ブリスベン戦 速感
  • ACL第3節は、前半に優磨、後半に植田と遠藤のゴールで3−0と快勝!この試合何度も見られたのが、オーストラリアのチームらしい『フィジカルを活かした』ブリスベンのプレーと、その強い当たりによろけながらも、安易に倒れず持ちこたえようと踏ん張っていた鹿島の選手達の姿相手がファールで止めようとする場面は、裏を返せばそれに耐え、突破すれば大きなチャンスが待っているその姿勢が3−0という結果にもつながったのだ [続きを読む]
  • ACL GS第3節 "希望"スタメン
  • ACLのグループステージも、早いもので(?)折り返しを迎える第3節ホームにブリスベンを迎える前節、アウェー・タイの地でまさかの敗戦を喫した鹿島は、1勝1敗で勝点3、2位につけているとは言え3位の蔚山と勝点は並んでおり、直接対決の結果によって2位というギリギリでのGS突破ライン上であるので今日のホーム、何としても勝たなければならないターンオーバー、ローテーションとは何ぞや?位のいきおいで既に固定メン [続きを読む]
  • 今年もカズがゴール
  • カズが今年もゴールを決めた50歳というと『杖家(じょうか)』とも言われ、家の中で杖を用いる事が許される年とされたが、カズにとっては無用の心配の様でもあるJリーグ開幕の93年から第一線で活躍を続け、トップカテゴリーであるJ1からは長く離れてはいるものの、J2で毎年必ずと言って良いほど得点をし続けて最年長ゴール記録を更新し続けている古参鹿島のサポーターにとって、カズは憎きヴェルディの象徴だったあれから [続きを読む]
  • 赤崎期限付き移籍
  • このブログ主の推しメンが赤?である事はこれまで何度も書いてきたが、その赤?、いつか来るのではとも思っていたが、遂に期限付きとは言え、移籍のニュースがオフィシャルにアップされた赤崎選手がガンバ大阪に期限付き移籍予想はされていたとは言え、個人的にこれは残念横浜FM戦では、ベンチ外メンバーによる募金活動が行われており、その際に赤?には握手を交わしながら『信じている』と伝えたのだが、彼はそれをどのような気 [続きを読む]
  • 横浜戦 速感
  • 優磨のドンピシャヘッドが決まり、1ー0で横浜に勝利!伊東のクロスも今日は狙いが見えて良いクロスが多かったので、いつかは決まるかと思ったが、決めたのはやはり『持ってる男』優磨だったシュートの本数も徐々に増えており、チームも上向いてきた感がありまた連戦に入る初戦をモノに出来て良かった横浜ってあんなにコロコロ転がるチームだったっけ?1ー0の『辛勝』で言うのもなんだが!ちょっとひ弱な印象中澤をはじめとして [続きを読む]
  • 2017Jリーグ第3節 ”希望”スタメン
  • 『ターンオーバー』、『ローテーション』今期鹿島がシーズンを戦っていくうえで、理想とした形が上の2つ完全に2チームあるかの如く、リーグ戦とACL、ルヴァン杯に合わせてクラブの中に2つのチームを作って戦っていくターンオーバーと、選手を毎試合少しずつ入れ替えながら戦っていくローテーションだがここまで残念ながら、その試みは上手くいっていないJ開幕戦でFC東京に『まさかの』敗戦を喫し、若干弱気になってきてい [続きを読む]
  • サッカーではなくWBCの一幕
  • 現在行われているWBC、ワールドベースボールクラシックに於いて昨日の日本対キューバの一戦で起こった『プレー』が話題になっている日本の青木山田が放った打球はレフトスタンドに向かって飛び、フェンスギリギリに入るか、入らないかというところ事件は起こったその場に観戦に来ていた中学生の男の子が、そのボールをスタンドの壁を超える位置でキャッチしてしまうビデオ判定の結果、最初HRとしてジャッジされた打球はエンタ [続きを読む]
  • 助っ人
  • 鳴り物入りで(?)鹿島に加入したブラジル人トリオJ1通算119試合40得点という成績で、皆が『マルキーニョスの様な活躍』を期待したPJ新潟戦では何度もチャンスを潰され、J最強のDHとの呼び声も高いレオ・シルバ19歳でセレソンに招集され、Aマッチ1試合1得点という輝かしい未来を期待させるレアンドロここまでの彼らの活躍、私は正直全然満足出来ないPJはまだいいFWは、得点は水物であり、そんななかで攻撃の [続きを読む]
  • iPadでDAZNを利用した結果
  • ※今日の記事はサッカー分ほぼ0、後半は半分docomoの話しですさて先日の甲府戦私は仕事の都合でiPad観戦屋外での仕事だったため、ここぞとばかりにiPadでの視聴を試してみたその結果・・・思った以上に見やすかったが、データ通信料が半端ない家庭のテレビ+FireTVStickでの視聴は、以前も書いたように目が粗く、スカパー!のHD画質に比べると少し落ちて正直ずっと見続けるのは苦しく、結果我が家は家 [続きを読む]
  • 甲府戦 雑感
  • レオ・シルバが移籍後初ゴールで先制し、クォン・スンテが試合終了間際の大ピンチを防ぎ切りなんとか1−0で勝利を収めた甲府戦大変申し訳ないがこの試合、それ以上の感想があまりない前半は相手のハイペースなプレスに押されて形が出来ず、後半は相手の足がとまってボールを持てたが、相手のブロックを前にPA周りでボールを回しては引っかかってボールをロストするそんな場面が繰り返される試合だった気がするだが、だからこそ [続きを読む]
  • 甲府戦 速感
  • 今日の試合、MVPがレオ・シルバだったとしてもヒーローが誰かと問われればクォン・スンテだろう後半アディショナルタイム、相手に与えてしまったPKの場面、相手のシュートを読み切って防ぎ、1−0で逃げ切って見せたもちろんきっと止めてくれると信じてはいたが、それでもレオ・シルバのゴール以上のガッツポーズがこのシーンだった弾いた後の対処も素早く、それ程危ないシーンが無い試合から一転、最大級のピンチを救ってく [続きを読む]
  • 2017Jリーグ第2節 ”希望”スタメン
  • 先週末はFC東京に、そしてACLでムアントンに連敗し迎えるJリーグ第2節、vs甲府戦リーグ戦優勝を目指すうえでも、ACLに向けた流れにおいてもこれ以上の連敗は絶対に避けたいところだが、その想いとは相反するようにここまで全試合で中盤に位置するレオ・シルバは試合でだいぶ疲労を感じさせる戦いぶりであり無理使いはしたくないところGKはそろそろ曽ヶ端を使って欲しいクォンが2試合連続で失点している今、GKもロ [続きを読む]
  • 甲府戦に向けて
  • ムアントン戦から中3日、土曜日にはもうリーグ戦真冬の鹿嶋から灼熱のタイに遠征し、また寒い甲府での試合となるが、選手達にはどうにか勝点3をお願いしたい明日は3月3日、世の中的には桃の節句雛祭りだが、鹿島にとっては神様ジーコの誕生日今一度彼の教え、『ジーコスピリット』を思い出し、心に刻むことでこの難局を乗り切って欲しいムアントン戦では、ここまで出ずっぱりなレオ・シルバの不調はおそらく誰の目にも明らかだ [続きを読む]