sana さん プロフィール

  •  
sanaさん: 恋愛小説『ウォーミング・アップ!』
ハンドル名sana さん
ブログタイトル恋愛小説『ウォーミング・アップ!』
ブログURLhttp://ameblo.jp/sana-story/
サイト紹介文陸上一筋の主人公とバンドマンのメガネ男子の恋愛小説を書いてます。若干シモネタ気味(笑)不器用な恋の設定。
自由文漫画雑誌でいうとマーガレットのような学園恋愛ストーリーをイメージしつつやってます。筆者、厨二病ですんでお気軽な感じで読んでください♪平日一回更新でやっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2011/08/23 09:49

sana さんのブログ記事

  • ドラゴンズ…(T_T)
  • 谷繁監督まで追い出し…落合GM「中日監督復帰」の大野望今季、最下位を争った中日で、なぜか今、"場外乱闘"が起こっているという。 「落合博満GMと谷繁元信監..........≪続きを読む≫ [アメーバニュース] この記事、2015年10月13日のものなんですよ高校野球とオリンピックで盛り上がっている中、みなさま全く興味ないでしょうが、我が推し球団の中日……、ついに爆ぜました落合GMは基本無愛想なので必ず悪く書かれま [続きを読む]
  • 第20章「それぞれの道」19話
  • 【あいこと別れた後、廉は……】 あいこは言った。 「そうじゃないの。今日走るの、廉に見ていてほしい…。わたし…、自分のために走るんじゃない。廉のために走りたい…!」 そして、出番が来てそのまま行ってしまった。 突然、”俺のために走りたい”ってどういう意味なんだろう…? 俺が滑り止めにしてた大学に落ちたから、俺へのエールをこめて…と言う意味なんだろうか? 俺はそんなこと望んでいない。 あ [続きを読む]
  • 第20章「それぞれの道」18話
  • 【それから月日は流れ…。12月25日・高校駅伝直前。】「はぁ……」たくさんの人が行き交う音…交錯する視線…スタート前のピリピリした空気に押しつぶされそう……だけど、今日の大会は泣いても笑っても高校最後のレース。固くなってはいけないと思いながらも、緊張でカチカチになってしまいそう…朝早く起きて、ミーティングがあって、レース前の取材があって、先生やはるちゃんに温かい声をかけてもらって……一走目がスター [続きを読む]
  • 第20章「それぞれの道」17話
  • 「あのね…、あたし、あいこにまだ言ってない事があるの……」言っていない事…?それがすぐに気がついて、ハッとした。言っていない事とは、はるちゃんの進路の事だ。静岡の大学の推薦……はるちゃんはわたしに秘密にしてしまったと思っているけれど、わたしが盗み聞きしてしまった話……それまで、わたしとはるちゃんは一緒の大学に行こうと決めていた。「大学のことなんだけど…」「静岡の大学のことかな? 確か浜松大…?」「 [続きを読む]
  • 幼稚園について(どなたか相談にのってください)
  • こんにちは!sanaです! 突然ですが、息子の幼稚園について迷っています うちの旦那くんに相談したいところですが、旦那くんはとにかく面倒臭がり屋… 相談しても話を聞かず、「知らね。任せた、決めといて。」と言っちゃうクソ野郎なので、全く役に立ちません… 実両親とも仲が悪く頼りにできません…。 というわけで誰も頼りにできないのですが、候補の一つが来週中に申し込みというかなりの急スケジュールで、悩んでい [続きを読む]
  • 第20章「それぞれの道」16話
  • 【一方その頃、あいこは…】 「…あ、廉からメールきたよ! ちゃんと帰ったみたい。よかったぁ〜」 「もう、廉くん人騒がせなんだから! 無事でよかったわね。」 「うん……」 今ははるちゃんの部屋。 おばあちゃんちにいられなくなったわたしは、今夜からはるちゃんの家にお世話になることになった。 わたしは今日からしばらくはるちゃんのお姉さんが使っていた部屋を借りる。 はるちゃんのお姉さんは結婚して嫁 [続きを読む]
  • 第20章「それぞれの道」15話
  • 「お前はまだ若い。時間は、まだたくさんある。」「そんな悠長な事言ってたら、俺、一生受験生だよ!」「確かに勉強は大事だが、大学が全てじゃない。……僕のフランスのアパートだってそのままだ。留学したって……」「それは…、師匠が行きたいんだろ? おばちゃんの墓を探しにさ…! それにその話、もう断っただろ!」「…………」師匠は「しまった」と言わんばかりに俯き、顔を覆ったまま席を立った。「用を足してくる」「え [続きを読む]
  • 目次 【三年生編】
  • このページは、このブログの長編小説の目次(リンク集)です。二年生編はこちら※注1:このページからお話にジャンプする際の事を考え、このページが残るように全て別窓リンクになっていますので念のためご注意ください。※注2:また、PC用のURLが貼ってありますのでご注意ください!※注3:はアメンバーさん限定のお話。若干過激な内容です。お手数ですがアメンバー申請をお願いします。(もちろんナイショ設定の申請でOKですよ! [続きを読む]
  • 第20章「それぞれの道」14話
  • すると、ようやく師匠が口を開いた。「確かに…、前よりもずっと正確に弾けるようにはなっている。」そりゃそうだ。散々あれだけ毎日杉山に絞られてきたんだ。上手くなってなきゃ時間の無駄だ。だが、再び師匠は黙ってしまった。慎重に言葉を選んでいるようにも見える。「…………」「な、なに…?」「お前、ピアノが嫌いになったのか…?」「えっ…」図星だった。でも、これにもYESとは到底言えなかった。ずっと俺にピアノを仕込 [続きを読む]
  • サンリオキャラクター診断キャンペーン
  • 元気いっぱいなあなたにぴったりなキャラは…サンリオキャラクター診断キャンペーンはこちらからこんにちは!sanaです!とりあえずやってみました、サンリオ診断もういい歳のおばはんなので、キャラ物はなるべく持ち歩かないようにしているのですが、実はサンリオ昔から大好きです最近はKIRIMIちゃんが好き今まで携帯アクセなど買った事がなかったのですが、KIRIMIちゃんのイヤフォンジャックしてます(しかしながらジャラジャラが [続きを読む]
  • 第20章「それぞれの道」13話
  • 「相当美味しいよ、コレ。」健はオシャレにもちゃんと興味がある男だからかもしれないが、俺なんかより色々詳しいようだ。屈折した性格で滅多に若い女の子を褒めない健だけど、今日は珍しく健の口から褒め言葉がこぼれ出た。それにしても、甘いものもロクに知らない俺のような者にこんな手の込んだ物を作ってくれるなんて、ありがたいけど勿体無いな。顔見知りではあったが、ほとんど初対面だというのにあったかい人達だったな。背 [続きを読む]
  • 第20章「それぞれの道」12話
  • 「落ち着け、奈津。此奴の言葉に他意はない。」 「うん…、でも…!」 「少々勘がいいだけだ」 「うわぁぁぁ…っ!」 今度は泣き始めてしまった。 「心配するな。何があってもどこにもいかない。」 「わかってるけど…っ」 「この男と外で少し話してくる」 俺はあっくんさんに掴まれ、唐突に外へと連れ出された。 何事かと驚いた顔のおばさんを横目に、店から少し離れた場所まで連れて行かれてしまった。 もう閉 [続きを読む]
  • 第20章「それぞれの道」11話
  • 目の前のすき焼き鍋には未だ砂糖がジャリジャリと砂のように残っている……。「うっ…、い、いや…、まぁ…、ハイ。」「廉くんごめんね。その牛肉いっぱい食べていいから!」「……………」俺は感動のセリ鍋から、強制的に砂糖鍋に交換となってしまった。しかし、飯を食わせてもらったわけだし、いい加減この二人の名前を覚えなくては。どこか不思議な二人。奈津ちゃんと、あっくんさん。一緒に鍋を囲んでいるラブラブカップルを横 [続きを読む]
  • 第20章「それぞれの道」10話
  • 己のしでかした事に気がついてしまった。手がひどく震えている。死にたい……今の俺の現状より、この川に飛び込んでしまった方がずっと楽に感じられる。そうしたらもう、俺はピアノ弾かなくていいんだ……受験、しなくていいんだ……すると突然、何者かに首根っこを引っ張られ、地面に叩きつけられた。「いでっ…!?」見上げると……そこには、あのたい焼き屋で出会った外国人の男が立っていた。「こんな浅い川で死ねるか」「廉く [続きを読む]
  • 第20章「それぞれの道」9話
  • ごそごそごそ………「……はっ!?」「あっ…、ごめん、起こしちゃったね。」まるでデジャブ。またしても、俺、寝てた……。ただ、さっきと違うのは……、俺が素っ裸だって事。掛け布団に包まっていたとはいえ、やっちまった……、寒い……。そして、もうひとつ違う事。どうしようもないくらいの罪悪感……こんな時に、俺はなんて事をしてしまったんだろう。俺は盛った犬なのか、猿なのか?空気とか読めないのか?なんでこんな時に [続きを読む]
  • ねこ診断キャンペーン
  • あなたに一番近い猫は…ねこ診断はこちらからバーミーズってなんぞや?とわからない種類だったので、少々ググったのですが、ウォンマウというミャンマーの猫を基にシャム猫をかけあわせた種類だそうです。写真を見た限り、黒っぽいシャム猫でした。ちなみに我が家にはトラ猫♂(5歳)とサビ猫♀(6歳)、二匹の猫がいます。トラ猫は近所で生まれた野良っこを引き取った子で、サビ猫は保護団体さんから譲っていただきました。とって [続きを読む]
  • なごやめし
  • ブログネタ:好きな名古屋飯 参加中こんにちは!sanaです!生まれも育ちも名古屋なわたくし。なんとなくこのブログネタは書かねばなるまいと思いました名古屋飯……味噌煮込みうどん、きしめん、手羽先、味噌カツ、ひつまぶし、あんかけスパゲッティ、エビフライなどなど…麺or揚げ物な県です。故郷を否定にするようで嫌なのですが、名古屋という土地はイギリスが飯マズ国だと世界に認定されているのと同じくらい、日本国民から飯 [続きを読む]
  • 第20章「それぞれの道」8話
  • ごそごそごそ……… 「……はっ!?」 「あっ…、ごめん、起こしちゃったね。」 そこには新しい私服に着替え直し、髪が濡れてタオルで拭いているあいこがいた。 部屋着姿だ…! そして、いつの間にか俺に掛け布団もかけてある…! 「あ……、俺、寝ちゃってた!」 「疲れてたもんね。ゆっくり寝てていいからね。」 「………………」 「それとも、廉もお風呂に入る?」 「ぅえっ…!?」 風呂上がりのあいこに見 [続きを読む]
  • どうしたすんも!?
  • さよならすんもキャンペーンアドバイスをききにいく突然アメーバさんのマイページに『さよならすんもキャンペーン』とかあったんですが…オイ、どういうことだ!?唐突じゃね??どうしたアメーバさん!?(・・;)私は全然育ててなかったから別にいいんですけど、もっとみんなが納得するように書いておかないと!ブログネタ中心に更新していて、すんも育ててた人が納得しないでしょうよ!?それともどこかで説明があって、私が読み [続きを読む]
  • 第20章「それぞれの道」7話
  • 「今、一番辛いのはばあさんだろうが! これ以上、ばあさんに苦労かけるな!」「う…、うえぇぇぇぇ〜ん…!」とうとう子供のように泣き始めてしまった。「もうお前は帰って、支度して、学校に行け!」「うえぇぇぇぇ〜!」あいこは昨日の事故から何度泣いたんだろう。しかも、あれからまったく寝ていない。学校か……、俺も行かなきゃヤバいよな……だが、ずっと黙っていたあいこのお母さんが勝利さんを制した。「何言ってるの! [続きを読む]
  • かっこいいとは?
  •  ブログネタ:俳優は見た目で好きになる?演技? 参加中こんにちは!sanaです!ブログネタ〜「俳優は見た目で好きになる?演技?」という事ですが、う〜ん、これは難しい…!あんまりにもダイコンさんでも感情移入できないし、見た目も大事な気がするし…でも、わたくし前々から感じている事なんですが、「かっこいい」が決まるのって、見た目以上に”声”が重要なんじゃないかって思っています。キムタク、福山、嵐、などなど… [続きを読む]
  • 第20章「それぞれの道」6話
  • あいこは二人の顔を見て緊張の糸が切れたのか、再び泣き出してしまった。「うわぁぁぁぁ…!」「あいこさん、もうずっと泣いてるんです。少し休ませてあげてください。」「廉が…、廉がいなかったら、わたし、おばあちゃんを殺しちゃっていたかもしれない…!!」「あいこのせいじゃないって……」「あの時、わたしがケーキを持つのを手伝ってあげていれば…! いつもの事だから大丈夫かと思って…!」「そんなの俺だって……」俺 [続きを読む]