cocue-cocue さん プロフィール

  •  
cocue-cocueさん: 日々是呼吸
ハンドル名cocue-cocue さん
ブログタイトル日々是呼吸
ブログURLhttp://cocuecocu.exblog.jp/
サイト紹介文ものや知恵と出会い、手放す毎日。シンプルな暮らしに向けて、断捨離にゆっくり取り組んでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2011/08/26 00:38

cocue-cocue さんのブログ記事

  • 送ることば
  •  これまでのように、突然職場に顔を出されて、ブランクを感じさせない会話を交わせる日がまた来るのだと信じていました。 平日の昼間は無理でも、土日にお忍びよろしく机の上を片付けに立ち寄られたりするのかとも。 そんな日が、永遠に来なくなるなんて。 職場の新参ものにすぎない私に、惜しみなくノウハウや助言を提供して下さったり、実際に手助けして下さったり。御礼にお誘いしたランチのときにゆっ... [続きを読む]
  • ホットプレートを買いました
  • 家族で使うために、ホットプレートを買いました。鉄板に乗った料理でも、やけどの心配をしなくてすむ年ごろになり、作りながら食べるというのもありかな、と考えたのです。今さら流行らない調理器具なのかも知れませんが、自宅で食事する機会に活用したいです。それにしても…意外とかさばるものですね。収納大丈夫なのかどうか。今夜早速、使いたいと計画しています。 [続きを読む]
  • 病み上がりの旅はほぼ寝たきり
  •  旅に出る少し前に高熱を出しました。 何とか下がって、現地入りしたものの、やはり体調はすぐれず。熱はないものの、とにかくだるく、丸一日をベッドのなかで過ごすはめになりました。朝ごはんもスキップし、買い物も見送るほど。なかなか辛いものが… かつて高熱で旅に出たことがあり、空港の入国審査でひっかかりやしないかとドキドキするほどだった思い出が残ります。意外にも体温チェックで見つかることはなく... [続きを読む]
  • 旅支度が早くなる
  •  旅の荷造りが大好きです。予定を考え、なるべく少ない持ち物で、かつ現地でかゆいところに手の届く準備をするのは、本当に楽しいのです。 部屋の片付けが苦手で、ひとえに物持ちが良すぎる私にとって、こんなに少ない荷物で快適に過ごせるというのはたまらなく楽しいことなのです。 子どもが育つにつれ、持ち物が少なくて済むようになったのも一因でしょうか。旅支度が短時間でできるようになり、しかも思わぬほ... [続きを読む]
  • 反りの合わない親には
  •  親不孝と非難する人がいるのは承知のうえで、私は父親を嫌っていました。 過去形なのは父が死んだからです。 そろそろヤバイらしいと連絡がありましたが、私は葬儀まで帰りませんでした。 かつて祖母が亡くなり「やっと片付いた」と親戚が安堵していたのを思い出すような感じでしょうか。 父が死んだため、心の底から沸き上がる憤りや憎しみ、嫌悪感が霧散しつつあるのは、よかったできごとともいえます。... [続きを読む]
  • 細々と、学習したり
  •  好きなことは飽きもせず繰り返せるんだと気付いたのは、久々に英語の勉強を再開したのがきっかけでした。 仕事上で頻繁に使うこともなく、また長らく勉強する時間も取らずに来たので、まずは接点を増やすところから始めました。 少しずつ読んでいくと、だんだんまとまった文章を読みきるのが楽になってきます。 耳にするうちに、話し手を問わず聞き取れる範囲が広がります。 今の私は、話すのを上達する... [続きを読む]
  • こつこつスクワット
  •  体を動かす機会が限られていて、このままだと筋肉が衰えると心配していた私が、スクワットを始めました。 ガシガシがむしゃらにならなくても、正しいフォームを守れば体に良い動作だと聞いて、寝る前や朝起きたあと、少しずつ取り組んでいます。 まだ2週間ほどで、必ず毎日出来ているわけでもないのですが、気が付いた体の変化を。○ 背筋が伸びた 何となくだらんとしずらくなりました。○ 腰の後... [続きを読む]
  • 立秋の雨音
  • ツクツクボウシの鳴き声が聞こえて、夏休みも折り返したことを実感します。仕事でも日々の生活でも、何か光るものを感じる人には、センスが備わっている、そんなことを感じる機会が増えています。なかなか言語化しづらいものの、反射的、自動的にその人のなかから沸き上がる何かを投影し、目に見える形や耳で聞こえる音として形作られているような。学んで磨くことができるでしょうし、ある程度はこれまでの人生... [続きを読む]
  • あれから、3年。
  •  第1子が3年前に初参加したキャンプに、この夏は第2子がデビューします。 私の人生の転機になった、あの夏から3年。 降りしきる雨の中、大学の一角で開いた初回の催事。 ひょんな理由で私にお鉢が回ってきた2回目、そして3回目。 今なお、暑すぎたあの夏の思い出は、あざやかによみがえります。何ともいえない、胸のつまるような思いとともに。 来年のことも、想像すらつかないけれど、当時... [続きを読む]
  • 帽子を忘れて炎天下
  •  用事のあと、子どもが出かけたいと言っているのに、うっかり帽子を忘れて家を出ました。 外は炎天下。 熱中症になりたくないので、子供を送り届けて、私だけ帰るつもりでしたが、ふと最寄り駅で思い立ち、構内の店舗を見て回りました。 洋服屋に帽子がありましたが、私にはどうも似合わなくて。 今日の間に合わせだとしても、どうも心が動かず。 布小物を扱うお店の壁に、麦わら帽がかかっているのを... [続きを読む]
  • ピンクの夕焼け空
  • 日が沈む前、西の空がピンク色に染まっていて、とても美しかった。思わず写真に撮ったら、淡く写っただけだったけれど。改めてみると、確かにピンク色。夕日を反射する高い建物までもが、同じ色に染まっていて、まるで不思議な空気に包まれたような感覚になった。夏至から1日。穏やかなきらめき。 [続きを読む]
  • 好みのお酒
  •  自分の好きなお酒の味が、はっきりしてきたなと感じます。  元からエビス>モルツ>一番搾り、というみでしたが、最近はエビスの白ビールがお気に入り。 馴染みのある味が、やっぱり好きなようです ワインは赤>スパークリング>白>ロゼ、で、実はどれも大好き。 一方で、ウイスキーボンボンやコニャック入りチョコ、ブランデーを垂らした紅茶やパウンドケーキに目がなく、ラムレーズン大好きなのに... [続きを読む]
  • ストレス解消買い
  •  1週間前に夏物ワンピースを買ったばかりなのに。 夏物の靴を二足、お買い上げ。 直後にまた、ワンピースを… 先週は異なりましたが、今週は明らかに、ストレス発散の一環になっています。 ひとめぼれしたサンダルとオープントゥのパンプス。 「似合う人がうらやましい」と言いながら手出しした、これまで着たことのないタイプのワンピース。 どちらもこの夏、ガンガン使う予定です。 買い物... [続きを読む]
  • 生きる力。
  •  家の庭木に、てんとう虫のサナギを見つけました。 子どもたちと観察しようと、ケースに入れていたら、丸々とした成虫が次々にかえったのです。 エサになる虫だけでは足りないからと、リンゴを入れたりして。 二、三日過ごしてから、元の庭木に放しました。 二日後の夜。 夕食中に子どもが突然「てんとう虫がいる!」と言い出しました。 食卓に、ホコリの塊をくっつけたてんとう虫が、確かにいま... [続きを読む]
  • 自由に、生きよう
  •  仕事をしていると、責任が伴う一方で、自分が決められる部分が必ず見つかるのではないかと思います。 すると決める、しないと決める、そんな判断の過程で、実は創意工夫を発揮できているのではないかと。 ホンの少しでもゆとりを持つようにすると、人はいろんな着想を得たり、ヒントを見つけたりできる気がします。 自分が決めること、選ぶこと、意識的になれたら、人は自由に生きていることに気がつくよう... [続きを読む]
  • 願いが叶っている。
  •  それは子供が生まれる前の話。 転居して日も浅く、買い物にも不慣れだったその頃、自治体の施設で用事があり、出かけてみました。 初めて通ったその街並みは本当に素敵で、私はすっかり気に入ったのです。 その街で良いとされる街角は他にもいくつかありましたが、私の中ではその街並みが一押しでした。 時が流れ。 転居を決意し、あれこれ探していたその頃。 夜な夜なインターネットを見... [続きを読む]
  • ワッペン縫い付けに思う
  •  子どもの運動会を見学中、何とはなしに子どもたちの紅白帽の名前ワッペンに目が行きました。 我が家はアイロンで接着できるワッペンを使っています。体操帽の販売店でも扱っていたので、皆さんも同じかと思いきや、意外と手縫いでつけておられるようで。 そこではっと気づいたこと。 え、皆、こんなに粗く縫ってるんだ……〜〜〜 私にとって針仕事は鬼門です。 モンテッソーリの幼稚園で、刺... [続きを読む]
  • 真央ちゃん
  •  天使のような、と形容されてきた彼女。顔立ちは整ってはいるけれど、美しさがいまいちピンときていませんでした。 ブログで引退宣言、の速報を見て、引退会見に姿を見せた彼女を見て、驚きました。 スッとして、清らかで晴れ晴れとした彼女は、本当に美しい、そう感じたのです。 26歳。 自分の当時を振り返ると、やはりキャリアの転機を迎えていました。 あの頃の私は、彼女のような美しさとは無縁だ... [続きを読む]
  • 片付けで凹んだ話
  •  それは子供部屋で見つけた、手のひらに乗るほどの三角形の物体でした。いや正確には、三角形だったと思われる、プラスチックの破片の一部でした。 何だろう? おもちゃを載せる台みたいなものかな。 無残にも割れているので、要らないかなって判断して、ゴミ箱へ。 その後、割れた相方?の残りのパーツが見つかりました。組み合わせたら三角形になりそうとは思いつつ、ま、いっか、と同様にポイしてしま... [続きを読む]
  • すっきり気分で、捨てられますか?
  •  その仕事の資料一式を捨てたのは、振り返ると3年以上前でした。 10年前の夏、私が担当していた仕事は、いろんなしがらみをたちきって、新しい試みを取り入れようとするリーダーが指揮を執っていたのです。 細かく打ち合わせをして、相談し、それは熱心に取り組んだ記憶があります。 その仕事は、私に達成感をもたらしました。 〜〜〜 メンバーも環境も変わり、仕事は少しずつ形を変えていきます... [続きを読む]
  • 家で休めていないとは。
  •  連休は家族旅行です。旅の目的に私は参加しないので、来なくても良かったのですが「宿で寝ていてよいから」と同行。文字通り寝ています(笑)。 荷造りや荷ほどきは私の方が得意なので、積極的に取り組みますが。寝て過ごすなどして気がついたことがありました。 家で同じように休もうとしても、片付けだのなんだの、気になることだらけで、結局全く休めないこと。 私の疲れの原因を探ると、家で休めていな... [続きを読む]
  • 試練の日々
  •  何かと自分にとっては厳しい出来事が相次いでいます。 昨日もそんな日でした。 何なのそれ?と憤りで唖然とする出来事があり、怒りと疲労感しか見当たらない… 私に試練が次々と降りかかっています。 余計な苦しみや回り道は希望していないのに。 楽々過ごすつもりなのに。 とにかく吐き出して、吐き出して、私は自分を大事に、大事に、守るしかないですね。 [続きを読む]
  • ■ 処分レポート 3月5日
  •  病院でもらった抗生物質を飲むと、どうやら眠気に襲われるようで。 週末は不覚にも昼寝してしまいました。 まとまった時間に頑張りたいと思いつつ、あまりなにもできていません。 古紙回収の準備と、古いタオルをウエス用に小さく切ったくらいで… あとは、小さくなった子供たちの靴を袋にまとめて、処分に出す準備をしたくらいです。 寒さはまだ残りますが、真冬の衣類はそろそろおしまいなのかも…... [続きを読む]
  • 決めた未来の思い出
  •  親が私に望んだ人生は。 大学を出て、近くの都市圏の企業で2、3年勤務。恥ずかしくない経歴と勤務先の男性と結婚して退職。子育てに専念。 そんなのだったと思います。 きっとそんな人生になるであろうと勝手に想像し、他の選択肢などあきらめていた。 はずだったのに。 地元を離れ、親の期待を外れ、全然違う場所で根を下ろしつつある。 なぜできたのかと振り返ると、それは私が心の奥でそ... [続きを読む]
  • ■ 処分レポート 3月1日
  •  毎日更新が難しくなっている処分レポート。これまでより実は大量に処分できたこの日。取り組んだのは仕事の資料でした。 職場の机はスペースに限りもあり、何かを保管し続けるわけにはいきません。情報は古くなりますし、大量の資料の山を有効活用できるかは怪しくもあります。 また手に入るかな、と思われる資料〜主にレポート類などは手放しました。 オフィスワーカーならピンとくると思いますが、冊子にな... [続きを読む]