キヅキ さん プロフィール

  •  
キヅキさん: のんびり・自分らしく生きよう☆
ハンドル名キヅキ さん
ブログタイトルのんびり・自分らしく生きよう☆
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tnsjt169/
サイト紹介文何気ない言葉で、何かに気づき 前向きに、楽しく人生を生きていきたい。 言葉は気づきの原点です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 94日(平均5.0回/週) - 参加 2011/08/27 05:44

キヅキ さんのブログ記事

  • ひとやすみ・・
  • ♪ひとやすみ・・南の風が雨の匂いを連れてくる乾いたこころに沁みわたるやさしい雨を連れてくるそよぐ緑が懐かしい日を連れてくる潤んだ瞳に蘇る遥かな景色を連れてくる歩き続けた歳月に大切な人を見送って走り続けたこの道に大切な縁を授かって間違ってなかったねこの道は隣のきみが空を見るぽろぽろと弱いことばが零れだすのをにっこりと微笑みでこらえ降り出した雨の小粒を見つめてるひとやすみ しましょうかきみの声がこころ [続きを読む]
  • ありがとう・・
  • ♪ありがとう・・清々しく迎える朝は小鳥の声が高くで歌ううれしくて昨日の朝が辛くても今日の朝がうれしくて白む空にありがとう気ぜわしく過ぎゆく昼は眩しい光がきらきら包むうれしくて昨日の昼が哀しくても今日の昼がうれしくて青い空にありがとう穏やかに暮れゆく夜は小さな星が遠くで輝くうれしくて昨日の夜がせつなくても今日の夜がうれしくて空のあなたにありがとう君は君でいいんだと私はいつも見守ってるとあなたの声が聴 [続きを読む]
  • 君の声・・
  • 君の声・・凛と立ち太陽見つめるひまわりをいつもわたしは羨んでいたそっと咲き風に揺れてるゆうがおをいつもわたしは羨んでいたなんにも見えていないのになんにも知っていないのに少しばかりの運の悪さを少しばかりの人の笑顔をわたしだけの不幸に変えて時の流れは待っていてはくれないよ命の限りは待っていてはくれないよあの日の君の心の声が今日もわたしに勇気をくれる今日もわたしに笑顔をくれる朝の空気にきらきらと光を映す [続きを読む]
  • こころ丈夫・・
  • ♪こころ丈夫・・きらきら光るおひさまが私のこころに笑顔を配る見上げた空の澄んだ青さが 素直にこころを清かにしてゆくありがとうねありがとうねさらさら落ちる夏雨が私のこころに涙を運ぶ乾いた大地の静かな喜びやさしくこころを潤してゆくありがとうねありがとうねおひさまのように夏雨のようにあなたがそこにいてくれるからすべてのことに小さなしあわせ見つけられるよありがとうねありがとうねきっと今日も大丈夫だよおひさ [続きを読む]
  • つぼみ・・
  • ♪つぼみ・・温かな光に包まれてつぼみが ゆっくり膨らんでゆく静かな雨に洗われてつぼみが 少し背伸びする君のこころの小さな つぼみはあの日の歓びあの日の涙がぎゅぅと ぎゅぅと詰まってるんだきらきらと羽ばたき 飛び立つ蝶たちもきっとさなぎを脱ぐ時まではやさしい風に焦がれてたかな青い空に憧れてたかないつかきっとその哀しみが君のこころに強さを咲かせるその歓びが君のこころにやさしさ咲かせる今日は今日の風に吹かれ [続きを読む]
  • 記念日・・
  • ♪記念日・・曇った空から雨がぽつり澄み渡る青い空が好きだけど雨の降る日もきっと大切雨がそっと 何かを伝えてくれる曇った顔から涙がぽろりやわらかな微笑む顔が好きだけど零れる涙もきっと大切涙がそっと 心を流してくれる歓びも哀しみも雨が静かに流してゆくよ涙が清かに流してゆくよきらきら光る記憶に変えてやさしく彩る想い出に変えてつらくてもかなしくてもうれしくてもたのしくても今日がきっと記念日になるから・・ [続きを読む]
  • やさしさ・・
  • ♪やさしさ・・夏の匂いと青い風朝の光と君の声いつもの時が静かに流れるさり気なく届く君のほほえみ小さな心に隠してる憂いを君は知っている凍えた心は溶かせてるのに小さな瞳に浮かんでる愁いを君は知っている零れた涙は乾いてるのにだめね心配かけたくなくてでもね気づいてもらいたくて平気なそぶりの泣いてる心をこぼれてきそうな弱い言葉をやさしい君はちゃんと知ってる・・ [続きを読む]
  • 旅立つ君に・・
  • ♪旅立つ君に・・君が生まれた時にはねただ 健やかにと祈ったの君が生まれた時にはねただ ありがとうと伝えたのうれしくて愛おしくて涙がぽろぽろ零れたのあれからいくつの夜を超えいくつの朝を迎えただろうわんぱくだったあの君が泣き虫だったあの君が今日は未来へ新たな旅立ちうれしくてねさみしくてね涙がぽろぽろ零れます君が旅立つ今日の日にただ 健やかにと祈ります君が旅立つ今日の日にただ ありがとうと伝えます旅立つ君に [続きを読む]
  • 遥かな旅・・
  • ♪遥かな旅・・ひとりで歩く道端の小さな花を摘み取ってやさしく握ってまた歩く二つに折った白い地図小さな花と眺めては真っ直ぐ見つめてまた歩く遠く 遠く遥かな旅を小さな花と一緒に歩く枯れないように折れないようにそっと そっと握りしめてあなたと歩くはずだった長い 長い遥かな旅をあなたが好きな小さな花とふたりで歩くあなたへの旅・・ [続きを読む]
  • ごめんね・・
  • ♪ごめんね・・キラキラ輝く笑顔の裏の君の涙を私は知らないコロコロ弾む瞳の奥の君の憂いを私は知らないでもねふぅっと感じるんだ君がぎゅっとがんばってること君がずっとこらえていることごめんね泣かせてあげられなくてごめんね吐かせてあげられなくてきっと私が強くなるからいつか君の涙を受け止めるからごめんね素直に言えなくって・・ [続きを読む]
  • 空の向こうに・・
  • ♪空の向こうに・・朝焼けの東の空が今日は なんだかせつなくて青い空を連れてくるのに白い雲を浮かべてくるのにあの日と同じ朝焼けが今日は なんだかせつなくて夕焼けの西の空が今日は なんだかさみしくて静かな夜を連れてくるのに輝く星を散りばめるのにあの日と同じ夕焼けが今日は なんだかさみしくて逢いたいな逢いたいよ聴こえていますかあなたの心に映っていますかあなたの瞳にきっといつか逢いにゆくからひとりで見つめる空 [続きを読む]
  • 夜空・・
  • ♪夜空・・いつも雨たった一度の今日の空はいつも意地悪夜空を見つめて君を想う短冊にずっと一緒と笑顔で書き込む君の面影描いてるいつも雨祈りながらの今日の空はいつもやさしい見えない星に君を浮かべる笹の葉にうれしく結ぶほほえみの君あの日の君がよみがえる今年も君を想う大切な夜が来ました今年も君に逢う穏やかな夜が来ましたこころ静かに夜空に重ねて・・ [続きを読む]
  • シンプルに・・
  • ♪シンプルに・・どうしたの今日はため息ばかりついてるよ空はこんなに青いのにどうしたの今日は足下ばかり見ているよ風はこんなに柔らかいのに昨日のことは置いていこういつかきっと想い出に変わるから明日のことは任せておこうきっとふっと輝きに変わるから戻れない昨日の君と出逢っていない明日の君と答えなんてないんだもの正解なんてないんだもの今日を今をただシンプルにシンプルに微笑んで青い空を見つめよう柔らかな風を感 [続きを読む]
  • 縁・・
  • ♪縁・・不思議だね遠くを見つめて君が言うほんとだねあなたを見つめて私が言うほんの些細な出来事がふっと逃げてく瞬間が今のふたりを包んでる錆びついていた君のこころ枯れ落ちていた私のこころ遠い遠い遥かな縁が緑の風にそっと乗ってふたりの胸に舞い降りた不思議だね微笑みながら君が言うほんとだね遠くを見つめて私が言うやさしい夕日に照らされながら私は少し涙目になる愛しい縁を抱きしめながら・・ [続きを読む]
  • 時の流れ・・
  • ♪時の流れ・・いつからだろう星を見つめる夜が好き静まり返る夜が好き涙でぼやけた星たちが今はやさしく鮮やかに光るせつなさで震えた夜が今はふわりとこころを癒すこんな夜が来るなんてあの日の私は知らなかったあの日の私は気づかなかった時の流れは少し残酷時の流れは少しやさしい流れゆく時の中であの日の記憶が薄らいでゆくあの日の記憶が懐かしくなる時の流れがこころを彩る・・ [続きを読む]
  • それでいい・・
  • ♪それでいい・・夏の雨が強くなってく鈍色の空が遠いあの日を呼び起こす涙が枯れて疲れ果ててそれでも今日も生きている恨んだこともあったかな憎んだこともあったかな唇噛みしめ試練という名の重ねてきた日々どうしてどうしてわたしだけそんな弱音も吐いたかなそれでも今日も生きている強い雨が呼びかけている人知れず流した涙はきっと君の宝物悔しくて噛んだ唇はきっと君を強くしたきっと君をやさしくしたそれでいいそれでいいと [続きを読む]
  • 抱きしめて・・
  • ♪抱きしめて・・清らかな朝の訪れあなたの素顔が爽やかにこころを包むいつもどおりの光景が今日はなんだか温かいきっとかけがいのない日だと気づいたから静まりかえる夜の訪れあなたの寝息がしなやかにこころを包む当たり前の日常が今日はなんだか愛おしいきっと一度きりの日だと気づいたから何気なく流れゆく時さり気なく流される日々積み重なる小さな 小さなしあわせをもう少しだけわたしにください愛おしく愛おしく抱きしめて [続きを読む]
  • ふたりの夢・・
  • ♪ふたりの夢・・眩しい光が夏を告げる青い空がうれしく 唄う一息ついたら歩きましょうね雨が上がった虹をめざして慌てなくても急がなくてもふたりの歩幅がうれしいのやさしい光が影を映す茜の空が静かに 唄うほんの少し休みましょうね夕日を背にして影を見つめて慌てなくても急がなくてもふたつの影を見てたいのいつまでもふたつの影が消えないでいていつまでもふたりの夢が覚めないでいて・・ [続きを読む]
  • 強がり・・
  • ♪強がり・・しとしと降りだす小さな雨が乾いた大地に沁み込んでゆく頑張って草木を守る渇いた大地が静かに眠るほら いっぱいに浴びなさいと遠くに聴こえるあなたの声が怯えるわたしに沁み込んでゆく強がってなみだを隠すわたしの心がふぅっと 目覚めるほら いっぱいに泣きなさいと小さな胸で耐えてるんだねたった独りで耐えてるんだね空が 大地を見つめるように雨が 渇きを潤すようにわたしがあなたを 見つめてるわたしが あなた [続きを読む]
  • 愛・・
  • ♪愛・・歩いてきた道時に笑い時に涙しそれでもきらきら光って見えるあなたの愛があったから本当の愛があったから愛って何だろうと考えるたったひとつの文字だけどきっと かけがえのないあなたの寄り添い歩いてゆく道時に軽やかに時につまずきあなたの愛を感じているから本当の愛を感じているからきっと笑顔で歩いてゆけるたったひとつの文字だけどきっと さり気ないあなたの言葉私もあなたに贈りたい寄り添い想う私のこころたった [続きを読む]
  • 零さぬ涙・・
  • ♪零さぬ涙・・お別れの朝は静かな風とやわらかな陽がきっとあなたを包むでしょう大丈夫だよ心配ないよ私がいっぱいお願いしたの青いお空にお願いしたのだからひとりで泣かないで笑顔でさようならって言うんだよお別れの朝は小さなお花とあなたの笑顔でそっと私を包んでね大丈夫だよ心配ないよ私はいつもおそばにいるよ青いお空で見守ってるよだから涙は零さないで笑顔でお空を見るんだよどんなときでもおそばにいるからいついつま [続きを読む]
  • 過去・・
  • ♪過去・・キラキラ輝く星たちが静かに眠りについてゆく生まれたばかりのおひさまがやさしく空を白くする笑顔で迎える朝の日も涙で曇る朝の日も幾たび出逢ってきただろうあの歓びがなかったらあの苦しみがなかったら今日の空はきっと見えない今日の心はきっと晴れない笑顔の過去が涙の過去がわたしの今をやさしく彩るわたしの心を素直に飾る遠い 遥かな過去達がわたしの朝を微笑みながら見つめてる・・ [続きを読む]
  • 信じて・・
  • ♪信じて・・朝露に濡れた薄紅の花山際見つめおひさまを待つ静かに 静かにじっと 待つ朝露を貯めた薄緑の葉大地を見つめ雫を落とすぽとり ぽとりとそっと 還す繰り返される日々の営み変わり続ける季節の移ろいほら今日も おひさまはわたしをやさしく照らしてくれる歩き出そうゆっくりと前を見よう微笑んで変えられないことを悔やむより変えられることを見つめよう見えない明日を悩むより迎えた朝を見つめようふしあわせを数えるよ [続きを読む]
  • 父へ母へ・・
  • ♪父へ母へ・・父さんあなたは強い人でしたいつの日も真っ直ぐに明日を見つめて歩いてた幾たびの辛い別れを勇気に代えて笑顔の裏で人知れず流した涙を少し分かった気がしますだめだなあ今頃になってあなたの本当を知るなんて母さんあなたはやさしい人でしたいつの日もやわらかく私を見つめてそばにいた幾つもの苦しい時を微笑みに代えて温もりの裏で人知れず零した涙を少しわかった気がしますごめんなさい今頃になってあなたの真心 [続きを読む]
  • 忘れ物・・
  • ♪忘れ物・・目覚めた朝の少し足りない心の隙間どこに置き忘れてきたのだろうどこで見失ってしまったのだろう今が愛しい大切な想い眠りにつく夜少し足りない心の安らぎいつに落としてきたのだろういつか忘れてきたのだろう今がうれしい素直な想い静かに浮かぶ心の雲に問いかけてみる涼かに撫でる心の風に問いかけてみる見つけようと答えを探して答えのない不安を抱えて今日も明日も探し続ける大切な忘れ物やわらかな光にやさしく照 [続きを読む]