悠々遊 さん プロフィール

  •  
悠々遊さん: 悠々遊きまぐれ写真館
ハンドル名悠々遊 さん
ブログタイトル悠々遊きまぐれ写真館
ブログURLhttp://syasin-nikki.way-nifty.com/photo/
サイト紹介文星と太陽をメインに気の向くままに写真を撮っています。ものぐさ太郎につき腕前は万年初心者を維持。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供326回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2011/08/27 05:45

悠々遊 さんのブログ記事

  • こと座 30秒
  • 梅雨明けの翌日、まだ太陽光の名残りがわずかに残る空に昇ること座を、望遠レンズの135mmで30秒露光撮影。こと座は135mmなら全景を納められますが、余裕を持たせて2分割で撮影。ベガと2か所の連星で作る三角形を構図に入れて1カット目。2カット目は4つの恒星で作るひし形を構図の中心に置いて撮影。等倍に近い切り出しでM57のリングも確認。ICEでモザイク合成しました。もっと露光を伸ばして星の数を増やしたり、ソフトフィルター [続きを読む]
  • 在庫総ざらえ と言っても2点ですが(笑)
  • 昨夜は約1か月ぶりに庭撮りで夜遊びできました。ただ薄雲が時折流れる状態だったのと、しばらく振りだったので慣らし運転のつもりで、望遠レンズを使ったノータッチ撮影にとどめ、日付が変わるころに撤収。そんなわけで今回数点ですが確保できたので、先月撮影の画像の残りをアップすることに。はくちょう座のNGC6871明るい星もいくつかあって、散開星団としてはわかりやすい方。同じくはくちょう座のNGC6883こちらは天の川の微光 [続きを読む]
  • 今日の太陽 2017/7/20
  • 梅雨明け最初の朝は、ほぼ快晴。雲の隙間を狙ってバタバタではなく、ゆったり落ち着いてピント合わせできるのはありがたいです。で、その分お天道さんに炙られるわけで、暑い!(笑)。お白粉の乗りが良いのか、シミひとつ無いつるんとしたお天道さんです。まとった大気の衣装も地味ながら、8時方向に薄いプロミネンスが見えます。 [続きを読む]
  • 今日の太陽 2017/7/19
  • よ〜やく本日の撮影チャンス到来。速攻で撮ったけれど黒点の気配なし。2週間後あの黒点が消滅せず東から再登場することを願う。4時方向のプロミネンスが目につきましたが、あとは見るべきものの乏しい様子。 [続きを読む]
  • 今日の太陽 2017/7/13
  • 今日はさらにもやもやした天気で、迷っているうちにとおり雨が降ってしまいました。でも雨があがると少し日差しが強くなった気がしたので、白色光だけ撮ることに。先日来の大きな黒点とその左の微小黒点群に加え、昨日は見えなかった黒点群が左上の方にポツポツと出ています。さて・・・連日の蒸し暑さで頭がボーッとしていたせいで、ついやってはいけない画像合成をしてしまいました。はい、ありえない天の川星景です。なぜって、 [続きを読む]
  • 今日の太陽 2017/7/12
  • 薄雲とはっきりした雲の二重構造。青空と言えなくもないところもある、もやもやした気持ちを抱えて10時過ぎ、とうとう撮影に踏み切りました。黒点画像を見る限り、露光調整で雲の影響はそれほどない様子。しかし・・・。Hα光の方はシビアでした。4時方向、9時方向のプロミネンスがなければ、画像処理もアップもしなかったでしょう。撮影直後に、とうとう青空と呼べそうなところがなくなりました。はい、曇り空です。 [続きを読む]
  • 今日の太陽 2017/7/8
  • 昨日は七夕でしたが夕方に近づくにつれ雨雲が接近する最悪の天気。明けて今朝はうす雲は広がるもののほぼ晴れ。不安定な空模様なので観望撮影とも早い方が良さそうと判断しました。白色光での撮影は先月以来でしたが、結構な黒点が出現しています。黒点だけではありません。東側に結構なプロミネンスも出ています。梅雨の晴れ間にこういうものを目にすると、とても得した気分になります。 [続きを読む]
  • 6月唯一の夜遊びから NGC6604
  • 今日は朝から半年に一度の定期検査で京大病院に行ってきました。腎癌摘除から9年半経ちましたが、今回も転移等の異常は無し。そろそろ無罪放免の日も近そうです(笑)。6月に裏庭で夜遊びしたのは、19日夜から20日にかけての1回だけ。カメラに画像を残したまま忘れかけていました(苦笑)。ヘビ座の散開星団NGC6604今回も地味天メインで撮っています。しばらくお付き合いください。 [続きを読む]
  • 今日の太陽 2017/07/03
  • 薄曇りのすっきりしない晴れながら、1週間ぶりの太陽撮影をしました。白色光では黒点は目視できず、撮影せず。長いブランクで画像処理の手順を忘れそう(苦笑)。東に小さなプロミネンスとプラージュが見えますが、上記したように白色光では黒点は確認できていません。薄いダークフィラメントも見えます。西側にも注目の現象がいくつかあったので、トリミングで拡大してみます。上の方から、フレアらしい輝く領域、宙に飛び出した細 [続きを読む]
  • 月面Xを五里五里の丘で撮る
  • 昨日は五里五里の丘で星空観望会の日でした。梅雨の真っただ中、天気予報でも雨や曇りの予報が続いていたので、半ばあきらめていましたが、昼を過ぎたころから雲が切れてきて、観望会のころは南半分がいい感じの空に。いつ雲に隠れるかわからない状況なので、日没前の明るい空に浮かぶお月さんで、プレ月面X撮影。その後も雲の通過はあっても完全アウトという状況ではなく、観望会を続けることができました。あたりが暗くなると、 [続きを読む]
  • ミクロの住人たち
  • 蒸し暑い曇り空です。どうせ暑いなら、太陽がカーッと照りつける暑さの方がいいんだけれどね(苦笑)。ネタ切れ苦しいときの助っ人、ミクロの住人たちです。お馴染みゾウリムシとお初にお目にかかったツリガネムシです。どちらも弱ってしまい動きが悪くなっています。ツリガネムシの柄の部分が見えません。別のところに元気なツリガネムシのグループがありました。こちらは柄もちゃんと見えています。ゾウリムシは動きが素早いので、 [続きを読む]
  • 主権者たれ
  •  テレビドラマで「すれ違い」シーンが繰り返されるものがある。戦後に放送され、女湯が空になったとの伝説が残る「君の名は」など、その最たるものだろう。 根がイラチということもあるのだろうが、こういうドラマを見るとイライラして、よほど面白くない限り以後そのドラマを見ることはない。 もちろん現実にすれ違いが起こらないわけではないが、何度も繰り返されると、あざとい作為を感じ(作品なのだから作為は当たり前だが [続きを読む]
  • はくちょう座γサドル
  • 昔は、サドルの名前で真っ先に思い浮かぶのは、自転車の座席部分でしたが、はくちょう座のγ星サドルも思えば自転車のサドルと同じような位置にあるような(笑)。5/21の撤収前に撮ったものです。120秒露光で少しは赤い星雲が出ました。サドルの上方には散開星団NGC6910も見えています。元画像を見るともっと伸ばせたかもしれませんが、経験から裏庭では180秒ぐらいで全体が白っぽく飽和を始めるようです。2分と3分の差がどれほどの [続きを読む]
  • お蔵入りから引っ張り出したM16 わし星雲
  • 朝の散歩に出ようとしていたら、ゆるい揺れが来ました。長野県で震度5強の地震があったようです。*****5/20に撮ったM16です。露光不足は明らかですが、この日は追尾がもうひとつうまくいかなくて、星も若干流れています。それにRAW現像の方も何度やってもうまくいかず、とうとうさじを投げてJPEG画像の方で処理しました。庭撮りで高度の低い対象は難しい・・・と、言い訳しておきます(苦笑)。ま、創造の柱がなんとかわかるので、ゴ [続きを読む]