ライタン さん プロフィール

  •  
ライタンさん: 孤独地獄男
ハンドル名ライタン さん
ブログタイトル孤独地獄男
ブログURLhttp://nanpasi.blog135.fc2.com/
サイト紹介文まったくモテない40歳独身底辺男が流されるがままに適当に生きながらもがき足掻く日記
自由文千葉県在住の40歳独身男
34歳で初めてナンパをする
181cm、70kg、フツメン(中の下)、引っ込み思案、クチベタ、歌下手
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/08/30 21:24

ライタン さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 初めて高尾山に登る
  • 生まれてこのかた40歳になるまで登山などまるで興味がなかった。とはいえ山自体が嫌いというのではなく、温泉などは山に湧き出る強めの温泉が好きだし、また山菜やジビエ料理も好きなので、山自体はけっこう好きな方である。しかしもっぱら登山といえば車で登るのが専門で、今まで登山らしい登山をした記憶といえば、小学校の時の学校の遠足や少年野球で登った筑波山くらいだ。その時もまあ子供だったからというのもあろうが、特に [続きを読む]
  • アベノミクスから現在までをサクっと総括(後編)
  • 2013年のアベノミクス相場から2016年末のトランプ相場にかけて、米国相場の堅調やアベノミクス・東京オリンピック相場に支えられたとはいえ、プチショック的なものが数回おとずれた。2013年5月のバーナンキショックやその後のチャイナショック、昨年のイギリスのブレグジットショックなどが主なものであろう。そういうショックに俺は常にポジションを持っており、ほぼ全力であり、常に全弾浴びてきた。そしてその都度追証にはご丁 [続きを読む]
  • アベノミクスから現在までをサクっと総括(全編)
  • また更新が1か月以上滞ってしまった。とにかく日々色々と忙しく、「あー暇だなー、今日何しよう?」なんて日は1年を通して365日無い。そのほとんどが仕事で潰れるわけだが、あとはまあ家事全般というか、買い物だとか掃除・洗濯だとか、美容室、歯医者、病院、実家に帰ったり相場の勉強だとかでとにかく暇が無い。だからなにかブログに書きたいようなことがあってもそれを文章にまとめて書いている時間が無いので、そのまま日々の [続きを読む]
  • 最近の俺について
  • 最近の俺のブログは相場回顧日記になってしまっている。それは現在に至っても相場が生活の中心になりつつあるのでそういうことになっている。とはいえトラック運転手の仕事を辞めたわけでもなく、引き続き独身であり彼女もいないし作る気もない。まあ過去の相場の回顧録ばかり綴っていても退屈なので、ちょっと最近の俺について書きたいと思う。生活的にはナンパに励んでいた5,6年前とさほど変わってはいない。相変わらず酒は好き [続きを読む]
  • オリンピア・ギャンブラー
  • 「マージンコールに応じてはならない」これは伝説の投機家、ジェシー・リバモアの格言でもある。値ごろ感でそろそろ底だろうと思われても、そこは底ではない。いくらオシレーターが高値圏・安値圏示唆でへばりついていても、トレンドというのはその先にある。リーマンショック前は4桁台だった株価のものが、アベノミクス直前まで何年も100円以下のボロ株のまま推移していた銘柄なんていくらでもある。地震など突発的な天災や同業銘 [続きを読む]
  • マージンコール
  • 得体のしれない不安を抱えたまま、翌日である24日を迎えた。とはいえ、前日1日だけでキチガイみたいに1,000円以上も爆下げしたのだから、ある程度は戻すだろうという期待もあった。しかし、マーケットが開いてみれば昨日の地獄がさも当然のごとく続いていた。日経平均は一時昨日の終値から502円マイナスとなり、14,000円を切ってしまった。昨日の高値が15,942円、今日の安値が13,981円なので、一時的にせよたった2日間でなんとほぼ [続きを読む]
  • 洗礼
  • 当時信用2階建てだの3階建てだのをやっている意識はまったくない。とりあえず信用買い付け余力分は俺の口座資金で買えるんだろ、って感じでとにかく目一杯買っていた。信用口座開いて目一杯まですぐ買ったし、買った後1日は横ばいだなあ、みたいな日があったような気がする。まあ多少の浮き沈みはあるにしろ、アベノミクスなんだからどうせこれまでのようにじわじわ上がっていくんだろ、くらいにしか思っていなかった。でも、5分足 [続きを読む]
  • The Tower of Babel 
  • 信用取引口座開設により300万超の買付余力を獲得したのはよいが、めぼしい銘柄はとにかくもう、素人目で見ても買われ過ぎを示していた。昨年末の安倍政権発足から半年間も押し目らしい押し目もなく上げ続けた。8,000円台から倍近い、16,000円弱までたった半年で上げてきたのだ。無理もない。当時の俺は初心者も初心者、ど素人で、相場観などレベル1か2程度で、この先なにをどうすればまったくわからないものの、なぜか焦りばかり先 [続きを読む]
  • Pandora's Box
  • 買ったそれぞれの銘柄が、毎日あまりにも順調にそれこそ右肩上がりに含み益を伸ばしていったため、さすがにチャートを見始めて、高値から押したところはそれぞれ利益を確定していった。まだ株取引を始めて1週間やら10日ほどなのに、口座の残高が100万から一気に110万になっていた。即また株を購入して回転させねばと思ったが、100万円が110万円になったところで購入できる株数はしょせんたかが知れてるし、現物株だと回転売買がで [続きを読む]
  • Viva Abenomics !
  • 例の2冊の本を読み終える頃にはもうゴールデンウィークも終盤に差し掛かっていた。日経平均株価が依然右肩上がりなのはわかっていたから早くその波に乗りたかった。だいたい株とはどういうものなのか基本はわかったつもりだ。そろそろ実際に購入しなくてはならない。とりあえず先に買ったコンビニ本の薦める通りに楽天証券に口座を開いた。入金した金は次に買う車の準備金として貯めておいた100万円。俺のほぼ全財産だ。実際に証券 [続きを読む]
  • 基本と要領
  • 俺は一応、大学は商学部を出ていて、金融論とか会計学とか履修したことになっているが、世の中の金融やファイナンス的な知識に関しては恥ずかしながら皆無であった。なので、株に関する知識もほぼ皆無に等しく、どのような仕組みで株式が成り立っているのかなどもちろん知るはずもなく、株の買い方や配当の仕組みなどもまったく知らなかったし、なぜ株価が上がったり下がったりするのかその仕組みもまったく知らなかった。そんな状 [続きを読む]
  • マネるだけ!
  • またこのブログを長い間更新せず放置してしまった。とにかく日々の生活に追われて暇な時間が無いというのと、年齢も40歳を越え、色々なモチベーションが以前にも増して目に見えて低下しているというのがその原因だ。もはやこんなブログなどチェックしている人間は皆無とは思うが、まあ暇があって気が向いたらちょこちょこ更新していきたいと思う。更新していないせいで話が全然進んでいない。とりあえず2013年春、引っ越して間もな [続きを読む]
  • 女子行員
  • 電話をしてみると、担当者は女性であった。声から察するに20代と思われる若い女性のようだった。さっそく事の経緯を詳しく聞いた。俺も金融の知識がほぼ無いため、気付けばそのやり取りは1時間近く続いた。それで、簡単に説明するとどうやらこういうことのようだった。前に説明した通り、母は最初200万ほどで米ドルを買ったが、アベノミクス前でドル円は80円前後をうろついており、どうやら上昇の兆しが見えないとのことで、銀行側 [続きを読む]
  • 2013年春
  • 同窓会オフが今から3年半前の1月であり、その春に当時住んでいたマンションの契約更新が近づいていたので、もうそこにかれこれ7年くらい住んでいたのでそろそろ引越しをしたいと思い、1月〜2月は次の住居を探し歩いていた。車も購入してから6,7年経っており、貯金もそこそこ貯まっていたので近々新車でも買ったときのために、マンションの下が駐車場になっているタイプの物件を探した。さらにそろそろ中年太りが気になる年頃になっ [続きを読む]
  • 現状について
  • 「同窓会オフpart4」から実に1年半振りの更新となった。この間、というかその同窓会オフがあった頃、つまりこの3年半でそれなりに色々あった。引越しをして環境も変わった。3年半前といえばちょうど政権が民主党から自民党に変わり、アベノミクスが始まったころだ。日経平均株価も1万円弱から高いところでは2倍の20000円以上になった。同窓会オフに来ていた女のうち新たに3人が母親になった。3年前の春に引越しをし、その頃自宅の [続きを読む]
  • リア充book④ 「同窓オフ会」(part5)
  • そうなってくると人間の脳とは不思議なもので、それはもう「典型的なオバちゃん」ではなく、A子としか見えなくなっていた。彼女とは中学時代ほとんど接点もなく、ろくに声すら聞いたことがなかったのでどんな性格かというのはよくわからなかったが、俺が中学時代に想像していた性格よりだいぶおしゃべりで「陽」な人だった。その俺の勝手な脳内ギャップも手伝って俺の脳はA子の認識を遅らせた。しかしこのA子の件で俺の脳の倒錯感 [続きを読む]
  • 過去の記事 …