k.s. さん プロフィール

  •  
k.s.さん: 発信
ハンドル名k.s. さん
ブログタイトル発信
ブログURLhttp://marrow14.blog11.fc2.com/
サイト紹介文自閉症スペクトラム障害のわたしが、B型作業所に通いながら、ちまちまと生きる日々について。
自由文基本的にお気楽な日記。
自殺未遂などでの入院経験、自傷癖ありですが
最近は一応、落ちついた生活を送っており、通院記録や趣味の手芸について記事にすることもあります。
過去には境界性パーソナリティ障害の診断を受けていましたが、2015年にASDであると確定診断を受けました。
精神障害者保健福祉手帳2級、障害基礎年金2級をいただいています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供212回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2011/08/31 17:54

k.s. さんのブログ記事

  • 根底に常にあるもの
  •  なんかもうだめ。 おいしくないのに、無理やり吐き気がしてもお菓子をつめこんで、訪問看護のひとにはきてもらったのに、誰にも会いたくなくてすぐ帰ってもらって、休日は寝てばかりで、作業所がある日ですらギリギリにしか起きられない。 ホルモンバランスの影響? だとしたら、何のためにピル飲んでるのかわからない。どうせよくならないんだ、わたしは。頑張れないし、薬も効かないし、もうだめじゃん。 さようならって言 [続きを読む]
  • 憎みながらも日々を編む
  •  お盆休みはあっという間に終わって、後半からわたしはヘロヘロだった。 毎日どこかへ行き、気をわたしなりに遣い、体力的にも精神的にも疲弊していたのだろう。最終日には朝、起きあがれないほどだった。用事は午後からで、キャンセルもできるものだったから、まだよかったけれど。 そして、わたしは27歳になった。 学生時代、わたしは27歳の自分なんて想像できなかった。とにかく死ぬことだけを考えていた。こんなに長く生き [続きを読む]
  • プレゼントできるしあわせ
  •  昨日の山の日から、作業所はお盆休みに入った。来週まで暇……ということもなく、お盆休みはみっしり予定が詰まっている。 今日は、叔父と祖母と親と、わたしたち夫婦で、おっちゃんのお墓参りに行った。 おっちゃんとは1年半くらい前に急死したわたしの祖母の弟に当たるひと。夫は、まだ恋人だったころにも、同棲していたのもあって、お墓参りにはついてきてくれた。今年の春には、叔父たちとではなくわたしたちふたりでおっ [続きを読む]
  • あれからもう1年
  •  風邪はかなり良くなった。平熱に下がり、喉の腫れもだいぶマシになり、咳などの症状もかなり楽になった。これで一安心。 風邪をひいてドタバタしていたけれど、実は今月の上旬に、夫とわたしが同棲を始めて1年になる日があった。 そのころはまだふたりとも風邪で動くことができない……ということもなかったので、わたしはこっそり、夫が仕事へ行っている間に、アイスクリームを買ってきた。夕食後に、一緒に食べようと思って [続きを読む]
  • マルに目を向けよ
  •  「助け合いながら、一緒に風邪を治していこうぜ!」という記事を書いた直後に、わたしだけ大幅に体調を崩してしまった。つまり、夫にばかり看病させてしまった。何のコントだ。 実はあの記事を書いたあと、外せない用事があって、ロキソニンを飲んで出かけたのだ。そのときに少し無理をしてしまったのか、次の日(昨日)から37℃台後半の熱が続いていたと思ったら、夕方一気に38.6℃まで跳ね上がって。寝る前には39.1℃あった。 [続きを読む]
  • 風邪っぴき夫婦
  •  風邪をひいた。 そんなにひどい風邪じゃないけれど、喉がイガイガして、頭痛がして、咳もでて、熱は37℃台後半だ。起きてから家事を始めるまでものすごく時間がかかったし、いざ始めてみても、ふらふらで、何度もめげそうになった。今日くらい、休んでもいいじゃない……なんて。すぐにこうして怠け心がでてしまうのがわたしの悪い癖だ。 実はこの風邪、夫からうつされたものだ。夫も数日前からしばらく、ぐったりしていたが、 [続きを読む]
  • 内的な生産性を高める
  •  しなくてもいい苦労をしたからといって、それを振りかざしてふんぞり返って、「あんたは苦労を知らない」と言える人の方が、よっぽど世間知らずだと思うのはわたしだけだろうか。己の未熟さ、経験の過度の一般化に気づいていない盲目さ。 わたしはまだまだキャパシティが小さくて、作業所に週3日だけ通うので精いっぱいだけれど、そこで作業は(基本的に)きちんとしているし、認められてもいるから、わたしの考案し、作ったも [続きを読む]
  • 加齢はよいが老化はいやだ
  •  昨日は7月のふり返り記事を書こうと思っていたけれど、とある事情で書く時間を作られなかった。 そして、もう8月ですよ……。先月は夫の誕生日だったけれど、実は今月は、あと2週間弱で、わたしが誕生日を迎えるのだ。もう27歳だよ、どうするかね。どうりで最近、「アンチエイジング」という言葉に敏感になりつつあるはずだよ。 このブログを始めたときは、確か19歳だったのにね。19歳のわたし、おとなになったわたしは、こん [続きを読む]
  • 精神的な人殺し
  •  わたしは、夫に限りなく精神的DVに近いことをしているのだと思う。 手はださない。物を壊したりもしない。命や存在を否定するような暴言を投げかけたりもしない。 だけど、機嫌の悪いとき、イライラをコントロールできず、不調を隠しきられないまま接してしまって、心配をかけたり悩まさせたりしている。ムスッとして、夫が一所懸命にわたしをなだめようとしてくれることも拒否することだって、ある。 これは、男女が逆だった [続きを読む]
  • ワンパターン心理士たち
  •  最近、暗い記事が続いているので、箸休めに需要があるかわからない先月の通院記録でも。 このころは、ピルを飲んでいて余計にイライラするということはなくなっていたけれど、悪夢を見ることが多発したり、寝たきりのときと動き回る日の差が激しかったりと、夫も心配して仕事を休むことが多かった。作業所は、週に1回くらいしか行かれなくなるほど調子が悪かった。あとは、訪問看護が始まったころだったと思う。 診察で、上記 [続きを読む]
  • 傍若無人の悪妻
  •  作業所半分だけでも皆勤、という目標は、脆くも崩れ去った。 警察のお世話になってから、ずっと調子が悪い。消えたい思いで首を絞めたり、夫に対してイライラとしてしまったり。 作業所半分皆勤が途切れた日も、そうだった。その朝、夫のお給料から生活費を引きだすために、いつもより早く出発して銀行に向かったのだが、ATMを操作している途中で、キャッシュカードがないことに気がついた。 最初はわたしがカバンの中に落と [続きを読む]
  • 深夜の車道、死のスポットライト
  •  書こうかどうしようか迷っていたが、思いきって書く。昨日の今ごろ、警察のお世話になった。 おとといの22時すぎからだろうか、無性にさみしく、むなしく、孤独になっていた。Twitterでずっと愚痴を書いては、何も反応がないことに絶望していった。 さみしいとき、ひとりで生きている気分になるのはもうやめたい。生き抜くことは、確かに独りでやり抜くことよ。でも、生きることは寄り添うことでもあるって、知ったじゃない。 [続きを読む]
  • 連なるうれしい再会
  •  前回の記事にたくさんの拍手をありがとうございます。夫の誕生日を一緒にお祝いしてもらえているようで、わたしがうれしいです。 今週の作業所、バザーに参加することがあった。いつもの開所時間より早めに現地集合して、お昼すぎまで職員さんこみで、ブースを3人で切り盛りした。 以前、わたしは他の事業所さんから依頼をいただいて、その事業所さんのロゴが入った大きな刺しゅうの看板を作ったことがある。今回のバザーに、 [続きを読む]
  • 演出は確認しないと恐ろしい
  •  そういえば、どこかでちらっと夫の誕生日が今月だと書いた気がするのだけれど、夫は無事に歳をひとつ重ねた。 誕生日はプレゼントを渡して、夫の希望のお店で外食した。店員さんにこっそり、デザートをだすとき何かしら、ちょっとしたお祝いをしてもらえないかと頼んだ。すると、ありがたいことに、デザートにろうそくを立てると言ってくれた。 ところが、夫と食事をしていたら、急に店内が暗くなって賑やかな音楽が流れ始め、 [続きを読む]
  • 原稿を成仏させる
  •  学生時代のサークルのOB・OG誌の第2号を作ることになった。 3月ごろだったかな、1号が完成したのは。そのあと、読書会に参加して、自分の教養や知識のなさと、コミュニケーション能力の欠如に打ちひしがれた。それで決めた。サークル関係のひととは、もう深入りしないと。たくさん配慮してもらっておきながら、なじめないなんて、迷惑でしかないから、わたしの存在が。 それでも、今回また企画誌のお誘いをもらって、原稿だけ [続きを読む]
  • 日没をひきとめる
  •  あぁぁ……3連休が終わっていくー……。 基本的には、楽しかった、この3日間。 おとといは、家でゴロゴロのんびりと、という感じで過ごしたのだが、昨日は近所の手芸店でやっていた毛糸で編むバッグの講習会に行ってきた。なんとか気に入るものを編みきることができて、満足。 今日も夫とカラオケに行ってきた。3時間ふたりで休憩なく歌って、のどがガラガラだ。たくさん歌えたのは楽しかったけれど、採点で思うように点数が [続きを読む]
  • さようなら皆勤賞
  •  7月も明日でだいたい折り返し。3連休があるから、平日、すなわち作業所のある日でいえば、今日がUターン地点だ。 今月は皆勤を目指す! と息巻いていたわたしだったが、果たしてその結果は! 今週の最終日、寝坊して午後からの通所という情けないものになりました……。 なんとなく今週くらいから、エネルギーが低下しているような、げんなり感があったのだけれど、ごまかしごまかし生活はできていた。 それでも、日を追う [続きを読む]
  • ストールでやる気回復
  •  作業所で使う予定のストールが届いた。 濃いグレーで、花の刺繍が連続模様でそれぞれ上下の縁に施されているものだ。刺繍は少し目立つけれど、ストールの色味が落ちついているので、派手ではない。かわいらしいけれど、おとなっぽさもあるような。 昨日の夕方に届いて、さっそく開封したあとインターネットで見た羽織り方を練習した。 わたしは、かなり、かなり、不器用なので、時間がかかったり、試行錯誤しているうちに暑く [続きを読む]
  • 快適、氷のある生活
  •  いろいろあって、昨夜はパニックのち床で倒れるように眠ってしまい、今になって目が覚めてしまったので、書くつもりだった記事を投稿します。 実は家には製氷皿がずっとなかった。あつーい夏も、夫(そのころは恋人)は、常温の飲み物じゃないと身体に悪いからと、氷の必要性を感じていなかったからだ。 でも、今年の6月末くらいからかな。わたしはほとんど毎日、紅茶を飲むのだけれど、このくらいの時期になったらアイスティ [続きを読む]
  • 2010? 2013?
  •  わたしは今、作業所でパソコンの勉強もさせてもらっている。午前が刺しゅう商品の作成、午後がMOSのテキストを使ってWordとExcelの知識を深める、という感じで。 作業所でいちばんパソコンに詳しい職員さんとこの前、話していたとき、どうせ勉強しているのならばMOSの試験を受けてみたいと伝えたら驚かれた。「とって損はない資格だからいいと思うけれど、そこまで考えていたのか」と。 で、そのときは休み時間だったので、MOS [続きを読む]
  • くるくるハンドスピナー
  •  最近、巷で人気のハンドスピナーにわたしもハマっている。 きっかけは、クレーンゲームの景品でハンドスピナーが置いてあったこと。その台の端に、どんなものなのかわかるようにサンプルが展示されていて、自由に回せるようになっていた。試しに指先でくるっと回してみたら、ものすごい勢いで回るではないか。見ているだけで飽きない。すごく楽しい。というわけで、クレーンゲームに挑戦してみることにした。 そして、難易度の [続きを読む]
  • 願ったり祈ったりしたい
  •  ストールの羽織り方は、調べてみたら、おしゃれなものがいろいろでてきてひと安心。あとは、わたしがうまくストールを使いこなせるかどうかだ……! さて、今日は七夕。きっと雨降りの1日になるのだろう。それでも予定はこなさなくてはならない。憂うつだけれど、頑張ろう。 話は変わって、わたしは普段、なるべく「願う」とか「祈る」ということばを使わないようにしている。なぜならば、それはとても大きな約束で、果たしき [続きを読む]
  • ストールで夏を越す
  •  晩ごはん、冷しゃぶと浅漬けだったのだが、どちらも冷たい食べ物だから、今すごく寒い。最近やっと部屋に導入した扇風機を回さなくてもいいくらいに。 作業所、まだ7月も第1週だけれど、順調に行くことができている。作業も、途中で調子を崩してできなくなる、ということもないどころか、かなりバリバリ進めている。 今月はバザーなどが多いみたいで、刺しゅう作品を量産しないと間に合わないから、どうかこのまま頑張れますよ [続きを読む]
  • 珍しくアンテナが働いたこと
  •  わたしには、1年半くらい前から定期購読している手芸雑誌がある。昨日その最新号が届いたのだけれど、驚いたことに、その会社の出版している他の手芸関連の雑誌の創刊号が、おまけで、つまり無料でついてきた。 創刊号は、籐を使って小皿を作るというもので、かなり惹かれてやってみたいなぁと思ったのだが、その雑誌のCMが流れているころに親が、「やってみたいなぁ……」と、つぶやいていたことを思いだしたので、メールで欲 [続きを読む]
  • 当たり前をできるように
  •  7月……。もう2017年も半分が終わってしまったのか。どんな上半期だっただろう。 とりあえず、作業所に安定して行けなくなってしまったのだよな。休みがちになって、工賃は激減するわ、自己肯定感も低下するわで、くるしい上半期だった気がする。 もちろん、楽しいこと、うれしいこともたくさんあった。結婚できたことが特に当てはまるかな。 そんなわたしの下半期……というと、スケールが大きすぎてプレッシャーになるので [続きを読む]