k.s. さん プロフィール

  •  
k.s.さん: 発信
ハンドル名k.s. さん
ブログタイトル発信
ブログURLhttp://marrow14.blog11.fc2.com/
サイト紹介文自閉症スペクトラム障害のわたしが、B型作業所に通いながら、ちまちまと生きる日々について。
自由文基本的にお気楽な日記。
自殺未遂などでの入院経験、自傷癖ありですが
最近は一応、落ちついた生活を送っており、通院記録や趣味の手芸について記事にすることもあります。
過去には境界性パーソナリティ障害の診断を受けていましたが、2015年にASDであると確定診断を受けました。
精神障害者保健福祉手帳2級、障害基礎年金2級をいただいています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2011/08/31 17:54

k.s. さんのブログ記事

  • にっこにこの通院日
  •  昨日に引き続き、4月の2回目の通院記録。 この日はやけに気分が高揚してニコニコしていた。つき添いの夫も、「あとでズドーンときそうだなぁ」と心配するほど。それでも、前回の通院から今回までの間には、困ったこと、つらかったことが多かったらしい。 学生時代のサークルのOB・OGで作った本の読書会を楽しめず、落ちこんだこと。作業所に行けなくなりつつあること。それは睡眠サイクルがおかしくなってきているからであるこ [続きを読む]
  • 納得せずにピルを飲む
  •  そういえば書いていなかった4月の通院記録。4月はゴールデンウィークの関係で、2回通院しているので、この記事では1回目の通院について書く。 このころは調子が悪くて、またもや凍死できないかと夜中にパジャマで外に出て震えてみたり、夫にそのとき「死にたいなら先の約束をしたらいけない」と言われて、じゃあ入院して社会的に死ぬしかないよなー……と思ったりしていた。あと、基礎体温をつけ始めていたので、婦人科を紹介し [続きを読む]
  • もう眠りたくない
  •  最後の記事を書いてから、無気力状態に陥っていて、ほぼ寝たきりだった。 親からは夜中の1時半ごろに、メールには気づいていたけれど外出先で飲んでいたから後回しにしようと思って、気がついたら飲みすぎ、酔いどれ状態で帰宅し、その時間まで爆睡していたと、メールがきた。ばかばかしい。勝手に心配したのはわたしだけれど、なんだかな。もう疲れちゃった。 昨日も夜、気がついたら眠ってしまって、夜中には起こしてあげる [続きを読む]
  • 実家と音信不通
  •  実家と連絡がとられない。 ちょっとした用事があったので、親にメールしたら、数時間、待てど暮らせど返信がない。心配になって電話をかけてみたら、「現在電話を使用できる場所にいません」的なアナウンスが流れて。あまりにも心配だから、実家に今はいる弟に電話するけれど、当然のように無視された。そして、最後の手段で、実家の固定電話にかけてみたが、やはり誰もでない。 こんな日に限って、夫は飲み会でいない。ただ親 [続きを読む]
  • クライシスプランをとりいれる
  •  前回の記事で書いたように、日中の活動に支障がでている状態だから、作業所もまちまちでしか通えていない。工賃のこととか、生活リズムのこととか、いろいろ焦るけれど、身体が思うように動かなくて、苛立つ。 そんな作業所を休んでしまって、午後からやっと動き始められるようになった日に、どう有意義に過ごすべきか? 最近は、前に主治医が言っていた「クライシスプラン」のことを考えながら、どうにかやりくりしている。  [続きを読む]
  • わたしはあなたの白アリ
  •  少し前に「死ねないなら生きていくしかない」とか書いたばかりなのに、死のうとしてしまった。 夜によく眠られなくて、日中の活動に支障がでている。あれもこれもしたいのに、思うように動かれない。気がついたらうたた寝してしまったり、やる気がでなくて虚ろにぼんやり過ごしたり。それでも心は焦燥感でいっぱいだから、決して気は休まることがない。 そんな日々を重ねていて、疲れ果ててしまった。みんな頑張っているのに、 [続きを読む]
  • 鳥肌で通常営業
  •  5月も半ば。気温が高い日が続いて、天気予報では「熱中症対策を」なんて言葉もきこえてくるようになった。それでもわたしは、未だに作業所でも家でもヒーターを使っている。毎日、寒くて鳥肌がたつ。 それでも、ハイネックのセーターはさすがに季節感がないよなー……と、今月から作業所の制服を夏仕様(?)にした。7分丈のリネンのシャツに、スカンツという格好。 日差しの中を歩いていると、これくらいでちょうどいいなと感 [続きを読む]
  • 少しでも快適かつ丁寧に
  •  終えたいなんて思っても、結局わたしは生きている。少し波が穏やかになっても、また荒波がやってくる毎日。それを続けることに価値や意味を見いだそうとすること自体、無駄なのだ。「死ねない」。その厳然たる事実がある以上、わたしは少しでも快適に生を紡いでいくように工夫するしかない。 掃除や洗濯を丁寧にする。自分が役に立っていると感じられるように。ただの資源の穀潰しではないと思えるように。 趣味にとり組む。没 [続きを読む]
  • もう終わりたい
  •  死にたいと泣きながら眠った昨夜。このところすこぶる調子が悪い。 夫と一緒に死にたかった。だから訊いた。「何歳くらいまで生きたいの?」と。彼は「生きられるならずっと生きたいかな」と答え、わたしを驚かせた。前まで、いつ死んでもいいと言っていたのに。 どうやったら死ねるのだろう。いや、死ぬ方法はそこら中に転がっているのに、どうしてわたしは成功できないのだろう。そればかりぐるぐる考える。生きていることで [続きを読む]
  • 刺しゅうに踊らされる
  •  インターネットで、刺しゅうの美しい服を2着、買ってしまった。後悔はしていないし、値段も適正だと思うけれど、ちょっと衝動買いすぎるというか、計画性がなかったかなー……。 刺しゅうといえば、この前からちらちら書いているブローチにするためのクロスステッチのチャートも完成した。あとは刺しゅう糸と、刺しゅう用のリネンを購入すれば、準備万端。 ところで、わたしはクロスステッチでリネンに刺しゅうするというのは [続きを読む]
  • 均された幸福を泳ぐ
  •  眠気のおとずれない午前2時。音楽をききながら、しかたなく部屋の明かりをつけて、やり過ごしている。 同じように眠られないひとは、この夜の中にどれくらいいるのだろう。そのひとたちは、どんな気持ちを抱えているのだろう。孤独感なのか、苛立ちなのか、焦りなのか、諦めなのか。 わたしは今、別に悩みで頭がいっぱいになっているわけではないのに、寝られない。そして、秒針の音にそわそわしながらも、この夜を永遠のよう [続きを読む]
  • ピルでイライラしているのか
  •  連休明け、気持ちよく夫を仕事に送りだしたかったのに、つっかかってしまった。 昨晩ブログを書いたあと、疲れて床でそのままごろんと眠ってしまって。気がついたら朝。慌ててお風呂に入ったり、家事をしたりドタバタしていたら、あっという間に夫が出勤する時間になった。 「そろそろ行くね」と声をかけられたので、掃除機を動かしていた手をとめて待っていたのだけれど、しばらくたってもテレビを見ながらゆっくり準備をして [続きを読む]
  • しゃきしゃきスケジュールに塩
  •  あー……ゴールデンウィークが終わってしまった……。忙しかったようで、だらけまくっていたような、しゃきしゃきするはずの日々に塩をふったような休日だった。 できなかったことを数えあげたらキリがない。ワンピースは完成しなかった。ブローチの図案も起こせなかった。たまっている録画した音楽番組を整理してダビングする作業も終わらなかった。 だけど、できたことに目を向けたら、意外と少なくはない。ワンピースは裁断 [続きを読む]
  • わたしとあなたで死ぬまで眠ろう
  •  ごめんなさい、ちょっとだけ愚痴らせて。 夫が見境なく「つかれた」と言って眠りこけるのが、嫌で嫌でたまらない。お風呂に入ってほしくて起こすのも、風邪をひかないか心配するのも、もううんざり。 しあわせにしてもらうために結婚したのではないの。守ってもらうためでもない。互いに幸福になるために、決意した。それでも、こうやって苛立ちに追われる日々を過ごしていると、これでよかったのかなって。 わたしだって、昨 [続きを読む]
  • 音楽マニアのいびきの旋律
  •  昨日はろくに寝ていないのに、けっこうアクティブに動いてしまった。そのせいか、今日はダラダラの1日だった。ワンピースを連休中に完成させるべく、裁断をしておきたかったのだけれど、まったく手つかず。ワッペン(正確にはブローチ)にするためのクロスステッチ図案も、完成間近まできたのに、あと少しが起こせていない。 で、昨日は一体、何をそんなに動き回っていたのかというと、午前中はマーガレットを編み上げ、日用品 [続きを読む]
  • そう、今日も元気に
  •  昨晩は、なかなか寝つけなかった。そして、4時前に早朝覚醒。睡眠がうまくとられなくて、くるしい。 先月の診察で、眠剤をまた試してみようかという話になったけれど、実はピルを飲むことも決まっていて。ピルがどういうふうに作用するかわからないから、眠剤処方話は流れてしまった。 そして、今日がピルを飲み始める日。正直、ものすごく不安だ。診てくれた婦人科の医師が、わたしのことを「月経困難症」だと言って、処方し [続きを読む]
  • しゃきしゃきゴールデンウィーク
  •  5月になってしまった。先月は特に頑張ってはいないから、急にずどーんと落ちこむことはないだろうけれど、気をつけて過ごさなければならない時期だ。ゴールデンウィークで、だらだら生活する癖がつかないように、注意しよう。 そんな懸念もあるので、ゴールデンウィークはけっこう予定をつめこんでいる。楽しい予定が多いが、母の日に間に合うようにマーガレットを編みあげなければ……というプレッシャーもある。あとは縁編み [続きを読む]
  • 家出した蟻
  •  サークルのOB・OGの集まりから、ゴールデンウィークに飲み会をするという話がきた。この前の読書会で、ひとと関わることにうんざりしきってしまったから、もちろん欠席。もう、作品だけ本にするときに提出して、それ以上の踏みこんだつき合いは誰ともしたくない。いじわるされたわけでもないのに、そうやって気持ちが引きこもってしまう。「自分に合う」コミュニティだけ探していても、何ひとつズレないものなどないし、孤立して [続きを読む]
  • 面倒と重荷のちがい
  •  うおぉ、すっかり忘れていた。先月の通院記録。 入籍してから初めての通院だったので、その報告が大きな話題ではあったけれど……。障害者手帳の更新のために診断書を作成してもらうことを主治医にお願いするのに、診察には最初、PSWにも入ってもらったのだが、それが波乱(?)をもたらした。 診察室に入ると、はい、主治医がすごく不機嫌な顔をしているー! 完全に固まるわたし。主治医は「何から話しますか」と、とても低 [続きを読む]
  • バリアフリーを阻む当事者
  •  ネットニュースで、(発達)障害についての記事を見つけたので、何気なしにその記事についたコメントまで読んでいたら、どうしても引っかかってしまう内容のものを見つけた。   いろいろな障害に対して  それが当たり前なのだという世の中になってしまったら…?  もはや健常者のほうが逆差別されてしまい  福祉の充実のために高い税金背負わされたり  ありがたく無理して働いてくださる障害者様の殿様勤務の代わりに [続きを読む]
  • マリオネットかこっくりさん
  •  人生で思いどおりにいくことって、全体の何%なのだろう。わたしの人生は、わたしのコントロールの及ばないところで転がりに転がって、ここまできてしまいました。 わたしの意志だと感じていたことも、誰かの手に踊らされていたり、何となくなりゆきでそうなってしまったりしただけで、わたし自身が決めたことなど、ほんのわずかしかないのかもしれない。 自殺企図は、わたしの意志だったのか、カウンセラーの対応に背中を押さ [続きを読む]
  • けがらわしい無色透明
  •  つかれた。 生きていていいのかわからなくなったときは、だれにわたしの存在価値を教えてもらえばいいの? つくりわらいのぎこちなさを見抜かれたときは、どんなかおをしてみせたらいいの? こんなふうに他人任せにやってきたから、くるしいの? あなたの思いどおりにできない。負担になることしかできない。 このいのちを絶つことができないから生きているだけだという、消極的な日々のつみ重ね。その先にあるものは同じな [続きを読む]
  • 動く病人の看病
  •  夫が体調を崩している。今週は仕事に1日も行っていない。 体調はもちろん心配だけれど、仕事にこんなに行かなくて、業務が山積みにならないかとか、有休の残り日数は大丈夫なのかとか、他のことも気にかかってくる。だってまだ、4月だぜ……。それで有休を5日も消化してしまったら、これからまた体調が悪くなったとき、どうするのだろう。 夫の勤め先は「休む」ことに比較的、寛容だから、わたしの調子がよくないときも、早退 [続きを読む]
  • 平成生まれの大正浪漫
  •  久しぶりに家で、編み物ではなくソーイングをした。 わたしはある手芸店の会員になっているので、ときどき割引のDMが届く。その話を作業所でしたら、「(わたしの担当する)手芸に使うもの、買ってきてもらえると助かるなぁ」と言われた。さすがにDMをそのまま渡して、万が一、「いやいや、あなたこの宛名のひとじゃないでしょう」と、職員さんが搾りあげられたら大変だからだ。 そんなわけで、さっそく手芸店に寄って、頼まれ [続きを読む]
  • ふつうに見えるはもうごめん
  •  このところ多忙だった。 いちばんの大きなイベントは、学生時代のサークルのOB・OGで作った企画誌の読書会。これがまた準備が大変だったわりに、報われた部分が少なくて、正直、ガッカリものだった。 わたしは2作品(詩が5篇でひとまとまりのものを、2つ)、原稿をだしたのだけれど、読書会では作者ひとりにつき30分の時間をとるのみ、というルールがあったおかげで、2作品まとめての批評をされることになってしまった。もうそ [続きを読む]