k.s. さん プロフィール

  •  
k.s.さん: 発信
ハンドル名k.s. さん
ブログタイトル発信
ブログURLhttp://marrow14.blog11.fc2.com/
サイト紹介文自閉症スペクトラム障害のわたしが、B型作業所に通いながら、ちまちまと生きる日々について。
自由文基本的にお気楽な日記。
自殺未遂などでの入院経験、自傷癖ありですが
最近は一応、落ちついた生活を送っており、通院記録や趣味の手芸について記事にすることもあります。
過去には境界性パーソナリティ障害の診断を受けていましたが、2015年にASDであると確定診断を受けました。
精神障害者保健福祉手帳2級、障害基礎年金2級をいただいています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供185回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2011/08/31 17:54

k.s. さんのブログ記事

  • 瞬発力より持久力
  •  すっかり忘れていた、2月の通院記録。 1月の通院では、手帳の更新が近づいているから、夫から見たわたしの「できないこと、困っていること」などをまとめたメモを渡したのだが、今回はいよいよ未記入の診断書を預ける、というのが目的だった。結果としては、郵送することになったのだけれど(日づけの都合で、早く預けると紛失するかもしれないと、主治医に言われたため)。 で、診察。主治医に来月以降の日づけの診断書が必要 [続きを読む]
  • 代わり映えしない1ヶ月
  •  昨日で入籍して1ヶ月になった。 約半年、同棲していたこともあって、入籍したからといって生活ががらりと変わることもなく、穏やかに、ときにわたしは激しく落ちこみもしたが、それなりに楽しくやっていけている。 新鮮さや、恋愛のようなドキドキはなくても、夫の寝顔を見たりしたときにふと満ち足りた気持ちになれる。そういう瞬間の積み重ねこそが大切だと思うから、結婚してよかった。夫も、同じように感じてくれていたら [続きを読む]
  • おとなになれないおとな
  •  昨日の記事でうだうだと悩んでいた読書会の件が解決した。 とりあえず、まず連絡をくれた(下読みの)先輩と電話をして、ここに挙げたような不安をひとつずつきいてもらい、たくさんの解決策となり得るような提案をしてもらった。話の流れで、「発達障害がある」ということも伝えた。それで些細なことも不安になったり、緊張したりするのかもしれない、と。 そこでは明確に結論は出ず、今度は主宰の(家を貸してくれる)先輩に [続きを読む]
  • よそ様の家はこわい
  •  OB・OG企画誌の読書会について、下読みしてくれていた先輩から連絡があった。いつ開催されるのだろうと心待ちにしていたから、うきうきしながらメールを読んだら。わたしが参加するのは難しいのでは……というような参加概要が書いてあった。 開催候補の日程は、わたしは暇人だからいくらでも合わせられるけれど、場所が……。なんと、もうひとりの主宰の先輩の自宅で読書会をするというのだ。 先輩は結婚しているが、自宅に招 [続きを読む]
  • セルフホールディング
  •  つらいことがあって、こころの容量をかなしみや悔しさ、情けなさが超えようとしたとき、最近はすぐひとに頼るようになっていた。ためこんでためこんで、大爆発するよりかはいいと思っていた。頓服を飲んで、泣いて、休んで、それでもどうしようもないならば、誰かの助けが必要なのだと。 別に今でも、それはまちがった考えだとは思わない。ひとりで頭がばかーんとなって、変な行動を起こすよりかは健全だ。だけど、もう少し、自 [続きを読む]
  • 屍からゾンビくらいには
  •  絶不調続きの今日このごろだったが、やっと屍からゾンビになるくらいには回復(?)した。 少しだけ編み物に手をだしたり、家事を朝のうちにやったり。楽しむこと、当たり前のこと、そういうことができるようになってきたのだ。 それでもまだ、作業所は絶賛お休み中。いいかげんに次の利用日には行きたいところだけれど、最近の朝の動けなさが尋常じゃないから、自信がない。自信がないが、お休みしますと電話する度、職員さん [続きを読む]
  • 心と現実の時刻
  •  うすいイライラの膜がわたしに張りついている。 作業所はあのあとも結局1日、休んでしまった。遅刻してでも行こうかと思ったけれど、身体が動かなかった。 ひどい暴言でなければ、自分の意にそぐわない言葉にも、真摯に対応してくれると信じていたひとがいた。そのひとに、わたしの思いが黙殺された。そのショックが今はいちばん大きい。 あなたにこの思いを伝えるまでに築きあげた覚悟。きっと向かい合ってくれるだろうと期 [続きを読む]
  • しあわせかどうかくらい
  •  いろいろなことが重なって、もう自分なんて消えてしまえばいいのにと思っていたけれど、結局はこうして生きている。笑顔を作ることも、楽しそうにすることもできる。 「なんとかなる」が夫の口癖で、それは別にいいけれど、計画性のなさに振り回されるのはうんざりしていた。「なんとかする」ために、彼だけでなく、わたしもまきこまれることに。 だけど、それでも、このひとはわたしが選び、選ばれたひとなのだから、ぐっとこ [続きを読む]
  • 疲労メーター修理中
  •  まだ今週も半ばだということが信じられないくらい、ぐでぐでになっている。作業所を休んだり、行けたとしても帰ってきたら数時間くらい昼寝しないとだめだったり、休日はほぼ1日と表現しても過言ではないくらい眠ってしまったり。なんで今週は、こんなに体力が削られているのだろう……。 作業所を休む日は、いつもわたしは朝、パニックになる。 夫に、「なんだかしんどいよーだるいよー」と訴えるくせに、いざ「休んだ方がい [続きを読む]
  • コツコツ集めた少しの贅沢
  •  学生時代にバイトををやめて1年くらい経ったころからだろうか。アンケートサイトに登録するようになった。そして、今も工賃だけでは到底やっていけないから、4つのアンケートサイトを続けている。 金融機関に振り込みしてくれるところは、ポイントを現金に換えているのだけれど、一部ギフトカードやクオカードなどにしかポイントを換えられないところもあるので、そこではAmazonのギフトカードをもらっている。 で、半年ほどか [続きを読む]
  • 企画誌が完成した
  •  1月くらいまで、原稿が書けないだのなんだの、うだうだ言っていた企画誌が完成し、手元に届いた。 わたしは無事に詩を5篇ずつおさめた原稿を2つ提出できた。小説のひとたちに比べると文字数は圧倒的に少ないが、そのぶん密度を濃くすることで、「読んだ!」という爽快感とか、満足感を、同じように提供できていればいいな。大先輩にたくさん労力をかけてもらって、添削を繰り返したこともあるのだから、そうでもできないと恩返 [続きを読む]
  • 予定はひとりきりで
  •  2月はあまり更新できないかも……という心配から、張りきってブログ記事を書いていたら、15回どころか20回も更新できた先月。そこで力尽きたのか、今月はいきなり2連休してしまった。仕事じゃないから、いいのだけれどさ。 なんというか、イライラしたり不穏になったりする日々が続いています。今も調子が悪い。だからあまり、長々とは記事を書かないつもり。 予定の変更、が本当に苦手で、夫もそれを知っているはずなのに、ど [続きを読む]
  • やさしいのはあなただよ
  •  わたしの通っている作業所では、ときどき小・中学生の子が実習にくることがある。しかも、ほとんどが特別支援学校の児童・生徒たちで、わたしたちと同じように、何らかの困難さを抱えている子たちだ。 この前は、視覚特別支援学校の中等部の女の子が、先生と一緒に実習にきた。 お昼休みのこと、わたしがぼんやりしていたら、その子が先生と一緒にやってきて、「お話していいですか」と訊いてきてくれた。ちょっと人見知りがあ [続きを読む]
  • 恩返しはよくなっていくこと
  •  なんだか不穏な記事を書き殴って、1日だけとはいえ放置してしまってすみません……。わたしはげんきです。落ちこんでちょっとエキサイトして、夫に心配はかけたけれど、それ以上のことにはなっていません、無事です、はい。 それにしても、2月もあと1日で終わりだよ……。時の流れがはやいこわい。そして先月の通院記録を書いていなかったことに気がついたので、今日はそれを書きます。 1月は中旬くらいに通院した。それで、診 [続きを読む]
  • 人形になりたい
  •  今日は1日、寝ふせっていた。夫は休日出勤で、ひとりの時間がたくさんあるから、いろいろとしたいこともあったのに、ただただ悪夢を見て、目覚めて、また眠って、うなされて。その繰り返し。 頑張らなくていい、頑張りすぎるところがある。よくそう言われる。 でも、実際に今日みたいなことになったら、「とにかく頓服を飲んで」、「あと少し我慢して」って言われるのだよね。それのどこが、頑張らなくていい、という発言につ [続きを読む]
  • 感情のアルバム
  •  音楽をきいたり、本を読んだり、きっかけはいろいろあるけれど、それらに急激に感化されて、気持ちがごちゃごちゃになることがある。この世界そのものにひれ伏したくなるような、そういう気持ちに。 そんなときわたしは詩を書いてきた。詩を書くことで、わたしは今、何に刺激されているのか、どう感じているのか、整理する。そうして書きあげた詩は、大抵、つまらない。意味を成さないものが多い。それでもわたしは満足する。詩 [続きを読む]
  • 眠気がわたしを消していく
  •  この2日間、眠くて眠くてたまらない。お化粧を落とさずに寝てしまったり、眠すぎてお風呂にも入られなかったり、いろいろとひどい。作業所には行くことができているのが、唯一の救いだ。 眠いのに、深く寝ることができなくて、浅い眠りをうとうと繰り返している。今もあくびがとまらないのに、横になっても入眠するには至らず。この中途半端な状態がずっと続いていて、何もできないまま日が沈んでいく。 今日は風が強いから、 [続きを読む]
  • 入籍完了、結婚しました
  •  タイトル通り、今日、恋人と入籍した。これで彼は、恋人ではなく夫になる。 今日は役所に行ったり、挨拶したいところへ訪問したり、晩ごはんを外食してきたりと、いろいろ忙しくしていた。忙しかったのに、とても満ち足りた気持ちだ。 右手薬指にはめていたペアリングをはずして、夫が結婚指輪を左手薬指にはめてくれたとき、とてもとてもうれしかった。わたしたちのちいさな結婚式のようで。指輪はまだ少し左手にぎこちなくは [続きを読む]
  • 結婚指輪に手紙
  •  数日前、結婚指輪ができたと連絡があったから、受けとってきた。 指輪を選ぶとき、担当してくれたひとが、おめでたいことに結婚されたそうで、お休みだからと他のひとが対応してくれたのだけれど、最初の担当のひとが手紙を書いてくれていて、驚いた。サービスきめ細やかすぎ……! すごくうれしかった。でも、まだ読んではいない。指輪と一緒にきれいにラッピングしてくれたから。指輪は入籍日に開封しようと恋人と話して決め [続きを読む]
  • 届くところまで手を
  •  昨日はかなり憂うつそうな記事をあげてしまったけれど、今日はもうすっかり元気。マリッジブルーなんて言葉をだしたことがおこがましいくらい、ころころ変わるわたしのこころ。 あのあと、傷つけるとわかっていたのに、恋人に記事に書いたような内容のことをぶちまけた。泣きながら。泣きたいのは、傷ついたのは、きっと恋人の方だろうに。 それでも恋人は、やさしくわたしの本音をつつみこんでくれた。セックスでわたしがうま [続きを読む]
  • 虚ろでもまだ笑えるから
  •  どうせみんないなくなるのに、どうしてつなぎとめようとしちゃうのだろう。 恋人と身体を重ねても、うまく感じられないことが増えてきた。嫌悪感はない。ただ、そういうときは、わたしひとりがとり残されていくような、虚しさが突き刺さる。 わたしは、きれいに、偽りのないような笑顔を、浮かべられているだろうか。そんなもの振りまいたところで、周囲は満足しても、わたしはどんどん自分の心を叩き壊すことになって、最後は [続きを読む]
  • つらい夢をめぐる旅
  •  ここ数日間、「眠い」という感覚もないくらい強烈な睡眠欲に呑まれて、本当に1日中、眠り続ける……という日々を過ごしていた。 眠りは浅いもので、たくさんの夢をみた。どれも悪夢だった。助けて助けて、ここから脱けだしたい! そう願ってめざめても、またすぐに眠りに引きずりこまれる。生きる屍のようになっていた。 悪夢の内容は具体的なものから抽象的なものまでさまざまだった。 思いだしたくない人を殺そうとする夢 [続きを読む]
  • 本命のカモフラージュ
  •  今日は、バレンタインデー。しかも、独身最後(になるはず)の。 というわけで、今年は気合いを入れて、恋人にチョコレートを用意した。手づくりではないけれど、すごく奮発してお高いブランドのチョコレートを買ったのだ。おかげで財布はすっからかん。 今朝、恋人が仕事に行く前に、チョコレートを渡した。よろこんでくれたから、財布を軽くした甲斐があったというものだ。「帰ってきたら一緒に食べよう」と言って、出ていっ [続きを読む]
  • 世間は狭く、わたしはすっぴん
  •  この前の休日、恋人と一緒に手芸店へ行った。ワンピース用の布を買うために。 かなり時間をかけて、じっくり布を選び、恋人もたくさんアドバイスしてくれたので、とても気に入った布を購入できた。2.2mくらい必要で、カットしてもらうとき店員さんに、「足らないかも……」と言われてしまったけれど、ギリギリのところでカットできた。それもあって、いい布を選べたなーと、より満足している。 で、裁断してもらってからお会計 [続きを読む]
  • シックスパック目前か
  •  風邪がよくならない! のどが痛いー、咳が止まらないー、腹筋が鍛えられるー(?)。 熱はなくて、症状が主にのどに集中しているだけだから、そしてわたしは今の通院先の精神科以外にかかるのが好きじゃないから、どうも病院に行く気にならない。そしてずるずると長引く風邪。 どうして通院先以外の病院に行きたくないのか。それには浅い理由がありまして、薬の飲み合わせの話になったとき、「心を強くもとう」みたいな的外れ [続きを読む]