ロッカリア さん プロフィール

  •  
ロッカリアさん: シネマの自由時間
ハンドル名ロッカリア さん
ブログタイトルシネマの自由時間
ブログURLhttp://cinemakan.blog83.fc2.com/
サイト紹介文映画や音楽の事を自由に語ってます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 334日(平均1.2回/週) - 参加 2011/09/01 23:44

ロッカリア さんのブログ記事

  • 重大発表があります(笑)
  • 2007年に、VOXでブログを始めてかちょうど10年が経ちました。そのVOXが運営を辞めてしまうのを機に、2008年からこのFC2で始めたのが「ラジオ・ヒッチコック」でした。そこも諸事情により続けるのが困難になり、一度はブログを辞めようと思いましたが、ブログを通じて親しくなった皆さんのブログを拝見すると、「やっぱり楽しそうだなぁ〜」と触発され、考えを改めて立ち上げたのがこのブログ、「シネマの自由時間」でし [続きを読む]
  • 原田マハ「キネマの神様」、知らなかった…
  • こんにちは、ロッカリアです。2011年に出版されていたことすら知らず、文春文庫のof the year2016-2017と言うフェアを本屋さんでやっていて、初めてこの本の存在を知り買いました。原田氏の本は、「楽園のカンヴァス」しか読んだことがありませんでした。アラフォーの歩(あゆみ)が、シネコン建設を計画するゼネコンを退社する日、ギャンブル狂の父親が心筋梗塞で入院する。母と父(79歳)が住むマンションの管理室の仕事を [続きを読む]
  • 『ビッグ・マグナム77』HDマスター版DVDでついに発売!
  • こんばんは、ロッカリアです。往年のアクション映画ファンの皆さん、お待たせしました!ついにと言うか、やっとと言うか、あのハリー・キャラハンが優等生に思えるほどの、はみだし刑事の登場です。今では考えられない街中でのカー・チェイス、マグナム44でホバリングするヘリコプターを破壊する等々、それまでにない度肝を抜くアクションが話題になったB級映画。公開当時はあまりヒットしませんでした。『ダーティハリー』の焼 [続きを読む]
  • 「ヒッチコックへ進路を取れ」文庫になりました!
  • こんばんは、ロッカリアです。山田宏一氏と和田誠氏の二人に、ヒッチコックを語らせたら右に出る者はいない、そう信じて間違いない内容です。二度目の共著(たかが映画じゃないか)で、息の合ったやり取りと、ツボを押さえた解説はとても面白い。イギリス時代の作品から、話は時系列に進み、作品ごとにヒッチ先生の名人芸を分析・解説していますが、どこをどう読んでもこの二人、仕事だと思っていません。(笑)読者が楽しむ前に、 [続きを読む]
  • 『新・おしゃれ泥棒』ゴキブリ・パッケージの恐怖!
  • こんばんは、ロッカリアです。ひどい、ひど過ぎる!大嫌いなゴキブリが前面に大きくデザインされたDVDのパッケージ、一体誰がこんなソフトを買うというのか!(オレだ…)このパッケージから見て、一体どれほどのゴキブリが、この映画に関係しているんだろうと、見たことのない人は想像するはず。逆に、この映画を昔テレビなんかで見た人は、はて? この映画にゴキちゃんなんて出ていたっけ? と思うかも知れません。実は僕がそ [続きを読む]
  • 『シン・ゴジラ』からヴァレンタイン!?
  • こんばんは、ご無沙汰しています、ロッカリアです。みなさんお元気でしょうか?こんなことでもないとブログをアップしないので、個人的なことで申し訳ありませんが、久しぶりにアップしてみました。娘が先月、数量限定のチョコを買ったで〜と言っていたので、ナンジャらホイと思っていたら、昨日その意味がわかりました。なんと、ゴジラ・チョコだったのです。銀色にか輝く箱を開けてみると……。何となんと、1作目のゴジラから2 [続きを読む]
  • ついにスポンサーのCMが出てる…
  • ご無沙汰しております、ロッカリアです。実は高齢の母の介護や仕事等で、なかなか更新ができません。映画は相変わらず見ていますが、なかなか記事にできない状態です。時折更新もしようと、なんとか頑張っていきたいと思います。暖かい目で見てやってください。皆さんも、この季節身体に気をつけて頑張ってくださいね〜! [続きを読む]
  • ビートルズ【ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル】の衝撃!
  • こんばんは、ロッカリアです。「不思議に国のアリス」に出てくるうさぎのように「ああ忙し、ああ忙し」と落ち着きがありません。そんな中、久々にタワレコに行って、CDを5枚ほど買ってきました。その中でも、やっぱりこのビートルズのライブ盤はインパクトがありました。1977年に一度世に出た、唯一の公式ライブ盤ですが、今回は入念にリマスタリングされ、音の広がり、奥行き、そしてFAB4の演奏にも厚みが出て、マニアも納得 [続きを読む]
  • 『アダムス・ファミリー』怪物一家の日常を描く
  • こんばんは、ロッカリアです。気温の変化に体が付いていきましぇん。みんさんもご自愛くださいね。 1. ホラー・コメディだけど怖くない。苦手な人も大丈夫 2. ゴシック様式のビジュアル世界に迷い込みそう 3. 不幸が幸せ?と言う逆説的な論理はありですオープニングに流れる「アダムス・ファミリーのテーマ」は、この作品を知らない人でも、一度は耳にしたことがあるはず。そしてエンディングのテーマは、当時全世界で人気の [続きを読む]
  • ジーン・ワイルダー、逝く…
  • こんばんは、ロッカリアです。少し経ってからこの訃報を知りました。さすがにショックです。70年代TVの洋画劇場で、声優の広川太一郎氏の吹き替えで、僕たちを大いに笑わせてくれたコメディ役者、ジーン・ワイルダー氏が8月28日、83歳で死去されました。本当に残念です。広川太一郎氏は、どんな役者でも面白く吹き替えしてくれましたが、個人的には、ジーン・ワイルダーとのコンビこそが最高のパフォーマンスを見せてくれた [続きを読む]
  • 『星の王子:ニューヨークへ行く』星の王子とは何か?
  • こんばんは、ロッカリアです。「私たちが愛した80年代洋画」という本を読んでいて、無性にこの映画を見たくなったのでエアチェックしたブルーレイ・ディスクを見ました。 1. 『ローマの休日』をエディ・マーフィー流にアレンジ 2. 細かいギャグ満載で、本当に笑えます 3. 「星の王子」と付けた邦題は上手い!1988年に『アニマル・ハウス』やマイケル・ジャクソンの『スリラー』のミュージック・ビデオを監督したジョン [続きを読む]
  • オンエア情報をお送りします
  • こんばんは、ロッカリアです。 wowowの9月のラインナップを見て思わず「ああっ」とため息が出ました。9月12日(月)夜7時から、スティーブ・マックィーン若かりし頃のSF、『マックィーンの絶対の危機(ピンチ)』がオンエアされます。オールドファンには、別名『人喰いアメーバの恐怖』と言った方が馴染み深いかも知れませんね。今回、当然ハイビジョン放映なので、どれほどの画質なのか、ちょっと期待してみましょう。DVDを持 [続きを読む]
  • 『シン・ゴジラ』ミニラじゃない!
  • こんばんは、ロッカリアです。お盆休みに見ました。ブログにアップしようか迷いましたが、こんな意見もあるという事で記事にしました。当然ネタバレです、未見の人は要注意!レビューにすると、「なんじゃこりゃ!?」の一言で終わってしまうのでエッセイで。全国の『シン・ゴジラ』ファンの皆さん、本当に申し訳ない。僕には見る目がないのか、老ぼれてきたのか、あるいはボケてきたのか、その全部なのか……。見る人見る人を虜に [続きを読む]
  • 『怪盗ルビイ』は怪盗じゃありません!(笑)
  • こんばんは、ロッカリアです。DVDも廃盤になって久しいこの作品、WOWOWでのオンエアを録画して見ました。(やっと) 1. キョンキョン版『おしゃれ泥棒』 2. アイドル全盛期のアイドル映画 3. 80年代が楽しめます1988年にイラストレーターの和田誠氏が『麻雀放浪記』とは全く雰囲気を変えて作ったロマンティック・コメディで、ブルー・リボン賞を受賞しています。小泉今日子は劇中で何度も衣装を変えて、オードリー・ [続きを読む]
  • 『ある愛の詩』の監督、アーサー・ヒラー逝く…
  • こんばんは、ロッカリアです。中学の頃に見た『ある愛の詩』の中で、「愛とは決して後悔しないこと」と言うセリフを聞いた、僕はちょっとだけ大人になったような感じがした。直感的に、このセリフは生涯を通じて大切にしなくちゃ、とも感じた。歳を重ねると、より一層の重みと深さを感じるようにもなった。中学の頃に恋愛映画なんて、見ること自体が恥ずかしくて、カッコ悪くて。そんな頃に、確か「水曜ロードショー」で初めてこの [続きを読む]
  • 【私たちが愛した80年代洋画】という本を買いました
  • こんばんは、ロッカリアです。お盆休みの期間中に、『シン・ゴジラ』を見に行った帰りに、本屋さんで見つけてゲットしました。早い話が、80年代に公開された映画をジャンル別に紹介した企画と、著名人による思い出映画エピソードが紹介されています。こんな本が平積みされていたら、目の前を素通りできるわけもなく、気が付いたらレジでお金を払っていました。SF・ファンタジーでは何と言っても『バック・トゥ・ザ・フュー [続きを読む]