dragons722 さん プロフィール

  •  
dragons722さん: 天高く舞う竜
ハンドル名dragons722 さん
ブログタイトル天高く舞う竜
ブログURLhttp://ameblo.jp/dragons722/
サイト紹介文中日ドラゴンズファンのBBMカード収集を中心としたブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供173回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2011/09/02 15:45

dragons722 さんのブログ記事

  • あとは天気
  • 昨日は東京ドームと田島の相性の悪さが改めて出た最悪な試合でしたが、菅野・マイコラス相手に連勝出来たことに関しては充分な結果だと思います。(だからこそ3連勝したかったですが…)そんな中で迎える次のカードはホームでの阪神戦となります。ただ3連戦全てナゴヤドームではなく初戦は浜松球場での開催となります。そして、発表された予告先発でドラゴンズは鈴木翔太(阪神は秋山)ご存知の方もいるかと思いますが鈴木翔太 [続きを読む]
  • ソロアーチスト
  • セ・リーグはゲレーロパ・リーグはTー岡田アレックス・ゲレーロ(/20)前年のダヤン・ビシエドに続き、亡命キューバ人のメジャーリーガーを獲得しました。ビシエドと共に今年のドラゴンズの打線の中核として期待されたシーズンでしたが4月はそのビシエドと共に不振で一時期中軸から外されるなどしていましたが、5月に入り日本球界に慣れてきたのか打ち始め、19本塁打は現在、リーグトップを走っています。ドラゴンズには数少な [続きを読む]
  • 17ROOKIES
  • 丸山泰資 ドラフト6位東邦高ー東海大高校では同世代の濱田達郎(愛工大名電)と甲子園出場を争いますが敗れます。大学では3年時には首都大リーグ史上2人目の完全試合を達成し一躍ドラフト上位候補になりますが、最終学年で故障したため6位指名にポテンシャルは高く、怪我は癒えたため今後に期待藤嶋健人 ドラフト5位東邦高話題性ナンバー1ルーキーの「バンビ2世」投手としては最速146キロとキレのあるナックルカーブを [続きを読む]
  • 父の日に捧ぐ初勝利
  • 中日4-3西武交流戦5割をかけた最終戦プロ初勝利を目指したドラフト1位・柳裕也が先発し、自身の暴投などで6回に同点に追いつかれましたが7回3失点と先発の役割を果たし降板その裏、今年はここまで自責点1の牧田から亀澤が貴重な勝ち越しタイムリーを放ち1点勝ち越し、その後8回・岩瀬、9回・田島が締めカード勝ち越しを決めました。打線は前日の本塁突入で?負傷し登録抹消された平田の代わりにスタメンの遠藤が2安打、 [続きを読む]
  • イケメン5
  • 現在のカードである埼玉西武3連戦はガールズデーとなっており企画の一環としてドラゴンズのイケメンコンテストが行われ先日結果が発表されました。対象はアンダー29なため、浅尾拓也という圧倒的な人気者は対象外でした。その中で選ばれた5人は以下の通り 鈴木翔太今年、プロ初勝利を挙げるなどようやく開花の兆しを見せ始めた13年ドラフト1位良い時は良いですが、悪い時にストライクが入らなくなるのが最大の課題写真のチ [続きを読む]
  • 重厚
  • 初めての重みBBM25周年 立浪和義スーパーメタリックカード(/25)メタリックカード初入手はミスタードラゴンズです。初めて手に持ってみましたが、やはり重みがありますね〜最近よくメタリックカードが出るようになりましたが最初に封入された年の巨人のチームリミでは交換券ではなくパックアウトだったとか…(分かりやすい重さ)ドラゴンズ系のメタリックカードはこの立浪和義とマスターピースの星野仙一くらいしかまだないんです [続きを読む]
  • 惜別
  • 久本祐一(02〜12)柏原高ー亜細亜大ー河合楽器を経て01年ドラフト4巡目でドラゴンズに入団入団2年目の03年に51試合に登板し頭角を表す。04年には38試合に登板するも、優勝した試合で延長12回に満塁弾を浴び暫く投球時に手汗が止まらなくなるイップスに陥ります。06年、07年に復調するも08年以降は出番が減り12年限りで自由契約となり広島へ移籍します。入団した02年から退団した12年は全てチームがAクラスでした。広島から戦力外を [続きを読む]
  • たこ焼きと終盤戦
  • 大阪限定グッズよりタオル千葉限定は落花生、大阪限定はたこ焼きですね。今日はバルデスおじさんの好投で同一カード三連敗を免れました。打線はルーキー・山岡に苦しみましたが少ないチャンスで得点を取り、今日は継投が上手くいきました。これによりビジター6連戦を5割で乗り切り、来週からは本拠地ナゴヤドームで北海道日本ハム、埼玉西武と交流戦最終週を迎えます。最大の課題としてはリリーフの整備になると思います。特に [続きを読む]
  • 逆転負け
  • 中日3-5オリックス4回表、先頭・荒木の三塁打でチャンスを作りましたが大島・ビシエド・ゲレーロが三振で先制出来ずその裏、先発・柳がマレーロに甘く入ったボールを運ばれて正真正銘の来日初ホームラン(ホームインする時の両足ついた瞬間、かなり盛り上がりました)5回には内野ゴロの間に失点打線は先発・松葉を打ちあぐねて6回まで得点出来ず嫌な流れの中、7回に一死からビシエド、ゲレーロのホームランで同点に追いつき更に代 [続きを読む]
  • 左右の大卒ルーキー
  • どちらも交換にて入手笠原祥太郎(/29)ドラフト4位新潟医療福祉大学野球部1期生で初のプロ野球選手最速は147キロちなみに元巨人・笠原とは血縁関係ではない丸山泰資(/26)ドラフト6位東邦高ー東海大高校3年時にエースナンバーを背負い最後の夏の大会では決勝で愛工大名電・濱田達郎に敗れる。東海大では3年時に完全試合を達成し、ドラフト上位候補に挙がるも4年時に肩の故障により6位指名に*そして登板過多な三ツ間に代 [続きを読む]
  • 不在
  • HEATではなく久々のDragons DASHの提案を頂きました。亀澤恭平&遠藤一星(/5)キーストーンとは要石でアーチの建築で頂上部にあり周囲を締める役割を持ちます。そこから派生して内野の頂上部である二塁ベースを挟む二遊間の事を「キーストーンコンビ」と呼びます。このシリーズは2016年のシーズン前に発売されたこともあり前年に出始め将来の二遊間として88年世代の二人がコンボとなりました。しかしご存知の通り昨年は堂上直倫が遊 [続きを読む]
  • 2日連続の涙
  • 昨日紹介してなかった購入したグッズを「ドアラ千葉上陸」千葉限定、ドアラと落花生の奇跡の?コラボ画像はフェイスタオルですがトートバッグも買っています…笑さて昨日、又吉のヒーローインタビューを聞いていて「泣いているのか?」と疑問を持っていましたが、帰ってからのスポーツニュースでベンチで泣いているのを見て驚きました。理由が常に一回失敗したら終わりだと思って投げているというのを聞いて又吉を今まで以上に好 [続きを読む]
  • 最高の仕事!
  • スコアボードが反射して見にくいですが…中日3-0ロッテ又吉克樹のプロ初完投初完封という6連戦頭の火曜日の先発としてこの上ない大仕事でした。初回にロッテ外野の不味いプレーでいきなり京田が三塁打を放ち亀澤の犠牲フライであっさり先制し、いけるかなと思いましたが今日のロッテ先発・石川は今年不振とは思えない内容で苦戦しました。ただ中盤に大島のタイムリー、終盤に平田のホームランと効果的な点の入れ方で何とか攻略出 [続きを読む]
  • ついにきた
  • 収録リスト上原晃(中日)西本聖(中日)久慈照嘉(中日)久慈照嘉(中日)久慈照嘉(中日)ついに実現しましたね。「世紀のトレード」や「ドラゴンズレジェンド」でも実現しなかったドラゴンズ・久慈照嘉の直筆サインが今回実現しそうという嬉しい出来事野球を見始めた時、最初に好きになったドラゴンズの選手が他ならぬ久慈さんなんですよね。他にも西武・江夏巨人・蓑田日本ハム・高代阪神・米田、平塚、柏原横浜大洋・三浦、 [続きを読む]
  • 上々の2カード
  • 中日2-0楽天交流戦前半の山場、ソフトバンク・楽天の6試合を3勝3敗の五分で切り抜けました。そして楽天は今シーズン初の完封負けと昨年のソフトバンクに続きドラゴンズが記録を止める形になりました。(どちらも福谷が打たれたシーンが…)西武時代からナゴヤドームの岸との相性は最悪でしたが京田、亀澤、大島、ビシエドの4連打で数少ないチャンスをモノにし、先発ジョーダンが2回の満塁のピンチを凌ぎ6回無失点と好投しました。 [続きを読む]
  • 荒木チョイス
  • 2000本安打達成した荒木選手個人的にお気に入りのレギュラーを5枚紹介したいと思います。BBM96 No.484所謂ルーキーカード、今より当然若いですが体型がほとんど変わりませんね。BBM04 日本シリーズ No.45初めて優勝を経験し、挑んだ日本シリーズ三塁へのヘッドスライディングの躍動感が荒木らしいです。BBM08 2nd No.777このシリーズのチェックリスト守備が不安な一塁・ウッズ選手のフォローに入り表情も分かるナイスな構図BBM11 [続きを読む]
  • 記念試合を飾れず…
  • 中日1-5楽天美馬にやられました。柳も中盤に集中打を浴び完敗でした。ただ何と言っても今日は荒木雅博の2000本安打達成!が最大のハイライトでしょう花束は入団時の監督であった星野仙一氏と1学年下のチームメイトである森野将彦からでしたね。ドラゴンズでの2000本安打達成者は高木守道、谷沢健一、立浪和義、谷繁元信、和田一浩に続く7人目(生え抜きでは4人目)また本拠地での達成はドラゴンズ初です。高木守道、谷沢健一は広 [続きを読む]
  • 残り1本と本拠地初勝利
  • 中日6-3楽天好調楽天を本拠地に迎えた三連戦は中盤から終盤にかけて相手のミスもあり効果的に点が入ったドラゴンズが勝ちました。先発した小笠原は苦しみながらも5回を投げきり無失点で今シーズン初勝利、そして昨年出来なかった本拠地ナゴヤドームでの初勝利となりました。投手の方では2番手で投げた伊藤準規が良かったですね。リリーフに回って今年は良い結果が出ています。福谷に関しては話にならないですが…打線の方では荒木 [続きを読む]
  • 君がエースだ!
  • 不甲斐ない先輩方が立ち上がりから試合をぶち壊す中でも好投したのは大きな成長ですね。鈴木翔太吉見8失点に大野6失点と苦手ソフトバンク相手とは言えドラゴンズファンのフラストレーションの溜まる試合をしていた中で、彼は8回途中1失点と充分過ぎる内容で3タテを免れました。今年に入っての急成長ぶりは素晴らしいですね、今年は何処まで勝ち星を伸ばせるか注目ですね。そして何より2戦2敗と憎っくきかつてのチームメイト・中田 [続きを読む]
  • HEAT開封!
  • という事でHEATを開封致しました。桂を除く支配下メンツは全員いるかな?27名に10枚限定の銀版があり通常版はカテゴリ分けすると20枚、30枚、35枚、45枚組みです。銀版27種はネックで柳や京田といった目玉ルーキーに小笠原や平田など人気どこもあれば山井や遠藤など今年イマイチな選手もあるので意外とキツイかも…ルーキーだと柳裕也、京田陽太、藤嶋健人の3人は人気でしょうね。あとは一軍で活躍している三ツ間やゲレーロも欲 [続きを読む]
  • 交流戦突入
  • 昨日の一旦セリーグでの試合は区切り、明日から交流戦がスタートします。ドラゴンズは開幕から躓きましたが、最下位で19勝27敗3分とまだ借金8と思っている以上に持ち堪えているなという印象四月がビシエド・ゲレーロの不調で得点源が乏しく、五月に入り京田が一番に定着し、ビシエド・ゲレーロ(特にビシエド)が当たり始めたのが要因でしょうか、最近は上り調子な気が…ここで対戦カード順に・ソフトバンク ヤフーD2016年 1勝2敗 [続きを読む]
  • 残留感謝!
  • 居なかったらゾッとする…大島洋平(/20)「32」を背負っていた一年目ドラフト5位指名で地元ドラゴンズに入団子持ちルーキーとして話題になりました。一年目から外野のレギュラーに割って入りドラゴンズのセンターを守り続けていました。昨年に国内FA権を獲得し去就が注目されましたが、大学の先輩・森繁和の監督就任と地元ドラゴンズの愛着を理由に3年契約で残留し竜のセンターを守り続けることが決まりました。今シーズンは [続きを読む]
  • 鯉の出世番号
  • 最近の広島の出世番号に西川龍馬高卒社会人2年目の期待の若手打撃センスは天才的と称されるなどかなり期待されていますねネックなのは内野のポジションが現状、二塁・菊池、遊撃・田中は怪我がなければ固定で三塁は安部が好調なため出番は限定的なところですね。現在の背番号63田中広輔大卒社会人4年目遊撃のレギュラー今シーズンは打撃好調で一番・遊撃としてチームを牽引しています。昨年は背番号63から東出が背負ってい [続きを読む]
  • リニューアル
  • まずは、ドラゴンズ週末のホームでの対広島戦苦しみながらも同一カード3連勝を果たし、4連勝となりました。前回のマツダでの3連戦はミスのオンパレードと実力差で圧倒されましたが、今回はディフェンス面でのミスは減ったのが良かったです。ただ、不安要素としてはリリーフの起用法ですね。特に今の岩瀬を大事な場面で使うのはかなりリスクがありますね。今日も8回表から登板していきなり丸に三塁打、鈴木に四球を出し、一時 [続きを読む]