しゅん さん プロフィール

  •  
しゅんさん: しゅんのブログ〜身近な自然里山をたずねて〜
ハンドル名しゅん さん
ブログタイトルしゅんのブログ〜身近な自然里山をたずねて〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/31415926535897934384
サイト紹介文三浦半島北部を中心に身近な自然里山を紹介しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供288回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2011/09/03 10:07

しゅん さんのブログ記事

  • 7月の逗子葉山花々ハイクお知らせ
  • 7月16日佐島天神島へ10時JR逗子駅東口集合 小雨実施 昼食持参 参加費1500円 ケーキショップニコラス オリジナルクッキーのお土産付見られる花は 去年の7月13日の写真です↓和製のハイビスカスとも言われる「ハマボウ」神奈川でというより関東で自生が見られるのはここだけかも沖縄とか南の方の花デス日本固有種こちらも分布の北限になる「ハマユウ」オレンジ色のスカシユリ葉っぱがざらざらする「ネコノシタ」 [続きを読む]
  • 三浦半島南部 剱崎毘沙門へ〜「ハマナデシコ」の花満開になりました
  • 海岸をバックにハマナデシコが咲き誇っています株立ちして茎の先に10個ほどの花を咲かせますこちらはものすごい群生!たくさんの株が集まって咲いています海岸近くの砂浜や岩場に咲いてます厳しい環境にも強い花花色が濃いものもあります開花期は地域によって様々で6〜11月まで幅広いですこちらは6月下旬から7月上旬が見ごろですが、四国の方は11月ぐらいに咲くらしいです鹿児島や京都、日本海側や北関東東北の海岸では絶 [続きを読む]
  • 葉山アルプスの尾根道〜シモツケの花見ごろを迎えました
  • 葉山アルプスの尾根道では、バラ科シモツケの花が見ごろを迎えました庭木などにもなるこの花自生物は日当たりの良い斜面や山地の尾根などで見かけますヤマユリよりも多少はやめに開花するようです背丈は1mに満たないが、草ではなく木です小さな花が集まり長い雄蕊が特徴的です花色が濃いものもあります柔らかい感じがする花で山の中では山地に色合いを添えてくれます [続きを読む]
  • 葉山長柄〜歓び合う「ピンク」の花は
  • 葉山長柄の川沿いに咲く「ネムノキ」夜になると葉を閉じるからネムノキといわれています漢字で書くと合歓の木「歓び合う」木花言葉は「歓喜」花色も歓びを表すようなピンクこれは実は長く伸びた雄蕊なんですね芽吹きは遅いですが、6月下旬に一気に咲くのもウレシイ花は香りがあり、精神安定効果があるそうです上に行くほど咲き方が良いです夏の初めに咲く花で日当たりの良いところにいち早く咲くパイオニアプランツです [続きを読む]
  • 森戸川渓谷に咲く「ガクウツギ」の花
  • 皆様こんにちは今回は梅雨時に似合う花、アジサイのお話です写真は森戸川渓谷の林道終点間際で撮影した「ガクウツギ」です高さは1〜1.5mほどといわれていますがこの株は数10cmほどかな装飾花は三枚ないし四枚中心に小さな花々が咲くのはほかのガクアジサイと同じ葉っぱはアジサイの中でもちょっと変わった形状細長くなっていますね分布は九州、四国などに多く本州では関東南部以北に分布するそうですから、このあたり三浦半島 [続きを読む]
  • 生物多様性の宝庫「田んぼ」黄色く彩る花
  • 鎌倉時代の武将長柄義景のお墓がある長柄の里には谷戸田がありますこの田んぼには一面の黄色い花に彩られています準絶滅危惧種のアサザ田植えの時期にはある程度間引かれてしまうので田植え前の6月上旬ごろが一番鮮やかで見ごろ花は一日花で次々咲かせます6〜7月ごろまで見られます田植えの跡でもある程度残されています地下茎で増えるため一個体がたくさん増えていきますが生育する場所は限られていますこれが見られる田んぼ [続きを読む]
  • 大切岸へ〜ホタルブクロとヤマホタルブクロ
  • こちらホタルブクロがたくさん咲いています似ていますがこちらはヤマホタルブクロ写真がわかりずらいですがホタルブクロは咢片が反り返ります一方ヤマホタルブクロは咢片が反り返らずに膨らんだ感じになりますこれ、ヤマホタルブクロです個体数としてはホタルブクロの方が多いと思いますが、ヤマホタルブクロもたまに見ますどちらも日当たりの良い斜面に生え、隣り合わせで生えている場合もあるので、見つけたら必ず咢片を確認し [続きを読む]
  • 鎌倉大切岸へ〜岩壁いっぱいの毛岩煙草咲いています
  • 今回は先日訪れた鎌倉の大切岸へ行ってまいりました毛岩煙草がどれだけ花が増えたかなってかなり咲いて一面紫色ここは日当たりも良いから花の咲きも良いのかもこちらは10個以上も花をつけています高さ5m幅10mほどにわたってこの花がびっしりと咲いていて圧巻ですやや湿りのある岩壁を好むようですが鎌倉時代はやはりこのように咲いていたのでしょうかね豊富な植物相を感じる史跡です見ごたえは十分鎌倉からでも逗子からでもア [続きを読む]
  • 名越の尾根道〜紫紺の花と深紅の実
  • 尾根道をたどり、薄暗い岩壁には毛岩煙草がたくさん咲き始めましたイワタバコとの違いは葉っぱや咢に毛が多いのと葉っぱの形が左右非対称なのが特徴です晴れた日は鮮やかな紫色が映えますが物憂げな色合いは小雨も良く似合いますかね一本の花茎から10個ほども咲かせます尾根を登りきると緩やかな明るい山道へと続きますが。。。非常によく目立つ赤い実はオニシバリの実ジンチョウゲ科の花で春先には薄黄色の花を咲かせますがや [続きを読む]
  • 名越緑地入り口の斜面林〜「山百合ロード」ヤマユリ咲き始めました
  • 名越の緑地の入り口付近の斜面林に山百合が咲き始めました白い大きな花弁と黄色い筋がとてもきれいここは山百合ロードというべき山百合がたくさん咲いている場所まだまだ咲き始めでつぼみのものも多いのですがそれでも強い香りを放ちながら何輪か力強く咲いていましたシモツケの花もあざやかなピンク色大切岸の上の斜面にもこちらもよく咲いていました日当たりの良い場所に咲きます斜面林にはホタルブクロの群生がこの花が咲き始 [続きを読む]
  • 丹沢金時公園〜小鹿に急接近画像
  • 御殿場線駿河小山駅から徒歩20分金時公園から不老山に入る山道脇に小鹿が座っていました近づいても逃げるそぶりがありませんずっとじっとして触ることもできましたから最初は怪我でもしているのかと思いました野生のシカでここまでじっとしているのは非常に珍しい触れた感じは、痩せているな〜っていう感じでしたひとしきり座っていたあと急に山の下へ駆け出しましたどうやら怪我をしているわけではなかったようです良かったこ [続きを読む]
  • 不老山サンショウバラ見ごろデス
  • 富士山周辺の山域にしか見られないフォッサマグナ要素の低木サンショウバラが咲き始めました昨年より約1週間遅い開花神奈川では箱根や丹沢の一部で見られますこの写真は駿河小山からの林道途中で見つけた株これはおそらく一番早く咲いた株のようです先週登った時はは見過ごしていましたかなり大型の花ピンク色が鮮やかで豪華不老山(923m)の山頂でも花の咲きが良い株に巡り合えましたこの木は満開ハチや虻が蜜を求めやってきて [続きを読む]
  • 久木大池のヤマブキショウマの花
  • 皆様こんにちは逗子の久木大池ですウツギの花も満開です変わった花がありますバラ科のヤマブキショウマ槍のような花序ですが一つ穂とつの花はきちんと5枚の花弁があります一つの茎から10個ほどの花穂を出しますのでよく目立ちます日陰の岩場などでよく見かけますよ [続きを読む]
  • 名越緑地初夏の花々
  • 名越緑地にホタルブクロの花が咲きました林縁に咲く花で、あまり強い光は好まないようですキキョウの仲間ですねネズミモチの花独特のにおいがしますピンクの変わった花はナワシロイチゴこれでも咲いている状態ですシモツケが咲きそうです山の日陰の岩壁にはイワタバコが咲き始め尾根道にはナルコユリ鳥よけの鳴子に似た感じなのが名前の由来です [続きを読む]
  • 逗子鎌倉〜大切岸の「イワタバコ」咲き始めました
  • 逗子市と鎌倉市の境にある大切岸鎌倉時代の石切り場であると同時に防壁ともなっていたといわれています6月も近いこの時期にこの岩壁には。。。↓イワタバコの花が咲き始めました湿った岩壁などに群生します今年は花の咲きがやや遅れているようですがこれでもこれだけ咲いていました紫の花弁に中心にオレンジと白い模様はこの時期に清涼感を感じさせてくれます光沢のある緑の葉っぱとのコントラストもなかなか(^^♪これからの時期 [続きを読む]
  • 丹沢不老山〜サンショウバラを訪ねて
  • 不老山山頂 今年は一輪も。。。まだつぼみちなみに去年の同じ時期にはね。。。↓こんなにきれいに咲いていましたほぼほぼ満開の状態でしたが今年は桜もそうでしたが、全般的に花の開花が遅いようですかわりに目立ったのが こちらの濃い赤色のヤブウツギ魅惑的な濃紅名前の由来は藪のように群生するから本州中部以西に生育するのでこのあたりが北限かなこちらは海岸性のハコネウツギに似るニシキウツギハコネウツギより [続きを読む]
  • 逗子葉山=二子山山頂付近の樹木の花々
  • 逗子と葉山の境にある二子山(208m)の山頂海岸性の樹木であるスイカズラ科のハコネウツギが見ごろデス白い花が徐々に赤くなりますこちらはピンク色のもありますね赤になりかけの花デス受粉すると赤くなるようですがねここは満開やはり満開のエゴノキ木にはこれでもかというほど花をつけます真っ白な花白いベルがたくさんあるような感じですみんな下向きに咲きますキューイフルーツの原種ともいうべきサルナシの花ちょっと実にな [続きを読む]
  • 森戸川と周りの山域〜個性的な造形の「サイハイラン」の群生地
  • 森戸川とその周りの山域のやや日陰のところにはサイハイランが群生しています個体差が大きく、こちらは紫色が濃い個体白い個体武将の采配に似ているのが名前の由来ですがたくさんの花を一本の茎に咲かせますやや香りがしますトラマルハナバチが花粉の媒介主 緑路の葉っぱは大きく一枚だけあって常緑です一つの場所にかなりに株が集まっていたりもしますこの森戸川を中心とした山域では5月にはいたるところでこの個性的な花 [続きを読む]
  • 葉山長柄の里山〜貴重な水生植物「アサザ」の花群落
  • 皆様こんにちは葉山長柄の里山田んぼが一面黄色!アサザという植物です走出枝で増える、つまりこれだけあってもほとんどがクローンのようなもので遺伝子的には同一個体です準絶滅危惧種で純然たる個体はわずか61体ということですここの田んぼではまだまだ見られますよ黄色く五枚の花弁には小さな切れ込みがありますあざやかな黄色を初夏の田んぼを埋め尽くす様子は圧巻薄いひらひらとした印象のある花の水生植物です晴れた日に [続きを読む]
  • 逗子葉山花々ハイク〜上山口から木古庭へ②〜海岸性の樹木の花色々
  • こちらはキューイフルーツの花それでこちらはそのキューイの原種ともいわれるサルナシの花ミカンの花初夏の味覚クサイチゴ甘いですクレソンの花不動の滝沿いのハンショウヅル山のわきにはガマズミの花もよく咲いていました海の近くだけに海岸性の樹木も豊富こちらは花色が白から赤に変わるハコネウツギ樹皮を大島紬の染料にするシャリンバイ こちらも海岸性生け垣のものは1mほどですがこちらは3mほどもある自生物種が赤 [続きを読む]