短パン旅行 さん プロフィール

  •  
短パン旅行さん: 気ままに 短パン旅行
ハンドル名短パン旅行 さん
ブログタイトル気ままに 短パン旅行
ブログURLhttps://ameblo.jp/singa915/
サイト紹介文春は桜、夏は川、秋は紅葉、冬は雪・・・鉄道と絡めて四季折々の日本を楽しんでいます。
自由文駅弁、お土産、名物なども紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2011/09/04 00:11

短パン旅行 さんのブログ記事

  • 清水公園旅行8 新幹線
  • 東京駅での打ち上げも時間となった為にお開き。その後お土産などを購入し新幹線ホームに向かいました。 関東の友達とはここでお別れ、改めて2次会に向かった様です。 僕らは新幹線で西日本の友達と2次会です。 チップスターに、新幹線限定品がありました。エビスビールも新幹線用の専用の缶です。 そして、友達がいつも間にか買っていた「コロット」ってスイーツ。こちらも一つ頂きました。 クレープを食べやすいようにコロット丸 [続きを読む]
  • 清水公園旅行7 東京駅
  • 春日部から、東武スカイツリーライン〜東京メトロ日比谷線と乗り継ぎ更に、上野駅で山手線に乗り換え、東京駅に到着。 最終の新幹線まで少し時間があったので駅中の居酒屋さんで、夕食を頂きました。 「にゅう・とうきょう」ってお店です。美味しいとか、美味しくないというよりか、8人で入れるという条件で探した結果がこちらです。大体どこの店も混雑していますがこちらは店が広いので、何とか入ることができました。 大根のサ [続きを読む]
  • 清水公園旅行6 春日部
  • 清水公園を後にして、東武アーバンパークラインに乗りこみ春日部にやってきました。 どのように帰るか参加者と相談した結果春日部で東武スカイツリーラインに乗り継ごうってことになりました。 スカイツリーラインは東武の本線にあたりますからアーバンパークラインと比べれば遥かに賑やかです。 地下鉄日比谷線に乗り入れるメトロ車はもちろん。半蔵門線の車両や、東急田園都市線の車両など次々やってきます。 もちろん、東武特 [続きを読む]
  • 清水公園旅行5 
  • バーベキューの後、バンガローで2次会。 夜も更けてきて、お酒にも飽きてきた頃頂いた野田名物「醤油カステラ」。一緒に行った友達が、集合前に買っていたそうで、頂きました。 醤油が入っているとのことで、生地は茶色くなっていますが程よい甘さで、いくらでも食べることができそうです。 しかも、しっとり、モチモチした生地がまたまたたまりません。 一晩寝た後、清水公園で予約しておいた朝食です。 清水公園はとにかく広く [続きを読む]
  • 清水公園旅行4 バーベキュー
  • アスレチックの後、バンガローエリアに移動です。 この奥がバンガローエリアになっています。 バンガローはこんな感じです。寝具は倉庫から各自運び込まないといけなかったりお風呂はなく、コイン式のシャワーがあるだけで若干快適性には劣りますが、安く泊まれます。 内部は、木の雰囲気があふれる、まさにバンガロー。エアコンはありますが、テレビなどはありません。 夕食はこちらでバーベキューです。食材は持ち込みもOK、こ [続きを読む]
  • 清水公園旅行3 アスレチック
  • 清水公園といえば「アスレチック」がとにかく有名です。ランチを食べた後、早速チャレンジしてきました。 最近アスレチックがちょっとした人気スポットになっている様で新聞にも取り上げられています。 海上アスレチックとか、スカイアスレチックとか色々ありますが清水公園の場合「水上アスレチック」が人気コースになっています。週末ともなると、沢山の人出でかなり並ばないといけません。 こちらが水上アスレチックコースです [続きを読む]
  • 清水公園旅行2 花ファンタジア
  • 清水公園には色々なエリアが存在しその一つが「花ファンタジア」と呼ばれる、花畑のエリアです。 今回はまず「花ファンタジア」を訪れました。 色とりどりの花が綺麗に咲き誇り、まるで花の絨毯状態です。 芝生の緑もよく整備されています。 季節によって見れる花の種類も変わるのでしょうが本当に綺麗な状態を維持しています。 この日は「ラベンダー」が見ごろでした。 たくさんのラベンダーを見ることができるのは貴重です。 横 [続きを読む]
  • 清水公園旅行1 長い道のり
  • 6月17日〜18日清水公園に友達8人と行ってきました。当日は朝から激動の行程です。 まずは、東海道新幹線「のぞみ号」で品川まで行って 上野東京ライン〜常磐線直通特別快速で柏まで移動。 柏駅初めて降り立ちましたが、この付近としては駅前が開けデパートなどのあり、混雑する駅前でした。 ここから東武「アーバンパークライン」にまたまた乗り換え。元々東武野田線です。 野田線時代は、他の線区のおさがりお古車両が当たり前で [続きを読む]
  • 九州旅行15 特急ソニック
  • 筋湯温泉で入浴後、別府を目指して再びドライブ。 この辺りは初めて走りましたが、本当に気持ちよいドライブでした。北部九州豪雨後どうなっているのか心配です。 別府到着後、少し時間があったので、レンタカーを返却し別府駅から歩いて行ける範囲の温泉に入ってきました。 駅から10分程度の「不老泉」という温泉に入りました。実は、別の温泉に入ってみたくて探したのですが見つかりませんん。 街角にあった観光案内所で聞いて [続きを読む]
  • 九州旅行14 筋湯温泉
  • レンタカーでの最後の目的地は「筋湯温泉」です。この辺り、本当に温泉地が多いので、1日2日で回り切ることは不可能です。 しかし、ある程度近い場所に点在していますから上手く行程を組んだら、効率的に回れますが1日そんなにたくさん温泉に入ると、湯あたりしてしまいます。 筋湯温泉は山間の小さな温泉ですが、人気のある温泉です。温泉街自体は道が狭く、今回は、共同駐車場に車を置いて歩いて温泉街を散策します。 筋湯温泉 [続きを読む]
  • 九州旅行13 天ヶ瀬温泉
  • 満願寺温泉、バックパッカーの宿でゆっくり休むことができました。眼下を流れる志津川の音しか聞こえてきません。 温泉にたっぷり入り、沢山食べて、沢山飲んで本当にぐっすり寝れ、心地よい目覚めでした。 この日は、心地よい音を奏でた志津川ですが先日の豪雨の際はかなり増水し、満願寺温泉でも被害が出たようです。 バックパッカーの宿も裏山が崩れ、土砂の一部が建物に入りこんだとの事ですが、幸いオーナーさんは無事建物の [続きを読む]
  • 九州旅行12 露天風呂
  • 夕食後、再び万願寺温泉を楽しみました。まずは、「万願寺温泉共同浴場」 こちらは、昨年建て替えられたばかりで、非常にきれいな共同浴場になりました。 脱衣室の木がまだ真新しいく、清潔感にあふれています。 浴槽も、綺麗。お湯も本当に綺麗で透き通った透明感にあふれています。 古い共同浴場は古い良さがありますが新しいものは、あたらしいもので、これもまたいいものです。 その後、「万願寺温泉露天風呂」に入ります。 [続きを読む]
  • 九州旅行11 夕食
  • 温泉の後、待望の夕食です。この日はお昼ご飯はパンだけだったので、お腹が空きました。 バックパッカーの宿は、食事の持ち込みが出来たり 玄関先にバーベキューができる設備もあるので食材を持ち込めば、バーベキューも可能です。 でも、悩んだ末、今回は食事の提供もお願いしました。料理長は、近くで飲食店を営んでいるオーナーの義理の弟さん こちらが夕食です。メインは「豚しゃぶ」野菜が山盛りありました。野菜大好きなの [続きを読む]
  • 九州旅行10 万願寺温泉 上の湯
  • バックパッカーの宿にチェックイン後、一先ずお風呂に入ります。 一番最初に入る温泉は、宿のすぐ脇にある「上の湯」という共同浴場。こちらは、地元専用って雰囲気の共同浴場で、混浴になっています。 黒川温泉は、熱めの茶色く濁ったお湯でしたがこちらはややぬるめの無職透明のお湯でした。 誰も入っていなかったので、写真撮影していると、人の気配を感じました。観光客が入っちゃいけないって事もないのでしょうが地元の方の [続きを読む]
  • 九州旅行9 万願寺温泉 バックパッカーの宿
  • 黒川温泉から車で10分少々。この日の宿泊場所「万願寺温泉」に夕方到着しました。 日本屈指の黒川温泉にすぐ近い割に、ひなびた温泉地です。 こじんまりとしているものの、共同浴場は3か所あります。 この日の宿は「バックパッカー山肴」さんという民宿です。 看板によると「日本人・外国人・宇宙人・旅行者」だれでも大歓迎。との記載があり、以前ここを日帰りで訪れた時この看板が気になり「いつか泊まってみたい・・・」って思 [続きを読む]
  • 九州旅行8 黒川温泉
  • この日4か所目の温泉地黒川温泉に向かいました。黒川温泉は、九州、そして日本を代表する温泉地の一つです。 以前はひなびた温泉地だったようですが、温泉地全体を一つの温泉旅館、道路は廊下、各旅館はお部屋そんなイメージで、町全体のイメージを統一させました。 各温泉旅館に備わった露天風呂をはしごする仕組みが人気で一躍人気温泉となり、今では海外のお客さんも増えました。 今回は人気旅館の露天風呂ではなく、地元の方 [続きを読む]
  • 九州旅行7 筌の口温泉
  • 赤川温泉→七里田温泉と午前中2か所の温泉をめぐりここらでランチを予定していたのですが、それほど空腹でなかったことと、一つでも多くの温泉に入りたいって気持ちが勝り、ランチをパスして温泉に向かいました。 今度は玖珠郡九重町にある「筌の口温泉」を目指します。 筌ノ口温泉は九重夢大吊橋に近い温泉ですがひなびた温泉地で宿が1軒、共同浴場が2軒とごくこじんまりした温泉です。 今回はそのうちの1軒「筌の口温泉共同浴場 [続きを読む]
  • 九州旅行6 ラムネの湯
  • 七里田温泉、ラムネの湯(下湯)に早速入ってみました。土曜日や休日は行列ができることもあるとのことですがこの日は金曜日ということで、たまたまガラガラでした。 この温泉は炭酸ガスが多く、浴槽に近い場所はガスがたまりやすく寝そべるような姿勢で入ると、危険との注意書きがあります。低い位置に換気扇も設置され、安全対策は施されています。 よく見ると、水面には無数の泡が見えます。 とめどなく、ガスが出てきています [続きを読む]
  • 九州旅行5 七里田温泉
  • 赤川温泉、赤川荘から車で30分。次の目的地は「七里田温泉」です。 七里田温泉には二つの共同浴場があります。 こちらは「七里田温泉館」というメインの共同浴場です。こちらは木乃葉の湯と呼ばれています。 もう1か所の共同浴場は「ラムネの湯」と呼ばれています。 木乃葉の湯で、ラムネの湯の受付をするシステムで木乃葉の湯から矢印に従って歩いてラムネの湯に向かいます。 入浴料金を支払うと、ラムネの湯のカギを貸してもら [続きを読む]
  • 九州旅行4 赤川温泉
  • 別府からレンタカーで走ることおよそ2時間。最初の目的地「赤川温泉」に到着しました。 新緑が美しい森の中に佇む「赤川温泉」 「赤川荘」で早速温泉を楽しむことにします。 赤川荘は現在、おかみさんが一人で切り盛りされているとのことで平日は休まれることが多いとのこと、事前に営業日を確認してから訪れるほうが無難だと思います。 営業している場合は、朝10時からなので、別府を8時に出ると丁度10時頃到着ということで、具 [続きを読む]
  • 九州旅行3 ドライブ
  • 別府からレンタカーで一先ず久住を目指します。大分道はそれほどではありませんが、高速を降りたら山道に突入、山をいくつも超えてたどり着きました。 道路の脇に、簡単な駐車スペースが見晴らしの良い場所にいくつかありましたので、休み休み向かいました。 この日は快晴でしたので、眺めがよかったです。 こちらはかなり高い場所にあります。 ちょっと無もが出てきましたが、それはそれで絵になる気がします。 こちらは、久住山 [続きを読む]
  • 九州旅行2 別府高等温泉
  • フェリーさんふらわあは、翌朝6時55分定刻に別府観光港に入港。 まだ、7時前ですがすでに厳しい日差しです。すぐに接続する路線バスに乗りこみ、別府駅に向かいます。 別府からはレンタカーを予約しているのですが営業時間が朝8時〜ということで少し時間があります。 そこで、この旅最初の温泉「駅前高等温泉」に立ち寄りました。大正時代に建てられたという、モダンな建物が目印です。 この温泉、中が二つに分かれています。 一 [続きを読む]
  • 九州旅行1 フェリーさんふらわあ
  • 5月18日〜20日九州の大分、熊本を旅行してきました。 九州、別府までは「フェリーさんふらわあ」を利用しました。夕方出航して、翌早朝到着するという関西〜九州の移動には夜行列車無きあと、便利で安価な移動手段として重宝しています。 弾丸ツアーなら往復10000円〜、と安いんですが今回は弾丸でもなく、往復でもなくそれよりは高いですが新幹線よりかなりお得な価格です。 大阪南港のATCターミナルから船出です。ここは、地下 [続きを読む]
  • 大阪環状線ぐるっと旅
  • 5月2日大阪環状線をぐるっと1周してきました。 大阪環状線というと、つい最近まではオレンジの電車が走っているというイメージでした。 オレンジ以外にも、関空・紀州路快速や、大和路快速の白や銀色大和路線直通の緑色の列車、特急「くろしお」や「はるか」も走り純粋にオレンジ一色とう訳ではありませんがそれでもオレンジは環状線のイメージカラーだと思います。 大阪環状線では一般的だった103系。 USJラッピングになっていま [続きを読む]
  • 只見線乗り鉄の旅16 天ぷら
  • 雨の東京を濡れないように東京メトロでさまよったり携帯充電の為コメダ珈琲に立ち寄ったり・・・欲求不満ではありますが、徐々に帰る時間が近づきました。 元々平日だったので、友達には連絡を取らず1人でこっそり帰る予定でしたが、LINEしてみると夕方仕事終わりの友達と合流できることになりました。 そこで、東京駅地下の「黒塀横丁」といくレストラン街に立ち寄りました。地下空間とは思えない、黒壁の高級感のあるレストラン [続きを読む]