momonga さん プロフィール

  •  
momongaさん: ほの、ぼのぼの♪
ハンドル名momonga さん
ブログタイトルほの、ぼのぼの♪
ブログURLhttp://momongarose.blog10.fc2.com/
サイト紹介文果樹、野菜、ハーブと花と。 試行錯誤のプチ庭記録〜日々の話題&時々ニャンコ♪
自由文果樹も野菜もハーブもバラもヘレボも…と詰め込んで、庭全体が寄せ植え状態。

盆栽のように風情あって、コンパクトに育てられたらいいなぁ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2011/09/04 21:29

momonga さんのブログ記事

  • 白斑入りセンダン
  • あぁ、Windows7ノートにイライラ…。応答なしのまま、どんどん作業を進めていきます(笑)これ、仕事で使ったらすごいストレスだなぁ、きっと。楽天通販のガーデン・チコリ 彩乃里 さんで買った斑入りセンダン(たぶん、“アルセンチナ・ホワイト”)。マッチ棒よりやや大きめの苗が3年前に届きましたが、植え込んだ年にあれよ、あれよと大きくなり、焦った翌年、掘り上げてスリット鉢に入れ、再び同じ場所に埋め込みました。 [続きを読む]
  • 今年の椿 “レディ・ロッホ”
  • 毎日、暑いですね〜。梅雨が開けて真夏に突入したので、ムリもないのですが。気温自体は梅雨明け前のほうが高いのに、曇り空でもモワ〜〜ッと熱い空気が包み込んで、ほとんど32℃でも35℃でも変わりない気がします。空梅雨に引き続き、ほとんど雨が降らないのも困りものです。さて、写真を整理していたら、今年4月に咲いたレディ・ロッホが赤一色で咲いているのを見つけました。西洋椿は、相変わらず大きいです。 [続きを読む]
  • トキワマンサク “黒美人”
  • トキワマンサクの赤花 黒葉タイプ。黒葉タイプでも、季節によっては緑色に変化するものですが、こちらはほぼ一年中、黒い葉を維持します。また、矮性品種で生長が遅く、庭の前面に植えても大丈夫。春に花がたくさん咲きますが、その後もポツリポツリと咲いています。ホームセンター等ではほとんど取扱がないレアなタイプのようで、ネットショップで購入しました。 [続きを読む]
  • 予想外に丈夫だった プリモナリア “ダイアナクレア”
  • まだ、3年くらいしか経っていない庭ですが、かなりの植物を植え込んでは、枯らしてしまいました。楽天のおぎはら植物園で植物を選んでいた時、カラーリーフで、緑の色が少ない分、ひ弱そうにみえて購入をためらったプリモナリアの“ダイアナクレア”。この場所が合ったのか、毎年花をつけて、株もどんどん大きく育っています。こうみえて、一年中シルバーの葉で庭を彩ってくれます。一緒に買ったブルネラ“ルッキング・グラス”や [続きを読む]
  • スイカズラ科 斑入りハクサンボク
  • 2014年に庭の骨格造りをした際は、ほとんどの苗が小さくてどこもかしこも、スッカスカでした。鬱蒼と茂った今からは、想像できない余裕の植栽です。ヤフオクからの購入時、ある程度の大きさの苗だったせいか、その年の春に大きな花が咲きました。残念ながら、ガマズミのような赤い実を結びませんでした。できたとしても、ここは野鳥が多いので、全部食べられてしまったかも。 [続きを読む]
  • アジサイも増えました
  • 四季咲きアジサイ、霧島の恵み。新梢に花が咲くので、咲い花をカットすると、次の花が咲くそうです。アジサイは、半日陰にと書いてありますが、うちでは日向の方が花つきが良いです。地植えにした霧島の恵みの花つきはさっぱり。しかも、ものすご〜く小さな苗で買ったのに、あれよ、あれよとどのアジサイよりも大きくなって困りました。秋色紫陽花にもなるそうですが、そこまで咲かせると来年の花つきが悪いそうです。うーん…。山 [続きを読む]
  • 桃のお菓子 ペッシュ・ボンボン(Shu)
  • バラを一気に買うと、その時の好みで、似たようなバラに偏りますね。大きな桃のペルジークだったり、桃のお菓子のペッシュ・ボンボンだったり(汗)同時に、似た系統の絞りのフロリバンダ、フレジェ(ベリー・ベリー・ベッキー)まで買ってます(枯死)。しかも、ペッシュ・ボンボンは絞りの花でもある…というところが気に入って取り寄せたのですが、絞りはほとんど目立たず、黄色っぽい色はすぐに白っぽく色あせたようになります [続きを読む]
  • 切花品種のバラ ベビー・ロマンティカ
  • 7月16日の更新、予約投稿の日付を間違えて、同じ日にアップ。内容がトンチンカンになってて、慌てました。おっちょこちょいの私らしい(ガックリ)。おっちょこちょいといえば、バラの分類を思いっきり勘違いして、後でびっくりすることがあります(苦笑)。それが、このベビー・ロマンティカ。フランスのナーサリー、メイアンさんのロマンティカシリーズの一品種で、ソレイユ・ロマンティカもほぼ同時に購入しました。ソレイユ・ [続きを読む]
  • 庭の椿コレクション
  • 植える場所に制限があるので、コレクションといっても数あるわけではないのですが…。香華。蛍光ピンクのような、鮮やかなピンクの一重。近くのスーパーに入っている花屋さん、なかなか良い苗が入るのです。いくつも蕾の着いた、かなり大きな苗でした。新潟から取り寄せた、錦麒麟。獅子咲きというそうです。真ん中がクシャクシャして、バラみたいにみえますね。大きすぎない、かわいい花です。斑入り覆輪一休。の名で買ったのに、 [続きを読む]
  • 庭の椿コレクション2
  • 他にもカーネーション椿、白侘助、胡蝶侘助、雪椿の斑入りがあったのですが、写真が見当たりません。2014年春の椿です。五ツ島。やさしい風情ですね。癒やされます。尾張五色椿。株が成長すると、色んな色に咲き分けます。基本の色は、白。幼苗時に他の色だと、成長しても咲き分けないそうです。名古屋城内に植わっていた椿の1つと伝えられています。この椿が欲しくて、わざわざ町田の椿園(個人運営)まで買いに行きました。昨日J [続きを読む]
  • ラ マリエ(枯れたバラ)
  • 河本バラ園のラ マリエ。今は撤退したホームセンターのセールで買った苗でした。淡い、淡いピンクのニュアンスある咲き方のバラ。2014年初秋、父が多発性胃潰瘍で入院し、圧迫骨折までして、帰省が長引きました。帰ると、枯れてしまったり、危うくなった苗がいくつか。そのうちの一つがラ マリエでした。お店でタグの写真を見て衝動買しましたが、私にはむずかしいバラだったかも…。 [続きを読む]
  • M-ペルジーク(手放したバラ) 
  • 2014年、引越し先の庭を、植物が植えられる状態にまで整え、いろんな花をコレクションした年でした。この数日は、案外写真の残っていた2014年の庭を備忘録としてアップします。といっても、直前まで固める砂が全面に施されていたので、今から思えば多少の腐葉土や堆肥の混ぜ込みでは改善できていなかったはず。地植えにしたいくつかの植物は枯れてしまいました。切花品種のバラ、M-ペルジーク。大きな桃、という意味です。切花品種 [続きを読む]
  • きれいな花色と形の ロジータ・ベンデラ (HT)
  • まるでプロポーションの良いお嬢さんみたいな切花品種のロジータ・ベンデラ。(写真は2015年5月のもの)アルシスローゼスさんで見かけ、惚れ惚れしてお迎えしました。白地にピンクぼかしの色合いで、カチッと整った花形はガーデン品種にあまりみられないように感じます。この年、残念なことに長く体調を崩してバラどころではなく、気づいたら枯れてしまっていました。もう、バラを育てるのは無理。トゲも痛いし、上手く育てられな [続きを読む]
  • 花持ちの良い バル・デュ・ソワール Bal du Soir (HT)
  • フランスの名門、ゴジャールさんの日本だけの販売と聞いて、初ゴジャール購入。何しろ複色で色、形、花持ちよく、花のサイズも大きすぎないって、最高。ちなみにバルデュソワールは、「夜の舞踏会」の意味。2008年フランス作出  半直立性 半剣弁高芯咲き 花茎:9cm 樹勢:普通中央クリーム色っぽく咲き始め、徐々にオレンジ色に染まっていく。切花で飾っても、花持ち良いです。写真の花は、形が崩れていますが、巻がきつす [続きを読む]
  • アルシスローゼスさんのオーロラの翼 <フロリバンダ>
  • 2014年、アルシスローゼスさんからいくつも苗を購入しました。バラどころじゃない心境だから、よせばいいのに切花品種にまで手を出して。春の予約苗とその後のバーゲン苗も買って、結局生き残っているのは、オーロラの翼とバル・デュ・ソワール、アウェイクニングのみ。田舎の父の介護、実家の片づけなどで長期留守をし、切花品種は撃沈です。オーロラの翼、コロンとした蕾と花。お口に頬張りたいくらいかわいいサイズです。(2015 [続きを読む]
  • 茶色 ニュアンスカラーのバラ モカ・アルカード <ミニバラ>
  • アルシスローゼスさんのオリジナル、モカアルカード。ミニバラ、と書かれてますが、花のサイズ、株立ちからしてフロリバンダでは? と思わせます。5月の花。帰省から戻ったら咲いていました。ものすごい蕾の数で、植木鉢が小さくなってました。ビュンビュン伸びた枝の先に房咲きになっています。キュウリのツルに絡まる花。開いてややすると、紫がかります。花持ちが良いです。鉢増ししないまま、6月にまた沢山の蕾。何度も土がカ [続きを読む]
  • 河本バラ園 ローブ・ア・ラ・フランセーズ
  • ローブ・ア・ラ・フランセーズ四季咲きで8〜10cm中輪、スプレー咲き。1.5m〜2.5mのショートクライマー。微香。大きな花は苦手なので、中輪以下の花が多いです。枝ぶりは、スーッと伸びるシュラブ系が好きです。クラシックなピンクメインの花は、カップ咲きからロゼット咲きになり、花の中心がブラウンがかります。耐病性も強く、樹高が1.5メートルから2.5メートルまでに育つのでフェンス、トレリス仕立ても可能。シュートが良く出 [続きを読む]
  • つるバラ ヒストリー
  • 久しぶりの更新になります。皆様、お変わりありませんか。つい一週間前まで、九州の実家に帰省していました。初めてのレンタカーにオタオタし、高速化した新しい道路=自動車道路にあたふたし……。昔ののどかな田舎はどこかへいってました。2014年新しい庭に植物を買いまくった年です(遠い目…)。だんだん記憶も定かでなくなり、花の名前も薄っすらと覚えているようないないような状態なので、記録として残すことにしました [続きを読む]
  • 春の庭
  • 雨が降って、気温が下がっています。それでも、もう春の勢いは止まらないみたい。冬の間、ほとんど降らなかった雨が、今週は何日か降ります。季節変わりの雨が降ると、春本番ですね。パンジーやビオラも勢いづいてきました。今年はピンクデージーを初植え。最近色が濃くなってきました。奥に見える斑入りの葉っぱは、白花シャガです。一年も経たず、こんなに大きくなりました。友達の畑からいただいたネギも、一度に食べきれないの [続きを読む]
  • クリスマスローズ グレー・シングル 
  • 2016年、アップできなかった花。咲く時期によって、平咲きになったり、ややカップ咲きだったり。グレーの花色って、珍しいです。クリスマスローズならではの色。シングルもいいなぁ、とつい見惚れててしまいます。これは、2017年、咲く気配がありません。毎年、これでもか〜というくらい咲いていたのですが。シングルですが、ネクタリーが複層になって、縁の色がきれいに抜けて、整ったカップ咲き。なかなか見かけない個性的なタイ [続きを読む]
  • 地植えにしたお気に入りのセミダブル
  • 今年は地植えのクリスマスローズが極端に不調で、いよいよ鉢上げ開始。植えた時に挿したタグもなくなっているものもあるため、去年撮影した位置を参考に掘り上げ。去年の画像を見て、大焦り。わ〜〜、こんな花はどこにも咲いてない! もしかして、枯れた〜〜?お気に入りの姿が見えず、動揺しました。内側は、寒さでほんのりピンクに染まるのですが、今年は花茎どころか、葉っぱもまったく見えず。位置を確認して、まるでもやしの [続きを読む]
  • 赤シベとヒョロリちゃん
  • だんだん、手持ちのクリスマスローズに対する記憶が曖昧になってきています。赤シベブラック、ジャルダンさんからかったものかな〜。いやいや、買った時は赤シベだったのに鉢植えで育てて、普通になってしまい、どこかに放出したのでした。だからこれは、近所で買った吉田交配ブラック苗じゃないかな(カテゴリ的には、「吉田交配」だった…)。ジャルダンさんのブラック・ダブルは、ここまで黒くなかったし。細い茎で、ひょろ〜〜 [続きを読む]