小菱重工 さん プロフィール

  •  
小菱重工さん: 小菱重工業
ハンドル名小菱重工 さん
ブログタイトル小菱重工業
ブログURLhttp://obishi.blog.fc2.com/
サイト紹介文150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業です(笑)。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2011/09/04 23:29

小菱重工 さんのブログ記事

  • 月が侘しいぃ〜路地裏のぉ〜♪
  • 出来上がった二軒をエイジングします。フラットブラックでウォッシングしてから、ウェザリングマスターで深みをつけます。少しやり過ぎ位が、小菱重工仕様。スルメの旨味というか、枯山水の侘寂というか。設置する前に、地面の方も調整します。路地というからには、どぶ板がほしいかなぁ、と。路地は車は通らなくとも、生活道路。味わいを出すのは、なかなかに難しい。下地が整ったので、建物を設置しました。表通りから路地裏は、 [続きを読む]
  • 路地裏のバー、開店。
  • 飲み屋、パチンコ屋に引き続き、バーが開店です。絶賛放置中(?)だったバーを仕上げました。駅前周辺、色々と賑やかになってまいりました。立川駅南口は庶民的(ある意味危険)な歓楽街が散在していたそうです。煉瓦模様のパターンシートの目地に、フラットホワイトを擦り込みます。こちらは、行燈看板。1階部分に組み込みますれば、あっという間に怪しい雰囲気に。雨樋、庇、窓の手摺などなど、小物も取り付けます。前回に引き続き [続きを読む]
  • パチンコ店、新装開店
  • 銀座線の収拾はつきませんが、一旦レイアウトに戻ります。パチンコ店、新装開店です。パチンコ屋といえば、ド派手なネオン。実際光らせるまではいきませんが、それらしく作りましょう。まずは光ファイバーを一定の長さで切り出して、枠に貼りつけます。切り出した文字を貼り付けたら、裏にラメ付きの背景板をはりつけて、ネオンの完成。お店の正面は、こうなりました。裏側ももう少し、手を加えます。角材を組んで、台を作って、屋 [続きを読む]
  • 銀座線、増備中
  • 鉄コレの2000形はオレンジ一色。違和感があります。私の記憶の中では、銀座線の屋根は赤茶色。ボディ部分だけ、ちゃっちゃっとマスキングして、ダルレッドを噴き付けます。うん。こんな感じです。やっぱり、こっちの方がよい。ワンマイルの1500形は屋根中央で左右を貼り合わせます。上から見ることの多い鉄道模型では、仕上がりによってはかなりデリケートな問題。だましだまし、なんとかここまで仕上げました。光の加減では、屋根 [続きを読む]
  • 突然、銀座線
  • ん〜。今年も、もう二か月も過ぎてしまったのか・・・。早い!早すぎる!!誰か加速装置、使ってるんじゃないだろぉか?わたし時間的には、ついこの間お正月だったような気がするのですが。などと、毎回お決まりの「ぼやき」をのたまっている間にも無常に時間は過ぎていくので、話を進めることにいたします。少し気分を変えるために、少し車両をいじります。去年発売されました、銀座線2000形。買ったままでしばらく放置していまし [続きを読む]
  • 路地裏のバー〜其の弐
  • 結局、家族の中で私だけはインフルエンザに罹らずに済みました。で、唐突ですが、今日は東京マラソン。えっと、勿論走ったわけではなくて、かといって応援に行ったわけでもなくて、お仕事でした。とはいえ、大会運営とか大それたものではないですから、マラソンの皆様がゴールする頃、昼頃までには終わりました。お昼ご飯を食べて、丸ビルから東京駅を見ると、「おぉ〜!! シン・ゴジラの構図だぁ」ここのところ毎週言い訳が続きま [続きを読む]
  • 路地裏のバー
  • 先週から、家族が立て続けにインフルエンザに罹りました。かろうじて私だけが大丈夫な状態です。なんとか気力で乗り越えたいと思います。こんな状況ですから、あまり進んでおりません。パチンコ屋の仕上げは後にして、その裏にあるバーを作り始めました。この建物、鉄製の外階段がついてます。針金細工で、骨組みを作ります。あまり頑丈そうでない、上り下りの時にカンカンと音が響くようなタイプ。色を塗らないと、見えにくいです [続きを読む]
  • 諏訪通りのパチンコ屋さん〜其の壱
  • 一昨日、昨日とこちらでも雪が降りました。西日本の方は、立て続けに大雪で難儀しておられることと、お見舞い申し上げます。駅前ロータリーの西側が埋まったので、線路沿いに諏訪通りの方へ移ります。木造モルタル2階建て、看板建築のパチンコ屋さん。30年代はパチンコが一気に大衆化し、あちこちに中小のパチンコ店が出来ました。今では淘汰が進み、街中の小規模なパチンコ店はすっかり姿を消しました。などと、蘊蓄をのたまっ [続きを読む]
  • 駅前ロータリー西側、建物竣工
  • 昨日に引き続き、作業を進めます。いよいよ仕上げの終わった建物を、レイアウトに固定します。施工前の更地。交番から順に設置していきます。さらに、隣の電信電話室。建物と地面との間に隙間があると、それだけで違和感が生ずるので、パウダーで丁寧に処理していきます。交番も、結構中が見えてちょっと嬉しい。次に、四つ角側の長屋ビルを設置して、残りの2軒も続けて据え付け。演出効果を狙って、居酒屋の前とか、交番のあたり [続きを読む]
  • 建物設置の準備工事
  • 体感的に月日の経つのが早いです。正月がこの前終わったと思ったら、もう節分。今年も12分の1、過ぎてしまったということです。何もせぬまま、月日だけが流れていっている気がして、どこか焦りを感じる自分がいます。御託を並べている間に、さっさと進めろという天の声も聞こえますので、気を取り直して。整地が終わったので、建物を設置しようと思ったのですが、まだ建物の仕上げが終わっていませんでした。まずは長屋ビル。まだ [続きを読む]
  • ドブに蓋をする。
  • 建物を設置しようと思ったのですが、もう少し地面を仕上げてからにします。いきなりですが、カッティングマシーン、カメオの製図画面。なにやらウニョウニョ並んでいます。切り出すというより、筋彫り状態。はい。側溝、というより、いわゆるドブの蓋。試行錯誤しながら、これを作っておりました。溝に填め込んでいきます。少しがたがたなのが、かえってリアル。蓋の切り欠きも表現できました。墨入れ、というよりウェザリング?う [続きを読む]
  • 立川駅南口第一期区画調整工事
  • 久しぶりの土木工事です。ここのところ建築作業ばっかりでしたものね。どっちかというと、土木屋よりも建築屋の方が性に合ってる気がします。とにかく今日は土木屋さん。南武線周りのバラスト撒きと、駅前広場の整地と舗装を施工しました。線路際は嵩上げしたスチレンペーパーのまま、駅前はベニヤ平原でしたが、まず線路際にバラスト撒きします。駅前広場も1ミリ厚のスチレンペーパーで嵩上げして、まずは下塗り。側溝部分を掘り [続きを読む]
  • 駅前ロータリーの雑居(なんちゃって)ビル〜其の参
  • 寒い日が続きます。冬眠したいです。おバカなことを申しておりますが、地道に作業は進んでおります。1階の左奥は飲み屋さんだったらしいので、張り出し部分を厨房に。プラ棒とリベットパーツを組み合わせて、ガス湯沸かし器っぽいものをでっちあげ。湯沸かし器は屋根に取り付けて、フードの設置と配管をして、それらしく。屋上は、台木を敷いて、床材を貼って、物干し場に。やはり、洗濯物を干したいですねぇ。レトロななんちゃっ [続きを読む]
  • 駅前ロータリーの雑居(なんちゃって)ビル〜其の弐
  • 今日は本当に寒い一日でした。明日にかけて大雪のところもあるようで、各方面に影響の少ないことを祈ります。作業は少しだけ、進みました。1階部分の張り出し部屋と、屋上への階段室を増設。そうしたら屋根を葺きます。ビルに瓦屋根?帝冠様式ではありますまいに、何故?もしかしたらビルに見えるけれど、木造モルタル造り?複数の写真で確認していますので、瓦屋根で間違いないようなのですが、建築的には不思議な建物です。今と [続きを読む]
  • 駅前ロータリーの雑居(なんちゃって)ビル〜其の壱
  • 立川駅前南口ロータリーの西半分、最後の建物は数軒のお店が同居する雑居(なんちゃって)ビルになります。「なんちゃって」の意味は、おいおい明らかに。四つ角に位置する建物です。角側のカーヴが魅力的。直線と曲線部分とのメリハリを付けるために、裏側には支柱を入れて、さらに屋上だけでなく、2階の床もはめ込んで壁のアールを保ちます。梁出し?というか、保持材?というか、只の装飾かもしれませんが、色々出っ張ってるのが [続きを読む]
  • 駅前ロータリーの靴屋さん〜其の伍
  • 明日からまた仕事かと思うと、ちょっと憂鬱です。休みはすぐ終わっちゃうのに、仕事の一週間は長い。この季節、朝、家を出るときにはまだ真っ暗。なにが辛いっていえば、やっぱりそれかなぁ。愚痴を言っていても、気が滅入るだけなので、これくらいにして。商店2軒、エイジングを残して完成しました。靴屋さんの店頭ががらんとしたままでした。カメオで切り出した戸の中からイメージの合うものを選んで、加工します。お店で小物を [続きを読む]
  • 駅前ロータリーの青果店〜其の参
  • 三連休後半は、冬の嵐のようです。所によってはみぞれ交じりの風雨で、寒さもひとしおです。とはいっても、ルーチンの週末の買い物以外はどこに出かけるわけでもなく、おこたでちまちま作業を進めます。建物の側面と裏面が少し寂しかったので、配管とか、手すりとかを追加します。たたきに什器を据え付けてから、野菜、果物に見立てて、ビーズや着色したドライフラワーを並べます。かなりオーバースケールですが、細かいことは気に [続きを読む]
  • 駅前ロータリーの靴屋さん〜其の四
  • 今日で正月休みも終わりです。今年最初の作業は看板取り付けでした。まずはエクセルで看板をデザインします。ネットで画像を探したり、イメージに合う文字のフォントをインストールしたりと、結構手間はかかりますが、楽しい作業です。スチレンボードに貼りつけたり、ウッドシートで裏張りしたりして、看板らしく仕上げたら、本体に取り付けます。だいぶお店らしくなりましたね。こうなると、あとは店先です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 年内最後の記事は年内ギリギリの入線車両
  • さすがに大晦日をなめてました。こんな日に作業なんて出来ませんでした。その代わりといっては何ですが、この年末の忙しい時期にもかかわらず、宅配業者さんが頑張って荷物を届けてくださいました。KATO 165系 急行「アルプス」。もともとKATOから165系は発売されていましたが、リニューアルされた製品。先行して発売されていた「こまがね」編成と併せると、最盛期のフル編成が楽しめます。KATO製品のカチッとした仕上がりはその [続きを読む]
  • 駅前ロータリーの靴屋さん〜其の参
  • また少し進みました。がおう☆さんのコメントではありませんが、立ち上がりは早くても、その後がカメさんです。「呼んだ?」いやいや、うちの玄さんは逃げ足は速いです。さて、まずは窓枠。毎回思うんですが、カメオ様さま。建物を自作する時には、窓枠が自由に調達できるかどうかで、作業の進み方が全く違います。窓枠をはめ込み、庇を付け、屋根も朱色で上塗りしました。斜めってる怪しい小屋組み。遠近法ではなく、本当に斜めで [続きを読む]
  • 駅前ロータリーの靴屋さん〜其の弐
  • 今年も残すところあと3日、いや、今となっては2日と数十分。空いている時間を見つけて、出来るところまでは進めましょう。今日はここまで進みました。まず組みあがった本体にサーフェイサーを噴きます。紙を積層して厚みを出しているので、断面が層状にならないよう目地埋めと、水性塗料を直接塗ると水分で壁がしなるので、それを防ぐためです。サーフェイサーが乾燥したら、いつものモルタル塗り。木工パテを水性塗料で溶いたもの [続きを読む]
  • 駅前ロータリーの靴屋さん〜其の壱
  • 年末の三連休なんて、あっという間です。ほとんど作業らしい作業が出来ませんでした。家事優先ですから、仕方ありません。青果店の内装が残っているのですが、空いた時間でザックリ進められる作業ではないので、後回しにして、隣の靴屋を作り始めます。正面はモダンなデザインの看板建築。工作用紙4枚重ねで凹凸を表現します。塗装しないと重なり具合がよくわかりませんが、見た目厚みが出てきました。両側面は両隣と接しているの [続きを読む]
  • 自分へのご褒美
  • クリスマス・イブです。 北アメリカ航空宇宙防衛司令部によりますと、先程サンタさんは日本上空を通過した模様です。とはいえ「良い子」ではない小菱重工には、勿論サンタさんは来てはくれませんので、プレゼントは自分で買うしかありません。というわけで、ほとんど衝動的に買ったPENTAX Q-S1。いつもはコンデジのcanon IXY610Fを愛用しているのですが、少しばかり遊び心も欲しくなり、どうせならとミラーレス一眼に。とにかく、 [続きを読む]
  • カメオで窓枠量産
  • 青果店の仕上げをするつもりでしたが、窓枠のストックが少なくなってきたの気付いてしまって、久しぶりにカッティングマシーン「カメオ」を起動しました。5月に先代のパソコンのハードディスクが逝って、新しいパソコンに換えて以来です。ドライブソフトも新しいパソコンにはインストールしていなかったので、まずはそこから。ソフトのアップデートと、前のデータの読込と修正で、半日かかってしまいました。う〜ん・・・。あんま [続きを読む]
  • 駅前ロータリーの青果店〜其の弐
  • 色々付けて、建物を仕上げます。今回の建物、写真は遠景の不鮮明なもののみ、わかる範囲は再現し、それ以外は想像です。いきなりの小物アップで、恐縮ですが、戸袋です。庇もつけて、次は窓枠を揃えます。窓が嵌まると、ぐっと「建物らしく」なりますね。フラットブラックに塗装した角材を切り出して、枠型に組み立てれば、手すり兼装飾に。建物本体としては、こんなものでしょうか。店頭が開放状態なので、商品を並べ、お店として [続きを読む]