小菱重工 さん プロフィール

  •  
小菱重工さん: 小菱重工業
ハンドル名小菱重工 さん
ブログタイトル小菱重工業
ブログURLhttp://obishi.blog.fc2.com/
サイト紹介文150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業です(笑)。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2011/09/04 23:29

小菱重工 さんのブログ記事

  • たかがガード下、されどガード下
  • まだガード下でうろうろしてます。パテ塗りした後を削ったり、ペーパー掛けして見た目を整えています。モルタル仕上げの自然な感じに近付いたら、派手目にウェザリング。ガード下って雨水が滴り落ちたり、鉄錆が滲んだりして、結構汚れているイメージがありますので。もちろん、路面も汚します。パイプと、トラスと、H鋼で、こういうものを作って、架けます。右側には、電線。碍子付けた方が良かったかな?左側は配管?錆々ですな [続きを読む]
  • ガード下、あぁガード下
  • ある意味、今回のレイアウトの見せ場はガード下のような気がします。そんなこともあって、試行錯誤中です。せめて道路部分だけでも形にしようと、まずは側溝を設置。塗装した1ミリスチレンボードを道路として接着。視点を下げると、やっぱり側壁が気に入らない。ウレタンを切り出しして、微妙に形の調整。ちょっとは自然な感じになったかなぁ〜。凝る割には、あまり効果はないような・・・。悩みは尽きず、作業は進まず。にほんブ [続きを読む]
  • 京王帝都3000系一次車を仕上げる
  • モジュールレイアウトと並行して、車両の作業も進めています。屋根とボディの塗装が終わりました。竣工入線したばかりの時代にしますから、もちろん非冷房。マスキングテープをガイドにして、ベンチレータを貼っていきます。ん〜、ちょっと曲がったかなぁ・・・。全面上部の、FRP部分を塗り替えないといけません。その前に、ガラスの「ワンマン」表示も消さなくちゃ。シンナーを含ませた綿棒で根気よく消します。側面窓も同じく、 [続きを読む]
  • ガード下の工事
  • 作業の進行が滞りがちです。橋のタイプを変えたことで、橋台部分も加工し直さなければいけなくなりました。製品についている橋台を生かして、既存のものと一体化させます。さらにコンクリート打ちっ放し風に塗装。いずれ橋が載ってしまえば、ほとんど見えなくなっちゃうんですが。確認のために線路を仮配置してみます。以前ご紹介した雑誌のイメージそのまま。なんとかモチベーションを上げて、作業を進めていかないと、そろそろヤ [続きを読む]
  • 調子に乗って、井の頭線3000系一次車も
  • 前回整備した、京王帝都3000系二次車の元ネタ鉄コレ第21弾は、もと京王電鉄3000系で地方私鉄に譲渡された車両を主なラインナップとしています。左が、前回の種車である上毛電気鉄道デハ700型、右は今回弄る予定の北陸鉄道モハ8800番代です。わかり辛いかもしれませんが、北陸鉄道モハ8800番代は京王帝都3000系一次車で、側面が直線、上毛電気鉄道デハ700型は二次車で、裾が絞ってあります。実は両車、主体断面、車体幅が異なります [続きを読む]
  • 京王帝都3000系 二次車を整備する。
  • 渋谷三線モジュールでは、各社の車両もある意味、重要なストラクチャーとなります。営団銀座線は現在も順次増備中、玉電もMODEMOから出ているものはほぼ揃えました。ところが京王井の頭線は、時代に合うものが、ほとんど製品として出ていない。辛うじて3000系がマイクロエースから出ているくらい。鉄コレ第21弾は、その3000系転出車を集めていますが、肝心の井の頭線時代のものはありません。ならば、元に戻すしかありません。上毛 [続きを読む]
  • 橋を変更する。
  • 渋谷三線モジュール、いろいろ資料を集めて、検討しています。どの本も貴重な写真が載っていて、イメージ作りに役立ってます。中でも、もっとも最近に発刊された矢嶋秀一著、アルファベータブックス刊「京王線・井の頭線〜街と駅の1世紀」に掲載の1枚。まさに、これから作ろうとしている場所の空撮写真。とはいえ、モジュール寸法規定上、手前側にはほとんど余地がないので、このゴチャゴチャした街並みが造れないのは残念。さらに [続きを読む]
  • 土木工事
  • 渋谷三線モジュールの続きです。切り欠き部分の地面と、ガードの擁壁を作っていきます。スチレンボードで地面と擁壁、スタイロブロックから切り出した台形で橋台。このままでは、いまいちよくわかりませんが、こうすれば、ガード下感が・・・。木工パテで、隙間埋めとともにコンクリート打ちっ放しのイメージに。乾いたら、塗装してみます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 續々・渋谷路はすべて谷の中
  • 今回のモジュールは、限られた期間で仕上げなければなりませんので、使えるものはどんどん活用します。まずは、モーリンさんのトンネルライナー。井の頭線の渋谷トンネルにします。本来はトンネルポータルとセットで使ってトンネル入口の内部再現に使うものなのですが、今回はトンネルそのものにしてしまいます。単線用のフルサイズなので、まずはぶった切って、複線間隔に調整をして、貼り合わせます。イメージ的には、このまま行 [続きを読む]
  • 續・渋谷路はすべて谷の中
  • コンテスト用のモジュール、仮配置した線路に、電車を並べてみました。奥の一番高い高架が営団銀座線。真ん中は東急たまでん。手前、モジュールでは本線にあたるのが京王帝都井の頭線となります。ちなみに、井の頭線の車両は、現在調達中です。これは1970年代の渋谷駅西側の空中写真。右上にプラットホームとビルが見えますがここが井の頭線渋谷駅。オレンジ色の電車がたむろっているところが銀座線渋谷検車区。左側を斜めに横切る [続きを読む]
  • 渋谷路はすべて谷の中
  • 連休もさしたる進展はないまま、五月に突入。所謂ひとつの五月病?実は年初め頃にひとつの荷物が届いておりました。中身はと申しますと、モジュールレイアウトボードとその部品。無謀にもKATO T-TRAKジオラマコンテストに応募していてたのです。コンテストの概要はこちら。あらあら、まだ募集中なんですねぇ。引き籠ってばかりいないで、たまにはお外にでようかなどと、考えてしまったのが事の発端。ボード1枚と、線路他この部品一 [続きを読む]
  • 電信電話室の裏
  • 連休に入って3日目も終わります。こんなものを買いました。連休前半は、これを使って木を2本切り倒し、丸太にしてました。決してホラー映画ごっこをして遊んでいたわけではありません。慣れない作業で、肩と腕が痛い・・・。さて後半は、少しは作業する時間がとれそうです。先日作った架線柱と倉庫を、ここに設置します。まずはコンクリ塀と架線柱を立てます。続いて、倉庫。架線柱にはフォーリッジを巻き付けて、蔓草に絡まれてい [続きを読む]
  • スレート葺倉庫
  • 中華料理店、設置しました。馴染んでますね。商店街らしく、なってきました。でも、裏側の方が密度が濃いです。その裏側、さらに作りこみます。電信電話室から空地を挟んで、倉庫らしき建物。GMのコルゲート板を貼り重ねて、こちらは壁と、屋根を作ります。もう何度かやっているとは思いますが、「銀ギラ銀にさり気なく〜そいつが俺のやり方〜♪」と言っているうちに、錆止め塗装されーの、アスベスト噴き付けーの難燃化工事。スレ [続きを読む]
  • 高圧架線柱の自作
  • ゴールデン・ウィークに入りました。とはいえ最初は土日パターンですから、あまり実感はないですよね。祝日が土曜日にあたってしまったというのが、とても残念。さて、気を取り直して。立川駅電信電話室の脇に立っていた高圧架線柱、特殊な形をしていたので自作します。以前も引込柱を作りましたが、また違う形です。GMの架線柱をベースにして、支柱は竹ひごを使います。プラストラクトのアングル材や角材を使って横桁や架線受けを [続きを読む]
  • 駅前造成二期工事
  • 仕事の方は、少し落ち着いてきました。久しぶりのエライコッチャ状態にも、やや終息の兆しが見えてきた、とでも申しましょうか。ゴールデンウィークが、心安く迎えられることを祈っています。さて、レイアウト。街を広げられるように、ベニヤ荒原を整地します。南口側標準施工の1ミリ厚のスチレンボードで地上げします。ウッドパテ混ぜライトグレー塗料で地面を塗って、溝を掘り、ドブ板を填め込みます。ライターオイルで溶いたエ [続きを読む]
  • Ugh! Chinese restaurant kitchen Chinese!
  • 忙しい理由を考察してみます。①実際に職域全体の仕事量が増加している。②仕事量は変わらないが、役職上の負担が上増しされている。③仕事量は変わらないが、自身の仕事処理能力が低下している。④世の中が悪い方向に行っている。⑤上級官庁、上司、または悪の秘密結社の陰謀。⑥たまたま。⑦以上列挙した複数の要因の複合。私としては、③、⑤を主因とした⑥または⑦だと思うんですが・・・いずれにしろ不毛だ・・・。タイトルも [続きを読む]
  • 中華料理店の別棟
  • 中華料理店の裏手にある、別棟の建物を作ります。基本的にはいつも通りの作り方。見てくださっている方も、さすがに飽きてきたかなぁ。こういう感じで、中華料理店に繋がります。棒瓦葺きの屋根と、戸袋が付くと家らしくなります。外壁はモルタル仕上げ。カメオで切り出した窓枠を準備したら、本体に組み込みます。別棟はいろいろゴチャっとさせてから、店舗部分に接着します。仕上げは来週かな?にほんブログ村 [続きを読む]
  • 銀恋PART.4〜1200形、1300形、1800形完成
  • 今年の桜は場所によって開花時期がずれているらしく、職場の近くでも満開のところと、まだまだのところとがあります。そのおかげというか、今年は入学式に桜が見れます。さて、鉄コレベースに進めている銀座線旧型車の改造、一応一区切りまで進みました。切り継ぎを目立たなくし、サフを噴いてから、銀座線カラーに塗装。Hゴムに色挿しして、車両番号を転写。屋根はベンチレータが片側8個。ベンチレータ6個の1000形のものをそのま [続きを読む]
  • 中華料理店〜其の弐
  • 天気があまりよくありませんが、近くの公園まで散歩に出かけました。桜のつぼみ、だいぶほころんできてはいますが、満開まではまだまだかかりそうです。背景の空もどんより、寒いです。銀座線は塗装と乾燥に時間がかかっているので、レイアウトの方を進めます。だいぶ中華料理店らしくなりました。母屋の屋根瓦とともに、看板建築部分にも飾り瓦を取り付けます。色合いが、いかにも中華料理店といった感じで。戸や窓枠も、思い切り [続きを読む]
  • 銀恋Part3〜100形を更新1300形にする。
  • 3月が終わりました。職場は相変わらず修羅場です。折角の休日位、好きなことをやってストレスを発散します。以前ご紹介しました、地下鉄博物館限定鉄コレ。結構買い込んでおりまして、1セットは塗り替えて、戦後共通運用ができるようになった頃の姿としました。今回は100形を使って、車体更新されて中間車化された1200形、あるいは1300形に改造します。一方は両運、両扉の外観のまま中間車化された1358号車か1359号車に、もう一方 [続きを読む]
  • 銀恋Part2〜営団1800形をでっちUPする。
  • 年度末です。うちらの仕事にとっては、ある意味、一番忙しい時期です。結構ストレス、溜まってます。どうも追いつめられると車両に逃げる性癖があるらしく、レイアウトの製作の合間というか、少しでも時間が空くと、車両をいじっています。というわけで、鉄コレの営団2000形開封以降の銀座熱は醒めやらず、相変わらず増備を画策しています。鉄コレの銚子電鉄デハ1000形、ご存知のとおり元営団2000形を譲渡の際に両運化したものです [続きを読む]
  • 諏訪通りの中華料理店
  • 来ました!シン・ゴジラのブルー・レイ!結局、映画館では3回観たうえにブルーレイまで買ってしまいました。そんな折、たまたまホームセンターに行ったら、コップのフチの蒲田くんが・・・。特典ディスクには、メイキングが収録されていました。今回の作品、特撮部分はほとんどなく、3D作画ばかりかと思っていましたら、日本家屋崩壊シーンや、ビル傾斜シーンでしっかり伝統の特撮模型が使われていたようで、ある意味、感動しまし [続きを読む]
  • 月が侘しいぃ〜路地裏のぉ〜♪
  • 出来上がった二軒をエイジングします。フラットブラックでウォッシングしてから、ウェザリングマスターで深みをつけます。少しやり過ぎ位が、小菱重工仕様。スルメの旨味というか、枯山水の侘寂というか。設置する前に、地面の方も調整します。路地というからには、どぶ板がほしいかなぁ、と。路地は車は通らなくとも、生活道路。味わいを出すのは、なかなかに難しい。下地が整ったので、建物を設置しました。表通りから路地裏は、 [続きを読む]
  • 路地裏のバー、開店。
  • 飲み屋、パチンコ屋に引き続き、バーが開店です。絶賛放置中(?)だったバーを仕上げました。駅前周辺、色々と賑やかになってまいりました。立川駅南口は庶民的(ある意味危険)な歓楽街が散在していたそうです。煉瓦模様のパターンシートの目地に、フラットホワイトを擦り込みます。こちらは、行燈看板。1階部分に組み込みますれば、あっという間に怪しい雰囲気に。雨樋、庇、窓の手摺などなど、小物も取り付けます。前回に引き続き [続きを読む]
  • パチンコ店、新装開店
  • 銀座線の収拾はつきませんが、一旦レイアウトに戻ります。パチンコ店、新装開店です。パチンコ屋といえば、ド派手なネオン。実際光らせるまではいきませんが、それらしく作りましょう。まずは光ファイバーを一定の長さで切り出して、枠に貼りつけます。切り出した文字を貼り付けたら、裏にラメ付きの背景板をはりつけて、ネオンの完成。お店の正面は、こうなりました。裏側ももう少し、手を加えます。角材を組んで、台を作って、屋 [続きを読む]