para1002n さん プロフィール

  •  
para1002nさん: ごめんなさいでした
ハンドル名para1002n さん
ブログタイトルごめんなさいでした
ブログURLhttp://blue.ap.teacup.com/para1002n/
サイト紹介文鞆鉄道跡を歩いています。二月三十日の出来事で未来予測、はずしたらごめんなさい。囲碁ソフト比較テスト中
自由文旧暦二月三十日の出来事を集めています。中古ニュースで未来を大胆予測。
中古写真、古地図を元に失われた水路、道路、鉄道を探して現代の風景に甦らせる歴史散歩です。目に見えない物を目に見えるようにして現代の風景に甦らす、実物大パズルです。
最新囲碁ソフト8本の比較テストを継続中です。へぼですがどうぞお立ち寄りください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供269回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2011/09/05 17:45

para1002n さんのブログ記事

  • 鞆の浦春風サイクリング
  •  エミちゃんが中国語の鞆の浦観光リーフレットをもらってきたので、自転車を車に積んで行ってきた。車は近くの駐車場に停めて、自転車を降ろし、春風に吹かれながら、サイクリング。 まず、入り口のバスセンター(鞆の浦観光情報センター)で情報収集。手作り鞆の浦イラストマップとか、コミックガイド「イーチーライBINGO」、ふくやまイベントガイドなんぞをゲット。いずれもよくできていて、見て楽しくなる。 入江豊三郎本店に [続きを読む]
  • 手入れを催促
  •  新聞の囲碁解説を読んでいてもさっぱり呑み込めない。「147までとなって、形勢は、白良し。盤面でもどうかという勝負。」(解説の松岡秀樹九段) 白の5〜6目リードのはずだ。しかし、銀星17深層学習の解析グラフだと、逆に、黒がそれくらいリードしている感じに見える。 第39期碁聖戦本戦1回戦第4局黒九段山城宏55歳日本棋院現理事長、白三段堀本満成24歳、2013年12月5日 (年齢、段位は当時)(今年3月四段に昇段) プロの形勢判 [続きを読む]
  • スノーフレークだった
  •  半坂(広島県福山市草戸町)の墓掃除に行って來た。上の段のアジサイを移植する際に大量に掘り起こした水仙の球根。一度も咲いているところは見たことがなかった。でっかい球根だったので捨てるには忍びない。一つひとつ小分けにして、等間隔に埋め直した。雑草が生えてこないように、刈り取ったススキを分厚く敷いていた。年が明けて、隙間を縫うように水仙が葉を出していた。今年は時期が遅れたのでもう花は咲かないのだなと思っ [続きを読む]
  • 手どまり終局後
  •  第38期碁聖戦本戦2回戦第3局、黒25世本因坊趙治勲57歳日本棋院、白八段蘇耀国33歳日本棋院(年齢は当時)2013年2月21日東京市ヶ谷日本棋院本院洋室での椅子対局。228手完白半目勝ち。(榎本弘幸記者) 228手ですでに終局しているので、後は、手入れの箇所とダメを詰め合うだけ。素人が作っても、少し先を読めば、手入れの要不要は多分わかる。 持ち込みの黒239[画像] 231の切は入れても入れなくても手入れのいるところ。黒239はダ [続きを読む]
  • 芝生ウォーキング
  •  だいぶ前(10日前)に書きかけたまま忘れていたので、とりあえず、今日アップしておきます。今ならまだ季節的に間に合う。 神島橋から草戸大橋の区間は河川敷の草原が柔らかくて気持ちがいい。よく刈り込まれて手入れが行き届いている。足元の凹凸がなく、安心して歩ける。周回すると1周4kmはある。 公園でトイレ休憩の後、ベンチで一休み。[画像] 2回連続途中、低血糖でピンチになった。今日は芦田川へ出る新しいルートも見つ [続きを読む]
  • 鞆の日の出
  •  旧暦の元旦の日の出を神島橋(広島県福山市)から撮影した。春分の日の日の出場所は田尻沖の海上からだった。あれからさらに1か月半経過した。今日は旧暦の三月十八日。太陽の昇る位置はだいぶ北寄りになって、島影が混み合っている場所になる。海面近くだと、もっと鞆の方に行かなければならない。4時半に起床。鞆の鉄工団地に行ってみた。ここは場所が広くて車が停めやすい。海も見える。[画像] 鞆鉄工団地埠頭に到着時の水平線 [続きを読む]
  • お花見気分
  •  朝日に白壁が照らされている写真。桜の花がきれいじゃないと不評だった。花弁が透き通るように輝くにはちょっと朝日は光量が足りない。そこが狙いじゃないんだが、云われてみると確かに。日の高い2時ころに、もう一度自転車で出かけた。 朝、來た時も場所取りのシートは一枚もなかった。「人が少ないですねぇ。」「さっきまでは居たんですよ。この辺にも。」「そうか、お昼の時間が過ぎているから。」 散策の人がちらほら。  [続きを読む]
  • 福山城桜ウォーキング
  •  朝日とサクラとウォーキング。福山城天守閣に下から朝日が当たるほんの一瞬。頭の中で色々シュミレーションしながら、5時半に起床して早足でお城に急いだ。新幹線のガード下で早くも朝日が昇ってきた。一目散に階段を駆け上がる。[画像][画像][画像][画像][画像][画像][画像][画像]撮ったど〜〜[画像] para1002n(ぱら仙人) [お茶 ?] [ゆっくりしてく ?]  人気ブログランキング ←ワン をよろしく!! [続きを読む]
  • 竹が端桜ウォーキング
  •  朝方良く晴れていたのに、あっという間に雲が広がった。ひょとして雲が切れるかもと期待してエミちゃんと竹が端運動公園に行った。雲が分厚く、光量不足。おまけに寒い。ウォーキングコースを1周して帰ってきた。昼ご飯を食べて昼寝をして午後4時ころ、また空が晴れてきたのでもう一度出かけた。 やはり桜は青空の下がいい。[画像][画像][画像][画像][画像][画像][画像][画像] para1002n(ぱら仙人) [お茶 ?] [ゆっくりしてく [続きを読む]
  • 典型的なヨセ手順
  •  お互いに三連星で、模様を張り合って堅実にヨセ合って、白の3目半勝ち。プロが打っても、素人が打っても、コンピュータでも、誰が打ってもこのくらいのヨセになるんじゃないかなという典型的なヨセ手順です。ただ、コウ絡みなので、コンピュータらしい挙動が見られるかもしれません。 第38期碁聖戦本戦2回戦第7局黒九段加藤充志38歳日本棋院、白九段武宮正樹62歳日本棋院、278手完白3目半勝ち(2013年4月11日、年齢は当時)[画像] [続きを読む]
  • 囲碁ソフトのヨセ精度
  •  最新囲碁ソフトのヨセは今まで抱いていたイメージほど悪くはない。淡々と普通にヨセる時もある。大ヨセは中盤の手どころ同様、数多くのシュミレーションによって、勝率の高い手を打つ。 視野が広く、フリカワリも辞さない。 後手2以下の小ヨセは確率の問題で、将来の手入れとか、欠け目が1目になるか、ダメで潰れるか、先の手まで読んでいるわけではないので、手順が不可解なことはある。周囲が埋まっていくとやがて手入れにま [続きを読む]
  • 囲碁ソフトヨセ比較
  •  新聞囲碁棋譜、第41期碁聖戦本戦順々決勝黒八段坂井秀至43歳関西棋院対白八段瀬戸大樹32歳関西棋院、269手完黒2目半。倉橋正行九段の解説によると、170手171手辺りの形勢は、「黒の盤十」(黒3目半勝ち)ということだったが、(269手終局)結果は黒の2目半勝ち。(宮田順平記者)(;FF[3]GM[1]AP[PocketGoban Ver 0.999]SZ[19]PB[八段坂井秀至43歳関西棋院]PW[八段瀬戸大樹32歳関西棋院]GN[第42期碁聖戦本戦準々決勝]DT[2016-4-7]PC[関 [続きを読む]
  • 川鵜のコロニー
  •  法音寺橋(広島県福山市芦田川)上手の中州に小サギのコロニーがあった。徐々に川鵜が進出して來て、最近では小サギの姿が消えた。 川鵜の糞で真っ白になって立ち枯れた中州の雑木[画像][画像][画像][画像][画像] オスが巣材を運んできてメスが巣作り[画像][画像][画像][画像][画像][画像][画像] para1002n(ぱら仙人) [お茶 ?] [ゆっくりしてく ?]  人気ブログランキング ←ワン をよろしく!! [続きを読む]
  • 竹が端運動公園
  •  瀬戸内海は海から朝日が昇って、海に沈む場所は極々限られる。大抵の場所は島から日が昇り、家の屋根か山に日が落ちる。横幅の狭い水平線が見えても、常にそこから日が昇ったり、日が沈んだりするわけではない。丁度その方向に日が来るように場所を移動して探すのもなかなか。道は狭いし、勾配もきつい。 広島県福山市田尻海岸 6時18分 湿度88%[画像] 天気予報では晴れなのに、全天霞んでいる。田尻海岸に着いたころなんと [続きを読む]
  • リュウダリュウダ
  •  リュウダリュウダ溜達溜達(liuda liuda)は中国語で、ぶらぶら散歩する意味です。ウォーキングポールにウォーキングシューズ。格好は一丁前ですが、スポーティーなノルディックウォークとは程遠い。一歩一歩雪道を歩くペースでのろのろ。 河口から8km地点の神島橋(広島県福山市)から9.5km地点の山手橋まで河川敷の草原を歩いて、新幹線の高架脇の緑地を通って戻ってきた。 舗装された硬い歩道よりは足元がふかふかして気持ちが [続きを読む]
  • ウォーキングポール修理
  •  ネットで買ったウォーキングポール。壊れる恐れがあるのでストップマークより多く引き抜くなと注意書きがあった。[画像] 抜いてしまわないことには修理できないので、思い切って分解。捩じり過ぎるとアルミの薄いネジの頭がもぎ取れる。取れても、径を膨らませる芯は下がるので、圧着位置の調整はできる。 もう一本のポールは、加締めが緩んで外れ、上段の筒の中でカチャンカチャン弾んでいた。歩くたびに金属音が響く。上段と [続きを読む]
  • 草野球
  •  初手天元戦の企画を始めた時(2013年1月)は、すでに日本の囲碁界が韓国や中国に取って代わられ、日本の囲碁の権威が失墜して久しい。だが、囲碁普及の影響力、老舗としてのネームバリューはまだまだ、多大なものがあって、コンピュータ囲碁ソフトの最先端が日本で華々しくぶつかり合っていた。 コンピュータ囲碁ソフトの技術は残念ながらアメリカやヨーロッパの方が先行して抜きんでている。ただ、ゲームとしての囲碁の認知度か [続きを読む]
  • 鈴蘭水仙
  •  芦田川の土手に上がる途中、葉っぱは水仙のような植物が植えてあった。水仙にしてはいつまでも花が咲かないので気になっていた。今日、ベルのようなかわいい白い花が咲いていた。鈴蘭にしては花数が少ない。鈴蘭よりは少し大きい。スノーフレークという花らしい。 スノーフレーク(鈴蘭水仙)[画像] 修理完了テストを兼ねて芦田川まで散歩[画像] ウォーキングポールが壊れた。三段伸縮の調節金具とアルミパイプは目打ちで加締め [続きを読む]
  • 初手天元戦再開
  •  しばらく中断していた初手天元戦の再開です。このところ、AI囲碁の強さが人間よりも強いかどうかから、続々出てくる新しいソフトの進化の速さの方に興味が移ってきている。アルファゴに追いつけるかどうかとか、日本のDeepZenGoはアルファゴにどこまで迫れるかと興味津々だったのに、名前を変えて、更に進化し、その他続々登場したAI囲碁。日本のDeepZenGoも進化したが、あっという間にそれ以上の新システム「絶芸」が急成長して [続きを読む]
  • 二月三十日の朝日
  •  今日は旧暦の二月三十日。二月が大の月になるのはおよそ3年に一度、不規則なので7年連続大の月が続くこともあるし、しばらく来ないこともある。今年は一昨年以来、二年ぶりの二月が大の月に当たる年。アメリカの西洋暦には絶対ない奇跡の一日。二月三十日だ。 天気予報は曇りだということで、あまり期待はしていなかったが、とりあえず雲の切れ間からラッキーサンライズが撮れるかも。田尻海岸(広島県福山市)へ行ってみた。日は [続きを読む]
  • 駅前通り
  •  早咲きの桜を見て帰り、駅前通りを通った。駅からだいぶ離れたところにタクシー乗り場が二箇所ある。先頭のタクシー乗り場はほとんど郵便局の向かい側に近い。一台も停まっていない。その手前に二番目のタクシー乗り場があって、タクシーが一台停まっていた。その後のタクシー乗り場でないところ(駅側)にずらっと並んでいる。歩道との間に手すりがある。手すりの途切れているところに割り込むようにタクシーが止まってドアを開け [続きを読む]
  • 早咲きの桜
  •  エミちゃんが「お城の裏に早咲きの桜が満開」といったので、今日は散歩日和。壊れていたウォーキングポールを俄か修理して出かけた。[画像][画像][画像] para1002n(ぱら仙人) [お茶 ?] [ゆっくりしてく ?]  人気ブログランキング ←ワン をよろしく!! [続きを読む]
  • あっぱれAI
  •  すごく強かった。「特にAIは意識しなかったが、すごく強いと感じた。」(井山裕太六冠=地方紙) 「囲碁の日中韓トップ棋士と人工知能(AI)が争う、ワールド碁チャンピオンシップ(WGC)最終日は23日、大阪市の日本棋院関西総本部で3回戦が打たれた。」(地方紙)  まるで負けたかのようにうなだれるAI代表[画像] 日本の囲碁六冠、全敗がどういう意味かよく解っている。それでいて、潔く投了してもらった日本の武士道囲碁精神に救わ [続きを読む]
  • あれだけ大恥かいたら
  •  終盤、半目勝負だとか。(ワールド碁チャンピオンシップ2回戦DeepZenGo VS中国ミ・イクテイ九段)ところが、相手陣に持ち込みで一手パスの手を3回も打ったら、合計何目損した計算なの。アマチュアでも、そんな無茶苦茶なヨセは打たんでしょう。半目勝負なら、一目たりとも損はできない。 市販の囲碁ソフト天頂の囲碁6Zenでも、もっとちゃんとしたヨセが打てるのに、世界中の人が見ている前でなんてことをするんだろう。これだけ [続きを読む]
  • 春分の日の出
  •  春分の日の日の出を撮影に田尻の海岸(広島県福山市田尻町)に行ってみた。 広島県福山市田尻海岸 6時26分[画像] 春分の日の日輪 6時27分 Nikon E8400[画像] 海鳥 6時32分[画像][画像] para1002n(ぱら仙人) [お茶 ?] [ゆっくりしてく ?]  人気ブログランキング ←ワン をよろしく!! [続きを読む]