智 さん プロフィール

  •  
智さん: 萬文習作帖
ハンドル名智 さん
ブログタイトル萬文習作帖
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tomoei420
サイト紹介文山の青年医師の物語×陽昇続篇ミステリーほか純文学小説連載中+森や山の写真コラム+文学コラム
自由文ドラマ陽はまた昇る続篇「side story」警視庁山岳救助隊の法治ミステリー×オリジナル「Aesculapius」山の青年医師ほか純文学小説を連載中、森・山岳写真、SS小説・短篇読切・文学コラム・論文のコツ。同性愛もBLと違うリアルで描きます※文章・写真共に著作権放棄はしていません、ご利用は必ず事前連絡ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供612回 / 365日(平均11.7回/週) - 参加 2011/09/05 18:23

智 さんのブログ記事

  • secret talk30 凍夜の森―dead of night
  • Of Elements, and an Angelic sprite,英二side story予告編@第85話+XX日secret talk30 凍夜の森―dead of night零下、星が鳴る。「ほんと、寒いですね?副隊長、」雪に若い声が呼ぶ、その肩書に懐かしむ。この声ずっと昔は自分だった、それとも近い昔だったろうか?「うん、薪くべるか、」微笑んで腕伸ばし、からん、薪放って火の粉舞う。散りばめる朱色に炎たつ、ふれる雪が光って溶ける。凍てつく梢も朱色ゆらぎ映えて、きらめ [続きを読む]
  • 花森日記:如月、花散らす風
  • このあたり河津桜カワヅザクラ満開、まだ風冷たい二月、薄紅の万朶は春灯して明るいです。なんですけど・ココントコ強風=春一番ナンバリング中、で、散る前の満開を↓笑これ撮っているとき、もう桜が咲くんですねー、と驚いている何人にも声かけられました、笑よくある染井吉野ソメイヨシノが4月なので桜=春爛漫のイメージありますけど、桜は品種多種多様・かわりばんこに開花期が訪れるため、年中ほとんど花が観られます。寒期 [続きを読む]
  • 深夜雑談:Frau.Bachと猫ソファ
  • バッハ作曲にまつわるミステリーを観ているんですけど、あのバッハ=Johann Sebastian Bach の楽曲は、その奥さん=Anna Magdalena Bach アンナ・マグダレーナが作曲していた、っていう説があり、その論証×反証を追いかけていく番組で、科学の進歩すごいなー、と感心しながら観てるんですけど、これ観ている限りではこの論あながちハズレとも言い難いなあ、と。Frau.Bach=Mrs.Bach アンナ・マグダレーナはバッハの二番目の妻 [続きを読む]
  • 第9章 Aither 天上の光 act.10−Aesculapius 杜嶺の医神
  • Which we are toiling all our lives to find, 鼓動を求め、  雅樹28歳・光一13歳9月第9章 Aither 天上の光 act.10−Aesculapius 杜嶺の医神 午前三時、山は目覚めだす。「ほい吉村くん、湯を詰めといたよ、」ランプの下、大きな手がテルモス2つ渡してくれる。受けとって、厚意と深い瞳に笑いかけた。「ありがとうございます、お世話になりました、」「うん、帰りも声かけてくれな?」大らかな声すこし低めて笑う。その言葉 [続きを読む]
  • 草花点景:如月畠花
  • 陽だまりの畔で、草花点景:如月畠花早春、畑には黄色を灯す菜の花。耕された土の端では野の花ちいさな共演中、笑赤紫は仏の座ホトケノザ、白は薺ナズナ、どちらも春の七草です。畑と森の境、つもる落葉から春の芽吹き。蕗の薹フキノトウは見るのも食べるのも好きです、笑撮影地:里山の畑@神奈川県家庭菜園の様子68ブログトーナメントにほんブログ村 blogramランキング参加中!  著作権法より無断利用転載ほか禁じます [続きを読む]
  • 山岳点景:冬鳥の森
  • 早春さえずる、山岳点景:冬鳥の森陽だまりの藪、鶫ツグミがいました。脇のモノトーンが水墨画みたいです。下は高い梢にいた緑啄木鳥アオゲラのオス、赤い頭と顔が特徴で、虫に侵された老木の皮をはいで虫を食べる益鳥です。ようするに老木が多い森だと会いやすい鳥ってことです。林の底の藪影、隠れるみたいにうずくまるのは白腹シロハラ、落葉くるくる掘る仕草が可愛いです、笑こう↑やって落葉に隠れている昆虫やミミズを食べて [続きを読む]
  • 第85話 春鎮 act.18−another,side story「陽はまた昇る」
  • researcher of tomorrow?harushizume―周太24歳3下旬第85話 春鎮 act.18−another,side story「陽はまた昇る」階段ひといき登って駆けて、橋を渡る。喧騒の車道を越えて背後、追いかける気配はない。そうして次の階段また駆けくだって、つないだ手が呼んだ。「…っま…ってゆはらくんっ」はずんだソプラノ呼んでくれる。とんとんっ、駆ける足ゆるめて周太は止まった。「ん、どうしたの美代さん?」ふりむいて繋いだ手が熱い。掌 [続きを読む]
  • 山岳点景:如月の森
  • 萌ゆる春に山岳点景:如月の森蕗の薹フキノトウ、森の陽だまり芽ぶく春。そんな早春2月に冬の陽透けて、常緑も明るみます。頭上は山茱萸サンシュユの黄色ふきだす蕾。三又ミツマタも黄色ほころびます、うつむきがちですが花ひとつ可憐です。落葉からオイヌノフグリが咲きだしました、この花の別名は瑠璃唐草、こっちのほうが似合う青色です、笑春一番に散らした梅、まだ名残る花に早春まばゆい森です。撮影地:森@神奈川県にほん [続きを読む]
  • secret talk29 花翳の夢―dead of night
  • Drown my world with my weeping earnestly,英二side story予告編@第85話+XX日secret talk29 花翳の夢―dead of night冬の風、それでも花は春。そうして映る、優しい幸福。「…きれいだ、」微笑んで薄紅ふる、光舞う。薄紅くるくる風さそう、額ふる陽やわらかに照る。頬しみだす冷たい風、それなのに明るい優しい花に鼓動そっと緩む、ほら?―…英二?君が呼ぶ、ずっと前に聞いた声。あの声どれくらい聞いていないだろう、逢えて [続きを読む]
  • 花木点景:早春桜
  • 如月に咲く花木点景:早春桜河津桜カワヅザクラは神奈川だと二月の花、冬の陽に透ける薄紅色が春を兆します、ココントコいつもの森に行ってなかったんですけど、そろそろかな?と行ったら満開でした、笑薄紅の花翳、匂いたつ早春。撮影地:森@神奈川県第27回 ☆花って綺麗ですよね♪☆ブログトーナメントにほんブログ村 blogramランキング参加中!  著作権法より無断利用転載ほか禁じます [続きを読む]
  • 深夜雑談:家ゴハン×猫
  • ノンビリな週末の夜、ひさしぶりに好きな総菜屋で買ったモン盛りつけ↓コンナカンジ、FLOっていうチェーン店なんですけど、パテ・ド・カンパーニュとミックスオリーブが好みで。パテなんたらは付け合せのコンソメジュレがイイんです、笑白ワインも赤ワインも合うけどシードルもおススメ。+マッシュルームと平茸があるな?ってワケでほうれん草とキノコのトマトパスタ、パスタは手軽カンタンすぐできるトコが好みです、笑っていう [続きを読む]
  • 第9章 Aither 天上の光 act.9−Aesculapius 杜嶺の医神
  • The earth, and every common sight 闇にも風は、  雅樹28歳・光一13歳9月第9章 Aither 天上の光 act.9−Aesculapius 杜嶺の医神 風が切る、頬そっと冴えてゆく。「は…、」息、白く攫われる。梢ざわめく、冷気が動く、湿り気かすかに唇ふれる。零下の風ゆく深夜2時、意識まっすぐ貫いて夜を仰いだ。「うん…強いな、」雲ながれる、薄墨ながれて夜が動く。髪なぶられて凍えだす、闇に霜の気配が流れゆく。駆けてくる気圧よせ [続きを読む]
  • 山歩雑談:山岳遭難事故の継承×警鐘
  • 目的は?山歩雑談:山岳遭難事故の継承×警鐘先週、阿弥陀岳@八ヶ岳で早稲田大学ワンゲルでの遭難事故がありましたけど、冥福を祈ります。ご遺族は悲しんでおられるだろうと想います、それでも大学に入ったら山岳部いくぞーなんて学生もいるかなと。だからこその事実提起なんですけど、↓この大学は遭難事故もう何度目ですか?早大は山岳系サークル複数ある×伝統があり、ワンダーフォーゲル部も探検部も有名です。早稲田に限らず [続きを読む]
  • 第85話 春鎮 act.17−another,side story「陽はまた昇る」
  • Hold me, Hold onto hope.harushizume―周太24歳3下旬第85話 春鎮 act.17−another,side story「陽はまた昇る」繋いだ手そっとほどく、ちいさな手に受験票一通。紅い頬の横顔は掲示板を仰いで、瞳そっと瞑った。「…、」唇ちいさな声、人波に喧騒に聞こえない。彼女の独り言、それは祈りの声だろうか?想い見つめて、それから周太も掲示板を見た。「…あ」記憶の番号なぞる、確かにそうだ?そのあるべき場所を見つめて隣、ちいさ [続きを読む]
  • 写真訳詩:三色菫の香×Poe
  • 記憶の残像、花写真訳詩:三色菫の香×PoeFor now, while so quietlyLying, it fanciesA holier odorAbout it, of pansies―A rosemary odor,Commingled with pansies―With rue and the beautifulPuritan pansies.【引用詩文:Edgar Allan Poe「For Annie」抜粋&自訳】翻訳そのうち追記します、笑にほんブログ村 blogramランキング参加中!  著作権法より無断利用転載ほか禁じます [続きを読む]
  • 山岳点景:銀嶺三千尺
  • 標高1,000以下の冬山岳点景:銀嶺三千尺樹氷まとう白銀世界、撮影場所は標高170メートル程度。東北や信越ではなく神奈川県の山です。次は埼玉県秩父市にて、石清水が凍る氷柱群。標高400メートルほどですが積雪×凍結の凍れる渓谷。下は三頭大滝、東京都の山岳地域・奥多摩です。落差35メートル@標高1,098メートル、撮影時気温は零下6度。撮影地:嵐山@神奈川県、三十槌の氷柱@埼玉県、三頭大滝@東京都檜原村今シーズンも遭難 [続きを読む]
  • 第9章 Aither 天上の光 act.9−Aesculapius 杜嶺の医神
  • The earth, and every common sight 闇にも風は  雅樹28歳・光一13歳9月第9章 Aither 天上の光 act.9−Aesculapius 杜嶺の医神 風が切る、頬そっと冴えてゆく。「…やむかな、」観天望気あおいで闇が光る。瞬く銀砂に天空きらめく、馳せる雲はるかな光芒なげる。星ふる満天に紫紺色は深くて、海のようだと詞が波うつ。Our birth is but a sleep and a forgetting: The Soul that rises with us, our life’s Star, Hath had [続きを読む]
  • secret talk28 束縛に花を―dead of night
  • Of Elements, and an Angelic sprite,英二side story予告編@第85話+XX日secret talk28 束縛に花を―dead of night君を惹きたくて、視線すら捕まえたくて。「すみません、花束をお願いできますか?」ひさしぶりの店、声かけて花が香る。明るいウィンドー百花色彩きらめく、その光に長い髪ふりむいた。「まあ…おひさしぶりです、」ダークブラウン艶やかにエプロンなびく、色白の頬やわらかに薔薇色やさしい。変わらない店主の笑顔 [続きを読む]
  • 如月十四日、銀葉金合歓―Be my Valentine
  • secret love, または門出 2月14日の誕生花如月十四日、銀葉金合歓―Be my Valentine友情も恋も、君。そんなこと君は知らない、それに憶えてる?この樹この花この日咲く、その初めての日。「…なーんも憶えてないんでしょ、どーせ?」つぶやいた唇、あまい湯気かすめる。ふわり甘くほろ苦い、この香いつも毎年お決まりのこと。その最初まだ幼い春だった、こんなふう窓の黄金ふっさり咲いて。Le tram tra?nait ses mélodiesSous l [続きを読む]
  • 山岳点景:白銀の時間
  • 如月雪景山岳点景:白銀の時間雪の日、牧場は雪原一面・白銀の別世界。軒先からは氷柱の光。そんな朝、樹氷きらめく山×青空。零下に冴える空、梢またたく白銀の光。樹氷ほどけた牧草地は青空のどやかな白。梢ちりばめる銀色の光、静寂時間。撮影地:相模湖周辺@神奈川県、美し森@山梨県八ヶ岳下部、南牧村@長野県○雪に踏みこむと雪の下にある植物・農作物・樹木を傷めることがあります。・ルート逸れての踏みこみはNG。・スノ [続きを読む]
  • 第85話 春鎮 act.17−another,side story「陽はまた昇る」
  • Hold me, Hold onto hope.harushizume―周太24歳3下旬第85話 春鎮 act.17−another,side story「陽はまた昇る」繋いだ手そっとほどく、ちいさな手に受験票一通。紅い頬の横顔は掲示板を仰いで、瞳そっと瞑った。「…、」唇ちいさな声、人波に喧騒に聞こえない。彼女の独り言、それは祈りの声だろうか?想い見つめて、それから周太も掲示板を見た。「…あ」記憶の番号なぞる、確かにそうだ?そのあるべき場所を見つめて隣、ちいさ [続きを読む]
  • 深夜雑談:雪嶺にて
  • 雪山REAL深夜雑談:雪嶺にて昨日は久しぶりに雪山へ。ホントは夜明け出発予定、が、車が凍りついており、笑あー昨夜の雪がコンナなっちゃったんだ仕方ないなあ、と薬缶に湯を沸かして溶かして、それから出発して、…っていうかソレ以前に寝坊もしたんだけど、ソンナコンナで出発予定が遅れて、高速を降りたら北斜面や林間は車道もアイスバーンあったりで、そんなわけで目的地@八ヶ岳山麓に着いたのは11時前で、これはもう予定変更 [続きを読む]
  • 第9章 Aither 天上の光 act.8−Aesculapius 杜嶺の医神
  • Thou little Child, yet glorious in the might 少年の空 雅樹28歳・光一13歳9月第9章 Aither 天上の光 act.8−Aesculapius 杜嶺の医神 黄金ひるがえす、朱色茜色。たなびく紫雲は記憶の色、あの背中。―…ホント雅樹の笛はイイね、なんでもくれてやりたくなる、声が響く、金色に透ける雲が紫染まる。風はためく登山ジャケットも紫深い、あの声が好きな色。―…なあ雅樹、夕陽と朝陽って似てると想うか?深い低い、そのくせ徹 [続きを読む]
  • 山岳点景:樹氷の道
  • 白銀の朝山岳点景:樹氷の道着氷×着雪→樹氷まとった森、青空まばゆい白銀の瞬間。撮影地:相模湖周辺@神奈川県撮影場所は標高170メートル程度、それでも↑コンナ凍るのが冬山です。雪30ブログトーナメント○雪山は迷いやすいためルートファインディングが問われます。・降雪時はびっくりするほど見通しが利かなくなります、降雪でトレース(足跡)が消えることも普通にあり。・道標なども雪で埋まります、コンパス・高度計・読 [続きを読む]
  • 山岳点景:雪嶺の森
  • 白銀、蒼、光山岳点景:雪嶺の森積雪期、八ヶ岳は白銀の時間。梢の空は光線が強い、その反射に森の底は輝きます。霞む山頂、雲のなかは風雪の悪天候だろうなと。中腹や下部でも空は刻々、雲が変化してゆきます。望む南アルプスも雪霞、降りだした雪に森は霞みだします、雪雲のぞく青、それでも凍える息は白。雪ふっと止んで、ふりむいたトレース×青空がきれいでした。撮影地:八ヶ岳美し森@山梨県あちこち散策29ブログトーナメン [続きを読む]