makana さん プロフィール

  •  
makanaさん: 小さな言葉の欠片たち
ハンドル名makana さん
ブログタイトル小さな言葉の欠片たち
ブログURLhttp://ameblo.jp/makamakasarasup/
サイト紹介文甘い恋話書いています。 連載ものと、ショートあります。どちらも サラリと読めると思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2011/09/05 20:17

makana さんのブログ記事

  • くしゃっ。
  • おはようございます??久しぶりに。朝から目がかゆい。花粉症とわたしの攻防戦もいよいよ本土決戦的な状況です。今日もテレビの花粉情報観てたら凄く多いみたく、花粉のマークがマスクをして赤い顔で、「わたしはもう耐えられません」的な感じで……今の状況を先に偵察してきたような人のようだった。おぉ……そうか……耐えれるかなぁ……うん……がっ、頑張るよ……的な感じで受け止める。今の時期は外に出かけるのに良い時期 [続きを読む]
  • フローリングの床の上をさっきからさらさらと波のようにうごくカーテンをみている。久しぶりの晴れたお天気に久しぶりの暖かさに窓を開け放ったからだ。カーテンが気持ち良さそうにみえるのはわたしの今日に余裕があるからだ。少しわたしの視線の先にはソファの上に横になって寝ている彼がみえる。……鼻が高いなぁうらやましい。あっ。口が少し開いた。……なんて、寝顔をまじまじとみているのさえ気がつかないだろう。真白いス [続きを読む]
  • さりげないのがいいかも。
  • 今日はホワイトデー。バレンタインのお返しが当たり前のような感じになってますが……わたしの学生の頃は机の中にコッソリお返しあるから。みたいにもらったり家の近くまで来てもらってもらったりしたような気がします。大人になったらなったで、義理とか本命とか めんどくさい(心の声)おかえしする男性も大変だなぁーと思う。でも。今の子たちはホワイトデーに手作りのお返しもあるようで、、見せてもらったら女子より女子 [続きを読む]
  • ひさびさ、に。
  • 久々、青のテーマで。こんなふうのブルーがスキ。みてるだけで癒されます。……相当疲れてるんかしら。笑早くも3月に突入しましたね。慣れたもの、慣れないもの、捨てられるもの、捨てられないもの、色々。旅立ち。なんだか扉を開く月のような気がします。個人的にね。今日は朝からこちらを聴いてます。映画観たい。 [続きを読む]
  • 私を構成する成分は・・・
  • ▼私を構成する成分は・・・\あなたはなにでできている!?/成分チェッカーで分析するわたしもやってみました。直ぐにお布団に入れば眠れるわたしには間違いない。笑当たってるかな。笑一日中ゴロゴロしていたいときもありますが、、昨日に比べ今朝起きるとき寒かった。お布団の中から出たくなくて、……後、5分。……後、3分。発動させてました。今はしっかり起きてます。春が近づいてる感じがしますがまだ雪がチラつく [続きを読む]
  • let's go now
  • はぁーため息がでる。今年はどうなんだろう。よりによってこんな日に……2月14日今日は私の誕生日だ。良くも悪くも忘れられない日。自分の誕生日にプレゼントをもらって幸せな顔をしていられたのも恋をしたあの日から勝負の日に変わってしまった。毎年、こちらは本命のつもりで贈り続けているのに知らん顔。でも今年で最後にしようと心に決めていた。彼は毎年私に催促する。「ーーチョコは?」て。私は繋がりが切れるのが怖くて毎 [続きを読む]
  • すぅいーと。
  • リピ中。なんか元気でてくる。笑バレンタインにショートショート書くなんて言いながら私の頭のなかはてんで甘いなにかが降りてこない。sweetスウィート。すういーと。水筒。に変換されるわたしの連想て……( ̄∇ ̄)ひとの話を聞いてフムフムとなるけれどそこ止まり。どうしちゃったんだ。私の脳よ。バレンタインのチョコづくりを横目で見つつチョコ売り場では自分用に買ったり、、終わった相手に未練はないからね。NEW LOVEだよ。 [続きを読む]
  • さむいっす。
  • 今日は雪がちらつく寒い日でした。まだごっついかんじのコート着ないとだめでした。久しぶりにしっかり私なりにメイクしてみました。気持ちが余裕あるせいか上手く出来たような気になっていた、朝。気分も良かったのでぷらっと映画を観に行きました。この世界の片隅に。生活があり、感情があり、生きていかなければいけない。女性視点の感じが良かった。戦争を知らない私にもよく分かるというか、あぁ……こんな感じだったんだと [続きを読む]
  • わたしの恋愛力腕試し
  • ▼わたしの恋愛力腕試しの結果は・・・特徴ね。近からず遠からずな判定なのかも知れません。笑でも、世話は焼きません。腕を上げるには?ていうの母親って。笑刺激的な関係て。スナイパーゴルゴ的な?あぁー恋愛力ないかもね。笑\あなたの"恋愛力"はどのくらい?/恋愛力腕試しに挑戦する [続きを読む]
  • 「えっ?また、忘れたの?」「……うん。ごめん。」「ちょっとしっかりしてよね。」「……ほんと、ごめん。」深く大きなため息をついて部屋から出ていった。ちゃんと、メモを取っていたのに。最近、疲れがたまっていたからかな。仕事でのミス。こんな事は前まではなかった事。一回くらいなら、まだウッカリだったんだ、ですむのかもしれないが最近自分でも忘れすぎなのは身体が疲れすぎだからなのだと思っていた。栄養ドリンクな [続きを読む]
  • カレーうどん
  • 私はウトウトしていた。寝ている間に悲しい様な怖いような夢をみていたようで慌てて目を開けて、側で寝ている人を確認して安堵する。……あぁ、よかった。静かに呼吸をしている。白い病室の中のその人は元気な姿のときより随分小さくなった。握った手も力強さがない。食が細くなり、アレが食べたい。カレーうどん。たくさん食べれるわけはなく、それでもわたしは作る。今まで作った中で一番美味しくなるように。玉ねぎを切り出し [続きを読む]
  • 今年も残り……
  • 今日を含め3日です。12月入ってからが早かったー伊達に師走じゃない。笑今年は時間を気にした一年だったような気がします。早い、短い、長い、、大好きな母が旅立ってしまった事で私には今、正直ぽっかり穴が空いているような感じです。毎日が忙しいので救われている気もします。ふっとひとりになった時間に想い出が溢れてきます。食べ物を食べてるときも、あぁ…これ、すきだったなぁ…て思ったりここ、一緒に来たなぁー、あの [続きを読む]
  • コーヒー。
  • わたしと一緒でコーヒーが大好きだった。引立てをいつも何も言わないでも淹れてくれた。最後まで好きだった。飲み物が受けつけなくなる日まで。あの日、ちゃんと伝えたい気持ちは言えたけど後悔ばかり。今日の空模様のような気持ち。こころにぽっかり穴があいてしまてる。何をしても思い出だけがじわりじわりとにじみでてくる。忙しくしていないと。いつも何気に飲んでいたコーヒー。やけに苦いよ。コーヒーて、こんなに苦い味だ [続きを読む]
  • 文化祭当日になり自分に与えられた分担分も終わりホッとしていた。何より一番嫌いなアイツとの繋がりが切れると思うのが一番嬉しい。自分が気に留めなかったりしない限り同じクラスメートだとしても話す事はない。「やけに機嫌良くない?」「そう?別に。」嬉しさが顔にも出るらしい。「あっ、俺との仕事もあと何時間ー!嬉しいー!みたいな?」「……えっ。」「図星かよ?」「……」気を悪くしたと思ったのにアイツは笑った。ゲ [続きを読む]
  • あまいぜ、ちくしょー
  • やっと買えたぜ。しかも、注文時ポムポムすらっと言えずに噛んだぜ。店員のお姉さんにクスッと笑われたぜ。なんでこんな恥ずかしい目にあわないといけないんだ?て思いながらも受け取ったらかわいいぜーなんだ、そのひとを癒そうとする顔は?くやしいぜ食べてやるぜ覚悟しな?:*:・( ̄∀ ̄)・:*:はうっー。……。一瞬でとろけさせやがって。チクショー完敗だぜ。て、な感じでうわさのかわい子ちゃんを食べました。期間限定らしく [続きを読む]
  • 下駄箱から靴を取り出し履き替える。玄関の入り口にはすでに履き替えて私を待っている。(早っ!)心の声がでる。準備するものをメモ書きしてきたのを見ながら歩き出し「ほとんど駅前の商店街で揃うんじゃないか?」「……だね。」行き先は決まった。田舎の街では駅前あたりに行けばだいたい揃うのだ。「自転車通学だっけ?」「……そうだけど、あっじゃあ現地集合する?」「うん。今からだとバスもう直ぐ来るから……」「じゃあ、 [続きを読む]
  • おはようございます。
  • お久しぶりです。ポツポツ更新にお付き合いしていただいてありがとうございます。海月の森。書き始めました。ゆっくり書いてます。てやんでいガールも決して忘れているわけじゃありません。1日、1日が安心、安全がいちばん。当たり前な毎日とは思わずに常に無常です。良くも悪くもです。わたしは悟りを開いたお坊さんのような感じではないですが、なんだか最近強くそう思います。今日も朝から雨。降りが強くなってきてる。気を [続きを読む]
  • 目の前で全力でカレーうどんをすすって食べている彼には悪いことをしたなぁ……と今なら思えるがあの時は苦手だったのだから仕方ない。彼との出会いは10年前だ。苦手というよりは嫌いだった。私とは正反対のひと。熱い人。何事も全力で取り組む姿を私は冷ややかな目でみていた。何をしても上手くいかない、続かないと、どこか幼い頃からあきらめていた私には何故こんなに力を入れてやっているのか?疲れないのか?……温度が違う [続きを読む]
  • 目の前に置かれた料理は彼の得意とするものだった。昨日のカレーをカレーうどんとして形を変えただけだと言うのかもしれないが、人に作ってもらえたというだけでわたしにはまだ口に入れて味わう前から美味しいに決まっていると思える。誰かの為に作るものには愛情があるのだから。向かい合わせになりキチンと手を合わせ「頂きます。」この瞬間があるのは嬉しい。誰かと一緒に食べることは、それだけで寂しくはない。食べながら他 [続きを読む]
  • まだ梅雨明けもしてない暑さが押し寄せてくるような日だった。太陽の陽射しとアスファルトの照り返しの暑さがわたしを挟み込んでまるでコンロのなかの魚みたいだった。ジリジリと焼かれているようで日陰を探しながら急ぎ足で歩く。梅雨明け宣言はまだだが、わたしのなかではあと、2、3日後には明けるに違いないと確信していた。「お帰り」「ただいま」玄関に足を踏み入れると軽くハグをしてくれる。「太陽の匂いがする。」「そう [続きを読む]
  • プロローグ。
  • 『もう一度会わせてください。』叶わない、叶う事が出来ない願い事をノートの端切れに書いて小さな瓶にくるくると入れてコルクの栓をぎゅっと閉めて右手に持ちボールを投げるように二、三歩助走をつけながら左手は勢いをつけ体に引き寄せるように曲げ右手を思い切り振りかざし海へ投げ入れた。出来るだけ遠くに落ちるように。誰かに拾っては欲しい訳じゃなく誰かに届いて欲しいわけでもない。ーーーーーーただ、あの場所まで辿り [続きを読む]
  • sky。
  • 一年前にわたしの元からスルリと居なくなった。なのに、今日はあのひとのウワサ話がちらつく。あぁ……あのひとに会いたくない。わたしの半分を占めてたあの人。会ったらまた気持ち揺れるかも。心、持って行かれるかも。強く拒絶出来る自信がない。あの日冷たく突き放したのに。もう、どうしよう。気がつけばあの人のことばかり考えている自分がいる。すでに、わたしの心を支配している。カレンダーを見ると今日は7/7ラッキー [続きを読む]
  • 過ぎちゃった。
  • お久しぶりです。昨日、七夕でしたよね。短冊に書かれた願い事届くといいですよね…その日だけは他力本願。……なんてね。毎年、わたしなりにショート話作っているのですが、今年も……なんてね書いていましたが間に合わなかった。誰も待ってはいないだろうが、わたしのこだわりみたいなものなので、、時間をもう少し。昨日更新したかったのに、出来なかったわたしのね、言い訳です。毎日暑いですが体調気をつけてくださいね。そ [続きを読む]
  • てやんでいガール(10)
  • 「久しぶりだな。」光の中で立っている人物に言われてもあまり実感がないのは人の形になっている猫に言われたからだ。「……どうも。」私は曖昧な返事で返すと鋭い目つきのお頭と呼ばれる男はふっと笑った。「あの頃は小さな女の子だと思っていたのに……」懐かしがられても私は猫の姿しか知らないのに急に現れた知らない男の人に言われていて実感が全く湧かないのでただ黙っているしかない。その横で、さっき乱暴にも私を気絶さ [続きを読む]