草野 雅 さん プロフィール

  •  
草野 雅さん: Starry Night
ハンドル名草野 雅 さん
ブログタイトルStarry Night
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/starrynights0423
サイト紹介文オリジナル小説を載せつつ、趣味のページでテンションをあげ、旅の写真でほっこりとするブログ
自由文オリジナル小説は、長文傾向。
趣味のページは、中国茶を主にお茶紹介。
旅フォトは行ったところで撮った写真を載せています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供161回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2011/09/06 22:51

草野 雅 さんのブログ記事

  • 暑い・・・。
  • こんにちは!暑いですね。この暑さでは、草野はもう倒れるしかないな、と思う次第です。かき氷だけでは、のりきれない。暑すぎて、何もやる気が出ない草野です。そんな草野、そろそろ麦茶を作るか、それとも普通のお茶を飲むかで悩んでいます。葡葡萄の麦茶はまだ開けていません。なぜなら、もうちょっと暑くなってから飲みたいと思っていたんです。が、各地で真夏日を観測する今日この頃。もう、暑いしいいじゃないか。と、思うわ [続きを読む]
  • 第52話「神様と魔神様と半獣人」
  • 第52話「神様と魔神様と半獣人」 「そういえば、ハヤテ。新しい術見せてくれ」「そうだった。そう言えばそれで呼んだんだったな」ちょっと待ってろ、と言ってハヤテが立ち上がる。オウマはワクワクした顔で、そちらを見ていた。「なるほど、ハヤテ様とのつながりは、術なんですね」「そうそう。術研究会っていうのがたまに天界と魔界合同であるんだけど」そんなものがあるのか。そこでは魔界の住人もサービス精神 [続きを読む]
  • 事件27. 考え直せって何度も言ったはずだ
  • 「どういうことだよ」ゆったりととあるところでくつろいでいたらしい女に、一人の男が突っかかった。しかし、女はどこ吹く風だ。「あんた、銀髪に戻したの?」「黒髪はただウィッグをつけているだけだから。もともとから銀髪だろ?って違う!」「一人でノリ突っ込みって、あんた芸人にでもなるの?」呆れた顔で目の前の男にあきれた声を出す。いちいち火に油を注ぐやつだと、男ははぁとため息を吐いた。「で、どういうことっ [続きを読む]
  • これで夏を乗り切るぞ!
  • 草野、なんとかき氷屋さんに!というのは冗談で。4月に誕生日がありまして、姉にかき郡期を買ってもらいました。まだまだ慣れないため、全く上手ではありませんが、これから夏は重宝しそうです。ケーキ、ゼリー、アイス等、草野の中で大きい甘い物は1日に1つと決めているのですが、自分で作るかき氷なら、甘みを入れなければいくらでも食べられるかな、と。(その前におなか壊すから止めなさい)さっそく、GW始まってから、毎日 [続きを読む]
  • 第51話「天界の神様と魔界の神様」
  • 第51話「天界の神様と魔界の神様」 その日、リオはメイリンに頼まれてメイリンの病院の中にいた。どうやら、タイマーをかけていて、そのタイマーが鳴ったら火を止めてほしいらしい。そのメイリンがどこに行ったのかは、リオは知らない。突然メイリンの病院に妖精が入ってきて、何やら口論し、そのままメイリンを連れていったからだ。ハヤテはその場にはいない。昨日から、新しい術を考えたと喜々として言って、その術の [続きを読む]
  • 事件26. 壊れた蓄音機って、こんな感じなの?
  • ああ、早く解放しなければ。この状況でそう思ってしまう自分が一番嫌い。でも、早く解放してあげなければきっと一生彼の幸せなんて訪れない。ならば覚悟は決めた。 「私と恋人として付き合ってくれない?」 その言葉は、本当ならば自分が言いたい言葉ではなかった。けれど、進まなければ一生彼の幸せなど訪れないことはわかっていた。だから、彼女は一つ彼に嘘を吐いたのだ。(ごめんね、でも進まなければ幸せには [続きを読む]
  • 事件25. 木賊って、結構初心よねぇ
  • 「遊園地って、何が楽しいの?」 勇気を出した。おそらく今までで二番目に勇気を出した。が、答えはたった一言。スパッと切られただけであった。 「ねぇ、悪かったから、そんなに怒らないでよ」「怒っているわけじゃない」「じゃぁ、なんでそんな怖い顔をしているのよ、木賊」ぶすっとしているのは木賊にだってわかっている。だが、木賊も納得できなかった。「遊園地、楽しくないって言ったくせに」「 [続きを読む]
  • 5月のGW
  • こんばんは!GWが始まりましたね。すでに9連休の間に入っている方もいらっしゃるでしょうが、私は今日からです。お休みいっぱい、普通の会社ってすごい。今年は5連休か、と同じ会社の方がぼやいていましたが、私にとっては5連休もできるなんて、すごいとしか言えない。前まではたらいていたところは、連続休暇は3日以上無かったり(魚屋)、繁盛期なのに休むの?だったり(添乗員)、土日祝は仕事絶対だ!(カフェ)というところだ [続きを読む]
  • 金沢お土産紀行 -食フォト
  • 食フォトです。最後までお菓子の部屋と迷いましたが、旅フォトと連動しているのが主にこちらなのと、お菓子ではないものも紹介するので、食フォトになりました。笑 さてさて、親友の結婚式で行った金沢。久々に大学の友達と騒いで楽しかったです。そして、例のごとくお土産大好きな草野は、お土産を大量に買って帰り、母親と姉に苦笑されました。 さて、では金沢に行ったら絶対に買いに行こうと思っていた物から。 [続きを読む]
  • 事件24. 欲しいんだ、その記憶が
  • 絶対に無理だと諦めていたものが、目の前に提示された。その人間が、その目の前に提示されたものに飛びつくのは仕方がないことだと思う。それがどうしても欲しければ、欲しいだけ。その気持ちを持つものならば、それは当然の思いだと思う。 でも、たいてい「バカなことをして」と言われるだけ。だからずっと黙ってきた。けれど彼女には伝えなくてはいけないのだろう。彼女に伝えて、そして許可されないのならば、認められない [続きを読む]
  • 事件23. ここにきたら、ダメだよ
  • 遠い記憶。自分が失った記憶を持っていることを自分は知っている。その頃のことを思い出そうとすればするほど、ふわふわとした感覚に襲われる。そのふわふわとした感覚が、自分に教えてくれることはただ一つ。自分にとって温かくて、優しくて、幸せで、満ち溢れていた。そんなことだけはしっかりと分かる。 なら、その記憶を思い出そうとすることに、何の罪があるのか。今の生き方が辛くて、悲しくて。負の感情しかない [続きを読む]
  • 徒然なるままに?
  • 先週は、我が親友の結婚式で石川県まで行ってきました。とっても親友らしい、良いお式。幸せをいっぱいもらいました。旦那様もとっても良い方で、幸せにしてくれそうで、勝手に安心しました。笑 金沢にも久々に行きまして。前回行った時は、新幹線もまだでいろんな場所が通行止めだったり、工事中だったりしましたが、今はとても綺麗になっていてびっくりしました。で、観光には行けなかったんですが、しっかりお土産だけは買 [続きを読む]
  • 祝!6周年
  • 拙ブログが6年目を迎えました。6年もやっているのか。と、自分でも本当にびっくりです。本当、私って飽き性なので6年も続けられたのはお茶とブログぐらいです。6年目なので、何かしようかと思ったのですが、今更な内容のものしか思いつきませんでした。笑昔一度やった、全書庫更新しか…。でも、今となっては増えすぎて無理だ。できたら、できる物だけアップしたいなぁとは思っていますが。 このブログで最長は、もちろん日記 [続きを読む]
  • 今年もこの季節がやってきます -お茶の部屋
  • お茶の部屋です。本日は、まだ飲んでいないけれど、載せてしまいます。早く飲みたい! (左)『葡萄の麦茶』(右)『グレープフルーツの麦茶』いやぁ、夏はこれですね。ブドウはもちろんですが、今年はグレープフルーツも買ってみました。その後、白桃の麦茶を買い忘れました。(ノД`)次行ったときに買うぞ!まだ飲んでいないので、飲んだ感想は言えないのですが。(毎年買っているけれど)とりあえず、草野はこれで夏 [続きを読む]
  • 事件22. あんたは、無欲ね
  • 人には一つは大切な思い出があるだろう。大切な思い出が多いほど、幸せだという人もいたが、私はそうは思わない。 一つでもいい。一つでもいいから大切な思い出があることが、すでに幸せだとそう思う。そう言えば、苦笑する人が一人。『あんたは、無欲ね』そう言ってくすくすと笑う自分と同じ年の少女。『そう?私は欲張りだと思うけど』『そうね、無欲だけど欲深いって感じがする』無欲と欲深いでは全然違う気がしなくもない [続きを読む]
  • 事件21. 私からなのよね、やっぱり
  • 「木賊、これやるよ」そう言って明士が差し出すものに、木賊は呆然としてしまったのであった。秋華と慶也のケンカの日の次の日。昨日の晩は確かに秋華のリクエストブラス慶也の意向で夕飯のデザートとしてケーキが出てきた。本当に秋華に甘いなぁとみんなが思う中食べるケーキは、かなり甘い気がした。そして本日。女の子3人はどうやら示し合わせてどこかへ行くらしい。家事をしている慶也、パソコンで何かをしている拓海、 [続きを読む]
  • そういうもの
  • こんばんは!桜、なんとか盛っているところが多いようですね。今週もお花見できたでしょうか。ちょっと天気は悪かったですが、造幣局はとても綺麗でした。久々に旅フォトもできて良かったです。現在、日帰りでも旅がしにくい状態ですが、せっかく大阪に行く機会が増えたし、大阪も回ってみたいなぁと思います。済んでいたことがあるとは言え、やっぱり近くにあると全然いかないものです。 京都の大学に行っていたというのに、 [続きを読む]
  • 大阪造幣局桜の通り抜け
  • 旅フォトです。久々の旅フォトですね。まさか、今年初…? 本日は、大阪の造幣局。『造幣局桜の通り抜け』はとても有名です。ですが、近畿に住んで割と長いですが、私一度も行ったことがなかったんです。理由は、小さいときには花に興味が無く、大きくなってからは人混みが辛いという理由。でも、今年は大阪に行く機会が多いので、思い切って行ってみました。天気はあいにくだったのですが、でもとってもきれいでした!以下、 [続きを読む]
  • 事件20. 本当にそんなことで喧嘩したの?
  • 「そりゃ、あんたらのくだらない喧嘩に巻き込まれるなんて御免だもの」 びくっと肩を震わせたのは、木賊だけであった。秋華が座っている位置からは、どうやら入り口が見えるらしい。だからか、秋華は驚かない。「な、つめちゃん!」口をパクパクさせて、木賊が驚いている。一体、どこから聞かれていたのだろうかと思っていそうだな、と秋華は思った。「棗、いつ来たの?」「今よ。慶也が絶対にここにいるだろうからって [続きを読む]
  • 事件19. 慶也のばかぁぁぁあぁぁっっっっ
  • 「慶也のばかぁぁぁあぁぁっっっっ」 その日は、何かがおかしかった。その違和感に、何だろうと木賊は一人で思っていた。昨日は金曜日だから、みんなで夜遅くまでゲーム大会をして。そのゲーム大会がお開きになったのが結構遅い時間であった。確か、その時は特に何もなく普通だったはず。夜通しゲーム大会は、たいてい桜が最初に寝て、それを拓海が部屋まで連れていって、拓海も自室に下がる。そして、たいてい秋 [続きを読む]
  • 初心に戻って
  • こんばんは!いつの間にか4月。そしていつの間にか桜が咲き、残念なことにこの雨で花びらが散ってしまいそうですね。こちら、満開までもうちょっとだったのに、満開になる前に終わってしまいそう。(今日明日ぐらいに満開だったかも知れませんが)なんだか今年は寂しいなぁ、と思いました。 というか、お久しぶりですね。小説はアップするくせに、日記アップしなくてすみません。今年はいっぱい更新するぞ!と思ったの [続きを読む]
  • ブラッドオレンジのチーズケーキ
  • お菓子の館です。 本日は、チーズケーキ。見た途端、これは買わねばと思った物。 『ブラッドオレンジのチーズケーキ』まぁ、何に釣られたかはわかりやすすぎて言うまでもないですね。ブラッドオレンジです(でも言う)草野のブラッドオレンジ好きはご存じの通り。ブラッドオレンジを見れば、絶対に食べられないとわかっている物以外は買う。そして、食べられると思ったから買った、ブラッドオレンジです。笑 ブラッ [続きを読む]
  • 事件18. 誰から聞いたんだろうな
  • 「何、一人で頭抱えているの?木賊」 けらけらと笑う棗に対して心がはねたのは。突然声をかけられて驚いたから?それとも―――? 「うわぁぁぁぁ」「ちょ、ちょっと、あんまり大きい声出さないでよ」突然のことに驚いて、しかも考えている人が目の前に現れて。思わず絶叫した木賊に慌てる棗。屋上を無断で使っていると教師たちにばれたら、反省文でも書かされるだろう。だから、叫んでほしくなかった棗は、 [続きを読む]
  • 事件17. 俺は、自由を手に入れるんだ
  • 「あんた、木賊に何か言ったでしょ」にこりととてもとても機嫌がよさそうに笑って見せる女。その女を見て、惣も負けじとばかりに微笑む。「もちろん、何か不都合でもあったか?」両者にっこり。どちらも小声で、教室の隅っこでその会話が行われたので、教室にいたクラスメートにはにこりと笑い合う男女の姿にしか映らない。 「やっぱり仲がいいのね、二人とも」「付き合っているって噂、やっぱり本当なのよ」そう言って [続きを読む]
  • 第50話「妖精族の昔話」
  • 第50話「妖精族の昔話」 「サクヤ様、こんなところでどうしたんです?」何故ゴミ箱の後ろに隠れたのか。それより、どうしてリオは気づかなかったのだろうか。この妖精もよくわからない妖精だな、とリオは思う。まぁ、他の族のことは知らないことの方が多いが。「いや、リオくんを怖がらせてしまったなと思って、さ」ごめんね、と謝ってくるサクヤにリオは慌てる。確かにあの時は怖かったが、今は怖くないからだ。 「俺、 [続きを読む]