草野 雅 さん プロフィール

  •  
草野 雅さん: Starry Night
ハンドル名草野 雅 さん
ブログタイトルStarry Night
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/starrynights0423
サイト紹介文オリジナル小説を載せつつ、趣味のページでテンションをあげ、旅の写真でほっこりとするブログ
自由文オリジナル小説は、長文傾向。
趣味のページは、中国茶を主にお茶紹介。
旅フォトは行ったところで撮った写真を載せています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2011/09/06 22:51

草野 雅 さんのブログ記事

  • 第50話「妖精族の昔話」
  • 第50話「妖精族の昔話」 「サクヤ様、こんなところでどうしたんです?」何故ゴミ箱の後ろに隠れたのか。それより、どうしてリオは気づかなかったのだろうか。この妖精もよくわからない妖精だな、とリオは思う。まぁ、他の族のことは知らないことの方が多いが。「いや、リオくんを怖がらせてしまったなと思って、さ」ごめんね、と謝ってくるサクヤにリオは慌てる。確かにあの時は怖かったが、今は怖くないからだ。 「俺、 [続きを読む]
  • 第50話「妖精族の昔話」
  • 第50話「妖精族の昔話」 「サクヤ様、こんなところでどうしたんです?」何故ゴミ箱の後ろに隠れたのか。それより、どうしてリオは気づかなかったのだろうか。この妖精もよくわからない妖精だな、とリオは思う。まぁ、他の族のことは知らないことの方が多いが。「いや、リオくんを怖がらせてしまったなと思って、さ」ごめんね、と謝ってくるサクヤにリオは慌てる。確かにあの時は怖かったが、今は怖くないからだ。 「俺、 [続きを読む]
  • 事件16. 気になるっていったら、どうするの?
  • 「本当、棗以外とも組んで正解だったなぁ」けらけらと笑うのは、金髪の少年。この少年が、木賊は『police』の中で二番目に苦手であった。一番は、もちろん拓海。拓海は人を威圧するような雰囲気を持つ男で、そういった威圧をもつような感じが木賊は苦手なのだが。惣はそれとは別の苦手さだ。どこか、するすると掴み所がなく、事の最中にいると思ったら、なぜか高みで見物しているような。そんな掴み所のない性格が、なんとな [続きを読む]
  • 事件16. 気になるっていったら、どうするの?
  • 「本当、棗以外とも組んで正解だったなぁ」けらけらと笑うのは、金髪の少年。この少年が、木賊は『police』の中で二番目に苦手であった。一番は、もちろん拓海。拓海は人を威圧するような雰囲気を持つ男で、そういった威圧をもつような感じが木賊は苦手なのだが。惣はそれとは別の苦手さだ。どこか、するすると掴み所がなく、事の最中にいると思ったら、なぜか高みで見物しているような。そんな掴み所のない性格が、なんとな [続きを読む]
  • イチゴ/重たい話
  • こんにちは!最近、バタバタしていて、更新もまばらで済みませんでした。ちょっと落ち着いたので、これからは土日にでも更新しようかなぁと思っています。まぁ、またバタバタするかもしれませんが。この前買ったイチゴが、とっても大きくてびっくりしました。イチゴもシーズンに入ってきますね。とりあえず、イチゴ狩り行きたいなぁ。イチゴ、おいしいですよね。へたの方から食べるのが良いのだとか。↓からお話変わります。(重た [続きを読む]
  • イチゴ/重たい話
  • こんにちは!最近、バタバタしていて、更新もまばらで済みませんでした。ちょっと落ち着いたので、これからは土日にでも更新しようかなぁと思っています。まぁ、またバタバタするかもしれませんが。この前買ったイチゴが、とっても大きくてびっくりしました。イチゴもシーズンに入ってきますね。とりあえず、イチゴ狩り行きたいなぁ。イチゴ、おいしいですよね。へたの方から食べるのが良いのだとか。↓からお話変わります。(重た [続きを読む]
  • 純韓国料理 チャンチ −ヨドバシカメラ梅田ランチ
  • 食フォトです。本日も梅田。ヨドバシカメラの8階にあるレストラン街のレストランの一つです。『純韓国料理 チャンチ』お店HP:http://chanchi.xii.jp/食べログ:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27064522/『ランチセット:牛すじとチーズの純豆腐・今日のナムル、黒米と棗のご飯、キノコのサラダ』韓国料理の一つ、スンドゥブです。中身が見えませんが、牛すじとチーズ、そして下の方に豆腐が入っています。混ぜたら、 [続きを読む]
  • 純韓国料理 チャンチ −ヨドバシカメラ梅田ランチ
  • 食フォトです。本日も梅田。ヨドバシカメラの8階にあるレストラン街のレストランの一つです。『純韓国料理 チャンチ』お店HP:http://chanchi.xii.jp/食べログ:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27064522/『ランチセット:牛すじとチーズの純豆腐・今日のナムル、黒米と棗のご飯、キノコのサラダ』韓国料理の一つ、スンドゥブです。中身が見えませんが、牛すじとチーズ、そして下の方に豆腐が入っています。混ぜたら、 [続きを読む]
  • 事件15. 確かにお前、俺と一緒に仕事して正解だな
  • 「本当、棗以外とも組んで正解だったなぁ」けらけらと笑うのは、金髪の少年。この少年が、木賊は『police』の中で二番目に苦手であった。一番は、もちろん拓海。拓海は人を威圧するような雰囲気を持つ男で、そういった威圧をもつような感じが木賊は苦手なのだが。惣はそれとは別の苦手さだ。どこか、するすると掴み所がなく、事の最中にいると思ったら、なぜか高みで見物しているような。そんな掴み所のない性格が、なんとな [続きを読む]
  • 事件15. 確かにお前、俺と一緒に仕事して正解だな
  • 「おい、木賊。そこには行くな」ぐえっと木賊の首がしまる。今日はよく首が締まる日だと現実逃避した。「なんで?だってあの子を助けないと」「いや、俺には無理だ。だから、止まれ」「無理?だって棗ちゃんならこれぐらい」「あいつと俺を一緒にするな。あいつならいけるだろうが、俺には無理」そう言って明士はすたすたと歩いて行こうとする。それに木賊は慌てて続いた。「あの子を放っておくのか?」「あのな、俺たちは確かに慈 [続きを読む]
  • 事件15. 確かにお前、俺と一緒に仕事して正解だな
  • 「おい、木賊。そこには行くな」ぐえっと木賊の首がしまる。今日はよく首が締まる日だと現実逃避した。「なんで?だってあの子を助けないと」「いや、俺には無理だ。だから、止まれ」「無理?だって棗ちゃんならこれぐらい」「あいつと俺を一緒にするな。あいつならいけるだろうが、俺には無理」そう言って明士はすたすたと歩いて行こうとする。それに木賊は慌てて続いた。「あの子を放っておくのか?」「あのな、俺たちは確かに慈 [続きを読む]
  • 日記
  • こんばんは!昨日は大学時代のバイトの後輩の結婚式に行ってきました。アットホームでとっても良いお式。久々に皆にも会ったので、とっても楽しかったです。天気もよくて、最高でした。最近、あんまり良いことがなかったので、嬉しい限り。来月も結婚式があり、そこでは友人と一緒に余興をします。余興をするのは初めてなので、今はまだですが、近くなったら緊張しそうです。笑 [続きを読む]
  • 日記
  • こんばんは!昨日は大学時代のバイトの後輩の結婚式に行ってきました。アットホームでとっても良いお式。久々に皆にも会ったので、とっても楽しかったです。天気もよくて、最高でした。最近、あんまり良いことがなかったので、嬉しい限り。来月も結婚式があり、そこでは友人と一緒に余興をします。余興をするのは初めてなので、今はまだですが、近くなったら緊張しそうです。笑 [続きを読む]
  • ピッツェリア ポルケッタ-梅田ディナー
  • 食フォトです。久々過ぎて、どうやっていたのか忘れました。笑今日は、ヨドバシカメラ梅田店のレストラン。『ピッツェリア ポルケッタ』お店HP:http://www.giraud.co.jp/pizzeria-porchetta/食べログ:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27064010/「ハーフ&ハーフ ピザ」(左:フンギ、右:カプリチョーザ)左のフンギは、キノコがのっていて、カプリチョーザは、パプリカ、アスパラ、ベーコン、マッシュルームがのって [続きを読む]
  • ピッツェリア ポルケッタ-梅田ディナー
  • 食フォトです。久々過ぎて、どうやっていたのか忘れました。笑今日は、ヨドバシカメラ梅田店のレストラン。『ピッツェリア ポルケッタ』お店HP:http://www.giraud.co.jp/pizzeria-porchetta/食べログ:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27064010/「ハーフ&ハーフ ピザ」(左:フンギ、右:カプリチョーザ)左のフンギは、キノコがのっていて、カプリチョーザは、パプリカ、アスパラ、ベーコン、マッシュルームがのって [続きを読む]
  • 事件14. 大変だね、慶也も
  • 棗と別れてから、木賊は悶々とする心と格闘していた。(いや、だから、聞くのが怖いのに聞きたいって、それってどういうことだよ)さきほどの棗との会話にいろんな引っ掛かりを覚えて、木賊の心は考えることがいっぱい過ぎて悶々しすぎている。(あー、何なんだよ、何なんだよ、もういいってば!)いい加減、切れそうだ。いろんなことを考えすぎて、頭が痛い。でも、頭は何かを考えずにはいられないらしい。 「おっす、 [続きを読む]
  • 事件14. 大変だね、慶也も
  • 棗と別れてから、木賊は悶々とする心と格闘していた。(いや、だから、聞くのが怖いのに聞きたいって、それってどういうことだよ)さきほどの棗との会話にいろんな引っ掛かりを覚えて、木賊の心は考えることがいっぱい過ぎて悶々しすぎている。(あー、何なんだよ、何なんだよ、もういいってば!)いい加減、切れそうだ。いろんなことを考えすぎて、頭が痛い。でも、頭は何かを考えずにはいられないらしい。 「おっす、 [続きを読む]
  • 第1章 『お仕事しましょ?』
  • 『第1章 お仕事しましょ?』 ここは、地球ととても似ているとある星のとある国の某市。そのとある市は、暴力団のような者たちが連日暴れまわっている。彼らは自分を自警団と呼ぶが、していることは自警ではなく、ただの暴力行為。暴れる数は一夜にして大小合わせて100グループ以上にのぼる。それだけの規模となると、県の警察だけでは十分に足りない。そこで、自称自警団を粛清するため、特別な組織を作った。ある地域 [続きを読む]
  • 第1章 『お仕事しましょ?』
  • 『第1章 お仕事しましょ?』 ここは、地球ととても似ているとある星のとある国の某市。そのとある市は、暴力団のような者たちが連日暴れまわっている。彼らは自分を自警団と呼ぶが、していることは自警ではなく、ただの暴力行為。暴れる数は一夜にして大小合わせて100グループ以上にのぼる。それだけの規模となると、県の警察だけでは十分に足りない。そこで、自称自警団を粛清するため、特別な組織を作った。ある地域 [続きを読む]
  • 事件13. 私が決めた道だから。
  • 「久しぶり、棗」「お久しぶりです、冬樹さん」場所は、きれいなレストラン。個室がある高めのお店。そんな場所に行くのだから、ドレスコードはなくても多少は棗だって配慮する。制服姿で行くと何も言われないから、この国の制服はとても便利だと思った。棗だって配慮するが、もっと配慮しているのは目の前の男性だろう。棗と話がしたいがために、こんな高めのお店の個室を予約して、しかもその当事者には遅れたと悪気なく言 [続きを読む]
  • 事件12. なんで、俺は何も聞けないんだよ
  • なんだか頭がぐちゃぐちゃになったランニングを終え、木賊はぜえぜえと荒い息を繰り返す自分にほとほと呆れた。一緒に最後まで走ってくれた棗は、多少息の乱れはあるものの、対して疲れていないようである。確かに、自分は運動なんてほとんどしてこなかったから、こうなってしまうのは仕方がない。けれど、女の子に負けるなんて、とちょっとショックを受ける。「はい、水分。鞄開けたわよ」そう言って、水を差しだしてくれる。「あ [続きを読む]
  • 事件11. 木賊ならあいつの代わりになるかもよ?
  • 「その男の代わりでもいいからさ」「はぁ?」ああ、なんでまたこんな時に出くわすのだろうか。学校での自主トレーニングをやめようかなぁと、そう思ってしまう木賊は悪くないと思う。「あいつの代わりができるやつがいるのなら、とっくにそいつと付き合っているわよ」「だから、俺がその代りになってやるって」「何上から物を言っていんのよ」またまた、棗が告白を受けているらしい。一応言っておこう。木賊は最近、体力をつ [続きを読む]
  • 2月ですが、もうすでに花粉が飛んでいますね。
  • 「今年は暖冬だなぁ」と、姉に言ったら、「は?」と、返されました。こんばんは!今年は変な気候だなぁ、毎年か?と思いつつ、やっぱりそこそこ暖冬だと思う草野です。だって、20分ほど歩いたら汗だくですよ、私。まぁ、ずっと上り坂をすごい速度で歩いて行くんですが。笑(草野は、歩くのがとても早いと言われます)また、会社の人から。「今年は花粉が多いらしいよ。もう飛んでるって」と、言われたのですが。ーーーー草野の目 [続きを読む]