しぐれ さん プロフィール

  •  
しぐれさん: 雨
ハンドル名しぐれ さん
ブログタイトル
ブログURLhttp://sigure.fukuwarai.net/
サイト紹介文淀まず、流されず、逆らわず。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2011/09/10 09:31

しぐれ さんのブログ記事

  • 9/8
  • 異国の人を思い気分よろしく、ベランダで枯れかけのヒマワリを、月を背景にファインダーにおさめてみる。花の命は短いが美しさの命はそれほど短いとは思えない。種から始まり、鮮やかな緑、そして深い緑、花を咲かせ、ついには枯れ痩せまた種に戻っていく。結局、どこまで見れるかなんだと思う。その瞬間その瞬間の美しさがあり、すべてが美しい。花の美しさしか見れないような生き方はしたくない。花を知るならしおれていく姿にも [続きを読む]
  • 8/19
  • 弾きたい曲を選んでるわけだが、まぁ、バッハのところでつまづくと思ってたが案の定だ。ゴルドベルク変奏曲なんか反則的だ。弾きたいとかそういう次元超えて、どの曲も聞いてるとただただ幸せな気持ちになってくる。とにかくむしょうに選べない。というか選ぶ行為に嫌気がさしてくる。だってあの曲はいい、この曲はいや・・・ということだよ。自分なんかが。しかし、挑戦する曲を挙げていかないと、一生で弾ける曲がわからないまま [続きを読む]
  • 8/1
  • 録音が凄く嫌いだ。まぁ、好きな人なんかいないだろうけど、使える機能は使わないと勿体ないし、録音の効果ときたら絶大なものがあるのも事実。というわけで掲載・・・・・・。できないんだね(・・;)ブログって動画貼れなかったっけ?それにしても相変わらずひどい演奏。もう少しだけ上手くなりたいな。やっぱ、諦めないでリンクでもいいから、演奏動画、貼っつけようかな・・・ [続きを読む]
  • 7/17
  • 誰か教えてくれ。楽器を弾く人ならぶつかったことがあるんじゃないか・・・生きてるうちに弾きたい曲と自分の時間、天秤にかけると遥かに自分の時間が足りない。このモヤモヤをどう抱え込んでるんだろうか。割り切ろうと思って上手くいきかけて結局は挫折。悩めるだけ恵まれてるんだろうけど、誰か教えてくれ・・・儘にならぬが浮世の常ですか?君の手をとって夜のあの河原をもう一度歩きたい。儘にならぬが浮世の常ですか?人生っ [続きを読む]
  • 7/7
  • 普通に暮らしてたんじゃ音がない瞬間ってまるでないけど、こういう場所に来るとちょくちょく出会う。その瞬間のホッとすることこのうえない。無音の世界を音で表すのはおかしいかもしれないが、日差しがシンシンと降り注ぐ音が聞こえてくる錯覚。 [続きを読む]
  • 6/29
  • 年に1度。運が悪ければそれ以上。でも、いつか会える未来があるなら幸せだと思う。想い人が星の彼方より遠いところにいる人たちだっている。遠すぎて近くに感じる星に向かって手を伸ばしても、指先にかすりもしなく、無限の距離に言葉もない。な〜んてね!ちょっとセンチになって星空を撮ってみました。写真は鳥海山。もっと写真の腕を磨いてまた来たいね。 [続きを読む]
  • 6/19
  • さぁ、行こう。怖いのは当たり前。それでも僕は手を引いていこう。二人ならなんとかなる。 [続きを読む]
  • 6/14
  • 壊れたカメラで撮ったらなかなか面白い絵になった。アヤメ。・・・だと思う。正直、種類が多すぎてわからない(・・;)個人的にはもっと直線的で花も濃い紫の、シンプルだけどどこかギリギリの感じを醸してる、あっちの方が好きなんだな。 [続きを読む]
  • 6/3
  • こんな寒くて雷雨がひどいと、折角、夏っぽかった数日の面影もなくなる。だからそんな日こそ夏っぽし写真を載せたくなる。君の笑顔と繋がるものは沢山あるけど、夏もそのうちの1つ。この絵の向こうに見えるのは君の微笑み・・・なんてなww [続きを読む]
  • 5/29
  • 淀めば腐るが常。過激や派手さなんかはいらないが、常に流れのあるとこへ身を置いておくことは意識しないとなのかもね。そして、たまにぷかぷか浮いたり、何かに引っかかったり、或は沈んでみたり・・・ [続きを読む]
  • 5/25
  • 価値が一定しない金というもので、確固たる物を買っている。他人からしたら値段に見合うものではないのが殆どで、なら金とは実は物ではなくて、自分の価値観や情熱に対して支払っているものなのかもね。物なんてものはどうしたってその物以上ではなく、つまるところそれを手にする人の問題になってくる。対象をそれ以上にもそれ以下にもできる。そしてやっぱり金も物なんだと回帰してしまう。金ってやつは…まったくもって難 [続きを読む]
  • 5/23
  • 昔の人で人を切り殺した罪の重さから、仏を彫ってた人がいたとか…自分は殺しもしないし、仏も彫らない。でも、生きてるなら誰しもが何かしらの罪を、大なり小なり感じながら生きてるものだと思う。だから、僕はこの行為を理解とまではいかないまでも、感じるところは大いにある。来る日も来る日も音を刻み、しかし、その造形たるや不細工の極みであり、なおも刻み続け、もはやその彫刻が上出来か不出来かなど関係なくなり、 [続きを読む]
  • 5/21
  • 昨日の角材がこれになった。まったくもって卑猥な形状になってきたが、何を作ってるかというと木の鈴を作ろうと思っている。こんな形状になってきたんだから、いっそ細部までこだわって世にも稀な美乳形状にし、美乳の鈴ということで♪ビニュウリン♪と命名しようか…いや、やっぱ漢字の方がいいかな?いや、ひらがなの方が可愛いかな?本気で迷ってるが、もし、そんな鈴を鞄の横にぶら下げてる人がいたらドン引きしますよ [続きを読む]
  • 5/16
  • キビタキというらしい。もっと近づきたいが逃げるし、動くものを撮るのは難しいね…(・・;) [続きを読む]
  • 5/12
  • 弾きたい曲は弾くつもりだったからそういう発想すらなかったけど、自分の時間 < 弾きたい曲なら、弾きたい曲を諦めるしかない。そして問題が何を諦めるか…。これが全く選べないからやり方を変える。消去法じゃできなかったから、その反対だ。絶対に弾きたい曲を40曲。まぁ、これも最終的には選べなくなってくるのかもしれない。その頃には自分もうんと上達していて、選べる曲が2倍3倍に増えてるといいな。はぁ〜・・・も [続きを読む]
  • 5/12
  • 海はさ、懐が深いよね。海のように深く山のように高く。そんな人間には一生なれる気がしません。 [続きを読む]
  • 5/10
  • ちょいと焚き火の練習に行って参りました。火をおこす練習じゃなくて、火事を起こさない練習。それにしても火っていいわ。1日中戯れていたいね。 [続きを読む]
  • 5/5
  • ここに誰かがいようといまいと変わらずにある景色。どこで誰が何をしてようとも、この場所は今もこの場所として存在してる。それが不思議なんだよ。 何も語らずして教えてくれる。でも僕は君といたいね。そんな強い人間じゃないから、ここで君と二人り占め。こっそり横顔を独り占め。 [続きを読む]
  • 5/5
  • 月もカリッと写して周りもカリッと写したい。いったいどうやればできるんですかね(・・;) [続きを読む]