停車場遍路 さん プロフィール

  •  
停車場遍路さん: 停車場遍路の鉄道雑記帳
ハンドル名停車場遍路 さん
ブログタイトル停車場遍路の鉄道雑記帳
ブログURLhttp://ameblo.jp/stnvstr/
サイト紹介文鉄道旅行記、鉄道車両と駅画像を自分のHPからピックアップして紹介します。
自由文生来の鉄道好きで、全国鉄道乗り潰しは20世紀中に完了しました。以後の開業区間は少しだけまだ乗ってません。今は駅めぐりにハマてます。

駅巡り旅行記(セミリアルタイム版)をはじめ、「鉄道車両のツーショット」・「元スイッチバックの駅」「古い駅と大木」・「地図で見る鉄道」などのシリーズもののほか、カテゴライズできない単発記事もあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/09/10 13:10

停車場遍路 さんのブログ記事

  • 日豊本線 #019:今津駅
  • 次は「今津」、2面2線の駅である。前の「東中津」同様に元は2面3線で中線を撤去したパターンであるが、連続しているということはそのレベルで追い抜きの退避が無くなったということだ。ソニックが30分おきに走ってるから特急は増えたが、普通列車や貨物が減ったと言うことだろう。駅名標駅舎トイレは新しい上り方を見る振り返る跨線橋で下り方を見る振り返る#020へ [続きを読む]
  • 日豊本線 #017:中津駅
  • 次は「中津」、島式ホーム2面4線の高架駅である。北から1〜4番線となっている。駅名標北口南口2番線で下り方を見る振り返る上り寄りに移動して下り方を見る1番線で下り方を見る4番線で上り方を見る振り返るそうなんだ鱧が名産らしいこんなのもある787も今は[つばめ]専用ではなく九州全土を走っている#018へ [続きを読む]
  • 日豊本線 #013:豊前松江駅
  • 次は「豊前松江」、相対式ホームの駅である。駅名標:「まつえ」じゃないんだ駅舎:窓はサッシで樋も新しいが本体はなかなかの渋さである入口:構えの古さはもちろん裸電球がいい下り方を見る振り返る上り方を見る跨線橋から下り方を見る同:振り返る同:海側を見る同:右に振る達筆#014へ [続きを読む]
  • 日豊本線 #008:行橋駅
  • 次は「行橋」である。高架駅で上下線それぞれ島式ホーム一面ずつの2面4線に加えて、平成筑豊鉄道の乗り場が上りホームの南端に設けられている。駅名標東口西口旧駅関連上り方を見る振り返る平成筑豊鉄道の乗換改札とホーム乗換改札を平成筑豊鉄道側から見る平成筑豊鉄道の車両下りホーム南端で上り方を見る振り返る:日豊線の複線に加えて平成筑豊鉄道の単線が南へのびる白いソニックがやってきた停車中下りホーム北寄りで上り方 [続きを読む]
  • 日豊本線 #007:小波瀬西工大前駅
  • 次は「小波瀬西工大前」、2面3線の駅である。駅名標:名前は最近の駅っぽいのだが、「小波瀬」として昔からあった。さらにその前は信号場だったらしい。駅舎上で隠れている側面の文字:正面より大きい文字だがこの面に表示する意義があるんだろう。上り方を見る振り返る#008へ [続きを読む]
  • 日豊本線 #002:城野駅
  • 次は「城野」、日田彦山線含め3面5線の駅である。現在は橋上駅化されているが、画像は旧駅時代のものである。駅名標旧駅舎2・3番ホームで下り方を見る:左の単式ホームが1番線、右奥に4・5番線ホームがある右に振る1番線で上り方を見る振り返る4・5番ホームで上り方を見る同:下り方を見る4番線上り寄りで下り方を見る3番線で下り方を見る#003へ [続きを読む]
  • 日豊本線 #001:南小倉駅
  • 路線別駅巡りの新シリーズは日豊本線です。起点「小倉」と「西小倉」は鹿児島本線にてアップ予定です。「延岡」までは2011年撮影で、オリジナルサイズは1280x960です。「南小倉」は島式ホームの駅である駅名標駅舎上り方を見る振り返るホーム反対側の下り方を見る振り返る#002へ [続きを読む]
  • 2017初夏旅-27:新千歳空港・帰途
  • なんだかんだでUシートは快適である、快速エアポートは「札幌」を過ぎた。 空港アクセスの多くを担っている千歳線だが、中途半端なところで事故等で止まったら悲劇だといつも思う。もちろんかなり余裕を持たせて向かっているんだが。「美々」が廃止されて「南千歳」の駅名標が修正されていた。トンネルに入って終点「新千歳空港」である。新千歳空港駅は画像をちゃんと撮ってないのでしっかり記録する。 島式ホームの地下駅である [続きを読む]
  • 2017初夏旅-26:旧手宮線・運河と小樽駅
  • 天狗山の眺望を堪能したので戻る。下る途中で廃校の決定を掲示した最上小学校を目にした。さんざん田舎の路線で見てきたが、小樽ですら始まっているのだろうか。それを打ち消すかのように、途中のバス停から下校の高校生がどっさり乗って来て、駅前で波が引くように降りていった。このバスは運河ターミナル行きなので旧手宮線跡に近い「中央通」まで乗る。小樽駅前で泊ったことがあるのに全く観光していない。 案内板がなんでこん [続きを読む]
  • 2017初夏旅-25:小樽天狗山ロープウェイ
  • 昨日までが嘘のように天気がいい。小樽のバスターミナルで「ここからロープウェイを往復するけど、セットのお得なチケットは無いか」と聞いたが、無いとのこと。小樽市内乗り放題とセットならあるらしいが、駅から運河まで往復だけなら歩いても距離は知れているのでやめておいた。 往路用に市内均一の220円切符を買ったらロープウェイの割引券をくれた。ぐんぐん坂を上ってロープウェイ麓駅に着いた。 右が頂上なので行路全体が見 [続きを読む]
  • 2017初夏旅-24:札幌地下鉄南北・東豊線⇒小樽へ
  • 最終日の前半は札幌地下鉄の残りの駅を巡る。既に東西線+αは駅巡り済みなので、行程は以下となる。すすきの⇒真駒内→北12条⇒麻生→さっぽろ⇒新道東→学園前⇒福住→豊水すすきの(⇒は一駅ずつ、→は一気に移動) 動画は既出だが、一応再掲する。 トピックスとしてはやはり南北線の地上区間のシェルターだろう 「真駒内」で外観がわかる画像も撮ってみた あと、「さっぽろ」での南北線―東豊線の乗り換え通路は、画像のように [続きを読む]
  • 2017初夏旅-23:旭山動物園⇒札幌へ
  • 8日目の後半は天気が良ければ層雲峡ロープウェイという強行軍もあり得たのだが、諦めて旭山動物園へ行く。 日曜だが雨の午後ともなるとバスに立つ人は居なかった。一時期の熱狂は醒めているらしい。 旭川市民ではないのでこの入園券になる。 「行動展示」が売りなので、静止画では意味がない。とりあえず以下の3枚だけ。 あいにくペンギンは飛んでない ここに居た。抱卵中の札が幾つか下がっている。 昼間は眠い で、動画である [続きを読む]