若枝 さん プロフィール

  •  
若枝さん: 経世済民
ハンドル名若枝 さん
ブログタイトル経世済民
ブログURLhttp://keiseisaimin.seesaa.net/
サイト紹介文創造本然の経済のしくみを考えたいです。本来神が願われた通りの経済です。万民が幸福に生きられるように。
自由文神様は全人類が生きられるだけの食料を準備してくれているはずです。なぜなら神様は人類の親だからです。しかし、今の人類社会はこれを神様の願いの通りに分配していません。むしろ奪い合っている様相すら見て取れるくらいです。これは明らかに今の社会に誤りがあると思います。どこに誤りがあるのでしょうか?私は経済の仕組みに誤りがあると思います。このあたりを解明していきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2011/09/10 17:22

若枝 さんのブログ記事

  • 戦争をなくすには
  • 戦争をなくすには、経済システムを、国家が他国のために生きることの出来るシステムにすることだと思います。今の経済システムは自国の利益を最優先にせざるを得ないシステムになっています。これでは戦争はなくならないでしょう。これを変更すればよいと思います。 [続きを読む]
  • 貧困は本人のせいか。そして、貧困を救済する真の解決方法
  • 本人のせいで貧困になるのではありません。貧困がその人を沈鬱にさせるのです。ですから、貧困者の救済は、仕事を教えることではなく、基礎所得を保障する、社会的母性愛によってこそなされるのです。Rutger Bregman: 貧困は「人格の欠如」ではなく「金銭の欠乏」である | TED Talk | TED.com「「アイデアは世界を変えられるし、実際に変えるんです」と言う歴史家のルトガー・ブレグマン。物議をかもす「基礎所得の保障」という主 [続きを読む]
  • 富んでいる者が神の国に入れない理由
  • イエス・キリストは、「富んでいる者が神の国にはいるよりは、らくだが針の穴を通る方が、もっとやさしい。」(ルカによる福音書18章25節)と言われましたが、これは何故なのか、やっとわかりました。金持ちになれば、その分人々を貧しくさせてしまうからです。これまでの経済の認識では、金持ちになることはその人の自由で、他の人とはなんら関係ないものだと思われてきたと思います。しかし、【「社会全体の収入の合計」は「 [続きを読む]
  • 一部の人々が儲けたとすると、残りの人々は損失を被る
  • 「社会全体の収入の合計」が「社会全体の支出の合計」と等しいことから、何が言えるかと言いますと、一部の人々が儲けたとすると、残りの人々は損失を被る、ということが言えます。これまでは、事業家がたくさん儲けて経済を引っ張るイメージでしたが、事業家がたくさん儲ければ誰かが逆に損をしている、という結論になります。 [続きを読む]
  • 収入が支出を下回る人
  • 世の中は<収入・他者の支出>のペアから成り立っています。収入とは他者の支出であり、膨大な量の【<収入・他者の支出>のペア】が社会を形成しています。社会全体で合計を考えれば、社会全体の収入の合計=社会全体の支出の合計です。すなわち、収入が支出を下回る人が必ず存在するということです。 [続きを読む]
  • 「死ぬまで働かされる老後」「結婚できない経済」
  • 「死ぬまで働かされる老後」「結婚できない経済」これは個人単位の私的所有経済から脱却できないことが原因だと思います。私的所有であるがゆえに、貨幣の循環は停滞し、貧富の格差が膨らみます。基本的な衣食住に必要なお金は必ず支出されるのですから、支給すれば経済に好循環を与え、かつ、人々の救済にもつながります。「死ぬまで働く明るい老後」の無残。なぜ日本の年金は破綻したのか?=矢口新 | マネーボイス [続きを読む]
  • 衣食住に関する費用
  • 衣食住に関する費用はすべての人が必ず支出しています。従って、この分のお金をすべての人に給付すれば、すべての人が不足なく暮らしていくことが出来、なおかつ、貨幣は循環していきます。企業の優遇措置だけでは人々の救済は出来ませんが、この給付を通すことで人々の救済まですることが出来ます。 [続きを読む]
  • 収入は誰かの支出を必ず伴っている
  • 収入は誰かの支出を必ず伴っています。誰かが収入をたくさん得れば、その分誰かが必ず支出をしています。一人の人がものすごくたくさんの収入を得れば、その分を、ものすごくたくさんの人が必ず支出しています。この累積によって貧富の格差が広がっているのが、今の経済社会の偽らざる姿です。 [続きを読む]
  • 左翼も右翼も人間を物のように考える
  • 左翼(共産主義)の問題は、無神論的唯物主義であることだと思います。人間を物のように考えるのが左翼思想です。しかし、右翼(資本主義)も、労働者は物のように扱われています。私は、人間を人(神の子・仏の子)として扱ってくれる思想が正しいと思います。神様の願いを果たしうる貨幣制度 [続きを読む]
  • 対立の原因
  • 国民の代表が集まった国会で与党と野党が対立し、事業体で経営者と労働者が対立し、国際社会で貿易を巡って国と国とが対立するのは、経済システムが自己中心的な仕組みだからです。経済システムを正しくすれば、対立する必要はなくなるでしょう。今の経済の仕組みの根本的な矛盾 [続きを読む]