doctorzero さん プロフィール

  •  
doctorzeroさん: 代替医療の現場から〜やまない雨はない!〜
ハンドル名doctorzero さん
ブログタイトル代替医療の現場から〜やまない雨はない!〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/doctorzero/
サイト紹介文薬だけに頼らない医療を実践する医師、首藤紳介がお送りする実践ブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2011/09/11 16:44

doctorzero さんのブログ記事

  • ムック本に出ました(自彊術)
  • わかさ夢ムック『自彊術』(2017年6月23日発売、わかさ出版刊)に、 私の記事が掲載されました。(内容:自彊術について) http://wks.jp/mook042/ 自彊(じきょうじゅつ)は、ヨガや体操みたいなものです。 私としては、自彊術そのものを勧めるというより、 「自分の健康は自分で創る」という気持ちが大事と考えています。 その気持ちを実際に行動に移す第一歩として、例えば自彊術はよろしいかと思います。 この本には、自彊術 [続きを読む]
  • これらは嗜好品
  • これらは現代日本人にとっては嗜好品と考えています。 今は飽食の時代ですので、 健康増進のためにこれらを毎日積極的にとる必要性は感じていません。 ・砂糖、あらゆる甘味料   (調味料の「さしすせそ」に入っているけれども。)   ・牛乳   (カルシウム補給などの理由で出されるけれども。) ・小麦粉を使った料理(麺、パンなど)   (米に代わる主食として食べられているけれども。) 飽食の現代だからこそ、 [続きを読む]
  • 消えゆく良薬
  • 通常の大手製薬会社が製造している、安価で副作用も少ないがんの薬があります。 これは、免疫を活性化するタイプの薬剤です。 第1世代の免疫療法薬とも言われています。 この薬は、免疫を活性化するだけの作用機序なので、 がんを一気に消すような劇的な効果はないですが、 長期に続けることで免疫低下を防いだり、がんの増殖を抑制できる可能性がある薬です。 このように安価で副作用も少なく、劇的に効くわけではないですが [続きを読む]
  • ストレスと食欲
  • ストレスがたまると、 ・味が濃いもの ・脂っこいもの ・甘いもの ・酒 などがやたらと摂りたくなったりします。 私自身、過去の経験から考えても、 嫌なことがあったり精神的に不安定になったり、 心もしくは体の疲れがたまっていると、 脳に刺激が欲しくなるからか、例えばパン類や麺類、スイーツなどをやたらと食べたくなります。 こういった食事が習慣化してしまったなら、 それは病気の原因になりえます。 誤った細胞の原 [続きを読む]
  • もう病気にでもなった方が楽だ
  • 嫌なことが続いて苦しい時、 ストレスフルな毎日が続いて逃げ出したい時、 逃げ出したくても逃げ出せない時、 逃げ出したくても逃げ出す勇気がない時、 「もう病気にでもなった方が楽だ!」 と思ったことはありませんか?  私はあります。 明確な意思をもってそのようなことを考えていなくても、 無意識にそのように思っている人は結構多いようです。 今、病気 [続きを読む]
  • 「You are what you eat.」
  • 「You are what you eat」という英語のことわざがありますが、 意味は直訳的に訳すと「あなたの細胞はあなたが食べた食事で決まる」 という意味で、 「あなたはあなたが食べたものでできている」 「健康は食にあり」 ということでもあります。 ====================== 私はよく人体を車に例えるのですが、 ガソリン車に灯油を入れるとエンジンが壊れます。 [続きを読む]
  • 魂への問いかけ
  • 『まずは自分が大切であり、自分が楽しいと思う生き方をしなさい』、 という話をよくききますし、私もそのようなことを訴えています。 しかし、これを誤解する人たちは、 ・個人的、自己中心的 ・消費、浪費 という、周囲のことなどおかまいなしな生き方に走ってしまうことがあるかもしれません。 はたして、そのような生き方をすることで、魂が満たされた生き方はできるのだろうか? [続きを読む]
  • 花見ができないと言われたが・・・
  • ある消化器系の進行がんの方。 大病院の主治医に、去年の年末に、 「次の花見はできないと思います」 と余命宣告を言われたそうですが、 年始より当院で治療サポートをさせていただきました。 無事、花見もされ、5月のGWも元気に過ごされています。 日常生活には全く支障がありません。 嬉しい限りです。 次は、お盆を元気に過ごすことを目標にケアしていきます。 &nbs [続きを読む]
  • プロテオ検査の値段
  • がんの超早期発見の血液検査「プロテオ検査®」は当院で検査可能です。 値段の問い合わせが多いのですが、 本日より当院での検査価格を 50000円+税 とします。 これに医師の診察料が3000円プラスされるので、 合計53000円+税(57240円)で可能です。 検査結果を聞きに再診された場合は再診料無料といたします。 もちろん、検査の説明、結果の説明はきっちりいたします。 &n [続きを読む]
  • 雑誌に掲載されました(プラス言葉)。
  • 『わかさ別冊プレミア 脳活道場vol.14』(2017年4月24日発売、わかさ出版)に、私の記事が掲載されました。(内容:「プラス言葉のつぶやき」について) ・・・ところで、この号の表紙に、書籍『受験は要領』の著者であられる和田秀樹先生の写真が私の顔写真の下にあります。私が小学生の時、中学受験をする際に、『受験は要領』を読んでました。その和田秀樹先生と同じ号に私の記事が載るなど、感慨深いもの [続きを読む]
  • 質問した方が得をする医療
  • 「脳から高める免疫力」シリーズ   ※免疫力を高めるために必要な脳の使い方や、物事の考え方の一例を示すシリーズです。 当院を受診して、 例えばがんの方が水素温熱免疫療法を受けたいと言っている場合、 診療の際にまったく質問がない方がいらっしゃいます。 「水素温熱免疫療法だけやってればがんは治るんでしょ?」・・・といった感覚なのでしょうか? 「何を質問したら [続きを読む]
  • 長生きしたけりゃ唾液を出そう
  • 当院では、たまに唾液検査をすることがありますが、 唾液が出にくい方がけっこういらっしゃいます。 唾液をたくさん出すということは、実は健康に直結します。 逆に唾液が少ないと、健康にとっては不利になります。 日本には、咀嚼する機会を奪い、唾液を少なくする文化が浸透しつつあります。 現代の日本中にはびこる  「骨なし」 「ふわふわ」 「トロトロ」 「霜降り」 などの新 [続きを読む]
  • 末期がんから改善の兆し
  • 当院に通院している患者さんの話で、とても嬉しいことがありました。 とある末期がんで、腹水がたまっていた方がいたのですが、 この1か月〜2週間くらいで食欲も改善し、全身の状態が改善の方向に向かっていっていました。 この方はステージ4のがんで腹水もたまってきていましたが、 その後また回復の傾向がみえてきた次第です。 腹水がたまりっていた一時期の体調不良が信じ [続きを読む]
  • せめて聴診してほしい・・・
  • 以下、患者さんから聞いた実話です。 熱と腹痛と胃痛と吐き気の患者さん。 近所のクリニックを受診し、 2日前から熱と腹痛と胃痛と吐き気があることを医師に伝えたそうです。 そうすると、 腹部を聴診するでもなく、触診するでもなく、症状を聞いただけで下記の薬が出たそうです。 1.整腸剤 2.胃腸内のガスを除く薬 3.胃粘膜を保護する薬 4.おなかの痛み [続きを読む]
  • 欠点は長所に変わりうるもの
  • 「脳から高める免疫力」シリーズ。   ※免疫力を高めるために必要な脳の使い方や、物事の考え方の一例を示すシリーズです。 失敗や自分の欠点を嘆いたり、それらを長い間引きずったりすることがよくあります。 しかし、欠点とは長所に変わりうるものだと思います。 例えば・・・・ ・失敗の数が多い人ほど、「どうしたら失敗するか?」という情報がプロファイルできている。これを「失敗 [続きを読む]
  • もう絵が描けないと思っていましたが・・・
  • 絵を描いていらっしゃる方で、膵臓がんの診断を受けている患者さんがおられまして、当院にて通院治療されています。 抗がん剤などの西洋医療は体力の低下をまねくということから、ご本人の判断にて一度もおこなっていない状態の方です。 膵臓がんは一般的に予後がよくないということもあり、「2017年に入って、もう絵が描けないと思っていた」とのことでしたが、 「体調不良もないので、新作の絵を描くこと [続きを読む]
  • ”主体性を持って生きる”
  • 病気の治療においても、「先生にすべておまかせします」ではなく、自分が主体的に決めるのは大切だと思います。 皆さんは、なぜその治療をしているのか?どうしてどの治療が必要なのか知っていますか?自分の体のことなのに、上記のことを知らない人が結構多い気がします。 病気治療以外でも、主体性を持って生きるという生き方は、まさに死ぬときに後悔しない生き方であるのです。 [続きを読む]
  • 臨時休診
  • 継続的に通院中の方には既にお知らせしていますが、 3月31日金曜日〜4月1日土曜日まで臨時休診とさせていただいております。 3月30日木曜日は午前診療のみですので、午後からは電話が通じません。 その間、留守電になっておりますので何卒よろしくお願い申し上げます。 予約の変更、キャンセルは留守電にお願いいたします。 [続きを読む]