doctorzero さん プロフィール

  •  
doctorzeroさん: 代替医療の現場から〜やまない雨はない!〜
ハンドル名doctorzero さん
ブログタイトル代替医療の現場から〜やまない雨はない!〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/doctorzero/
サイト紹介文薬だけに頼らない医療を実践する医師、首藤紳介がお送りする実践ブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供215回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2011/09/11 16:44

doctorzero さんのブログ記事

  • 乳児健診DAY
  • 今日はなぜか小児科の患者さんや、乳児健診の患者さんが多く来院されました。 やっぱ赤ちゃんは可愛いですね。 当院は、進行がんの方が来たと思えば皮膚科の患者さんが来たり、 神経疾患の方が来たかと思えば不眠やストレスで自律神経が乱れている方がきたり・・・ そして乳児健診もしています(笑) ・・・本当に何科のクリニックかわからなくなっていますが、毎日楽しく診療しています。& [続きを読む]
  • アンチエイジングのクリニックと間違えられた理由
  • 当院通院中の患者さんの付き添いで来られたご家族の方に、 「表参道首藤クリニックはアンチエイジングのクリニックですか?」 と言われました。 なぜそのような質問があったかというと、 来院している患者さんが皆元気そう だからです。 しかし実際は、当院を受診している6〜7割くらいはステージ3以上の「進行がん」の患者さんです。 血液データがよくない進行がんの患者さんでも、見 [続きを読む]
  • 乳児・小児アトピーのその後
  • 乳児アトピーと言われている方、小児のアトピー患者さんが成人になり、その後どのように経過していくかご存知ですか? 私は普段、赤ちゃんからじいちゃんばあちゃんまで診療しています。 年齢問わず、アトピーの患者さんも診療しています。 ですので、ステロイドを塗り続けたらどうなるか、私なりによくかわっているつもりです。 私の個人的見解を申しますと、 (1)ステロイドの長期外用 [続きを読む]
  • それでも小児科診療をする理由
  • 当院では小児科診療をしていますが、 大人の内科とは違い、保険診療にしています。(ただし、予約診療費1500円を別途いただいていますが。) 乳児検診は3000円にておこなっています。 一人当たりの診療時間は、お母さんたちが納得するまでおこないますので、 ゆっくり話をしていたら20分〜30分くらいかかり、またそれ以上になることもあります。 もし、小児患者さんのみたくさん来院され、患者さ [続きを読む]
  • 心が変われば過去が変わる
  • 「そんなん知らんがな」シリーズ  その3 「病気を治したいです。 ストレスが体に悪いことはわかっています。 〇〇が病気の原因なのもわかっています。 でも私は過去にこんな経験をして、今こんな状態ですから、私はもともとこんな人間なんです。 だから、自分を変えるのが難しいんです」 などとおっしゃる方がいます・・・。 これには、「そんなん知らんがな」と答えた [続きを読む]
  • ワクワクする治療
  • 数年前からできたらいいなと思って、ある治療方法に関する着想が私の頭の中にあったのですが、 なんとそれが当院でできるようになります。 ひょんなところからその治療に関連する情報が私のところで入ってきまして、実現しました。 原点に返るような治療ですが、ある意味最先端治療です。 日本では(世界でも)、今はマイナーな手法ですが、 これまで、有効だった臨床例はたくさんあるようです。& [続きを読む]
  • 「私のがんは治りますか?」
  • 「そんなん知らんがな」シリーズ その2 がんで当院を初めて受診された方で、 「私のがんは治りますか?」「治る見込みはありますか?」 という質問をされる方がいます。 これには「そんなん知らんがな!」と答えたいところです。 「そんなん知らんがな」の意味は、 1.全身の骨や他の臓器に転移がある進行がんでもがんが縮小し、日常生活に問題ないレベルまで改善する例がある [続きを読む]
  • 「どうすればがんは治りますか?」
  • 進行がん(末期がん)と診断された方から、 「どうすればがんは治りますか?」 と初診の際に質問されることがあります。 こんなの、初診の時に一言で答えられたら神です(笑) 100%治る治療法なんてありませんし、無意識にがんになることを望んでいる方は何をしても治りません。 初診の際に一言で答えられるものではないので、 「そんなん知らんがな」 と即答したいと [続きを読む]
  • その小さな一歩ががんを治す
  • がんはその多くが生活習慣病です。 そう、生活の習慣です。 つまり、ライフスタイル、行動パターン、言動パターン、生活環境も含みます。 がんは、手術で取ることはできても、 がんの根っこになっている「がんを作ってしまった体質」と、 「その体質を作ってしまった生活習慣」は、自分で変えない限り変わりません。 また、長年の行動パターン、言動パターンは、固定化しているもので [続きを読む]
  • 病気を通して言いたいこと
  • もしも・・・・ 皆さんが病気になったことで、もし訴えたいことや言いたいことを表現しているとするならばそれは何でしょうか?(親、パートナー、仕事で関わる人、過去にかかわった人、または社会などに対して) わざわざ病気を使って表現しなくても、口で言えば済むことがあるとするならそれはいったい何でしょうか?・・・ [続きを読む]
  • 当院の予約について
  • 当院の予約に関してですが、 現在、予約が大変混み合っており、これ以上無理に予約を入れると、 患者さんとゆっくりお話をする時間が短くなり、支障が出ると判断しました。 そのため、初診の方は4月以降のみお受けすることになりましたので、 ご理解の程何卒よろしくお願い申し上げます。 また、現在通院中の方は、予約が取りにくくなっていますので、早めに予約枠を確保しておいてください。&nbs [続きを読む]
  • 嫌な事の中にあるもの
  • 私は、自分のやりたい仕事をして、 仕事自体は楽しく毎日やっていますし、趣味は仕事、と堂々と答えるような人間ですが、 それでも嫌なことはあります。 何か嫌な物事が起きるということは、それが理不尽なことであっても、ほとんどのケースで自分の中に原因があります。 原因結果の法則ですね。 嫌なことを単なる嫌なこととして受け流す、もしくはストレスとして溜めてしまっ [続きを読む]
  • 死生観を持つことの大切さ
  • 病気になるとなぜ怖いと感じるのか? それはやはり、死という未知のものを意識してしまうからだと思います。 「死」ということをストレスに感じてしまうと、 それこそ免疫力が低下してしまうので、治る病気も治らなくなってしまいます。 例えばがんになって慌てふためき、死をおそれるだけの毎日になってしまったとしたら、本当に免疫力が下がってしまい、治るはずのがんも治らなくなってしまう [続きを読む]
  • 小児科学を予防医学としてとらえてみる
  • 予防医学という分野は、現代医療の中にもありますが、 その実態は・・・ ・人間ドックに行きましょう・予防接種をしましょう・早期診断、早期治療のすすめ などが中心的な主張です。 また、日本予防医学学会のホームページには、<活動の目的>生活習慣や、環境などの疾病発症への影響を検証する。さらに機能性食品、栄養補助食品、薬剤、機能水、鍼灸、漢方、運動、生活習慣、環境、温泉、リラクゼーション [続きを読む]
  • 親こそ最良の医師(言葉編)
  • 親の言動は、子どもに伝わります(無意識に遺伝する、というニュアンス)。 いつもネガティブな発言をしている親の子どもは、そのような物事の見方が当たり前だと思い込み、 いつもイライラしている親の子どもは、親の愛情を感じないストレスが発生し、自己肯定の気持ちも育ちにくいことでしょうし、似たような言葉を使い始めるかもしれません。 いつも笑顔が絶えない家庭で育った子どもは、自己肯定感が高 [続きを読む]
  • 親こそ最良の医師(食事編)
  • よく「うちはがん家系で・・・」とか、「体質が遺伝した」などと言いますが、 実際のところ、どうでしょうか。 確かに、遺伝子の検査で異常が出るようなケースもあります。 そういう場合は、確かに家系や遺伝ということはあるかもしれませんが、そのような検査での異常を嘆いたり、遺伝だ、遺伝だといって嘆いててばかりだと、何もはじまりません。 遺伝を考えるにあたり、一番大切なのは、 「親 [続きを読む]
  • 予約制限
  • このところ予約が混み合っています。 当日予約、直前予約だとご希望の日時にご予約が取れないことが増えてくると予想されますので、 絶対に自分を変えたい方は、お早めに予約枠を確保されますようお願いいたします。 予約でいっぱいの時は予約制限をかけています。 ご了承ください。 表参道首藤クリニック院長  首藤紳介 [続きを読む]
  • 本日から値下げします(水素温熱免疫療法)。
  • いつもありがとうございます。水素温熱免疫療法(H2アクアサーミア)を本日より値下げします。 価格のご確認はコチラのページの下の方をごらんください。↓http://www.shuto-clinic.net/price.html H2アクアサーミアは、当院にて世界で初めて臨床応用された技術であり、当院は日本において水素療法のさきがけとなりました。 これまで多くの方々にご利用いただきましたが、治療をしながら美容効果も体感できるとい [続きを読む]
  • 値下げします!(水素温熱免疫療法H2アクアサーミア)
  • 水素温熱免疫療法(H2アクアサーミア)を近日中に値下げします。詳細は、準備ができ次第発表いたしますのでよろしくお願いいたします。なお、現在通院中で回数券を購入済みの方に関しては、返金はいたしかねますが、それぞれの回数券の残り回数に応じて、院長である私が個別に対応し、回数をサービスするなど対応させていただく予定です。値下げの前後で初診となった方や、申し込みをされた方に関しても、損がない形になるよう配 [続きを読む]
  • 便秘対策を軽んじるなかれ
  • 普段診療をしていますと、がんの方をはじめ、慢性疾患の方、うつ病など精神疾患の方なども含め、便秘の方が多いです。現代医療の現場では、こういった方々に対して便秘対策の重要性に関するお話しは医者からはされていないんだと思います。実は、体の治療は、便秘のケアからはじまると言っても過言ではないくらい、腸管をきれいに保つというのは大切です。腸内がきれいだと、肌もキレイになります。ある種の腸内細菌は、腸内で水 [続きを読む]
  • (小児科)親こそ最良の医師
  • 私はよく外来で、お母さん方に質問を受けますが、「子どもの顔色や状態を見て自分で判断して」というニュアンスのことを伝えます。こういう時は救急でも受診した方がよいとか、こういう時は薬を使って、などという話もしますが、基本的には、お母さん達に、子どもをみる目を養って欲しい、と考えていますので、「子どもをよく観察して判断して」と促します。例えば、「お風呂に入っていいですか?」「お風呂に入った方がいいです [続きを読む]
  • 闘病という言葉をやめる
  • 「脳から高める免疫力」シリーズ よく「闘病」と言いますが、脳から免疫力を高めたい場合は、 闘病という言葉を使うのはお勧めしません。 <お勧めしない理由> ・病気の細胞は、もともとは自分自身の細胞。闘病という言葉は、無意識に病気の細胞を「敵」とみなしている。つまり、無意識に自分自身のことを嫌い、自己肯定の感覚を下げることにつながる可能性がある。(自己否定につながる) ・病気にな [続きを読む]
  • 祈り(4) 〜健康増進のための読み上げ文〜
  • 「脳から高める免疫力」シリーズ 海外の研究では、「祈り」が病気の治癒率を高める、という研究があるそうです。 今回も、祈りというより、自分で自分に対して言葉がけをして、身体に対する脳内イメージをイノベーションし、祈りと同じような効果を狙って作成しました。 また、「プラセボ効果」といって、その治療が良いものだと信じ思い込むだけでも、治療成績が高まることが知られています。これは、心理 [続きを読む]
  • 祈り(3) 〜健康増進のための読み上げ文〜
  • 「脳から高める免疫力」シリーズ 海外の研究では、「祈り」が病気の治癒率を高める、という研究があるそうです。 今回も、祈りというより、自分で自分に対して言葉がけをして、身体に対する脳内イメージをイノベーションし、祈りと同じような効果を狙って作成しました。 また、「プラセボ効果」といって、その治療が良いものだと信じ思い込むだけでも、治療成績が高まることが知られています。これは、心理面が治 [続きを読む]