まちけん さん プロフィール

  •  
まちけんさん: 港区まち創り研究会
ハンドル名まちけん さん
ブログタイトル港区まち創り研究会
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/machikenminato
サイト紹介文港区のまち創りを考える研究会のブログです。港区のまち創り情報や海外のまち創りの情報をお伝えします
自由文港区まち創り研究会の講演会の案内、港区の様々なイベント情報、世界の街のまちあるき情報などの記事をお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供261回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2011/09/12 19:57

まちけん さんのブログ記事

  • コミュニティ・カフェ高輪in HUGの花見&カフェが開催されました
  • 3月28日、HUG高輪区民協働スペースで花見&カフェが開催されました。区民協働スペースの前の桜を眺めながらカフェを楽しむ趣向でしたが、残念ながら今年桜の開花が遅れており、わずか2,3輪が咲いている程度でした。部屋の一部では折り紙教室が開催され人気でした。広報みなとにコミュニティ・カフェ高輪in HUG が 掲載されたため、地域の方や3階の介護施設の方など、なんと49名が参加し大賑わいでした。コミュニティ・カフェ高 [続きを読む]
  • 環状4号線の都市計画道路案の説明会が開催されました
  • 3月27日、高輪台小学校で環状4号線の都市計画道路案の説明会が開催されました。会場は満席でした。パワーポイントによる説明だった。都市計画道路案は2案提示されましたが、幅員が25mと30mの違いだけで、ルートや高低は全く同じでややがっかりでした。目黒通りから桜田通りを地下にする案も期待していたのですが、採用しなかった案として提示されたのにとどまった。広い道路が住宅地を通過することによるコミュニティの分断が危 [続きを読む]
  • ギャラリー高輪AOがオープンしました
  • 3月26日ギャラリー高輪AOがオープンしました。オープニングは関野凖一郎・洋作木版画展です。午後から関野洋作さんもお見えになり、夕方から実物の版木を使って版画作成についてのトークショーを行いました。熱心な質問が相次ぎ、洋作さん丁寧にお答えになっていました。18時からオープニングパーティで、みなさん盛り上がり楽しいパーティでした。桜を見ながらのアプローチ青にちなんだガラスと鉄骨の外観透明感のある外観とシ [続きを読む]
  • 高松桜まつりに朗報です!
  • 高松桜まつりに東海大学熊本校舎の福崎先生と東海大学共育プロジェクトのみなさんのご尽力により、新たに熊本被災地支援ブースが設けられることになりました。白金高輪地域活性化プロジェクトと一般社団法人BRIDGE KUMAMOTOのご協力により、熊本被災地支援ブースが3ブース決定しており、全部で4ブース出店します。販売されるものは、生鮮食料品、いきなり団子、からしレンコンなどが並びます。数に限りがあるので、すぐに売り切れ [続きを読む]
  • 鈴木紘治さんの展覧会に行きました
  • 3月19日、三鷹市芸術文化センターで開かれた父の知人で前成蹊大学教授の鈴木紘治さんの展覧会に行きました。鈴木さんは若い頃から趣味で描いていた絵を集めて、150点もの個展でした。ご案内状には、生前葬ならぬ生前展覧会とのことでした。小掠佳さんが生前コンサートを開いたことにヒントを得たとのこと。なかなか洒落たアイディアですね。絵はどれも色がきれいで円や三角など単純なフォルムを使った抽象的な作品が多かったです。 [続きを読む]
  • 高松中学校卒業式に出席しました
  • 3月17日、高松中学校卒業式に来賓として出席しました。毎年、出席していますがいつも卒業していく生徒たちの感動の場面に接し、こちらも若返ったような気持になります。高松中学校の卒業生は今年で16000人を超えたとのことです。2時間の卒業式は滞りなく無事に終えました。中学校入り口の看板TAKAMATSU の花文字卒業式の演壇早咲きの桜の花 [続きを読む]
  • 高松桜まつりのポスター
  • 高松桜まつりは今回、3つの試みがあります一つは熊本被災地支援をテーマに熊本物産店が開催されます。港区青年会議所の方々のご協力のおかげです。くまモンの出演もお願いしています。もう一つは、東京都の地域の底力発展事業助成を申請しています。高輪地区協働推進課が東京都との橋渡し役で努力されています。もう一つは、高松中学校のご協力で、高松中学校の敷地の一部(桜の木が多い部分)を開放され散策できるようになります [続きを読む]
  • CCクラブ地区連携会議が開催されました
  • 各地区のCCクラブ関係者が集まって意見交換するCCクラブ地区連携会議が開催されました。芝浦港南地区、芝地区、赤坂・青山・麻布地区、高輪地区の4つのCCクラブです。各地区それぞれの活動報告があり、意見交換になりました。地区毎の活動内容は異なっており、それぞれの地区担当者は苦労しているようでした。活動するメンバーが増えず、固定的になっているなど悩みはつきないようでした。ボランティア活動は活動している方 [続きを読む]
  • 安藤一郎デジタルアーカイブその2
  • 安藤一郎デジタルアーカイブの続きです。一郎の趣味はバラであった。毎日、小さな庭にでてバラの手入れをしていた。一郎独特の書体と絵庭での写真庭に小さな池があり、金魚などを飼っていた昔から猫が家にいた。今のレオは4代目である私が大学生の頃、庭で撮影した写真父の書斎 よくお客がきていた父の詩の原稿 何度も修正した後がある [続きを読む]
  • 港区まち創り研究会3月定例会が開催されました
  • 3月13日、「三田コミュニティはうす」で定例会が開催されました。主な議題は来年度の社会福祉協議会助成申請についてでした。講演会を2回開催すること、福祉とまちづくりをテーマにすることなどが決まりました。その他の話題として、三田地区再開発の動向、高松桜まつりの出店、子ども食堂のこと、「ふれあい祭りだ!芝地区」の出店などでした。次回の定例会の開催は4月11日に行います。 [続きを読む]
  • 安藤一郎デジタルアーカイブ
  • 古いアルバムから父安藤一郎の写真をいくつかご紹介する。我が家に残る最も古い家族の写真である。昭和19年位か?場所は下落合である。私は2歳位か昭和29年ベルギーの世界詩人会議に出席し、帰国した時の写真である。その時父が朗読したのが、原爆の「死の灰詩集」だったと記憶している。出迎えに来ていた詩人北園克衛、村野四郎、北川冬彦などの顔が見える。世界詩人会議の日本での帰国歓迎会である。現代詩の講演風景 昭和30年 [続きを読む]
  • 高輪地区情報紙「みなとっぷ」32号が発行されました
  • 3月9日高輪地区情報紙「みなとっぷ」32号が発行されました。どのページも編集スタッフが心こめてつくられています。編集スタッフ(区担当職員も含めて)の方々が驚くほど熱心に取り組んでいるのに、いつも感心しています。何度も取材したり写真を撮りにいったり、原稿を書き直したり、取材先に確認したりで、相当の労力と時間を費やしています。会議でも忌憚のない意見が飛び交い、それらの意見に基づきまた原稿やレイアウトを手直 [続きを読む]
  • 小川エリさんの3人展に行ってきました
  • 有楽町交通会館地下のギャラリーで開催されている小川エリ、村上とし子、三宅未夏3人展に行ってきました。小川エリさんの作品が数点展示されていました。今回、エリさんの作品はていねいに書き込まれた繊細な表現の作品でした。猫の絵につい見入ってしまいました。ついでに寄ったので、小川エリさんにはお会いできませんでしたが、結構にぎわっていました。他の人の作品はヨーロッパの風景など景色の絵が多かったです。小川エリさ [続きを読む]
  • 「ギャラリー高輪AO」が3月26日にオープンします
  • 「ギャラリー高輪AO」が3月26日にオープンします。自宅の一部を改造した30?の小さなギャラリーですが、地域のみなさまの文化の発信場所になればと開きました。オープン記念展は「関野凖一郎・洋作木版画展」です。親子2代、版画作家で親子展になります。関野凖一郎さんと詩人であった私の父が昭和29年ごろパリでお会いして、父の詩集の出版記念パーティにもおいでになったようです。父が大事にしていた凖一郎さんの木版画(パリ [続きを読む]
  • 泉岳寺前公園で開催された区政70周年記念植樹式に出席しました
  • 3月4日、泉岳寺前公園で、区政70周年の記念植樹式が行われました。赤穂市から寄贈された桜の木を植樹し、区長、区議会議長、商店会、近隣の町会長、民生委員などの方々が鍬入れの儀式を行いました。イベントとして、高松桜まつりで例年演奏していただいている東海大学付属高輪台高校の吹奏楽部が「さくら」と「忠臣蔵の恋」を演奏して式を盛り上げていました。桜が咲くのがたのしみです。赤穂市長あいさつ鍬入れ儀式来賓記念撮影東 [続きを読む]
  • 高輪消防署町会各戸点検
  • 3月3日、高輪消防署が総勢20数名こられて、松ヶ丘会の各戸を回り火災予防の注意・点検を行いました。このところ、高輪一丁目に3件も火災が発生しているため、火災予防の啓蒙活動を行うためです。各戸にちらしを配布し、注意事項の説明、火災警報器の設置の状況などをヒアリングしていました。一人暮らしの高齢者のお宅には、特に念入りに説明していました。高松桜まつりにも、高輪消防署のブースをだし、ちらしなどを配布するそう [続きを読む]
  • 久しぶり!レオ君登場!
  • ごぶさたしております。久しぶりで猫のレオ君登場です。人間で言えば後期高齢者をはるかに超える年齢ですが相変わらず、元気で食欲旺盛です。以前より、さらに我々に訴えるように、よくしゃべるようになりました。彼は我々家族と同じと考えているようで、食事・休息など行動をともにし真似をします。テレビを見たり、パソコンの前で寝るのも我々と一緒と意識しているのでしょう。一つ勘違いしているのは、私が歯を磨いている時は水 [続きを読む]