陣内 一土 さん プロフィール

  •  
陣内 一土さん: 陣内一土 Itto-Jinnai
ハンドル名陣内 一土 さん
ブログタイトル陣内一土 Itto-Jinnai
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/itto-jinnai
サイト紹介文自然は愛、しぜんはいのち  (絵画・詩・書・陶器)
自由文現代アート作家。
36歳から絵画・書・陶器を学び始める。

フランス芸術家協会永久会員となる
ル サロン、サロン ドートンヌ入選
キューバ国立美術館収蔵
ブルガリア国立美術館にて個展・作品収蔵
国連本部(ウィーン)にて個展
詩画集「一土 富士100」出版

作品を通して『自然』・『愛』・『生命』・『平和』のメッセージを送り続けている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2011/09/13 16:59

陣内 一土 さんのブログ記事

  • ittoの言葉
  • 地球は恐竜を生きものの確かな存在として育んだのでしょうかWill the earth nurturwd the dinosaur as a credible presence of the creature.命あるものはみな限りなく美しいAll of thing with life are beautiful endlesly.人生は旅、一期一会の消えゆく旅Life is journey,a vanishing journey of once・in・a・lifetime opportunity.思い出の場所も時間も遠くに消えてゆく宇宙は全てを吸い込み消してゆくようですDiminishi [続きを読む]
  • ittoの言葉
  • 地球は恐竜を生きものの確かな存在として育んだのでしょうかWill the earth nurtured the dinosaur as a credible presence of the creature.命あるものみな限りなく美しいAll of thing with life are beautiful endlessly.戦争や暴力をふるう人間は生きる価値なしNone worth living human to wield the war and violence. [続きを読む]
  • ittoの言葉
  • まぼろしの地球に 幻のいのち みな消えてゆく まぼろしの空間Life of illusion to the earth of ollusion.Every thing fading away to the space of illusion.人間の日一日と、価値のない刹那的な生き方をするようになってきている。Humans have come to momentary worthless life every day.地球に害をもたらしている人間は害獣といえます。Can be called pest to whom those harming the earth.真実や美を求める精神 [続きを読む]
  • ittoの言葉
  • 地球は生命を育んだ偉大な星です。The great planet earth foster the lives.命には皆愛があり、その幸せにひたる時間をもっていますThere are loves for every lives possess a moment to soak in the happiness.地球に悪魔がいるとしたらそれは人間の中にいるように思いますIf there are devils on the earth, they are inside of humans.深呼吸をして、宇宙の存在であることに誇りを持ちましょうtake a deep breath and b [続きを読む]
  • 第4回 一土の言葉
  • 大自然と共に暮らした老人は健全な笑みとやさしさがありますElders who lived in the wilderness possess kind healthy smiles規格にはまったことだけをする人は、只レールを走りつづけて人生終りManual followers running on the rail to the end of life金や地位だけを求めつづける人の心は空しく哀れEmpty and pathetic are the hearts of those who only seek money and status後ろ向きで歩くと後ろだけが見えてくるよ [続きを読む]
  • 第3回 一土の言葉
  • 時間は全てのものを消去してゆき、再び新しいものを創造してゆきます。Time is going to erase everything and going to create something new.戦争や暴力をふるう人間は生きる価値なし。None worth living human to wield the war and violence.人間は?怒哀楽をする宇宙の不思議な存在mysterious presence of the universe,the human beings to do the emortions.夜、山奥で流れる谷川の音、野生の生きものの子守歌のよ [続きを読む]
  • 一土のことば No.2
  • 人類は心の暖かさを失い幼稚化しているようです。It seems humanity is losing the wormth of the heart and going to be crude.愚かな民衆は狡猾な政治家にだまされて不幸になる。Brainless people are going to be unhappy.Fooled by cunning politicians.ポケモン遊びの新人類、人間性喪失したロボット集団。地球はとんでもない生きものを創造している。New race of the pokemon players,a proup of robots whom lost human [続きを読む]
  • 第一回 一土の言葉
  • 1.私の絵は最初に感動があり、詩をつくりそれが絵になります。 絵の形態が多種多様なのはそ
    れぞれの詩の感動を描くからです。 There is an excitement at first, if creates apoetry and then it becomes the pain
    ting. That is the reason of my wide variety painting forms, because, I draw the excitement of the each moment.2.命あるもの限
    りなく美しい All of thing with life are beautiful endlessly.3.人 [続きを読む]
  • itto-jinnai
  • 最高実力者フェアディレクターVesse氏(Didier Vesse Art Up! Manager)のことば一土は誰にもない独特なセンと感覚で作品を制作している。時代がかわっても強力なメッセージを伝えてゆくアーティストA comment of Mr.Didier Vesse(ART UP! Manager,Fair director of ARTUP2016 Grand Palais Lille,France)Itto creates art with her own unique line and sense like no one else.Itto has strong message to deliver beyond the [続きを読む]
  • Poem
  • 人間は賢く、貴く、滑稽な存在のようです。時として罪な動物でもあります。それ故、一人一人はアートになりうる不思議な存在です。Human beings are wise, noble, humorous but sometimes sinful. That is why each of them is mysterious existence that can be an artwork. [続きを読む]
  • Poem
  • 時はいつから始まり、いつまで続くのでしょうか。その中のわずかな時間が私たち生きものの存在期間です。みんな仲良くして、生きているいのちを大切にしてゆきたいものです。We don't know the beginning and end of time. Our lifetime is a fraction of eternity. We should cherish all life and be nice to each other. [続きを読む]
  • Poem
  • 地球のどこにでも神話があります。それぞれの民族がそれぞれの夢と安らぎを求めて神話は生まれます。There are myths everywhere on Earth. They are born because each race is searching for their own dreams and peace. [続きを読む]
  • Poem
  • 数十億年前の最初の極小のいのちが私たちの原点です。人類皆同じ原点です。無の世界から芽生
    えたこの小さないのちこそ、この地球に最初のステップを刻んだ何より貴い存在でした。Several bil
    lion years ago, microscopic life is our origin. All humans have the same origin. This tiny life born from nothing was the most pre
    cious existence which first stepped on Earth. [続きを読む]
  • Poem
  • 真実や美を求める精神性は生命の確かな存在のように思えます。Spirituality of per suit of truth and beauty,feel an existence of life. [続きを読む]
  • Poem
  • 人間も日一日と、価値のない刹那的な生き方をするようになってきている。Humans have come to momentary worthless life every day. [続きを読む]
  • Poem
  • いのちには感性があります花や草にもあります虫や鳥にこのまれる色や形を独自の感性でさがし
    自分の形で創造しています感性がなくなってきている人間は物質化しているのでしょうかlife has it
    s own sensitivity. Even flowers and plants do.They create their colors and shapes appealing to insects and birds by using their un
    ique sensitiviity. Humans losing their sensitivity might be mechanized. [続きを読む]
  • Poem
  • 果てしない宇宙に一人で生まれ、(果てしない宇宙に)そして一人で去ってゆく。 人生とは壮大なロマンです。In this vast universe, we are born and die all alone. Life is a great adventure. [続きを読む]
  • Poem
  • 時が止まればどれ程多くの人々が喜ぶでしょう。反面、多くの成長できずにいる人たちが困り悲しむでしょう。時は万物に平等に流れているのかもしれません。If time stopped, so many people would rejoice but so many immature people would mourn. Time is equally given to everyone. [続きを読む]
  • 感性
  • フランスは7,8才の頃より学校で美術館につれていって教育します。その頃につちかった感性が美術を理解する原動力になるそうです。French schools take pupils from 7~8 years old to art museums as their education.That fosters sensibilities, which will be a source of admiration of fine art. [続きを読む]
  • 日本という国
  • 日本人は国際的な美術感覚をもっていません。その事は物づくりで世界進出を試みでる国としては致命的な欠陥になります。Japanese have rack of artistic sense.That will be a deadly disaster as a country which is trying to be a head runner of manufacture country to the world. [続きを読む]
  • Poem-詩-
  • カラスと野良猫が話をしていました カラスは如何に強いか 口ばしで草の根をむしり散らし、
    時々猫をみて、何かをしきりに話しかけていましたA craw and a stray cat were talkingThe craw was showing off it
    s strength bypicking glass roots with beaks,talking something and lookingat the cat once a while [続きを読む]
  • Poem
  • プラスマイナスばかり考えている人間が多くなってきました。最後は乾電池人間公害となるのでしょうか。More and more people think about just profits and losses. It seems as if the world would be polluted by such people. [続きを読む]