popoman さん プロフィール

  •  
popomanさん: のほほん鉄道員が行く「蒸気機関車の旅」
ハンドル名popoman さん
ブログタイトルのほほん鉄道員が行く「蒸気機関車の旅」
ブログURLhttp://popoman1911.blog.fc2.com/
サイト紹介文汽車好き鉄道員が綴るフォト&エッセイ
自由文のほほん鉄道員が行く蒸気機関車撮影の旅日記です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2011/09/15 11:58

popoman さんのブログ記事

  • 白煙 −大井川鐵道ー
  • 大井川鐵道 下泉〜田野口 2017年2月5日撮影 この列車がんばれ受験生号ですヘッドマークで切っちゃってるから分かりませんね天気予報より少し早く本格的に雨が降り出して来ました白羽山にも上ってみたのですが、ホワイトアウトで全くダメそそくさと山を下り、ならばと白煙を強調してみましたにほんブログ村↑↓少しでもご興味が湧きましたらポチッと押して頂けるとうれしいです [続きを読む]
  • 星空と光跡に想いを込めて −大井川鐵道ー
  • 大井川鐵道 川根温泉笹間渡〜抜里 2017年2月4日撮影 大井川鐵道沿線は日本で2番目に星が綺麗に見える場所として選ばれたことがあるくらい星が綺麗に見える地域です見通しのきく長い鉄橋がこの季節ライトアップされています冬の河原はとっても寒いです陽が落ちてしばらくしたら一段と冷えてきました夜空を見上げると光のクズがちりばめられた星空でしたにほんブログ村↑↓少しでもご興味が湧きましたらポチッと押して頂けるとうれ [続きを読む]
  • 夕暮れ時の始発駅 −大井川鐵道ー
  • 大井川鐵道 新金谷 2017年2月4日撮影 一度撮りたかったのがSLナイトトレインの出発風景本当は夜の千頭駅の出発が撮りたかったのですがツアー参加者以外は立ち入りが禁止なので出発駅の新金谷の風景を見に行くことにしました夕暮れ迫る新金谷も良い風情でしたにほんブログ村↑↓少しでもご興味が湧きましたらポチッと押して頂けるとうれしいです [続きを読む]
  • 1992年の千頭、川根両国界隈3 DB1形の素顔 −井川線ー
  • 大井川鉄道 井川線 川根両国 1992年11月12日撮影 井川線の小型ディーゼル機関車DB1形この愛すべき小型DLは先に述べた千頭森林鉄道の調子の良いエンジンに乗せ換えられています、先に廃止になった千頭森林鉄道の息吹が受け継がれていたんですね、これだけでもロマンを感じるエピソードです最初に訪れた’76年当時は千頭森林鉄道の機関車のエンジン音ばかりだったんですね今は2両しか残っていません、前はかわかぜ号として千頭か [続きを読む]
  • 1992年の千頭、川根両国界隈1 −井川線ー
  • 大井川鉄道 千頭 1992年11月12日撮影 この頃の井川線の車両の色はまだ赤とクリームの旧塗装でした今の赤一色もそれはそれで良いですが、懐かしい色合いですねコッペル1号のいずも号です、長い煙突と細いボイラーが素敵なコッペルです足回りに錆が出ていますので、川根両国までの運用から離れて久しいのかもしれません今はロコプラザで静態保存中ですこちらのコッペル1275も足回りに錆が出てしまっています大井川鐵道は川根両国ま [続きを読む]
  • 川面に映る汽車の灯り −磐越西線ー
  • 磐越西線 荻野〜尾登 2016年11月27日撮影 雨が降って来ました、遠くの山々に雲が掛っています私は山は捨てて汽車の灯りが川面に映る構図にしてみました来年もう一度挑戦してみたいと思います、納得がいかないもんで...でも今回は思い通りの白煙で汽車はやって来てくれました写真は難しい、そう思った今年最後の一枚ですにほんブログ村↑↓少しでもご興味が湧きましたらポチッと押して頂けるとうれしいです [続きを読む]
  • 銚子の口からの眺望 ー磐越西線ー
  • 磐越西線 徳沢〜上野尻 2016年11月27日撮影 ここはトンネルを抜けて短い鉄橋を渡り右にゆるくカーブしていく絶景です右には渓谷が流れています、下の民家の青い屋根がちょっと違和感があったので屋根をカットした構図にしてみました山々にはまだ晩秋の名残か赤い紅葉が目を引きます汽車は白煙を残して目の前を通過して行きました↑↓少しでもご興味が湧きましたらポチッと押して頂けるとうれしいです [続きを読む]
  • 白煙の贈り物 −磐越西線ー
  • 磐越西線 野沢〜上野尻 2016年11月26日撮影 上野尻〜野沢間の跨線橋にいますまだ汽車が来るまで2時間はありますでもその時間も縦位置、横位置、絞りは、などなどこれはこれで楽しい訳です今回は珍しく横位置に決めました、汽車の速度が速いから煙が出ても上に高くは上がらないだろうと思ったからですカーブを白煙を上げて曲がってきた汽車が見えました周囲が大分暗くなった中を見事な白煙を上げて汽車が驀進して来ましたいつもは [続きを読む]
  • 山の頂からの眺望 −磐越西線ー
  • 磐越西線 尾登〜荻野 2016年11月26日撮影 ここで撮影するのは2回目ですお誘いを受けた釜飯さんたちと合流です釜飯さんとは今年はこの1回しか撮影に行けませんでした釜飯さんの知人のFさんもご一緒です見事な眺望です、やっぱり良いね磐越西線でも汽車は思ったほどの煙ではありませんでしたにほんブログ村↑↓少しでもご興味が湧きましたらポチッと押して頂けるとうれしいです [続きを読む]
  • 千頭森林鉄道跡を巡って2 −千頭森林鉄道ー
  • 千頭森林鉄道 2016年11月14日撮影 寸又峡温泉郷の入り口の駐車場にも千頭森林鉄道の車両たちが保存されています協三工業製の4.8トンディーゼル機関車 DB12、後ろには岩崎レール製の客車足回りは運材台車の流用です、元は青地に窓周りがクリーム色の塗装でしたがここに保存されてからこの派手な塗色になったようですその後に続く運材台車はモノコック構造で富士重工製でしょうかこの機関車群は前に一度見に来ています塗装は近年塗 [続きを読む]
  • 千頭森林鉄道跡を巡って −千頭森林鉄道ー
  • 千頭森林鉄道 2016年11月14日撮影 寸又峡温泉郷にHIROSHIと1泊して森林鉄道跡を辿り展望台にある保存車両たちを見に行きます平日なのできれいに整備された元鉄道敷跡の遊歩道もハイキング気分で歩けますここを訪れる人は多いですが果たしてどれぐらいの人たちが今歩いてる道が千頭森林鉄道の線路敷だったことと知っているのでしょう紅葉は最盛期です、遠くにあの飛龍橋が見えてきました今架かってる橋は昭和54年に架け替えられて [続きを読む]
  • 東京営林局 千頭営林署機関区、貯木場2 −千頭森林鉄道ー
  • 千頭営林署 1992年11月12日撮影 貯木場を奥へ進んで行くと、井川線側の隅に元林鉄のものと思われるレールの残骸がこんなにありました当時この貯木場はかなりの木材を扱っていましたまだ現役の営林署の貯木場だったんですね元機関庫(現機械修理工場)の中に奥のシャッターのところまで元林鉄のレールが残っていましたシャッターの外には枕木が5本残っていましたこれはこの貯木場で唯一残っていた枕木でもありますそしてコンクリー [続きを読む]
  • 東京営林局 千頭営林署機関区、貯木場1 −千頭森林鉄道ー
  • 千頭営林署 1992年11月12日撮影 1992年、今から24年前井川線の側線の向こうに千頭営林署の貯木場が広がっていました井川線の踏切を渡った左手、今は駐車場と道の駅 奥大井音戯の郷がある辺りです当時はまだ2フィート6インチの細い線路が切れ切れながらも残っていました上の写真のレールの先で井川線の線路と繋がっていましたここから沢間までは井川線のレールと3線のデュアルゲージでした今は踏切から新しい道も出来たようで当時 [続きを読む]
  • オープンデッキの客車 スハフ1型 −井川線ー
  • 大井川鐵道 井川線 奥泉 2016年11月14日撮影 運転手さんと車体の幅を見比べてください運転手さんが横に3人は並べませんねどれだけ井川線の車両が小さいかが分かります運転席も真ん中ですね、軽便鉄道を表す表現に前に座る人と膝がぶつかりそうになった、という言い方をしますが正に膝がぶつかりそうな車幅です1番後ろ、機関車の前にスハフ1型客車が連結されていましたこの客車はダム建設時代の専用線の頃から、建設作業員の輸送 [続きを読む]
  • 奥泉駅の晩秋 −井川線ー
  • 大井川鐵道 井川線 2016年11月14日撮影 奥泉駅、なんてきれいな駅名だろうと前から思っていました山奥にある泉、どんな泉だと思いますかエメラルドブルーに光る山奥の泉そんなことを考えていたら千頭行きの列車が駅に着きました今日は雨ふりで山は少し霞んでいますが紅葉は最盛期の感がしますきれいな山々に囲まれた静かな駅です奥泉からは寸又峡温泉郷を結ぶバスが通じています観光のお客さんでしょうか、列車を降りると足早に [続きを読む]
  • 秋空の下、蒸気が鉄橋を渡ります −大井川鐵道ー
  • 大井川鐵道 川根温泉笹間渡〜地名 2016年11月3日撮影 今回の旅の目的は、全く鉄でない学生時代からの友人HIROSHIにSLと井川線に乗車させることでしたHIROSHIとの男二人旅と言えば20代にテニスをしに伊豆の民宿へ泊ったのが最後ですから30年ぶりの旅行ということになります、まあ年月は矢のように突き進みました先ずはSL撮影の初体験として選んだのが川根温泉笹間渡〜地名間の鉄橋です今日はSL列車が3往復あるようで、上の写真は2 [続きを読む]
  • 森の小人たちに会いに行って来ました7 −王滝森林鉄道ー
  • 王滝森林鉄道 2016年11月5日撮影 期間庫の奥に見えるのは噴火で大災害をもたらした木曽御嶽山です被災に遭われた方々のご冥福をお祈りします特に秋のこの季節素晴らしい景観を誇っています4月雪が消えた頃、また試乗会が催されるようです新緑の頃の山々も綺麗でしょうねぇ木曽御嶽山を見上げる中、列車がやって来ました↑↓少しでもご興味が湧きましたらポチッと押して頂けるとうれしいです [続きを読む]