DukeScuba さん プロフィール

  •  
DukeScubaさん: DukeScuba Dive into Blue Water
ハンドル名DukeScuba さん
ブログタイトルDukeScuba Dive into Blue Water
ブログURLhttp://ameblo.jp/dukemarinepro/
サイト紹介文プロスキューバダイバーが潜った美しい海の感動を写真で紹介します
自由文恵比寿のスキューバダイビングショップDukeScubaで、インストラクターをしています。本業は水中とグラビア中心に作品作りをするカメラマンです。


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2011/09/15 14:15

DukeScuba さんのブログ記事

  • 小笠原のシロワニに会いに行く
  • 絶滅危惧種のシロワニですが、小笠原では彼方此方で見かけます。マリーナの桟橋下にも住み着いている様で、橋の上から見かけることもしばしば。しかし、シロワニは正面から半開きした鋭い牙の口を開けてる表情を撮らなくては意味がありません。今回会えたのはまだ小さい固体で、傷もなく綺麗な身体をしています。正面から数十センチまで近ずいて顔を撮影すると、鋭く尖った牙と何ともいない迫力の表情を捉えることができました。シ [続きを読む]
  • 小笠原のマグロ穴を探索
  • 小笠原諸島の嫁島にある通称マグロ穴。このトンネルの様な穴にマグロの群れが生息している。5月はマグロの数が揃わないとの情報であったが、この日は大型のメスを囲む様にオスや子供のマグロが数百匹群れをなし往復を繰り返した。壁沿いを慎重に進んでエアをかけない様にとのブリーフィングで、フィッシュアイで寄るのは難しいと言われた壁沿いを穴の奥まで進み大きな岩の後ろに隠れてマグロが通過した瞬間に手を伸ばしてフラッシ [続きを読む]
  • 売ります モエギハゼ 税込 25980円也
  • ハゼなど熱帯魚や珊瑚をオンラインで販売している店が石垣島にある。注文後2、3週間で採取してお届けします。。とのこと。石垣島のナカモトイロワケハゼが一斉に消えたことにも関連がありそうだ。レア種 価格表モエギハゼ 25980円スジクロユリハゼ 31104円ピンクダートゴビー 64800円ダイバーの皆様、レア種の撮影地公開には充分ご注意をモエギハゼ スジクロユリハゼ撮影地 日本の何処かの深い海 [続きを読む]
  • メキシコのブルシャークダイブは生態系を壊すのか?
  • プラヤデルカルメンのブルシャークは水深50mより深くに生息する。ここ数年間ブルシャークダイブはプラヤデルカルメンで人気が出て、水中でサメに餌ずけする事でダイバーが見る事の出来る水深25m位に誘導している。ブルシャークダイブに関して自然保護団体から懸念が表明されている。まず最初の懸念はサメの捕食パターンが変更されてしまうこと。ダイバーに慣れ食料を人間に依存するようになる。餌ずけはダイバーに向けて積極的にな [続きを読む]
  • 人喰いザメは赤がお好き⁉?
  • 時には人をも襲う獰猛なサメ、ブルシャーク体長は5mにもなる。このサメをメキシコに撮影に訪れた12月は妊娠して身体も巨大化し、食欲が旺盛な時期だ。ブリーフィングでサメは赤色に向かって来るので身に着けるものは全て黒でお願いしますと注意があった。因みに私のBCプロのオレンジ、フィンはオレンジジェットフィン。。。。今更何をオレンジはだいじょうぶですか? とガイドに聞いてみた。水深が25mだから黒っぽくなりますよ。サ [続きを読む]
  • ゼロ戦の主
  • 屋久島に沈むゼロ戦。今年の終戦記念日には、英霊を慰めるため何者かにより、御酒と献花が沈められていたという。このゼロ戦を守る主が2匹いる。巨大なハタとウツボだ。どちらも強面な顔で口を大きく広げ神聖な場所を守っている。撮影地 屋久島 [続きを読む]
  • 儚き命
  • 森の如く琉球の海に広がりし命変わりゆく地球に悲鳴をあげる森は枯れ白い屍の墓となりゆく最期の卵は流れまた森をなすや撮影地 石垣島 [続きを読む]
  • マンタの伝説
  • マンタは何処で眠るのかな?そんな疑問に海人は答えたダイバーが帰った頃砂地に寝に来るさ伝説のような話を忘れかけた夏の朝青の群れに夢中になっていると黒い影が近ずいて2頭のマンタとなり優雅におはようと挨拶していった撮影地 座間味島 [続きを読む]